また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2349656 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 八幡平・岩手山・秋田駒

秋田駒ケ岳 国見温泉〜横尾根〜男岳〜男女岳〜横岳周回

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年05月16日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り、上部は時々ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国見温泉登山口の登山者用駐車場に停めた。
駐車場のトイレはまだ冬季閉鎖中。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間18分
休憩
25分
合計
5時間43分
S国見地区公衆トイレ07:1408:08横長根出合08:1108:50男岳分岐08:5108:58かたがり泉水09:03小岳09:0410:16男岳10:1810:28男岳鞍部10:34阿弥陀池避難小屋10:53秋田駒ヶ岳10:5511:06阿弥陀池避難小屋11:14横岳分岐11:1511:20横岳11:2711:38大焼砂11:3911:45男岳分岐12:19横長根出合12:2412:53国見温泉12:5412:55国見地区公衆トイレ12:5612:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口を出てつづら折りの急登を上がると、すぐに残雪が現れた。
登るにつれてだんだん雪が増えて、夏道の上に不安定に残雪が残っている所も出てきたが、今日は曇天で比較的気温も低く、あまり踏み抜いてバランスを崩すような事は無かった。
横尾根の分岐近くになる頃には、辺り一面雪原となり登山道を外れても歩ける状態になった。
横尾根に入ってからは、残雪上を自由に歩けるところが多かったが、一部で尾根が狭くなり夏道に入らなければならない所も有り、行きも帰りも雪の上から夏道に戻るのに少しだけヤブ漕ぎをした。
またこの辺りで天気が急変して、僅かな時間だがガスがかかって視界が全く無くなったりしたが、しばらくすると回復してくれた。
大焼砂との分岐を過ぎて男岳方面への道に入ると、小岳との鞍部からのトラバース道は完全に雪に覆われているので、夏道を気にせずに歩き易そうな所を選んで進んだ。
小岳を回り込んでから五百羅漢への道は再び夏道が出ていたが、五百羅漢直前には短いが急峻な雪壁が待ち構えており、アイゼン・ピッケルを装着して雪壁を約10m程直上してから上の緩斜面を下り、再び夏道に入って五百羅漢の分岐に出た。
国見温泉からここまで相前後して進んできた単独行の女性は、ここを越えられなくていったん分岐まで戻り、大焼砂経由で男女岳を目指した様で、下山の際大焼砂ですれ違った。
五百羅漢から先は再び雪が消えており、岩稜の夏道を登った。
男岳山頂付近や阿弥陀池への下りの尾根には所々残雪はあるが、アイゼン・ピッケルが必要な程ではなくそのまま進む。
阿弥陀池から男女岳へは、最初は夏道が出ているがやがて雪壁に消えて、部分的に急な雪面の登高となる。
所々かなり硬い氷が出ている場所が有るが、今回はアイゼン・ピッケルは使用せず、ツボ足キックステップとダブルストックで登下降する事ができた。
山頂からは曇り空ながら360度の展望が得られ、遠く鳥海山や岩木山などもはっきりと見えた。
男女岳から下降に入ると、横岳から阿弥陀池に向かって降りて来る団体パーティーが見えて、最初はかなりの人数に見えたが、実際にすれ違ったのは4名ほどだった。
一部は小屋に入っていたのかも知れない。
自分は阿弥陀池小屋にも寄らず横岳方面に向かい、写真を撮りつつ大焼砂をのんびり下った。
以降は往路を忠実に下り、駐車場に着くと車が10台ほど停まっていてびっくりした。
登山者はそこまで多くなかったので、山菜取りの車が混じっていたのだろうか?
最後まで雨にも降られず、雪があまり緩む事も無かったので歩き易かったし、展望にも恵まれて楽しい山行だった。
その他周辺情報国見温泉森山館で入浴したが、シャワーはまだ使えず水しか出ないのでただ湯に浸かるだけだった。
その為か、入浴代は100円引きで500円になっていた。
お湯は全国的にも珍しい緑色のお湯だった。
携帯は、駐車場や温泉の建物周辺では圏外だったが、少しだけつづら折りの登山道を登るとドコモの電波は入った。
過去天気図(気象庁) 2020年05月の天気図 [pdf]

装備

備考 今日のコースは、ごく短い距離だが急峻な雪壁を通らねばならないので、アイゼン・ピッケルは必須だろう。
男女岳の斜面も、一部にかなり硬い部分が有ったので、しっかりキックステップできない者は、アイゼンを使用した方が無難だろう。
他にはヘルメット、ワカンも持参したが、ワカンは使用せず。

感想/記録

この山に来るのはずいぶん久しぶりで、以前はアッスルスキー場跡からの山スキーと夏に8合目駐車場からのハイキングだけだったので、残雪期に国見温泉から往復して山の印象がかなり変わった。
男岳周辺は、今回のルートを含めてアイゼン・ピッケル使用のトレーニングに良さそうな斜面も多いし、国見温泉の標高が高いので雪の上に早く出れるのも魅力的だ。
また道路のアクセスも良く、温泉もまた良いので、これからも何回も来たいと思った。
今日は久し振りに多くの登山者(4人パーティー?+単独行者3人)と出会ったが、コロナの事が有るので、すれ違う際はわざと5m以上離れ会話もしない様にした。
これまでなら4名ほどのパーティーは気にもならなかったが、今日は4人が列になってこちらに向かって歩いて来るのに、言い知れぬ怖さを感じてしまった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:501人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ