また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2373093 全員に公開 ハイキング 赤城・榛名・荒船

赤城山南麓横断周回〜ひっそりとツツジめぐり

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年06月01日(月) [日帰り]
メンバー
天候空はくもり、稜線はガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
自動車:鍋割山登山口前路駐。
自転車:鍋割相吉線オートレース場前の工事ゲート付近にデポ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間36分
休憩
30分
合計
5時間6分
S鍋割山登山口08:0009:30鍋割山09:3409:56竃山10:01火起山10:15荒山高原10:1710:25東屋12:18荒山登山口12:4213:06鍋割山登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
一部バリエーションルートを歩いています。赤城オートレース場前から鍋割山登山口まで約2kmは自転車走行です。
コース状況/
危険箇所等
一部バリエーションルートを歩いています。
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

不法投棄と同じような扱いにならないように祈る。前日の苗場山雪遊びから、今日は慣れ親しんだ赤城山南麓つつじめぐり。15時に降雨予報なので、安近短の真裏山を散策。
2020年06月01日 07:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不法投棄と同じような扱いにならないように祈る。前日の苗場山雪遊びから、今日は慣れ親しんだ赤城山南麓つつじめぐり。15時に降雨予報なので、安近短の真裏山を散策。
5
登山口先にはサラサドウダン。気温15℃で蒸し暑い。
2020年06月01日 08:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口先にはサラサドウダン。気温15℃で蒸し暑い。
4
可愛らしい花が揺れる。
2020年06月01日 08:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛らしい花が揺れる。
12
しばらく来ていない間に、良い看板が出来ていた。
2020年06月01日 08:04撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく来ていない間に、良い看板が出来ていた。
4
上空は黒いシルエットが旋回。
2020年06月01日 08:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上空は黒いシルエットが旋回。
4
斜面の至る所にヤマツツジ。
2020年06月01日 08:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面の至る所にヤマツツジ。
3
美しいヤマツツジ。
2020年06月01日 09:02撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しいヤマツツジ。
3
鍋割山山頂下の台地には満開のヤマツツジ。
2020年06月01日 09:05撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山山頂下の台地には満開のヤマツツジ。
7
山頂に向かう木階段途中で東へ入る道がある。祠が祀られているのだ。その上の岩稜からタルミのツツジ群。
2020年06月01日 09:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に向かう木階段途中で東へ入る道がある。祠が祀られているのだ。その上の岩稜からタルミのツツジ群。
4
藪漕ぎして東斜面を登り山頂へ。
2020年06月01日 09:22撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪漕ぎして東斜面を登り山頂へ。
2
鍋割山山頂。腹を割って話すより、ケツを割って逃げ出す鬼軍曹。ザックを昨日の苗場山からフューチュラプロ40に新調したのだが、もう汚く、汗と森林香臭い。
2020年06月01日 09:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山山頂。腹を割って話すより、ケツを割って逃げ出す鬼軍曹。ザックを昨日の苗場山からフューチュラプロ40に新調したのだが、もう汚く、汗と森林香臭い。
11
満開のズミ。
2020年06月01日 09:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のズミ。
4
小さな白い花をたくさん咲かせる。
2020年06月01日 09:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな白い花をたくさん咲かせる。
3
可愛らしいズミの花。
2020年06月01日 09:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛らしいズミの花。
8
トウゴクミツバツツジ。もう終盤。
2020年06月01日 09:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウゴクミツバツツジ。もう終盤。
1
クサタチバナ。ネットに周りを囲われていた。
2020年06月01日 09:37撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサタチバナ。ネットに周りを囲われていた。
4
ヤマツツジの回廊を歩く。
2020年06月01日 09:41撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジの回廊を歩く。
2
朝露に濡れ艶っぽいヤマツツジ。
2020年06月01日 09:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝露に濡れ艶っぽいヤマツツジ。
2
人面岩。ヤマツツジとズミが満開で笑っている。
2020年06月01日 09:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人面岩。ヤマツツジとズミが満開で笑っている。
1
サクラスミレ。
2020年06月01日 09:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サクラスミレ。
3
シロバナニシキゴロモ。
2020年06月01日 09:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナニシキゴロモ。
3
ズミ、ヤマツツジ咲く稜線。
2020年06月01日 09:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズミ、ヤマツツジ咲く稜線。
1
竃山から火起山へ。
2020年06月01日 09:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竃山から火起山へ。
2
クロマツとヤマツツジ。
2020年06月01日 09:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クロマツとヤマツツジ。
1
満開のヤマツツジ。曇天でも映える赤。
2020年06月01日 09:55撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のヤマツツジ。曇天でも映える赤。
5
白いズミと赤いヤマツツジ。
2020年06月01日 09:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いズミと赤いヤマツツジ。
1
マイズルソウ。
2020年06月01日 10:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイズルソウ。
2
荒山高原。荒山へ行く気はない。
2020年06月01日 10:15撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒山高原。荒山へ行く気はない。
1
荒山高原のズミとヤマツツジ。棚上十字路へ向かう。
2020年06月01日 10:17撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒山高原のズミとヤマツツジ。棚上十字路へ向かう。
1
連なって咲くヤマツツジ。
2020年06月01日 10:17撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連なって咲くヤマツツジ。
1
ズミが散り、白い花吹雪舞う道を行く。
2020年06月01日 10:18撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズミが散り、白い花吹雪舞う道を行く。
棚上十字路。赤城温泉方面の東へ向かう。踏み跡明瞭だが、赤城ではマイナーなルート。
2020年06月01日 10:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棚上十字路。赤城温泉方面の東へ向かう。踏み跡明瞭だが、赤城ではマイナーなルート。
1
ガスが漂い幻想的な景色。
2020年06月01日 10:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが漂い幻想的な景色。
1
まっすぐに続く登山道。今年は満開時期を逃してしまいヤマツツジの回廊をくぐれなかった。
2020年06月01日 10:58撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まっすぐに続く登山道。今年は満開時期を逃してしまいヤマツツジの回廊をくぐれなかった。
2
ツクバネウツギ。
2020年06月01日 11:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツクバネウツギ。
2
ヤマツツジは終わっていたが、レンゲツツジが咲き始め。
2020年06月01日 11:08撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジは終わっていたが、レンゲツツジが咲き始め。
2
美しいレンゲツツジ。
2020年06月01日 11:07撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しいレンゲツツジ。
1
咲いて間もないレンゲツツジ。
2020年06月01日 11:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲いて間もないレンゲツツジ。
2
薄日に輝くレンゲツツジ。
2020年06月01日 11:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄日に輝くレンゲツツジ。
4
左斜めの赤城温泉方面へは行かず、案内標の無い右斜めの廃道へ。
2020年06月01日 11:17撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左斜めの赤城温泉方面へは行かず、案内標の無い右斜めの廃道へ。
廃道をしばらく歩き、途中から外れてカモシカルートをお借りして歩き、さらに藪漕ぎしてここの急斜面に出る。ここから北にトラバースしながら林業用の作業道へ向かう。
2020年06月01日 11:28撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃道をしばらく歩き、途中から外れてカモシカルートをお借りして歩き、さらに藪漕ぎしてここの急斜面に出る。ここから北にトラバースしながら林業用の作業道へ向かう。
1
フジが出迎える作業道。しばらく歩いて林道大穴線へ。
2020年06月01日 11:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フジが出迎える作業道。しばらく歩いて林道大穴線へ。
1
斜度13%は100m行って13m上がる。shilokoさんならバテバテの失速だろう。
2020年06月01日 11:48撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度13%は100m行って13m上がる。shilokoさんならバテバテの失速だろう。
1
通行止めの林道鍋割相吉線に入る。
2020年06月01日 11:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通行止めの林道鍋割相吉線に入る。
ウツギが咲く。
2020年06月01日 12:01撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウツギが咲く。
1
長期間通行止めなので、カーブミラーもくすんでいる。写っている奴もくすんで黒い。
2020年06月01日 12:02撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長期間通行止めなので、カーブミラーもくすんでいる。写っている奴もくすんで黒い。
5
フジが風に揺れる。
2020年06月01日 12:12撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フジが風に揺れる。
6
土砂崩れ現場。
2020年06月01日 12:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土砂崩れ現場。
2
ゲートを越え荒山登山口へ。オートレース場前から工事による通行止めのため、荒山登山口に車は入れない。
2020年06月01日 12:16撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートを越え荒山登山口へ。オートレース場前から工事による通行止めのため、荒山登山口に車は入れない。
ベンチをお借りして昼食。今日はラ王全粒粉のしょうゆ味。ラフテーとウズラの卵を投入。海苔がしおれてしまった。
2020年06月01日 12:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチをお借りして昼食。今日はラ王全粒粉のしょうゆ味。ラフテーとウズラの卵を投入。海苔がしおれてしまった。
7
今朝デポしておいた自転車を引っ張り出してきた。今日はマウンテンバイク。
2020年06月01日 12:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝デポしておいた自転車を引っ張り出してきた。今日はマウンテンバイク。
4
ゆったりとポタリングして10分で戻る。留守番ごくろうさん。
2020年06月01日 13:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆったりとポタリングして10分で戻る。留守番ごくろうさん。
6
林道鶉山線沿いには満開のヤマボウシ。
2020年06月01日 13:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道鶉山線沿いには満開のヤマボウシ。
6

感想/記録

 6月水無月。今年の梅雨入りは遅いとの予想。コロナ禍がひとまず安定してきたので、車や人出も増えて混雑も見られるようになってきた。すべてを雨水のように流せれば楽なのだが・・・。

 湿った空気の流入で曇り模様の天気。日中はにわか雨、15時からは本降り予想。裏山の赤城山南麓へツツジを見に行くことした。昨日の苗場山の雪遊びから、今日は赤城山南麓でつつじ巡り。軽く南麓周回。

 自宅を7時に出発。雨の林道歩きは嫌なので、荒山登山口へ自転車をデポしようとしたら、オートレース場前から通行止め。工事でゲート封鎖されていた。仕方ないので、その付近の草むらに自転車をデポ。

 戻って鍋割山登山口前に路駐。樹林帯が伐採され見通しが良くなっている。周辺は不法投棄が多く、傍らに積んであった。その前にポンコツを停めたので、一緒の扱いにならないか不安になった。

 気温15℃で蒸し暑い。登山道先にはサラサドウダン。可愛らしい花が風に揺れていた。周辺のヤマツツジはもう枯れたり落花していた。獅子ヶ鼻の岩場を過ぎ、鍋割高原からは薄っすらと市街地が見えていた。

 ヤマツツジを見ながら急坂に入る。山頂下台地にも満開のヤマツツジ。タルミを抜け木階段を歩んで行く。途中で東側に入る踏み跡がある。祠が祀られているのだ。その上の岩稜から先ほど歩んできたタルミのヤマツツジ群を眺める。ガスが掛かってきたので幻想的。

 東斜面を藪漕ぎして山頂へ。もちろん誰もいない。常連さんは姫百合から来るのだろう。白い花が満開のズミが山頂柱の傍らにある。稜線を北上する。竃山から火起山の稜線にはヤマツツジの回廊。赤いトンネルが美しい。

 荒山高原に下り立つ。最初から荒山へ行く気はなく、棚上十字路方面へ向かう。二本のズミとヤマツツジに見送られて、うっそうとした木々の登山道へ。散り始めたズミが、白い花吹雪を舞い散らせ、道には白い絨毯。

 東屋のある棚上十字路をさらに東へ、赤城温泉方面へ。踏み跡明瞭だが、さらにうっそうとした木々に囲まれる。ガスも漂い幻想的な雰囲気に。先ほどまで、うるさいほど鳴いていたカラスの気配はない。無音。

 薄暗く靄が掛かった視界でも、ヤマツツジの赤い花は良く見えていた。登山道はルンゼを迂回し荒山の南尾根を南下する。緩い傾斜で歩きやすい。例年ヤマツツジの長い回廊がある所は既に散ってしまい、今年は見ることが出来なかった。

 しかしその代わり、レンゲツツジを見ることが出来た。赤城県道沿いは咲いていたが、見晴山や旧白樺牧場は未開花。通常6月中旬から下旬。

 そのまま南下して、赤城温泉は左斜めへと道案内標のある所を、右斜めに入っていく。まだ踏み跡のある廃道方面。三夜沢まで抜けられるのだ。そのまま踏み跡を歩き、途中から外れてカモシカルートをお借りしてさらに下る。そしてそこからも外れて藪漕ぎして、急斜面の営林帯に出る。

 そこの急斜面を北へトラバースしながら林業用作業道へ。土砂崩れで一部迂回したが、作業道に出て歩き出す。林道大穴線の13%の舗装路を歩き、通行止めゲートのある鍋割相吉線に入る。この周辺も不法投棄が目立つ。

 土砂崩れの現場を通り過ぎ、通行止めゲートを通り抜けると荒山登山口駐車場。通行止めなので、車も人の気配もない。平日だ。ベンチをお借りして、ラ王の昼食。気温湿度が高くなってきたので、アブブヨなど虫が多くなってきた。

 九十九折れの舗装路をショートカットして、オートレース場前にデポした自転車を回収。ゲートが開いていた。工事車両が入って行ったのだろう。

 蒸し暑い空気を切り裂いて自転車は下っていく。そして沢を過ぎると登り返す。マウンテンバイクは久々で引き足が使えず、クランクが回しにくかった。10分走ると鍋割山登山口前に到着。パジェロは不法投棄と一緒に処分されず残っていた。

 着替えて帰路へ。林道鶉山線を下るとヤマボウシが見えた。ヤマツツジ咲く赤城山。山中ではホトトギスが鳴き、薄日でも新緑が輝いていた。名前の由来通り、真っ赤になる赤城山になる日も近い。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:718人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/8
投稿数: 240
2020/6/2 11:11
 1週間で・・・
growmono さん、こんにちは。

1週間で荒山高原のツツジも
だいぶ開花が進んでいますね。
2週間くらい先かな?と思っていたのですが・・・
レンゲツツジもこれから楽しみです♪

新コロで気持ちはだいぶ停滞していますが、
季節は確実に動いていますね〜
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1605
2020/6/2 20:07
 2週間で・・・
 こんばんは、choco-tさん。
GWまでは寒の戻りや曇りが多く、花々の開花が遅くなりました。通年旧白樺牧場や見晴山のレンゲツツジは、6月の15日過ぎくらいからですね。今年は少し遅いと思います。

 choco-tさんたちも感じたろうとは思いますが、昨年の台風の影響は否定できません。幹や枝がかなり折れてますからね。

 良い年もあれば悪い年もあるもんです。大自然の摂理は、人間ごときには理解できない雄大さがあるのでしょう。季節の移ろいは何があろうとやってきます。

 「新コロ」とは、思わず笑ってしまう言い方ですね。新しい漫画雑誌かと思いましたよ。GWは自粛で裏山で遊んでばかりいましたから、食ってばかりいて体重が3kg増えてしまいました。新コロでコロコロになりました。それを食事制限して、2週間で元に戻しました。
登録日: 2016/3/5
投稿数: 15
2020/6/2 23:36
 こんな天気の月曜日は。
こんな天気の月曜日、growさんはどこに向かっているのかな?と思いつつ三国峠に向かっていました。
小雨の中、シラネアオイに出会えました。
growさんが自転車で周回されたコース、ランニングに変えて。
来週以降、苗場山も赤城も候補に入れます。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1605
2020/6/3 10:08
 夏の谷川
 こんちは、okutさん。
月曜の山間部は雨、平野部はすっきりしない天気予想でしたからね。夏季の谷川方面は目前で落雷にあったことがあるので、天候を重視しています。赤城山の南麓なら家が見えてますから安心です。

 平標から三国山周回ですかね。7kmランニングで小雨なら涼しかったですね。平仙鞍部のお花畑の咲き始めに行こうかと思ってます。天気によってです。行先は風に聞いてください。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ