また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2379840 全員に公開 ハイキング 塩見・赤石・聖

笹山・大谷嶺

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年06月06日(土) [日帰り]
メンバー
天候 曇時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
笹山→登山口の広いP、20台位
大谷嶺→登山口の広いP、10台位
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間48分
休憩
26分
合計
6時間14分
S笹山入口07:1907:34笹山07:3607:46笹山入口07:4809:45大谷嶺駐車場09:4709:53大谷嶺登山道入口09:5510:07扇の要11:10新窪乗越11:1211:50大谷嶺12:0112:35新窪乗越13:16扇の要13:1813:26大谷嶺登山道入口13:30大谷嶺駐車場13:3313:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
07:15 スタート(0.00km) 07:15 - その他(1.08km) 07:49 - ゴール(6.81km) 13:34
コース状況/
危険箇所等
笹山→超手抜き登山なので、コメント無
大谷嶺→大谷崩のガレの直登時は落石に注意しましょう
その他周辺情報立寄り湯が解禁になりましたので、久々に黄金の湯(梅ヶ島温泉)に行ってきました。PR不足か、お客は少なかったです。700円
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

一座目の笹山、山頂下に広いPがあります。今日は一番乗り
2020年06月06日 07:20撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一座目の笹山、山頂下に広いPがあります。今日は一番乗り
1
トレランポストのNo49が目印
2020年06月06日 07:21撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレランポストのNo49が目印
今日の花はこれ位
2020年06月06日 07:25撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の花はこれ位
井川湖遠望
2020年06月06日 07:32撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井川湖遠望
あっという間に山頂着です。眺望はいまいち
2020年06月06日 07:40撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に山頂着です。眺望はいまいち
こちらは山伏方面の縦走路へ。二座目の大谷嶺まで縦走ピストンも考えましたが、日本三大●●マニアとしては、大谷崩は外せませんので、わざわざ遠回りし、下から登りました(後述)
2020年06月06日 07:41撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは山伏方面の縦走路へ。二座目の大谷嶺まで縦走ピストンも考えましたが、日本三大●●マニアとしては、大谷崩は外せませんので、わざわざ遠回りし、下から登りました(後述)
七ッ峰方面
2020年06月06日 07:44撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ッ峰方面
Pに戻り。後から2組登ってこられましたが、山伏方面に縦走の様です。
2020年06月06日 07:52撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Pに戻り。後から2組登ってこられましたが、山伏方面に縦走の様です。
二座目は大谷嶺。記念碑公園にP。笹山からの移動に想定以上に時間がかかりました。先行車7台とバイク2台
2020年06月06日 09:50撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二座目は大谷嶺。記念碑公園にP。笹山からの移動に想定以上に時間がかかりました。先行車7台とバイク2台
あれですかね?掲示板の写真では「二の沢」でした。大谷嶺は更に先で、Pからは見えない様です。
2020年06月06日 09:49撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれですかね?掲示板の写真では「二の沢」でした。大谷嶺は更に先で、Pからは見えない様です。
ここが入口
2020年06月06日 09:55撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが入口
ごちゃごちゃ一杯あります
2020年06月06日 09:56撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごちゃごちゃ一杯あります
ガレのトラバースはケルンとマーキングがクリアで助かります
2020年06月06日 10:00撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレのトラバースはケルンとマーキングがクリアで助かります
ガレも300年経ってますので、新緑と共存
2020年06月06日 10:03撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレも300年経ってますので、新緑と共存
キター!! 大谷崩、目指す新窪乗越が見えて来ました。
2020年06月06日 10:05撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キター!! 大谷崩、目指す新窪乗越が見えて来ました。
そう言われてもピンと来ないのですが、上から見るとそうなんでしょうね。
2020年06月06日 10:12撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そう言われてもピンと来ないのですが、上から見るとそうなんでしょうね。
ここからお楽しみのガレの直登です。メット装着
2020年06月06日 10:36撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからお楽しみのガレの直登です。メット装着
ガレなのでスピードが出ません。歩けども歩けども景色変わらず。まさに牛歩のあゆみ
2020年06月06日 10:48撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレなのでスピードが出ません。歩けども歩けども景色変わらず。まさに牛歩のあゆみ
東の急斜面は、落石地獄の様相
2020年06月06日 10:48撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の急斜面は、落石地獄の様相
1852峰が間近に
2020年06月06日 10:59撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1852峰が間近に
コル下のこの辺が一番急でした。四つん這いを期待しておりましたが、それほどでもなく、少し拍子抜け。
2020年06月06日 11:05撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コル下のこの辺が一番急でした。四つん這いを期待しておりましたが、それほどでもなく、少し拍子抜け。
漸くコルにでました。大谷嶺方面へ
2020年06月06日 11:17撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸くコルにでました。大谷嶺方面へ
稜線から、落ちたら下までで、the end.
2020年06月06日 11:22撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から、落ちたら下までで、the end.
ガレ端の痺れる道と思いましたが・・
2020年06月06日 11:29撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ端の痺れる道と思いましたが・・
大体は少し北面の巻道で安心です。
2020年06月06日 11:24撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大体は少し北面の巻道で安心です。
ガスが上がって来て視界ゼロ
2020年06月06日 11:55撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが上がって来て視界ゼロ
代わりの団子三兄弟
2020年06月06日 11:56撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
代わりの団子三兄弟
2
行田山?山梨側の呼び名の様です。
2020年06月06日 11:56撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行田山?山梨側の呼び名の様です。
ガスガスですが、今日最後のお楽しみで、ガレの急降下です。
2020年06月06日 12:41撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスガスですが、今日最後のお楽しみで、ガレの急降下です。
漸く解禁で、黄金の湯でさっぱり
2020年06月06日 14:11撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く解禁で、黄金の湯でさっぱり

感想/記録

安部奥で未踏の笹山と大谷嶺を梯子登山しました。笹山は山頂下まで車道があり、お気楽手抜き登山を是としておりますので、迷わずGet. 大谷嶺下の大谷崩は日本三大崩との事でメットをかぶり気合入れて臨みましたが、通常のガレの直登でした。皆さんノーヘルで浮いてしまいました。富士山の大沢崩は日本三大崩に選定されておりませんが、なんででしょう?デカすぎて風情無??
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:161人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ