また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2391169 全員に公開 ハイキング 中国

秋吉台「蓮華山〜地獄台〜烏帽子岳〜真名ヶ岳」を周回

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年06月10日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
長者ヶ原駐車場(トイレあり)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間32分
休憩
11分
合計
6時間43分
S長者ケ森P09:1909:43冠山11:09蓮華山11:1512:35地獄台12:3612:57烏帽子岳13:0015:00真名ヶ岳16:01長者ケ森P16:0216:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
獣道のような踏み跡がはっきりとしないルートがたくさんあるので注意が必要。
冬から春先が歩きやすい。
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 レインウェア ヘッドランプ(含む予備電池) 地形図&コンパス ハンディGPS(含む予備電池) ウォーターボトル ライター ナイフ タオル お茶などの飲料水500ml×2 未開封清潔な水500ml 行動食(1) 非常食(1) ツェルト ファーストエイド デジカメ(含む予備電池) 携帯電話

写真

長者ヶ森駐車場〜どんより空模様
2020年06月10日 09:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長者ヶ森駐車場〜どんより空模様
1
長者ヶ森手前を右へ
2020年06月10日 09:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長者ヶ森手前を右へ
1
北岳への分岐を左へ
2020年06月10日 09:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳への分岐を左へ
冠山方向へ
2020年06月10日 09:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冠山方向へ
1
先日はココでランチした
2020年06月10日 09:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先日はココでランチした
1
天然記念物の標識
2020年06月10日 09:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天然記念物の標識
2
地獄台への分岐
2020年06月10日 10:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄台への分岐
境界は読めるが・・・
2020年06月10日 10:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境界は読めるが・・・
2
冠山方面
2020年06月10日 10:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冠山方面
あ、ルートあるやん!
2020年06月10日 10:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ、ルートあるやん!
1
これから向かう蓮華山(350.9ピーク)
2020年06月10日 10:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう蓮華山(350.9ピーク)
陸軍演習場の標識
2020年06月10日 10:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陸軍演習場の標識
1
ルートらしきモノが見える
2020年06月10日 10:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートらしきモノが見える
登り直して振り返ると、ルートらしきモノが
2020年06月10日 11:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り直して振り返ると、ルートらしきモノが
蓮華山ピーク付近から
2020年06月10日 11:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華山ピーク付近から
蓮華山の三角点はこの奥か!?
2020年06月10日 11:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華山の三角点はこの奥か!?
1
下ってから見ると結構な斜度
2020年06月10日 11:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ってから見ると結構な斜度
烏帽子岳へのルート
2020年06月10日 12:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳へのルート
1
烏帽子岳ピーク
2020年06月10日 13:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳ピーク
2
三等三角点
2020年06月10日 13:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点
1
烏帽子岳から地獄台方面
2020年06月10日 13:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳から地獄台方面
烏帽子岳からカルストロードへ下降
2020年06月10日 13:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳からカルストロードへ下降
秋吉台エコミュージアムの入り口
2020年06月10日 14:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋吉台エコミュージアムの入り口
1
ここから真名ヶ岳へ
2020年06月10日 14:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから真名ヶ岳へ
1
真名ヶ岳分岐
2020年06月10日 15:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真名ヶ岳分岐
2
真名ヶ岳ピーク
2020年06月10日 15:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真名ヶ岳ピーク
秋吉台少年自然の家
2020年06月10日 15:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋吉台少年自然の家
長者が森への分岐
2020年06月10日 15:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長者が森への分岐
カルストロードから帰り水に下るルート?
2020年06月10日 15:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カルストロードから帰り水に下るルート?
1
この先登ったら駐車場
2020年06月10日 15:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先登ったら駐車場
蓮華山への登りと烏帽子岳から下降がきつい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華山への登りと烏帽子岳から下降がきつい!
1
蓮華山の周回ルート
2020年06月13日 10:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華山の周回ルート
1

感想/記録

 梅雨入り目前、平日の晴れ間を狙って秋吉台へ。前日、友人と歩いてから気になっていたピークを目指してみた。長者が森駐車場に車を入れて、装備を調え歩き出す。空はどんより〜だが降る予報ではないはず。
 まずは冠山を目指す。ここから蓮華山(地形図では350.9のピーク)を目指す。冠山から下ったところに分岐があるはずなのだが・・・見つからず、地獄台の下を回り込む。いったん登ってから下るので時間も体力もロス。
 地獄台下の分岐から蓮華山方向へ。踏み跡を辿るが下草に隠れて見つけづらい。踏み跡が下るようなので、方向転換。尾根上を歩くようにする。草の薄い部分を歩きながら鞍部まで下る。ここからまた踏み跡を辿るが、ピークには向かわずトラバースする方向・・・どこか登り口は無いかと探し、ようやくそれらしいところから取り付く。
 急登をあえぎながら登り、よくやく稜線まで上がった。蒸し暑い谷と違って風が気持ちいい。ピーク方向に移動して標識を探すがどうやら藪の中のよう。あきらめて次に向かう。ここからルートがあると思いきや、またもや踏み跡が見つからない>ω<
斜面をトラバースするように下っていく。斜度がきつい部分を避けながら苦労して下り、谷にあるルートに出ることが出来た。
 再び登り直して地獄台へ。ピークを探してウロウロするが標識を見つけられず・・・GPSで確認して次へ向かう。ここから烏帽子岳に向かってはっきりとした踏み跡がある。いったん下って登り直したら烏帽子岳ピーク。三等三角点のピークだ。
 ここからカルストロードに下るのだが・・・再び踏み跡が無くなる・・・降りる場所は見えるので、そこに向かって道なき道を下っていく。この辺りは藪も濃くてかなり苦労する。藪こぎ装備を持ってくるべきだった。ここでちょっとパラついてきたがすぐに上がって蒸し暑さ倍増!這々の体でカルストロードに転げ出る(笑)
 かなり消耗したので真名ヶ岳はあきらめて帰ろうかと考えつつ、帰水への下降点を探す。それらしきところはあるのだが、藪が被ってはっきりしない・・・再び藪こぎすれば行けそうなのだが、ちょっと藪はお腹いっぱいなので回り道を選ぶ。カルストロード沿いに大正洞まで歩き、駐車場でちょっと休憩。
 エコミュージアム裏から真名ヶ岳を目指す。樹林の中を歩いて登ると林道に出る。林道終点からすぐに視界が開ける。ゆるゆると登っていくとピークらしきところが!と思ったら真名ヶ岳は進行方向左手、ちょっと下って登り直したとこだった・・・直登ルートにしといてよ>ω< 真名ヶ岳ピークは展望がよくないので、縦走路まで戻って休憩。ここから長者ヶ原駐車場までもうひと頑張り。秘密基地のような少年自然の家を横目に歩く。予定を大幅にOverして周回完了。積雪期や山焼きの後ならもうちょっと楽かな?と考えつつ帰路についた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:287人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ