また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2408022 全員に公開 ハイキング 甲信越

浅草岳〜ヒメサユリと雲海の眺望

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年06月22日(月) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ネズモチ平駐車場。トイレにはカギがないので、必ずノックをする。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間52分
休憩
34分
合計
5時間26分
Sネズモチ平駐車場06:1306:22ネズモチ平登山口06:2507:59前岳08:0708:39浅草岳08:54天狗の遊び場09:0309:18浅草岳09:2709:39前岳10:03嘉平与ポッチ11:06桜曽根登山口11:1011:32ネズモチ平登山口11:3311:39ネズモチ平駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
花と景色を見ながらの散策です。へぎ蕎麦と温泉が本日の核心部。7月中旬に周回する予定なので、開花状況の下見も兼ねる。
コース状況/
危険箇所等
・泥濘で滑りやすい。前岳分岐の東西に雪渓。滑り止めはいらない。

・ヒメサユリは、ブナ曽根桜曽根ともに、中腹あたりで開花。山頂付近は蕾が多く、潮見峠は三輪だけ咲いていた。ザレた所や湿原地帯は蕾。7月最初の一週間辺りがベストだろう。

・2000年6月18日に発生した、遭難救助雪崩事故に関してのレポート。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/seppyo1941/64/1/64_1_39/_pdf
その他周辺情報・そば処「薬師」は臨時休業で「小松屋」へ移動。へぎそば4人前、野菜天ぷら2人前を食す。shilokoさんはSuperDry大びん。

・見晴温泉「こまみ」は、新型コロナ対策で新潟県民のみ入浴可。他県民は自粛せよとの事なので、群馬へ戻る。

・みなかみ町営温泉「三峰の湯」400円。ローカルオーラ全開の内外装。プレハブのように塩ビパネルを張り巡らし、露天風呂には垂れ下げられた防虫網、柱に吊り下げられたアブ叩きがたまらない。やはり私のような田舎者にはしっくりくる。熱い湯はややとろみがあり、肌がすべすべになった。
http://www.enjoy-minakami.jp/spa.php?itemid=649 

・環境システム前橋荻窪公園、となりは道の駅「赤城の恵」
http://www.webgunma.com/118/
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

前橋から約2時間でネズモチ平駐車場に到着。留守番よろしく。気温16℃。やや蒸し暑い。
2020年06月22日 06:12撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前橋から約2時間でネズモチ平駐車場に到着。留守番よろしく。気温16℃。やや蒸し暑い。
3
林道を歩いていく。やはり登山開始の舗装路は、いつでもバテバテのshilokoさん。
2020年06月22日 06:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を歩いていく。やはり登山開始の舗装路は、いつでもバテバテのshilokoさん。
1
タニウツギに見送られる。
2020年06月22日 06:17撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タニウツギに見送られる。
5
林道を10分ほど歩くと、桜曽根と嘉平与(カエヨ)ボッチが見える。「曽根」は削られた高地や自然堤防のこと。
2020年06月22日 06:20撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を10分ほど歩くと、桜曽根と嘉平与(カエヨ)ボッチが見える。「曽根」は削られた高地や自然堤防のこと。
1
時計回り周回で、ブナ曽根登山口へ。
2020年06月22日 06:20撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時計回り周回で、ブナ曽根登山口へ。
2
泥濘の急坂は滑りやすい。
2020年06月22日 06:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泥濘の急坂は滑りやすい。
1
咲き始めたヒメサユリ。
2020年06月22日 07:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き始めたヒメサユリ。
7
薄桃色の可憐なヒメサユリ。
2020年06月22日 07:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄桃色の可憐なヒメサユリ。
16
shilokoさんの目にもヒメサユリが映る。
2020年06月22日 07:08撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
shilokoさんの目にもヒメサユリが映る。
6
嘉平与ボッチ。豪雪地を物語るルンゼとスラブ。
2020年06月22日 07:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嘉平与ボッチ。豪雪地を物語るルンゼとスラブ。
3
マイズルソウ。
2020年06月22日 07:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイズルソウ。
4
コシアブラが伸び放題。周辺は至る所に警告表示が掲げてあり、組合員以外は採取することができない。
2020年06月22日 07:40撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コシアブラが伸び放題。周辺は至る所に警告表示が掲げてあり、組合員以外は採取することができない。
ザレた急坂を登るshilokoさん。雄大な早坂尾根と雲海を背景に。
2020年06月22日 07:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレた急坂を登るshilokoさん。雄大な早坂尾根と雲海を背景に。
6
前岳分岐にはシラネアオイ。
2020年06月22日 07:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前岳分岐にはシラネアオイ。
16
一株だけ残っていたツバメオモト。
2020年06月22日 08:00撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一株だけ残っていたツバメオモト。
6
ミツバオウレン。
2020年06月22日 08:01撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン。
5
分岐を浅草岳方面へ向かうと雪渓。ステップが切ってあり、泥も付着しているので、まずは滑らない。
2020年06月22日 08:05撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を浅草岳方面へ向かうと雪渓。ステップが切ってあり、泥も付着しているので、まずは滑らない。
3
ルンゼに残る雪渓と早坂尾根。雲海漂う磐越県境山稜。
2020年06月22日 08:05撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼに残る雪渓と早坂尾根。雲海漂う磐越県境山稜。
2
イワイチョウ。夏の訪れを感じる。
2020年06月22日 08:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワイチョウ。夏の訪れを感じる。
7
前岳と雪渓、雄大な守門岳。
2020年06月22日 08:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前岳と雪渓、雄大な守門岳。
4
ウラジロヨウラク。
2020年06月22日 08:14撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラク。
10
湿原を埋め尽くすワタスゲ。
2020年06月22日 08:17撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原を埋め尽くすワタスゲ。
7
風に揺れるワタスゲ。
2020年06月22日 08:17撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風に揺れるワタスゲ。
3
白い綿毛が可愛らしい。
2020年06月22日 08:18撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い綿毛が可愛らしい。
13
湿原の池塘とワタスゲ。前岳と守門岳。初夏の浅草岳。
2020年06月22日 08:19撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原の池塘とワタスゲ。前岳と守門岳。初夏の浅草岳。
10
ビクトリーロードを歩む。南には雲海に浮かぶ上越県境山稜の眺望。
2020年06月22日 08:20撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビクトリーロードを歩む。南には雲海に浮かぶ上越県境山稜の眺望。
3
アカモノが連なって咲く道が、山頂へと誘う。
2020年06月22日 08:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノが連なって咲く道が、山頂へと誘う。
7
浅草岳山頂。浅草のもんじゃ焼きが好きなshilokoさんと、仲見世通りで、外国人からもんじゃ焼き店を、英語で尋ねられた鬼軍曹。独り多国籍軍。
2020年06月22日 08:28撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅草岳山頂。浅草のもんじゃ焼きが好きなshilokoさんと、仲見世通りで、外国人からもんじゃ焼き店を、英語で尋ねられた鬼軍曹。独り多国籍軍。
16
山頂から北西方面。前岳、守門岳。
2020年06月22日 08:28撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から北西方面。前岳、守門岳。
2
山頂から北東方面。粟ヶ岳、御神楽岳、うっすらと飯豊連峰。
2020年06月22日 08:28撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から北東方面。粟ヶ岳、御神楽岳、うっすらと飯豊連峰。
1
山頂から南方面。田子倉湖、上越県境山稜。残雪を通り抜ける南風が冷たい。気温12℃。
2020年06月22日 08:29撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から南方面。田子倉湖、上越県境山稜。残雪を通り抜ける南風が冷たい。気温12℃。
2
山頂から南西方面。越後三山、鬼ヶ面山、谷川連峰。平標仙ノ倉山に居るirohaさん、kijimunaさんに手を振る。
2020年06月22日 08:29撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から南西方面。越後三山、鬼ヶ面山、谷川連峰。平標仙ノ倉山に居るirohaさん、kijimunaさんに手を振る。
4
会津駒ヶ岳。
2020年06月22日 08:30撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会津駒ヶ岳。
4
燧ケ岳、田子倉湖、奥只見湖周辺山稜。
2020年06月22日 08:30撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ケ岳、田子倉湖、奥只見湖周辺山稜。
5
中ノ岳、兎岳。
2020年06月22日 08:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳、兎岳。
3
越後駒ケ岳。
2020年06月22日 08:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ケ岳。
8
鬼ヶ面山に滝雲。自然が繰り広げる壮大な風景。
2020年06月22日 08:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ面山に滝雲。自然が繰り広げる壮大な風景。
6
田子倉只見沢登山口。烏帽子岳の東面スラブ。
2020年06月22日 08:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田子倉只見沢登山口。烏帽子岳の東面スラブ。
2
潮見峠東には三連のヒメサユリ。まさにトリニティ。
2020年06月22日 08:40撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
潮見峠東には三連のヒメサユリ。まさにトリニティ。
15
天狗ノ庭方面へ下りこむとシラネアオイ。
2020年06月22日 08:46撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ノ庭方面へ下りこむとシラネアオイ。
5
曇り空で開かないカタクリ。
2020年06月22日 08:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇り空で開かないカタクリ。
4
残雪豊富な天狗ノ庭。
2020年06月22日 08:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪豊富な天狗ノ庭。
1
バイカオウレン。
2020年06月22日 08:52撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイカオウレン。
4
天狗ノ庭から見上げる浅草岳。
2020年06月22日 08:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ノ庭から見上げる浅草岳。
5
天狗ノ庭。大草原が広がる。
2020年06月22日 08:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ノ庭。大草原が広がる。
5
モニュメントとshilokoさん。マジックで書かれた文字が味わい深い。
2020年06月22日 08:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モニュメントとshilokoさん。マジックで書かれた文字が味わい深い。
5
木道脇の池塘。
2020年06月22日 09:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道脇の池塘。
4
木道脇に咲く小さなヒメサユリ。それを見る小さなshilokoさん。
2020年06月22日 09:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道脇に咲く小さなヒメサユリ。それを見る小さなshilokoさん。
5
美しいヒメサユリ。
2020年06月22日 09:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しいヒメサユリ。
7
山頂をあとにして、再び雪渓を歩き分岐へ。
2020年06月22日 09:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂をあとにして、再び雪渓を歩き分岐へ。
前岳分岐。十字路となっている。桜曽根へ向かう。
2020年06月22日 09:39撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前岳分岐。十字路となっている。桜曽根へ向かう。
桜曽根にも雪渓がある。
2020年06月22日 09:41撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜曽根にも雪渓がある。
1
嘉平与ボッチの尖がりが見える。「ボッチ」は「帽子」で、頂きを示す。
2020年06月22日 09:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嘉平与ボッチの尖がりが見える。「ボッチ」は「帽子」で、頂きを示す。
1
木道沿いにヒメサユリの蕾。
2020年06月22日 09:48撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道沿いにヒメサユリの蕾。
ゴゼンタチバナ。
2020年06月22日 09:49撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ。
5
嘉平与ボッチ。ザレた道をトラバース気味に歩いていく。草の倒れ具合が、谷川主脈の新潟側と同じ。雪崩頻繁地帯。
2020年06月22日 09:54撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嘉平与ボッチ。ザレた道をトラバース気味に歩いていく。草の倒れ具合が、谷川主脈の新潟側と同じ。雪崩頻繁地帯。
2
咲き誇るミツバオウレン。
2020年06月22日 09:55撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き誇るミツバオウレン。
11
優雅に咲くヒメサユリ。
2020年06月22日 10:00撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
優雅に咲くヒメサユリ。
5
風に揺れるサラサドウダン。
2020年06月22日 10:02撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風に揺れるサラサドウダン。
6
秘めやかなチゴユリ。
2020年06月22日 10:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秘めやかなチゴユリ。
3
ムジナ沢カッチ、北岳、鬼ヶ面山。カッチとは沢の頭のこと。
2020年06月22日 10:07撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムジナ沢カッチ、北岳、鬼ヶ面山。カッチとは沢の頭のこと。
今年3月に行った守門岳周回を回想するshilokoさん。https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2260848.html
2020年06月22日 10:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年3月に行った守門岳周回を回想するshilokoさん。https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2260848.html
1
新潟らしい美しいブナ林。
2020年06月22日 10:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新潟らしい美しいブナ林。
3
ひっそりとギンリョウソウ。
2020年06月22日 10:40撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひっそりとギンリョウソウ。
5
タラの芽が伸び放題。
2020年06月22日 10:41撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タラの芽が伸び放題。
浅草の鐘を鳴らすshilokoさん。1993年の皇太子御成婚記念に建立された。
2020年06月22日 11:05撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅草の鐘を鳴らすshilokoさん。1993年の皇太子御成婚記念に建立された。
2
桜ゾネ広場に到着。
2020年06月22日 11:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜ゾネ広場に到着。
林道を歩いて戻る。
2020年06月22日 11:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を歩いて戻る。
慰霊碑に参拝するshilokoさん。事故に関してのレポート。https://www.jstage.jst.go.jp/article/seppyo1941/64/1/64_1_39/_pdf
2020年06月22日 11:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慰霊碑に参拝するshilokoさん。事故に関してのレポート。https://www.jstage.jst.go.jp/article/seppyo1941/64/1/64_1_39/_pdf
桃色の熱視線。目が瓶に釘付け。新潟の美味しい地酒。
2020年06月22日 11:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桃色の熱視線。目が瓶に釘付け。新潟の美味しい地酒。
4
予定通り正午までに帰ってきた。さぁ、本日のメインはこれからだ。
2020年06月22日 11:39撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定通り正午までに帰ってきた。さぁ、本日のメインはこれからだ。
1
そのメインである、そば処「薬師」は臨時休業で、第二候補の「小松屋」にやってきた。嬉しさを隠しきれないshilokoさん。
2020年06月22日 13:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのメインである、そば処「薬師」は臨時休業で、第二候補の「小松屋」にやってきた。嬉しさを隠しきれないshilokoさん。
2
早速、手酌で飲っているshilokoさん。メニューから目が離せない。
2020年06月22日 13:08撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速、手酌で飲っているshilokoさん。メニューから目が離せない。
8
待ちに待った、へぎそば4人前と野菜天ぷら2人前。私達は2人なのだか、焼肉とへぎそばの時だけは分身の術を使うのだ。つなぎに布海苔を使用せず、やや太い二八蕎麦は食べ応え充分。つけ汁は、北関東の田舎者で濃い私たちには甘すぎ。
2020年06月22日 13:16撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
待ちに待った、へぎそば4人前と野菜天ぷら2人前。私達は2人なのだか、焼肉とへぎそばの時だけは分身の術を使うのだ。つなぎに布海苔を使用せず、やや太い二八蕎麦は食べ応え充分。つけ汁は、北関東の田舎者で濃い私たちには甘すぎ。
9
吸引力が衰えないのは、ダイソンとshilokoさんだけ。
2020年06月22日 13:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吸引力が衰えないのは、ダイソンとshilokoさんだけ。
5
関越道湯沢ICから眺める谷川主脈。平標仙ノ倉山に居るrohaさん、kilimunaさんの無事を願う。
2020年06月22日 14:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関越道湯沢ICから眺める谷川主脈。平標仙ノ倉山に居るrohaさん、kilimunaさんの無事を願う。
1
みなかみ町のソバ畑。展望の湯「こまみ」は新潟県民以外は入れないので、群馬に戻ってきた。
2020年06月22日 15:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みなかみ町のソバ畑。展望の湯「こまみ」は新潟県民以外は入れないので、群馬に戻ってきた。
7
みなかみ町営温泉、三峰の湯にきた。掘っ立て小屋が強烈なローカルオーラを放つ。
2020年06月22日 15:18撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みなかみ町営温泉、三峰の湯にきた。掘っ立て小屋が強烈なローカルオーラを放つ。
1
自宅へ戻りながら寄り道第一弾。前橋某寺院のハスの花。
2020年06月22日 17:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自宅へ戻りながら寄り道第一弾。前橋某寺院のハスの花。
3
寄り道第二弾。前橋荻窪あじさい公園。黄昏時の園内をぶらぶらと。
2020年06月22日 17:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄り道第二弾。前橋荻窪あじさい公園。黄昏時の園内をぶらぶらと。
9
林間まで広がるアジサイ。
2020年06月22日 17:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林間まで広がるアジサイ。
2
スフィンクスのように座るノラネコ。かわいい。
2020年06月22日 17:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スフィンクスのように座るノラネコ。かわいい。
4
天体衛星を彷彿とさせる、星形のガクアジサイ。
2020年06月22日 17:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天体衛星を彷彿とさせる、星形のガクアジサイ。
4
真っ白で球のようなアジサイ。
2020年06月22日 17:54撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白で球のようなアジサイ。
1
満開のガクアジサイ。
2020年06月22日 17:54撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のガクアジサイ。
2
青紫色のアジサイ。
2020年06月22日 17:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青紫色のアジサイ。
純白のアジサイ。
2020年06月22日 17:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
純白のアジサイ。
1
公園を彩るアジサイ。
2020年06月22日 18:02撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公園を彩るアジサイ。
2
赤紫色のアジサイ。
2020年06月22日 18:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤紫色のアジサイ。
4

感想/記録

 夏至。日本は梅雨時期と重なり、日が長いという感覚があまりない。一年で一番昼間が長い日と思うか、夜が短い日と思うか、人それぞれの思いなど気にもせず、今年も半年が過ぎていった。

 蛇行した梅雨前線が北上して、停滞気味となる。インド洋ダイポール現象が未だに影響している。今年の梅雨明けもはっきりしないだろう。関東や長野は雨模様。分水嶺を越えて影響が薄い新潟へ。

 せっかくなので、へぎ蕎麦と温泉をメインにして、午前中に撤収できる山行を考える。ヒメサユリが咲き始めた浅草岳へ。7月中旬に周回する予定なので、開花状況の下見も兼ねる。最短コースで正午前に下りて来れば、13時過ぎの蕎麦屋は空いているだろうと言う、山へ登るやる気の無さ。

 前橋を4時に出発。約2時間でネズモチ平駐車場に到着。ヒメサユリシーズンだが、平日なので6台しか停まっていなかった。トイレを拝借したが、カギが付けられておらず、使用中だか分からない。必ずノックをしてから入る。

 6時過ぎ、ゲート脇を抜けて林道を歩きだす。気温16℃、やや蒸し暑い。早速息が上がり苦しそうなshilokoさん。登山開始からバテバテ。ユキツバキは終わってしまったが、満開のタニウツギに見送られてブナ曽根登山口へ。

 泥濘の足元は滑りやすく、軽量で慎重で臆病なshilokoさんも、珍しく滑って転倒していた。私も下りで滑ったが、いつも通り泥だらけで汚い裾になっていた。ヒメサユリが2輪咲いていた。可愛らしい薄桃色の花。

 コシアブラが伸び放題の急坂を征すると前岳分岐。藪の中にシラネアオイ、ツバメオモトが残っていた。雪渓を歩いて湿原地帯へ。木道沿いにはウラジロヨウラクが揺れ、イワイチョウが咲いていた。夏が来たと思わせる花。

 雄大な守門岳が背景に見える池塘周辺には、一面にワタスゲが広がり白い綿毛を揺らしていた。木道に囲まれたベンチは風雪で腐食し、すき間からはコバイケイソウが伸びていた。

 アカモノが咲き連ねるビクトリーロードを歩む。南には田子倉湖と雲海漂う上越県境山稜が見えていた。月曜の男たちirohaさん、kijimunaさんが居る平標仙ノ倉山に向けて手を振る。越境解除初の登山を待ち焦がれていただろう。

 山頂には先行者一名。曇り空だが雲海漂う眺望は素晴らしい。鬼ヶ面山方面には滝雲。残雪の冷気を運ぶ南風が、肌寒さを感じさせる。気温12℃。記念撮影して天狗の庭方面へ向かう。

 潮見峠には三連のヒメサユリ。きれいに咲いていた。その下のザレた箇所にあるヒメサユリは蕾だけだった。アカモノやオオバキスミレ咲く道を下る。そこのヒメサユリも蕾だったが、シラネアオイが咲いていた。未だ残っていたカタクリは、曇りなので花を閉じていた。

 ルンゼの残雪が見えると、足元が木道に変わる。一輪だけヒメサユリが咲いていた。枯れた草のすき間からシヨウジョウバカマ、ウメバチソウが咲いていた。天狗ノ庭のモニュメントから浅草岳を眺める。今年は残雪が多い印象。

 山頂へ戻ると人が増えていた。軽く食事をして下山。今日は様子見で散策なのだ。雪渓を越えて分岐を桜曽根方面へ。しばらく行くとこちらにも雪渓があった。

 豪雪地新潟らしく、雪に削られたルンゼとスラブが周囲の山々に見えていた。荒々しく削られた斜面は、今歩く自分たちの足先にもあるのだ。嘉平与ボッチにはヒメサユリが咲いていた。岩稜が蓄熱するのだろう。暖かい。

 再び泥濘の道となり歩んで行く。標高を下げると蒸し暑く、斜面にはコシアブラやタラの芽が伸び放題になっていた。徐々に視界が遮られるようにブナ林が現る。

 頭上は濃緑の天蓋となり、周囲は灰色の幹がそびえる。研ぎ澄まされた空間が静寂を生む。時折り、南風に運ばれた鳥の鳴き声が、遠くでこだまする。まさに新潟を象徴する美しいブナ林。足元のギンリョウソウが白く輝いていた。

 1993年の皇太子御成婚記念に建立された「浅草の鐘」を鳴らして、さらに下ると桜ゾネ広場。林道の最終点。北斜面には沢が多数あり、結実したサンカヨウが大きな葉を広げていた。

 林道の途中で山菜採りをしている刀自二人とお会いした。アザミを採っていて、浅草守門地域しか食べないなと仰っていた。油で炒めてきんぴらにしたりするそうだ。荷台に乗せて行こうかと問われたが、丁重にお断りした。

 道が開けると慰霊碑。2000年6月18日に発生した、遭難救助雪崩事故で殉職した方々を慰霊している。途中には鋭いルンゼが多数あり、土石流跡も見られた。参拝し再び惨事が起きないように安全を祈願した。
 
 正午前に駐車場に戻り、着替えて本日の核心部へと移る。1時間で魚沼市街地へ戻る。通り道だったので、そば処「薬師」に寄るが臨時休業。第二候補だった小松屋へ。

 店外には30分以上かかると書いてあったが、平日の13時過ぎで店内の客は三組だけ。座敷に座り、shilokoさんは早々と手酌でビールを飲っていた。15分ほど待つと、へぎ蕎麦4人前と野菜天ぷら2人前が出てきた。

 私たちは二人なのだが、焼肉とへぎ蕎麦の時は分身の術を使うのだ。やや太めのソバは、つなぎに布海苔を使用していない二八蕎麦は食べ応え充分。野菜天も衣がサクサクとしており、しつこくない。

 ただ甘目のつけ汁は、ダシが濃く醤油辛い汁で育った北関東の田舎者なので物足りない。江戸っ子のように汁を余り付けずに食べた。shilokoさんと二人前づつ分け、余裕で完食。やはりダイソンとshilokoさんの吸引力は落ちないと、改めて思った。

 店員の方から注文時に「へぎ蕎麦は1人前の量が多いですが、だいじょうぶですか?」と聞かれたが、薄笑いで返答したのだった。料金は4900円。

 温泉は見晴らしの湯「こまみ」へ行って、受付の用紙を書いていると、新潟県民のみ入浴可と書かれており、断念。誤魔化してまで入る気もなく、旅の恥はかき捨てられない。群馬に戻る。

 ソバを食ったばかりで、白い花咲くソバ畑の間を通り抜ける。みなかみ町営の三峰の湯に到着。外観からしてローカル感オーラ全開。400円を払い室内へ。町民は300円。掘っ建て小屋のような外観に相応しく、内装も田舎の民家感がぷんぷん匂う。

 塩ビで囲まれた浴室は、いい意味で通気性が良く、柱にはアブを叩くためのハエ叩きがぶら下がっている。地元のご老体が8名おり、洗い場は3つだけ。よそ者は仕方ないので、隅で身体を適当に洗い、温泉に入る。温泉は熱くとろっとしている。軽く硫黄の匂いがし、とろみは飲んでみるとより一層分かる。

 網を張り巡らした露天風呂は、地元の方々で占拠。なぜなら外気温で冷まされ入りやすいのだ。ご老体が長い話を延々としている。それを地元の人が同じように受け答えている。毎日のようにこれを繰り返しているのだろう。故志村けん氏の「偉大なるマンネリ人間」に通じるものがある。すばらしい。

 shilokoさんは温泉内で地元の方と気さくに話をしたらしいが、私は一言も口を利かれなかった。日焼けした腕や足、顔が日本人と思われなかったのだろう。ちなみに背中に龍や鯉、胸や肩にサクラ柄はない。肌色のTシャツを着て半パンを履いていると言われる。温泉効果は抜群で、すべすべの肌になった。私には無用だが・・・。


 前橋に戻ると次第に雨が止んできた。shilokoさんを送り届け、まだ帰るには早いので道草を食う。某寺院でハスの花を観賞。もう遅く、葉が大きくなって花がほとんど埋もれてしまった。

 移動して荻窪あじさい公園へ。渋川市の小野池あじさい公園も見頃を迎えている。色とりどりのアジサイが満開を迎えていた。池のほとりでカワセミが来るのを、しばらく待ったが人が多くて現れなかった。園内はホタルも見られるが、蚊にも刺されるので覚悟が必要。

 18時を過ぎ、薄暗くなってきたので帰路へ。上武道路を横切るが、上下双方の渋滞がすさまじく、榛名山に向かって赤いテールランプが延々と続いていた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1049人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/18
投稿数: 2832
2020/6/24 8:47
 気がかりな日帰り温泉
お二人さん おはようございます。
浅草岳にヒメサユリの季節が来ましたね、
残雪があるから、シラネアオイ、カタクリもまだ残っているようで、でも湿原は夏模様にワタスゲの穂がまん丸、天狗に庭からの眺めも良くこれで偵察ですか、又周回を企てているのでしょうか?
帰りの「こまみの湯」まだ県外者は入浴不なのですね…前回守門の帰りに寄った薬師温泉で情報で「まもなく(翌日)は解除されるでしょう」とうかがっていましたのでショックですね、山歩き体力の起源は食にあったのですね完敗、ビールで乾杯。
登録日: 2016/3/5
投稿数: 15
2020/6/24 8:49
 反対側から登っておりました。
まさかとは思いましたが、同じ日に六十里登山口から登っておりました。
群馬は雨模様だったようですが、新潟はまずますの天気。
ヒメサユリの咲きはじめにちょうど良かったですね。
浅草岳山頂には私が30分ほど先だったようです。
そして小松屋には1時間先に…(笑)
たくさんの花々と、新潟の美しい山々を堪能できました。
来年はチャリデポで周回したいです。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1609
2020/6/24 9:35
 県民で規制
 おはようございます、yasioさん。
天候がいまいちだったので、消去法でヒメサユリの下見となりました。守門と悩みましたが、上層雲のみで眺望が期待できるので、浅草岳になりました。

 周回する気はまったくない観光登山で、ザックの中身は水とパンだけのやる気のなさです。7月中旬辺りに周回する予定ですが、天候次第ですね。

 たらふく食った小松屋のあとに寄った「こまみ」は、受付用紙に住所氏名や健康状態を記入して、さて入ろうかと入口の注意喚起の貼紙を見たら、最初の行に新潟県民のみ入浴可と記されてました。身分証明の提示は必要ないとも書かれていましたが、偽ってまでも入りたくはなく、そのまま小出IC直行です。がっかりして薬師温泉へ戻る気にもなりませんでしたね。

 戻ったみなかみ町営の三峰の湯は、安心するほどのローカル感でゆったりできました。財布にもやさしい400円でした。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1609
2020/6/24 9:43
 新潟遠征
 おはようございます、okutさん。
先週末、最近の訪問者を見ると、okutさんが頻繁に見ているので、参考にしているのだろうと思っておりました。まぁ適当に見てください。

 ヒメサユリには少し早いと分かっていたので、観光登山です。周回する気など微塵もありませんでした。もう少し山頂や鬼ヶ面山付近で花が開かないと行く気になりません。鬼ヶ面山の縦走路は断崖で、何気に危険が潜んでいます。
登録日: 2014/9/30
投稿数: 4239
2020/6/24 21:45
 素晴らしい写真ばかりで楽しめました。
growmonoさん
こんばんは
素晴らしい写真ばかりで楽しめました。
サングラスを外されたshilokoさんもすばらしい
shilokoさんに惚れるはずです。
よくわかりました。
我々も明日(27日)皆様のコースをたどってヒメサユリを見に行きます。
楽しみです。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1609
2020/6/25 19:47
 梅雨空のヒメサユリ
 こんばんは、iiyuさん。
湯ノ丸山は天候不順で行けず、新潟へ逃避しました。毎年周回しているのですが、まだ早いので、山行は適当に、へぎ蕎麦や温泉をメインにしました。新潟は良い所です。

 shilokoさんは年齢の割に童顔なので、非常に若く見られます。身体も小さいですので、なおさらです。まじめな性格ですが、時々おかしなことをするので、面食らってしまいます。私のように愚弄な野郎にはもったいない人です。

 今週、来週も梅雨空が続きそうなので、僅かな晴れ間を予想しての山行になりそうです。
登録日: 2012/5/17
投稿数: 4053
2020/6/26 19:10
 ヒメサユリの季節ですね・・・
growmonoさん、shilokoさん、こんばんわ。浅草岳のヒメサユリ、季節到来ですね。自分も21日に行こうかと思っていましたが、前日の山歩きで満足してしまい、行かず仕舞いでした。やっぱり6月下旬の浅草岳はいいですね。たおやかな山頂に咲く花たち、素晴らしいです。今年はヒメサユリ見てないし、天気のいい日は来ないかな・・・

下山後のお蕎麦、お醤油みたいに汁はご当地でずいぶんと違いますね。八海山麓の蕎麦屋長森では、江戸前と田舎風という2種類の汁が出てきました。やはり慣れ親しんだ方がおいしく感じますね。お風呂はまだ県民限定なんですね。みなかみ町のトロトロ湯も気になります。密は厳禁ですが、ひとみ婆さんみたいな受け答えはホッコリしそうです。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1609
2020/6/26 19:57
 食と温泉で金と垢を落とす
 こんばんは、yamaonseさん。
篭の登と池の平行かれたんですよね。レコ拝見しました。今年は天候がかみ合わず、西方面へ珍しく行っていないので、写真を見て歩いた気になりました。休みの28日に、雨でも行こうかと検討中です。

 そんな調子ですので、浅草岳も下見になってしまったのですが、咲き始めのきれいなヒメサユリが見られて、少し満足してしまいました。できれば周回が楽しくて良いんですが、天候次第となりそうです。

 長森はおしゃれ過ぎで、私一人では入店を躊躇します。千年こうじやで充分です。江戸前と田舎風ですか。江戸前は醤油が効いた辛口、田舎はダシが効いた甘目だと推測できます。群馬ですがやはり江戸前が好みです。千葉なのに東京ディズニーランドみたいなもんですかね?

 「こまみ」はHPにも記されていましたね。規制解除へ未定の様です。手前の神湯温泉は19日から、全都道府県OKでした。三峰の湯はshilokoさんおすすめで行きましたが、まさに銭湯ですよ。地元の人しかいませんでした。とろっとした熱い湯は効きますね。日焼けで酷使している私でも、肌がすべすべになりました。

 ご老体は壊れたテープレコーダーですね。近所の方もそれを知っていて、笑って聞いてますから心が和みますね。こんなゆったりとした時代があったなと懐古してました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ