また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 23596 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日高山脈

アポイ岳 811m

日程 1998年05月06日(水) [日帰り]
メンバー

コースタイム [注]

家−札幌南インター―苫小牧東インターー厚真出口―冬島の手前分岐―アポイ岳登山口―5合目休憩所―馬の背―アポイ岳―馬の背―5合目休憩所―アポイ岳登山口―静内―ウトナイ湖―苫小牧東インター−札幌南インター―家

感想/記録
by amw2

途中、静内の桜も素晴しかった。

天気 晴れ
家-札幌南インター―苫小牧東インターー厚真出口―冬島の手前分岐―アポイ岳登山口―5合目休憩所―馬の背―アポイ岳―馬の背―5合目休憩所―アポイ岳登山口―静内―ウトナイ湖―苫小牧東インター-札幌南インター―家

おばあちゃんを連れて静内へ花見に。序でに少し足を伸ばして、アポイ岳登山となった。
高速の厚真出口からが遠い。日高の海岸を只管東進する。様似を過ぎると、左側、看板に注意。アポイ岳登山口への入り口を見落とさないように。看板の指示にしたがって左折。
暫らく行くと、1段高い所に建物が見える。アポイ山荘だ。広い駐車場もある。
おばあちゃんには、悪いが、ここで待っていてもらう。
ガイドクックでは、登り2時間30分、下り1時間40分、計4時間10分だが、そんなに待たす訳にはいかない。登り2時間、下り1時間、計3時間だ。メモが見当たらず、記憶もはっきりしないが、大体目標通りだったと思う。
樹林の中の、広くてよく踏み均された、緩やかな道を登って行く。
5合目休憩所に着く。ブロック造りの立派な小屋だ。アポイ岳の頂上を遥か上方に仰ぎ見ることが出来る。馬の背への道もはっきり見える。
小休止して馬の背を目指す。海岸だからだろう、早くも森林限界を越えたようで、木の丈は低くなり、植物が豊富になる。岩場の多い、急な坂を登って馬の背到着。
ここからは尾根道を高原漫歩だ。山頂は尾根の途中の小ピークという感じ。両側とも木が茂っていて、見晴らしはイマイチだ。
写真だけ撮って下山。稜線からは、日高山脈南部や海の眺めが素晴らしい。
順調に下り、駐車場に着く。
礼子が、先に降りてきた人に聞いたところ、「凄い勢いで登っている人がいた」と言っていたそうだ。馬の背への坂を登っている時、すれ違った人だろう。
次は静内だ。静内に着くと、右に入る。ここからが結構遠い。やっと桜並木に着く。
車を止めて暫らくぶらつく。さすが静内の桜並木だ。1本1本の木もだが、全体のスケールが雄大だ。時期も、盛りを少し過ぎたかな、という感じ。出店や人出も凄い。
桜並木を後に帰路につく。
途中、ウトナイ湖で鳥を見る。

訪問者数:1183人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

森林限界 高原 馬の背 縦走

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ