また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2349161 全員に公開 ハイキング 塩見・赤石・聖

下十枚山・青笹山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年05月17日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
葵高原にP、7台位です。7:30頃着で最後のスペースで、ぎりぎりでした。十枚山方面に北上する人は、200m位上の、正木峠にP可です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間24分
休憩
21分
合計
6時間45分
S葵高原07:3208:11真先峠08:46地蔵峠08:50旧地蔵峠09:26岩岳(南峰)09:37岩岳10:01下十枚山10:0510:35岩岳10:45岩岳(南峰)11:11旧地蔵峠11:16地蔵峠11:29仏谷山11:52細島峠12:13稜線出合い12:1412:30うつろぎ山12:34青笹山12:5012:53うつろぎ山13:07稜線出合い13:33風穴13:47新道分岐14:17葵高原G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
07:31 スタート(0.00km) 07:31 - ゴール(14.64km) 14:17
コース状況/
危険箇所等
ハイキングコースです。下山に無名峠から利用した道(新道?)は、人も少なく荒れ気味でした。細島峠から下山の方が、無難の様です。
その他周辺情報立寄湯は今月末まで駄目でしょう
過去天気図(気象庁) 2020年05月の天気図 [pdf]

写真

標高900越の葵高原にP
2020年05月17日 07:33撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高900越の葵高原にP
7:30でほぼ満車です
2020年05月17日 07:33撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:30でほぼ満車です
新緑のコントラストがええね
2020年05月17日 07:37撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑のコントラストがええね
まずは地蔵峠を目指します
2020年05月17日 07:48撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは地蔵峠を目指します
わさび田をバックに、いけてる着こなしの地蔵さん
2020年05月17日 07:50撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わさび田をバックに、いけてる着こなしの地蔵さん
標高1134の正木峠が登山口です。路肩まで車で溢れています
2020年05月17日 08:16撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1134の正木峠が登山口です。路肩まで車で溢れています
ここから山道
2020年05月17日 08:17撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから山道
この辺からはトラバース道
2020年05月17日 08:46撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺からはトラバース道
目座す、下十枚山登場
2020年05月17日 08:48撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目座す、下十枚山登場
コルの地蔵峠に出ました。間は、あっと言う間です。等距離ではない様です。
2020年05月17日 08:50撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルの地蔵峠に出ました。間は、あっと言う間です。等距離ではない様です。
快適な尾根道を北上
2020年05月17日 08:51撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な尾根道を北上
今日はこの道メインのシロヤシオは、まだ咲いていませんでしたが、この花が癒しでした。
2020年05月17日 08:53撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はこの道メインのシロヤシオは、まだ咲いていませんでしたが、この花が癒しでした。
最初のピークは岩岳
2020年05月17日 09:30撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のピークは岩岳
次のピークも岩岳?どちらが本物でしょう?
2020年05月17日 09:42撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のピークも岩岳?どちらが本物でしょう?
下十枚山が見えて来ました。
2020年05月17日 09:49撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下十枚山が見えて来ました。
三角岩から南面方面
2020年05月17日 09:59撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角岩から南面方面
下十枚山頂着(別名:天津山)、眺望はいまいち
2020年05月17日 10:07撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下十枚山頂着(別名:天津山)、眺望はいまいち
地域独特の山標。八ヶ岳、富士周辺はこれが多いですよね。どのくらいの範囲でしょうか?
2020年05月17日 10:07撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地域独特の山標。八ヶ岳、富士周辺はこれが多いですよね。どのくらいの範囲でしょうか?
1
南ア方面は見えませんが、東面に富士がクッキリです
2020年05月17日 10:06撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南ア方面は見えませんが、東面に富士がクッキリです
1
大沢崩れの雪も大分減ってますね
2020年05月17日 10:06撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢崩れの雪も大分減ってますね
1
ここで、折り返し、南下します
2020年05月17日 10:07撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで、折り返し、南下します
稜線からの南ア。雲がかかってきました。
2020年05月17日 10:32撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線からの南ア。雲がかかってきました。
次に目指す、青笹方面
2020年05月17日 11:03撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に目指す、青笹方面
地蔵峠から登り返しの最初の1503のピークは、仏谷山です
2020年05月17日 11:33撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵峠から登り返しの最初の1503のピークは、仏谷山です
団子三兄弟
2020年05月17日 11:33撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
団子三兄弟
1
緩い笹原の尾根道を行きます
2020年05月17日 11:37撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩い笹原の尾根道を行きます
起点の葵高原Pへは、ここから降下ですが、青笹山を目指し直進です。
2020年05月17日 11:49撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
起点の葵高原Pへは、ここから降下ですが、青笹山を目指し直進です。
ちょいちょい、見えます
2020年05月17日 12:16撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょいちょい、見えます
無名峠からも下山可です
2020年05月17日 12:17撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無名峠からも下山可です
ここはなぜか、17,18が混在です
2020年05月17日 12:18撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはなぜか、17,18が混在です
最後の上り
2020年05月17日 12:35撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の上り
山頂着、眺望良好の筈が、ガス充満で視界ゼロです
2020年05月17日 12:38撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂着、眺望良好の筈が、ガス充満で視界ゼロです
さらに南下は藪漕ぎみたいです。
2020年05月17日 12:39撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに南下は藪漕ぎみたいです。
無名峠まで戻って下山です
2020年05月17日 13:10撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無名峠まで戻って下山です
岩混じりの尾根を急降下
2020年05月17日 13:19撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩混じりの尾根を急降下
この道もNo表示有り。旧道の様です
2020年05月17日 13:25撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道もNo表示有り。旧道の様です
この辺で、尾根から外れて九十九の急降下です
2020年05月17日 13:32撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺で、尾根から外れて九十九の急降下です
疲れてきたので、パスです
2020年05月17日 13:37撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れてきたので、パスです
新道の表示がありますが、どう見ても旧道でした
2020年05月17日 13:59撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新道の表示がありますが、どう見ても旧道でした
最後はわさび田の横を降ります。ガイド本によると、この辺の有東木集落がわさび(山葵)発祥の地で、徳川家の葵の家紋の由来とか
2020年05月17日 14:04撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はわさび田の横を降ります。ガイド本によると、この辺の有東木集落がわさび(山葵)発祥の地で、徳川家の葵の家紋の由来とか
葵高原のPに降りて来ました。車は少なく皆さん青笹山のサクッとピストンの様です。
2020年05月17日 14:21撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葵高原のPに降りて来ました。車は少なく皆さん青笹山のサクッとピストンの様です。

感想/記録

久々に安部東南稜を歩きました。埼玉からの遠征では随分時間が掛かりましたが、地元となりましたので、楽ちんです。一座目の下十枚山はシロヤシオが有名ですが、少し早過ぎた様です。二座目の青笹山は360°の眺望が期待されましたが、ガスで残念でした。やはり、山は午前勝負ですね。アクセスの良い稜線ですので、今後も頻出の予定です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:170人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ