また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2372132 全員に公開 雪山ハイキング 志賀・草津・四阿山・浅間

苗場山〜シラネアオイと残雪の池塘めぐり

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年05月31日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々薄日
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・秡川駐車場。昨年まで駐車場にあった管理小屋は撤去されていた。駐車料金の支払いは無くなったと思われる。
・苗場林道入り口のゲートには「通行止め」「残雪で登山口まで行けない」等あるが、通行可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
残雪歩きと花観賞や食事など、ゆったりと楽しみながらの散策です。
コース状況/
危険箇所等
・登山口から残雪あり。登山道は雪解け水で川のように流れていた。

・登山口から六合目までは点々と残雪、六合目手前から雷清水まで残雪あり、お花畑から頂上台地までは地面が出ている。頂上台地はほぼ残雪。

・下の芝から上の芝までは、残雪を直登と藪が出たゲレンデを一部歩いた。この場所のみチェーンスパイク装着。アイゼン、ピッケルを装備するほどではない。

・中ノ芝から下の芝付近、下山時に道迷いしやすく、特に下の芝へ下る道が不明瞭。

・残雪部が登山道上だと踏み抜くと、下がゴーロ帯や木階段なので捻挫等に注意。また水量が多いと靴が水没する。

・今年は残雪が多い影響により、花々の開花がやや遅れている。シヨウジョウバカマ、ミツバオウレンは随所に見られる。シラネアオイ、シャクナゲ、ナエバキスミレ、ミネザクラはお花畑から九合目周辺のみ。登山道の残雪消えは6月中旬と思われるが、花々の開花時期は予想しにく。
過去天気図(気象庁) 2020年05月の天気図 [pdf]

写真

早朝4時20分、燃えるような朝焼けと水田。湿度が高いので天気が崩れる兆候。
2020年05月31日 04:22撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝4時20分、燃えるような朝焼けと水田。湿度が高いので天気が崩れる兆候。
21
ゲートにはこの看板。日曜で工事はしていなかった。林道に残雪は無いので登山口まで行ける。
2020年05月31日 16:54撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートにはこの看板。日曜で工事はしていなかった。林道に残雪は無いので登山口まで行ける。
3
秡川駐車場。管理小屋は撤去されており、昨年までは駐車料金が500円だったが、現状では支払わなくて良い。
2020年05月31日 05:07撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秡川駐車場。管理小屋は撤去されており、昨年までは駐車料金が500円だったが、現状では支払わなくて良い。
7
気温12℃、やや蒸し暑い。やはり今年は残雪が多く、ここから残っていた。shiloko三大急登の一つ、和田小屋までの舗装路歩き。
2020年05月31日 05:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温12℃、やや蒸し暑い。やはり今年は残雪が多く、ここから残っていた。shiloko三大急登の一つ、和田小屋までの舗装路歩き。
3
道端にはムラサキヤシオ。
2020年05月31日 05:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端にはムラサキヤシオ。
10
咲いて間もないタムシバ。
2020年05月31日 05:25撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲いて間もないタムシバ。
8
ツバメオモト。
2020年05月31日 05:30撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバメオモト。
7
可憐な白い花を咲かせるツバメオモト。
2020年05月31日 05:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可憐な白い花を咲かせるツバメオモト。
8
サンカヨウ。咲き始め。
2020年05月31日 15:58撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウ。咲き始め。
13
キクバオウレン。
2020年05月31日 15:16撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクバオウレン。
6
ゲレンデには水芭蕉。
2020年05月31日 05:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデには水芭蕉。
11
センターゲレンデもこれだけ雪が残っている。近年この時期にしては珍しい量。
2020年05月31日 05:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センターゲレンデもこれだけ雪が残っている。近年この時期にしては珍しい量。
7
振り返ると越後三山、巻機山、和田小屋。
2020年05月31日 05:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると越後三山、巻機山、和田小屋。
5
六合目でこの残雪量。1m近くある。私は相変わらず踏み抜くので、復路のことも考え、薄そうな残雪を破壊しながら登って行くことにした。
2020年05月31日 06:16撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目でこの残雪量。1m近くある。私は相変わらず踏み抜くので、復路のことも考え、薄そうな残雪を破壊しながら登って行くことにした。
6
ひっそりとイワナシ。
2020年05月31日 06:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひっそりとイワナシ。
8
下の芝もたっぷりの残雪。
2020年05月31日 06:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の芝もたっぷりの残雪。
3
せっかく残雪があるので、登山道横のゲレンデを歩いていく。
2020年05月31日 07:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかく残雪があるので、登山道横のゲレンデを歩いていく。
2
平標山から谷川岳を経て越後駒ケ岳までの山稜が一望。下にはカッサ湖。
2020年05月31日 07:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山から谷川岳を経て越後駒ケ岳までの山稜が一望。下にはカッサ湖。
7
一ノ肩、平標山、仙ノ倉山、シッケイノ頭。
2020年05月31日 07:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ肩、平標山、仙ノ倉山、シッケイノ頭。
2
先週半縦走した谷川岳、オジカ沢ノ頭。後ろに上州武尊山。
2020年05月31日 07:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週半縦走した谷川岳、オジカ沢ノ頭。後ろに上州武尊山。
4
中ノ芝。この周辺だけ雪が無い。
2020年05月31日 07:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ芝。この周辺だけ雪が無い。
1
上の芝まで直登して行く。
2020年05月31日 08:02撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の芝まで直登して行く。
3
雄大な上越山稜を眺めながら歩いていく。hareharewaiさん、まだBC出来るのでは?
2020年05月31日 08:12撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄大な上越山稜を眺めながら歩いていく。hareharewaiさん、まだBC出来るのでは?
4
股すり岩。踏み抜く瞬間のshilokoさん。ここの残雪も破壊しておいた。
2020年05月31日 08:15撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
股すり岩。踏み抜く瞬間のshilokoさん。ここの残雪も破壊しておいた。
4
神楽ヶ峰へ向かう。残雪が多いので斜面トラバースより稜線上を歩く方がベスト。
2020年05月31日 08:16撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神楽ヶ峰へ向かう。残雪が多いので斜面トラバースより稜線上を歩く方がベスト。
5
カッサダムの堤体が見える。雨水が流れた跡を形成する。
2020年05月31日 08:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッサダムの堤体が見える。雨水が流れた跡を形成する。
4
南からの湿った風が、滝雲となって仙ノ倉山平標山にかかる。天候が崩れる兆候。こっちはガスらず崩れない予想。
2020年05月31日 08:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南からの湿った風が、滝雲となって仙ノ倉山平標山にかかる。天候が崩れる兆候。こっちはガスらず崩れない予想。
3
富士見坂から見る苗場山。
2020年05月31日 08:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見坂から見る苗場山。
4
道にはミネザクラ。
2020年05月31日 08:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道にはミネザクラ。
8
雷清水で水を補給。冷たくてうまい。
2020年05月31日 08:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷清水で水を補給。冷たくてうまい。
5
雷清水から見る苗場山、雲尾坂。
2020年05月31日 08:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷清水から見る苗場山、雲尾坂。
2
ヒメイチゲ。
2020年05月31日 09:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメイチゲ。
4
お花畑にはシラネアオイ。
2020年05月31日 09:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑にはシラネアオイ。
14
まだ咲いて間もないシラネアオイ。
2020年05月31日 09:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ咲いて間もないシラネアオイ。
11
フレッシュなシラネアオイ。
2020年05月31日 09:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フレッシュなシラネアオイ。
12
お花畑のシラネアオイを見て喜ぶshilokoさん。
2020年05月31日 09:12撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑のシラネアオイを見て喜ぶshilokoさん。
8
たくさん花を付けるシラネアオイ。満開時はこんな程度ではない。嫌になるくらいシラネアオイが見られる。
2020年05月31日 09:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさん花を付けるシラネアオイ。満開時はこんな程度ではない。嫌になるくらいシラネアオイが見られる。
13
アズマシャクナゲも開花していた。
2020年05月31日 09:14撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アズマシャクナゲも開花していた。
9
まるで乾杯するようなシラネアオイの花。
2020年05月31日 09:14撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで乾杯するようなシラネアオイの花。
9
アズマシャクナゲ。
2020年05月31日 09:16撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アズマシャクナゲ。
9
満開のミネザクラ。
2020年05月31日 09:25撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のミネザクラ。
2
苗場山にやっと春が訪れた。
2020年05月31日 09:25撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山にやっと春が訪れた。
13
可愛らしいミネザクラの花。
2020年05月31日 09:19撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛らしいミネザクラの花。
4
ナエバキスミレ。
2020年05月31日 09:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナエバキスミレ。
5
エンレイソウ。
2020年05月31日 09:38撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エンレイソウ。
3
シヨウジョウバカマ。
2020年05月31日 09:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シヨウジョウバカマ。
5
雲尾坂から、歩いて来た道と神楽ヶ峰と上越県境山稜。赤城山や榛名山はガスで見えない。
2020年05月31日 09:58撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲尾坂から、歩いて来た道と神楽ヶ峰と上越県境山稜。赤城山や榛名山はガスで見えない。
5
谷川主脈に群馬方面からガスが進攻。
2020年05月31日 09:58撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川主脈に群馬方面からガスが進攻。
2
越後駒ケ岳。
2020年05月31日 09:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ケ岳。
6
巻機山、割引岳。
2020年05月31日 09:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山、割引岳。
6
平ヶ岳。手前は柄沢山。
2020年05月31日 09:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平ヶ岳。手前は柄沢山。
5
小高い残雪を超えると・・・。
2020年05月31日 10:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小高い残雪を超えると・・・。
6
苗場山頂上台地に到着。ほぼ残雪で木道は見えない。
2020年05月31日 10:08撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山頂上台地に到着。ほぼ残雪で木道は見えない。
9
池塘周辺に咲く水芭蕉はまだまだ。
2020年05月31日 10:11撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘周辺に咲く水芭蕉はまだまだ。
4
雪上を歩いて池塘付近へ。白砂山〜稲包山の稜線が見える。
2020年05月31日 10:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪上を歩いて池塘付近へ。白砂山〜稲包山の稜線が見える。
7
池塘に浮かぶ氷をつつくshilokoさん。
2020年05月31日 10:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘に浮かぶ氷をつつくshilokoさん。
2
池塘群を眺めて山頂へ向かう。
2020年05月31日 10:15撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘群を眺めて山頂へ向かう。
3
予期せぬ残雪歩きに、昨年4月に行った尾瀬ヶ原を回想していたshilokoさん。
2020年05月31日 10:16撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予期せぬ残雪歩きに、昨年4月に行った尾瀬ヶ原を回想していたshilokoさん。
2
苗場山山頂。1m以上の残雪。幼少期に苗代で遊んだshilokoさんと、バブル期の苗場スキー場で遊んだ鬼軍曹。アフタースキーだけは真剣な滑りを見せていた。
2020年05月31日 10:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山山頂。1m以上の残雪。幼少期に苗代で遊んだshilokoさんと、バブル期の苗場スキー場で遊んだ鬼軍曹。アフタースキーだけは真剣な滑りを見せていた。
19
ルリビタキが雪上で遊ぶ。
2020年05月31日 10:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルリビタキが雪上で遊ぶ。
18
ヒュッテは閉鎖中。頂上台地は残雪の冷気を含んだ風が吹く。気温8℃で寒い。ソフトシェル着用。
2020年05月31日 10:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテは閉鎖中。頂上台地は残雪の冷気を含んだ風が吹く。気温8℃で寒い。ソフトシェル着用。
5
頂上台地の残雪と池塘群を撮影するモモレンジャー。登り返しで遅くれて歩いてきても良く目立つ。
2020年05月31日 10:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上台地の残雪と池塘群を撮影するモモレンジャー。登り返しで遅くれて歩いてきても良く目立つ。
7
残雪を歩いて神社方面へ下る。三国山から赤倉山が見える。
2020年05月31日 10:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪を歩いて神社方面へ下る。三国山から赤倉山が見える。
3
南方面は北風の影響がなく残雪が少ない。
2020年05月31日 10:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方面は北風の影響がなく残雪が少ない。
3
池塘群と鳥甲山、焼額山。
2020年05月31日 10:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘群と鳥甲山、焼額山。
4
神社小赤沢分岐の木道だけ露出していた。岩菅山、烏帽子岳が正面に見える。チングルマは咲いていなかった。
2020年05月31日 10:50撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社小赤沢分岐の木道だけ露出していた。岩菅山、烏帽子岳が正面に見える。チングルマは咲いていなかった。
3
ハートの池塘。
2020年05月31日 10:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハートの池塘。
6
残雪を歩いて頂上台地を散策。昌次新道方面へ向かう。
2020年05月31日 11:01撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪を歩いて頂上台地を散策。昌次新道方面へ向かう。
6
通常では来られない場所の池塘まで間近に見ることが出来た。後方には苗場ヒュッテ。
2020年05月31日 11:12撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通常では来られない場所の池塘まで間近に見ることが出来た。後方には苗場ヒュッテ。
6
まるで棚田のような池塘。尾瀬にこういった池塘はない。
2020年05月31日 11:12撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで棚田のような池塘。尾瀬にこういった池塘はない。
7
ヒュッテ方面に戻るが、風が冷たいので、雷清水まで行って昼食にすることにした。
2020年05月31日 11:48撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテ方面に戻るが、風が冷たいので、雷清水まで行って昼食にすることにした。
2
行きも帰りも踏み抜く鬼軍曹。今日の総重量は95kg。shilokoさんは軽くてあまり踏み抜かない。
2020年05月31日 11:54撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きも帰りも踏み抜く鬼軍曹。今日の総重量は95kg。shilokoさんは軽くてあまり踏み抜かない。
2
砕氷船のように、登山道の残雪を破壊して前に進んできた。復路は楽になる。
2020年05月31日 12:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砕氷船のように、登山道の残雪を破壊して前に進んできた。復路は楽になる。
1
再びお花畑のシラネアオイ。
2020年05月31日 12:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びお花畑のシラネアオイ。
11
雷清水で昼食。今日は豪華に上州牛モモ肉のカレー。ステーキ肉を使って簡単に仕上げる。まずは肉の表面を軽く焼く。
2020年05月31日 12:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷清水で昼食。今日は豪華に上州牛モモ肉のカレー。ステーキ肉を使って簡単に仕上げる。まずは肉の表面を軽く焼く。
10
新玉ねぎを軽く炒めて、水とトマトペースト、下ごしらえしたニンジンを投入して5分煮る。中村屋のインドカレーペーストを加えて5分煮て完成。
2020年05月31日 12:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新玉ねぎを軽く炒めて、水とトマトペースト、下ごしらえしたニンジンを投入して5分煮る。中村屋のインドカレーペーストを加えて5分煮て完成。
11
苗場山カレー完成。頂上台地の白米と、残雪のようなカレーソース、池塘に見立てた上州牛モモ肉。
2020年05月31日 13:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山カレー完成。頂上台地の白米と、残雪のようなカレーソース、池塘に見立てた上州牛モモ肉。
15
嬉しさを隠しきれないshilokoさん。苗場山頂上とカレーの白米が同じ形。
2020年05月31日 13:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嬉しさを隠しきれないshilokoさん。苗場山頂上とカレーの白米が同じ形。
12
あえて煮込まず、レアに仕上げた上州牛。柔らかく肉の甘味が最高に美味い。
2020年05月31日 13:15撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あえて煮込まず、レアに仕上げた上州牛。柔らかく肉の甘味が最高に美味い。
9
腹いっぱいの身体で登り返す。登山道は川のように、雪解け水が流れてくる。
2020年05月31日 13:34撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腹いっぱいの身体で登り返す。登山道は川のように、雪解け水が流れてくる。
5
復路もゲレンデを下っていく。
2020年05月31日 14:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復路もゲレンデを下っていく。
2
プロは道具など使わずに華麗に滑る。さすが。
2020年05月31日 14:37撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プロは道具など使わずに華麗に滑る。さすが。
8
下の芝へ入る道なのだが、ピンクリボンはあるが非常に不明瞭で迷いやすい。残雪がある下山時には十分注意する。
2020年05月31日 14:50撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の芝へ入る道なのだが、ピンクリボンはあるが非常に不明瞭で迷いやすい。残雪がある下山時には十分注意する。
3
まさに秡川。
2020年05月31日 15:07撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさに秡川。
4
ミツバオウレンに見送られて駐車場へ。
2020年05月31日 15:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバオウレンに見送られて駐車場へ。
14
ポツンと一台。帰路へ。
2020年05月31日 16:18撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポツンと一台。帰路へ。
9

感想/記録

 5月の最終日。新規感染者が少なくなり、日常生活に戻りつつある。道路や店も混雑するようになり、人の移動も活発に。第二波と言うが、そもそもウイルスを根絶していないので、必ず来るのだ。勘違いしてはいけない。

 先週の谷川主脈半縦走で残雪が多いことを感じた。残雪も花も少し早いと思うが、天候とスケジュールから苗場山へ様子を見に行くことにした。群馬県内の山稜は9時からガスとなり、谷川方面も遅れてガスに包まれる予想。新潟長野県境へ逃げる。

 3時に自宅を出発。shilokoさんを拾って関越道渋川ICへ。日本の物流を支える車に混じって湯沢ICで下りる。国道17号を戻るように群馬方面へ。神立のトンネル手前で素晴らしい朝焼けに遭遇。美しい朝焼けは天候悪化の兆候。

 林道苗場線に入るとゲート小屋に立て看板。「工事中」「残雪多くて登山口は行けない」とある。工事は日曜だから休止として、残雪多くて行けないとは、納得できないので、そのまま通行。

 路肩が崩れて鉄板が敷いてあったが、残雪は無く駐車場に到着。一台とちぎナンバーの車がいるが、山菜採りだろう。すぐに立ち去った。ここは組合員以外は採ることが出来ない。管理小屋も撤去され駐車料金は徴収していなかった。

 装備して5時に出発。気温12℃、少し蒸し暑い。トイレは閉鎖。その脇から入る登山道も土砂崩れで閉鎖。駐車場先のゲレンデから残雪がある。これではまだ花には早いなと思いつつも、決めたからには行く。

 和田小屋までの舗装路はshiloko三大急登の一つ。他には黒菱作業道、西黒尾根までの291。センターゲレンデ手前にはツバメオモト、キクバオウレンが咲いていた。ゲレンデにはサンカヨウ、水芭蕉が咲いていた。

 通年以上の量がある残雪を越え登山口へ。木階段が見えていたが雪解け水が大量に流れてくる。樹林帯も残雪は点在したあったが、下の芝手前からは残雪で埋まってしまった。しかもそれが踏み抜きしやすく、下の水流に足を突っ込んだり、石にぶつけたりと、十分に注意する。

 残雪のゲレンデを直登して中ノ芝、上ノ芝を通過。ここだけチェーンスパイクを装着した。アイゼン、ピッケルの必要性はないが、まだまだBCが出来るほど雪がある。

 稜線上を歩いて神楽ヶ峰を経由して富士見坂へ。初めて苗場山を見ることが出来る。やはり残雪が多い。下のお花畑は暖かいので雪はもうなかった。

 雷清水で冷えた水を補給してお花畑へ。満開のミネザクラが出迎える。アズマシャクナゲも咲き始めていた。足元にはシラネアオイ。連なるように数株咲いていた。九合目付近にはナエバキスミレ。残雪が多いのでイワカガミはまだ小さかった。

 雲尾坂を登りあげ、岩のすき間のヒカリゴケを探すが無かった。小高い残雪を超えると苗場山頂上台地。池塘群は半分以上残雪で覆われていた。これでは水芭蕉もまだ咲かないだろう。

 頂上に行くが、1m近い残雪で、山頂標は埋まり地面は見えなかった。記念撮影してヒュッテへ。未だ閉鎖中のヒュッテ。西側の展望スポットも残雪で行けなかった。南風が残雪の冷気を運び、冷たい風が吹く、気温8℃。ソフトシェル着用。

 苗場神社方面は南下する。木道は埋まっているので、残雪上を歩いていく。景色を見ればおおよその位置が分かる。通常は行けない池塘近くを通って小赤沢の分岐に到着。白砂山、佐武流山、岩菅山、鳥甲山が良く見えていた。

 ヒュッテ方面へ登り返さず、昌次新道方面へ行く。大自然が作り上げた景色の中を歩む。大きな池塘、段々になった池塘など、間近で見る機会はほとんどなく貴重な経験。風が冷たいので、雷清水で昼食をとることにして下山。

 再びお花畑でシラネアオイを見て、登り返し雷清水へ。今日は豪華に上州牛モモ肉のカレー。ステーキ肉を使って簡単に仕上げる。肉の表面を軽く焼き、新玉ねぎを加え軽く炒めて、水とトマトペースト、下ごしらえしたニンジンを投入して5分煮る。

 良い肉は灰汁がほとんど出ないのだ。そこに中村屋のインドカレーペーストを加えて5分煮て完成。とろみのやや緩いソースだが、あとから来る辛味とうまさは格別だ。牛肉はレアに仕上げたので、軽く噛めば噛み切れる。

 軽くなったザックを背負い、重くなった腹を突き出し、富士見坂へ登り返す。往路で残雪を破壊したので、踏み抜きは減った。上の芝から中ノ芝とゲレンデを歩くが、下の芝へ入る夏道が非常に分かりにくい。ピンクリボンがあるが幅の広い尾根では見過ごす。

 午後はさらに増水した登山道を歩く。泥と石が滑りやすい。水があるとメマトイなど虫も多いので、森林香を焚いていた。和田小屋を過ぎ舗装路を歩いて駐車場へ。朝と同じくポツンと一台。着替えて帰路へ。

 関越道上り車線からは、ガスガスの谷川主脈だが、オジカ沢の頭から大障子の頭だけが見える。6月14日に予定する主脈縦走。今年の梅雨時期も遅く不安定な長期予報。自然相手の登山、休みと好天が合わなければ厳しいものがある。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2268人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/30
投稿数: 4047
2020/6/1 20:35
 素晴らしい景色ありがとう!
growmonoさん、shilokoさん
素晴らしい景色ありがとう!
まだ結構雪がありましたね。
サンカヨウやシラネアオイ、ナエバキスミレがきれいです。
行くのが大変ですが見所が一杯あり良いコースですね。
また行ってみたくなりました。
有難う御座います。
登録日: 2014/5/18
投稿数: 2585
2020/6/1 21:45
 これだけの雪の中でも花いっぱい
お二人さん こんばんは。
林道入り口に書かれた注意書き、ビビりますよね、何事もなく駐車場へ到着、いつもと景色が違った雪景色となってましたか、道中の花もみなきれいで、雪解けを待って咲きだしたからどの子も新鮮でしたね、
残雪と花はよく似合いますね。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1484
2020/6/2 9:32
 天空の残雪
 おはようございます、iiyuさん。
谷川も残雪が多かったですから、少し早いかなと思っておりました。shilokoさんはこの時期に苗場山へ行ったことがないと言うので、連れて行きました。

 ただ時期的にもお花畑のシラネアオイは開花しているだろうと。ただ六合目からの残雪量は予想外でしたね。6月上旬に富士見坂からシラネアオイロードが始まるのですが、雪が多すぎてダメでした。

 しかし頂上台地の大量の残雪により、美しい池塘群や景色を間近で見ることができました。この時期限定ですよね。ある意味ラッキーでした。尾瀬より勾配があるので、地形や景色が変化してとても楽しかったです。私たち以外は人がおらず、貸し切りでした。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1484
2020/6/2 9:39
 残雪と薄紫の花
 おはようございます、yasioさん。
素晴らしい朝焼けに送られての苗場入りでしたが、あの立て看板は、まさかあり得ないだろうと、黒菱や猿倉じゃあるまいしと思いつつ進みました。

 下の芝から神楽ヶ峰までは、まるでスキー場でしたよ。中の芝のベンチが出ているだけで、残雪歩きでしたね。あと10日過ぎれば雪も消え去り、シラネアオイやイワカガミロードが見られると思います。再訪するか検討中です。
登録日: 2014/1/5
投稿数: 4
2020/6/2 20:26
 初めまして。ちょっと質問させて下さい
こんばんは。自分も今月苗場登ろうと思っているんですが山頂や途中にある小屋などのトイレは使えるのでしょうか?
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1484
2020/6/2 22:08
 利用不可
 こんばんは、orioriorixさん。
ご質問ですが、結果から言うと利用できません。

 まず、今年の和田小屋は営業しません。詳細は下記のPDFに記載されています。秡川駐車場のトイレも閉鎖されたままだと思われます。
https://www.princehotels.co.jp/file.jsp?id=315219

 次に苗場ヒュッテですが、正式名称は苗場山自然体験交流センターで、長野県下水内郡栄村が運営しています。営業再開は未定です。おそらく今季はないでしょう。
http://sakae-akiyamago.com/play/587/

 今年は残雪が多いので、今行って残雪の頂上台地歩きをとるか、中旬に行って登山道の花が多数見られる方をとるか、天候を見て選んでくださいね。私も再訪しようか考えてます。
登録日: 2014/1/5
投稿数: 4
2020/6/2 22:57
 Re: 利用不可
早い返信とてもありがとうございます。助かります。行くとしたら今月末を予定してたんですが女性も参加する中9時間前後トイレなしの山行をどうしようかと…
他の山も視野に入れてちょっと考えてみます🙇♂
登録日: 2016/3/2
投稿数: 726
2020/6/3 8:20
 Re: 素晴らしい景色ありがとう!
iiyuさんおはようございます。

サンカヨウ、シラネアオイは格別ですね♪
コロナで沈みがちな気持ちになりがちですが、お花に心弾みます。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 726
2020/6/3 8:21
 Re: これだけの雪の中でも花いっぱい
yashioさんおはようございます。

残雪の苗場には初めて連れていっていたはだきました。
お花畑はまだこれからのようです。
赤ちゃんのようなシラネアオイの新芽がたくさんありました。
咲き揃ったら圧巻だと思います(⌒‐⌒)
登録日: 2013/6/10
投稿数: 900
2020/6/8 3:56
 苗場山、いいですね〜!
growmonoさん、shilokoさん、おはようございます。

祓川から苗場山のピストン、いいですね〜!残雪とシラネアオイ、美味しそうなカレー、相変わらずお二人で山を満喫されていますね!

神楽ヶ峰周辺の残雪も多く、確かに短いBCはできそうですね。越後三山や巻機の雪は消えてしまい、もう少し遠方の県外しかBCの選択肢はなく、土曜に残雪の多い針ノ木岳BCをやってきました。

今回もかなりレコ楽しく見させて頂ました。
いつも貴重な情報有り難うございます。次回のお二人のレコも楽しみにしています。
hareharawaiより
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1484
2020/6/10 16:20
 残雪
 こんにちは、hareharawaiさん。
県内のコロナはいったん収束し、以前の生活パターンが戻ってきました。hareharawaiさんは逆に忙しくなったと思われます。いろいろと気を遣いそうですね。

 前週の谷川では残雪が多かったので、少し早い気がしましたが、天気を鑑みて様子を見に行きました。やはりお花畑のシラネアオイは咲いてましたね。見られて良かったです。

 六合目から富士見坂までの残雪は驚きましたね。神楽ヶ峰周辺は1m以上ありました。デブリや岩が雪上にありましたので、それなりの板でしたら気にせず滑走できそうです。

 頂上台地の残雪は、通常行くことができない池塘周辺をめぐることができて楽しかったです。尾瀬のように平坦で、景色が変わらず単調ではないので、飽きませんでしたね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ