また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2392593 全員に公開 ハイキング 甲信越

佐渡観光(岩首昇竜棚田、小倉千枚田、大野亀)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年06月06日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、
島内は航送したスクーターで移動
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

新潟港(6:00)→両津港(8:30) おおさど丸
両津港(19:30)→新潟港(22:00) おけさ丸
その他周辺情報佐渡縦貫線の梅津〜ドンデン高原は開通しているがドンデン高原〜入川は冬季閉鎖中(6/6現在)
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

(過去画像)カーフェリーに戯れる海鳥(去年9月中旬)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(過去画像)カーフェリーに戯れる海鳥(去年9月中旬)
2
(過去画像)両津湾越しに望む大佐渡山脈
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(過去画像)両津湾越しに望む大佐渡山脈
1
(過去画像)岩首の棚田(1)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(過去画像)岩首の棚田(1)
2
(過去画像)岩首の棚田(2)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(過去画像)岩首の棚田(2)
1
(過去画像)小木の深浦地区にある長者ヶ橋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(過去画像)小木の深浦地区にある長者ヶ橋
1
以下、今回の画像。両津湾を航行する佐渡汽船カーフェリー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以下、今回の画像。両津湾を航行する佐渡汽船カーフェリー
1
まもなく両津港に入港
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まもなく両津港に入港
1
両津港に入港するジェットフォイル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両津港に入港するジェットフォイル
1
廃校になった片野尾小学校前の道路、花を見ながら登校していた生徒が思い浮かぶ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃校になった片野尾小学校前の道路、花を見ながら登校していた生徒が思い浮かぶ
1
片野尾の棚田、昔は千枚田と言われ朱鷺のねぐらになっていたそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片野尾の棚田、昔は千枚田と言われ朱鷺のねぐらになっていたそうだ。
1
片野尾の棚田、煙は田んぼの畔の野焼きによるもの。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片野尾の棚田、煙は田んぼの畔の野焼きによるもの。
1
岩首地区の棚田。急峻な地形に460枚の棚田があり、天空に昇る龍のように見えるため岩首昇竜棚田と呼ばれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩首地区の棚田。急峻な地形に460枚の棚田があり、天空に昇る龍のように見えるため岩首昇竜棚田と呼ばれる。
1
棚田を見下ろす位置に建てられた東屋(棚田展望小屋)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棚田を見下ろす位置に建てられた東屋(棚田展望小屋)。
岩首昇竜棚田のパノラマ(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩首昇竜棚田のパノラマ(元サイズあり)
1
海峡の向こうに浮かぶ角田山と弥彦山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海峡の向こうに浮かぶ角田山と弥彦山
1
棚田の道路脇にあった観光看板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棚田の道路脇にあった観光看板
1
佐渡島で最大規模の小倉ダム。ダム湖は朱鷺湖と呼ばれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐渡島で最大規模の小倉ダム。ダム湖は朱鷺湖と呼ばれる。
1
小倉ダムの北東側にある小倉千枚田へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉ダムの北東側にある小倉千枚田へ向かう。
1
急峻な地形に階段状に細長い棚田が広がる小倉千枚田。見ごたえあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急峻な地形に階段状に細長い棚田が広がる小倉千枚田。見ごたえあり。
1
新穂地区にある「トキのテラス」へ寄ってみる。去年の夏にオープンしたばかりで野生復帰ステーションへ行く途中にある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂地区にある「トキのテラス」へ寄ってみる。去年の夏にオープンしたばかりで野生復帰ステーションへ行く途中にある。
1
海上に架けられた黒姫大橋より
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海上に架けられた黒姫大橋より
1
佐渡観光の定番、二ツ亀。何度も来ているので軽く観光。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐渡観光の定番、二ツ亀。何度も来ているので軽く観光。
2
二ツ亀より望む大野亀
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ツ亀より望む大野亀
1
満開のトビシマカンゾウが咲き乱れる大野亀の草原
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のトビシマカンゾウが咲き乱れる大野亀の草原
4
トビシマカンゾウの絨毯に覆われた丘陵
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トビシマカンゾウの絨毯に覆われた丘陵
2
海岸近くまで群生するトビシマカンゾウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海岸近くまで群生するトビシマカンゾウ
2
巨大な草原の岩、大野亀。標高は167mもあり遊歩道で登頂出来る。(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大な草原の岩、大野亀。標高は167mもあり遊歩道で登頂出来る。(元サイズあり)
2
大野亀を後にする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大野亀を後にする。
1
大野亀を南側から振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大野亀を南側から振り返る
1
関岬と岩屋口集落を望む、この辺りが佐渡らしい素朴な風景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関岬と岩屋口集落を望む、この辺りが佐渡らしい素朴な風景。
3
もちろん海は透き通る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん海は透き通る
1
岩屋口集落の位置口に変わった物件を発見、「ブイアート」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩屋口集落の位置口に変わった物件を発見、「ブイアート」
2
センスはともかく、漁具をリサイクルしてあり面白い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センスはともかく、漁具をリサイクルしてあり面白い
1
関岬の手前より望む、鍔峰(つばみね)。トンネルが貫通している丸い山、過去に登ったが難攻不落の薮山(超密集した竹薮と山頂部を包囲する絶壁に阻まれる)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関岬の手前より望む、鍔峰(つばみね)。トンネルが貫通している丸い山、過去に登ったが難攻不落の薮山(超密集した竹薮と山頂部を包囲する絶壁に阻まれる)。
1
アサツキのネギ坊主が群生。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサツキのネギ坊主が群生。
1
藻浦崎のイワユリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藻浦崎のイワユリ
3
藻浦崎より大佐渡山脈を望む(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藻浦崎より大佐渡山脈を望む(元サイズあり)
1
尖閣湾とトビシマカンゾウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尖閣湾とトビシマカンゾウ
2
相川手前で望む夕日、最終フェリーに間に合うように両津へ急ぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相川手前で望む夕日、最終フェリーに間に合うように両津へ急ぐ。
1
スクーターで最終便のおけさ丸に乗り込む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スクーターで最終便のおけさ丸に乗り込む
1
屋上の甲板より望む夕焼け
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋上の甲板より望む夕焼け
4
ジェットフォイルと夕焼け
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジェットフォイルと夕焼け
1
両津港を出航、なかなかハードな行程だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両津港を出航、なかなかハードな行程だった。
1

感想/記録

徐々に自粛ムードが落ち着いてきたので県内の佐渡観光に出かけることにした。何度も訪島しているので有名な観光地はほぼ行き尽くし今回は里山、棚田巡りをメインに合わせてトビシマカンゾウの見頃を迎えた大野亀にも立ち寄ってみた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:66人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/3/9
投稿数: 183
2020/6/15 7:21
 、
週末乗用車運賃特別割引! で、12(土)の最終便に滑り込もうともくろむも、
「予約してないと、、」あえなく砕け散っての飯豊。それはそれで良かったんですが。
とかく欲張って、あれもこれも と考えがちですが、ある程度ターゲット絞ったほうが良さげです。今のところ「山」と「小佐渡観光」で脳内迷走中。それぞれに行けばいいっていう話しですね。
ビバ!島旅!
登録日: 2017/10/19
投稿数: 41
2020/6/15 20:39
 Re:
自分も去年の9月にシーカヤックで青の洞窟「竜王洞」に行こうと予約なしで飛び込みましたがやはり断られました。矢島経島も良いですが、新しいスポット竜王洞はお勧めです。
https://minamisadochikushokokai.com/feature/experience/429/
https://www.sadodiving.info/kayak.html
小木からモーターボートで行くツアーもありますが個人ではダメのようでした。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

トビ 東屋 草原 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ