また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2360835 全員に公開 ハイキング 富士・御坂

富士山 カケスバタ口 旧一合目〜旧四合目

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年05月24日(日) [日帰り]
メンバー
 upa
天候晴れ時々くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間29分
休憩
6分
合計
10時間35分
Sスタート地点06:4513:44富士宮口新六合目13:4713:48六合目雲海荘13:56富士宮口五合目13:5917:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
整備されていない昔の登山道跡です。
過去天気図(気象庁) 2020年05月の天気図 [pdf]

写真

右から表記の昔のゴミを探しながら歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から表記の昔のゴミを探しながら歩きます。
2
一合五勺と推測する小屋跡
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一合五勺と推測する小屋跡
1
水槽の可能性のある石垣跡。掘ってみると面白いかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水槽の可能性のある石垣跡。掘ってみると面白いかも。
1
建物の石垣跡と思われる石の並び。ストックを目印にしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
建物の石垣跡と思われる石の並び。ストックを目印にしています。
1
いかにも登山道という感じの区間が多いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いかにも登山道という感じの区間が多いです。
1
二合目林道の上は倒木が多くコースを歩けません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二合目林道の上は倒木が多くコースを歩けません。
1
季節柄バイケイソウに覆われてしまうところもあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
季節柄バイケイソウに覆われてしまうところもあります。
1
市兵衛沢を左に見下ろし大宮口へ合流します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市兵衛沢を左に見下ろし大宮口へ合流します。
1
黄金色にコケが輝く二合目跡。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄金色にコケが輝く二合目跡。
1
建物上にある水槽をよく見ると、石を積んでモルタルを塗っているようです。当時の共通性を感じます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
建物上にある水槽をよく見ると、石を積んでモルタルを塗っているようです。当時の共通性を感じます。
2
バイケイソウが少し倒れています。誰か来たな〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイケイソウが少し倒れています。誰か来たな〜
三合目の石垣を覗き込むと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合目の石垣を覗き込むと
2
中にはモルタルを塗った跡。これも水槽だったのでしょうか。他の小屋とはスケールが違います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中にはモルタルを塗った跡。これも水槽だったのでしょうか。他の小屋とはスケールが違います。
2
この金網をよじ登るルート。道路が開通しているときは無理ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この金網をよじ登るルート。道路が開通しているときは無理ですね。
2
三合五勺小屋跡。
木の桶がたくさん残っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合五勺小屋跡。
木の桶がたくさん残っています。
1
三合五勺小屋跡。
石垣もよく残っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合五勺小屋跡。
石垣もよく残っています。
2
あわよくばピーク狙いだったのですが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あわよくばピーク狙いだったのですが・・・
1
ここで現富士宮口に合流します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで現富士宮口に合流します。
3
少しだけ雪遊び。足跡ひとりありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ雪遊び。足跡ひとりありました。
2
旧四合目到着。現新六合目です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧四合目到着。現新六合目です。
1
関係なさそうですが、環境省のトイレ、この裏にも踏み跡が隠されていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関係なさそうですが、環境省のトイレ、この裏にも踏み跡が隠されていました。
1
トイレの裏から上を見る。富士宮口の下山で一時的に使っていた可能性があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレの裏から上を見る。富士宮口の下山で一時的に使っていた可能性があります。
2
新五合目も確認しようと思いましたが、厳重なバリケードなので諦めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新五合目も確認しようと思いましたが、厳重なバリケードなので諦めました。
1

感想/記録
by upa

カケスバタ口を利用して、あわよくばピークハントが可能か、コースタイムを計測する目的もあり、重装備で歩いてみました。
結論からいうと、新六合目まで7時間もかかっている時点でダメダメで、帰りも3時間半くらいかかっているので、やはり往復が限界です。荷物が重たかったのもダメでした。
落ち葉が積もってフカフカになっているので、踏み出す力のロスが大きく、久しぶりに膝も痛くなってしまいました。下りはよいのですが、登りで使うにはツライかもしえません。
ルートの一部は記念植樹で通れませんが、ほぼ再現ができたと思っています。詳しくはブログの方にまとめたいと思います。
http://upa114.blog.fc2.com/
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:142人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/4/25
投稿数: 996
2020/5/26 13:57
 雲切荘跡
三号五勺小屋(雲切荘)を見つけましたか。以前にUPAさんが言っていたスカイライン終点の上の部分でしょうか?
それともその手前なのかな?
詳細な場所を教えてください。私も一度調査してみたいです。もっともスカイラインが開通しないと私の体力では無理ですが。
でもさすがにUPAさん、重い荷物でも余裕ですネ。
登録日: 2014/3/11
投稿数: 705
2020/5/26 19:03
 富士宮合流地点
写真20の地点が合流地点ですか。私も何となくそんな気がしていました。
三合五勺小屋跡は新五合目駐車場の上ですよね?私も近いうちにここを歩きたいです。浅間大社本社から歩ければいぃのですが、一泊二日になりそうですね(笑)
upa
登録日: 2011/1/25
投稿数: 379
2020/5/26 20:51
 Re:雲切荘跡
三合五勺跡については、ブログの方にも検証を載せています。地図付きです。
http://upa114.blog.fc2.com/blog-entry-478.html

スカイラインができる直前の、昔の三合五勺が終点だったとき、その直上に小屋があります。おそらく小屋があったから道路が接続したと思います。
利用者も相当多かったのではないでしょうか。木桶がたくさんあるのが物語っています。

スカイラインが工事業者向けに開き、登山道工事関係者が入ると調査しづらいので、早いうちが良いと思います。今週末、来週末などはどうでしょうか?
大宮カケスバタ口だと距離が長いので、村山古道という手もあります。往復で2〜3時間の差はあります。
upa
登録日: 2011/1/25
投稿数: 379
2020/5/26 21:00
 Re:富士宮合流地点
昔の航空写真と、GPSのログが一致します。
ザレ沢なので途中の踏み跡は失われていますが、木杭が2本以上残っており目印になっています。
しかし新五合目の目前で目立つところなので、霧に紛れるか、今しかありませんね。日曜日は外国人が1名だけいましたよ。
浅間大社からだと最低片道1日がかりですね。夜はシカだらけですよ。
登録日: 2013/6/6
投稿数: 434
2020/5/27 4:58
 三合
最近はヤマレコにもご無沙汰していたので、お久しぶりです。旧三合五勺ですが、亡父の古い写真に富士山に登った時の物があったので、どこから登ったか尋ねたら「三合から。」と答えていました。既に亡くなってかなりたつので、どこだったのかは詳細は不明です。
upa
登録日: 2011/1/25
投稿数: 379
2020/5/27 21:14
 Re: 三合
おそらくhideさんがご登壇されると思うので詳細は避けますが、スカイラインの前身であるバス道の歴史があるそうです。
最初は篠坂やカケスバタまで、次に推測では一合目、二合目林道の時代は二合目が終点だったり、延伸して三合目という時代があったようです。その時に登ったのでしょうね。
その後三合五勺まで延伸され、これは現在の新五合目とほぼ同じ。山梨のスバルラインに対抗して駐車場を拡張、合目の名称を替え、現在の新五合目が成立した模様です。
古い登山道もバリっぽくて楽しいですよ。右岸左岸の下には、上井出口登山道があったようなので、そこも課題になっています。是非白糸の滝から剣ヶ峰までチャレンジください

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ