また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2408042 全員に公開 ハイキング 谷川・武尊

平標山〜仙ノ倉山 今が盛りのお花畑(奥ちゃんテント泊デビューの回)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年06月20日(土) ~ 2020年06月21日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候6/20 朝のうち小雨、昼頃曇りのち晴れ
6/21 朝のうち山頂付近はガスガスのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅⇐🚙⇒関越道⇐R17⇒平標山登山口P
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2~1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間31分
休憩
2時間26分
合計
7時間57分
S平標登山口駐車場07:5009:12平元新道登山口09:1310:41平標山乃家12:4413:41大源太山分岐14:02大源太山14:0914:31大源太山分岐14:43三角山14:5815:08大源太山分岐15:47平標山乃家
2日目
山行
6時間31分
休憩
34分
合計
7時間5分
平標山乃家07:0308:05平標山08:1508:35平仙鞍部09:15仙ノ倉山09:1809:53平仙鞍部10:19平標山10:52一ノ肩10:5312:19松手山12:2012:55平標山四合目13:1314:02平標登山口14:07平標登山口駐車場14:0814:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険を感じる箇所はありませんでした。

花の名前、間違っていたらごめんなさい。
その他周辺情報苗場温泉 雪ささの湯 ¥900(駐車場で割引券をもらって¥700)
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

1 県境跨ぎ解禁最初の山行は「平標山登山口」から行ってきま〜す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1 県境跨ぎ解禁最初の山行は「平標山登山口」から行ってきま〜す。
1
2 今回は1泊でのんびり山行、まずは我が家の土地確保のため平標山ノ家に早めに到着したいので、平元新道の方に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2 今回は1泊でのんびり山行、まずは我が家の土地確保のため平標山ノ家に早めに到着したいので、平元新道の方に進みます。
1
3 ギンちゃん発見。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3 ギンちゃん発見。
1
4 一つ見つけると、あっちにもこっちにも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4 一つ見つけると、あっちにもこっちにも。
3
6 綺麗な沢に沿って森を抜けます。その先しばらく林道歩き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6 綺麗な沢に沿って森を抜けます。その先しばらく林道歩き。
2
9 ゲート手前で水が引かれている場所に出ます。ガイドには水場となっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9 ゲート手前で水が引かれている場所に出ます。ガイドには水場となっていました。
1
10 ズダヤクシュ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10 ズダヤクシュ
1
12 エンレイソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12 エンレイソウ
1
13 いよいよ平標山に向かう山道の始まりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13 いよいよ平標山に向かう山道の始まりです。
1
15 ツクバネソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15 ツクバネソウ
1
16 階段が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16 階段が続きます。
1
20 画像では分かり難いですね。沢山のサルノコシカケ科のキノコとそれを覆うように生えた苔。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20 画像では分かり難いですね。沢山のサルノコシカケ科のキノコとそれを覆うように生えた苔。
1
27 マイヅルソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
27 マイヅルソウ
1
28 平標山ノ家に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
28 平標山ノ家に到着。
1
29 テン場の角地に空きがあったのでNEW我が家を設営。奥ちゃんが一緒なので今回のテントは大きくなりました。
もちろん設営も頑張ってくれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
29 テン場の角地に空きがあったのでNEW我が家を設営。奥ちゃんが一緒なので今回のテントは大きくなりました。
もちろん設営も頑張ってくれました。
9
33 ツマトリソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
33 ツマトリソウ
2
34 昼食後は大源太山に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
34 昼食後は大源太山に向かいます。
2
35 マイヅルソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
35 マイヅルソウ
1
38 振り返ると仙ノ倉山の下の雪渓が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
38 振り返ると仙ノ倉山の下の雪渓が見えます。
2
40 ウラジロヨウラク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
40 ウラジロヨウラク
2
43 イワカガミの花が終わったもの
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
43 イワカガミの花が終わったもの
1
44 ウラジロヨウラク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
44 ウラジロヨウラク
2
48 分岐を案内に従って登ってゆくと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
48 分岐を案内に従って登ってゆくと
1
49 大源太山到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
49 大源太山到着。
4
52 黒金山まで行こうと進みましたが登山道崩落している箇所があり断念。分岐まで戻って三角山を目指すことにします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
52 黒金山まで行こうと進みましたが登山道崩落している箇所があり断念。分岐まで戻って三角山を目指すことにします。
1
59 あらあら、三角山手前にも崩落痕あり。でもこちらは若干修復の痕跡が見られます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
59 あらあら、三角山手前にも崩落痕あり。でもこちらは若干修復の痕跡が見られます。
1
60 三角山到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
60 三角山到着。
1
62 カラマツソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
62 カラマツソウ
1
64 遠くに滝が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
64 遠くに滝が見えます。
1
69 ず〜っと雲に隠されていた平標山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
69 ず〜っと雲に隠されていた平標山
1
70 仙ノ倉山の雲が薄くなり全容が見えた一瞬。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
70 仙ノ倉山の雲が薄くなり全容が見えた一瞬。
1
71 夕方にはテント場がいっぱいになっていました。ちなみにこの日の避難小屋はテント場より密なようでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
71 夕方にはテント場がいっぱいになっていました。ちなみにこの日の避難小屋はテント場より密なようでした。
3
72 山ノ家からは夕日は見る事が出来ませんので、夕日に照らされた風景で我慢。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
72 山ノ家からは夕日は見る事が出来ませんので、夕日に照らされた風景で我慢。
2
73 二日目の朝〜ぁ ガスガスの中平標山山頂を目指します。今日も風強し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
73 二日目の朝〜ぁ ガスガスの中平標山山頂を目指します。今日も風強し。
1
77 階段をもくもくと登る途中、振り返って山ノ家。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
77 階段をもくもくと登る途中、振り返って山ノ家。
1
84 長〜く続く階段。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
84 長〜く続く階段。
1
86 おっ、山頂か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
86 おっ、山頂か?
1
88 まだまだ続くぜよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
88 まだまだ続くぜよ。
2
90 平標山山頂。なんと朝から山頂は多くの人で賑わっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
90 平標山山頂。なんと朝から山頂は多くの人で賑わっています。
2
91 う〜ん、ガスガスですね。山頂にザックをデポして仙ノ倉山に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
91 う〜ん、ガスガスですね。山頂にザックをデポして仙ノ倉山に向かいます。
1
94 イワカガミとハクサンコザクラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
94 イワカガミとハクサンコザクラ
1
95 ハクサンコザクラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
95 ハクサンコザクラ
2
97 ハクサンコザクラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
97 ハクサンコザクラ
2
101 ヨツバシオガマ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
101 ヨツバシオガマ
1
103 ミツバオウレン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
103 ミツバオウレン
1
104 ミツバオウレン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
104 ミツバオウレン
1
108 仙ノ倉山到着。なんとなくガスが薄いタイミングで記念撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
108 仙ノ倉山到着。なんとなくガスが薄いタイミングで記念撮影。
6
109 ミヤマキンポウゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
109 ミヤマキンポウゲ
2
119 オノエラン いずれもまだ蕾
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
119 オノエラン いずれもまだ蕾
1
122 歩いて来た道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
122 歩いて来た道。
3
123 ヨツバシオガマ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
123 ヨツバシオガマ
1
128 こっちのオノエランも蕾
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
128 こっちのオノエランも蕾
1
129 おっ、少し花開いてる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
129 おっ、少し花開いてる。
1
130 これから歩く道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
130 これから歩く道。
2
131 ハクサンチドリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
131 ハクサンチドリ
2
133 一ノ肩辺りは雲が切れましたね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
133 一ノ肩辺りは雲が切れましたね。
2
135 ハクサンシャクナゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
135 ハクサンシャクナゲ
1
138 ハクサンシャクナゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
138 ハクサンシャクナゲ
3
139 急な下り、階段だぞぅ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
139 急な下り、階段だぞぅ。
1
147 木の間から下界感が感じられるようになってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
147 木の間から下界感が感じられるようになってきました。
1
148 無事に下山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
148 無事に下山です。
1
149 そして駐車場でゴ〜ルでござる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
149 そして駐車場でゴ〜ルでござる。
5

感想/記録
by ozawa

県境跨ぎが解禁となったので
お花を見に出かけようと言うことになりました。
この夏、檜枝岐でのベースキャンプ山行の予定もあり
普段私が使っているテントではちょいと狭いので
3人用テントを買い足し。
そして、今回は奥ちゃんテント泊デビューの回となりました。
県境跨ぎ最初のテント泊登山は、北八ツを考えていましたが
テント場の環境を考えて、初めてのテント泊は
比較的便の良いところが良いだろう。
そして花が楽しめるところが良いよね。
今が盛りらしい平標山に行き先決定しました。
花が良い時期だけあって人が多く
朝7時過ぎに到着した時には車も人も沢山。
こりゃテント場は満杯かななんて思いながらのスタート。
今回は2日目に仙ノ倉山の花畑を楽しむこととして
多くの方とは逆回りでの周回です。
昼過ぎから大源太山、三角山を歩き景色を楽しむ日とします。
※雲が多くて少々残念でしたけどね。
早めの夕食を済ませ翌日に備えて早めに就寝。
夜中に目覚めたら星を見ようと思っていましたが、
※いつもは早く寝すぎて夜中に目覚めるのです。
今回は途中目が覚めることなく朝を迎えてしまいました。残念
2日目、テントから顔を出すと周りは真っ白
あまり早く行動開始しても、ずっとガスガスの中を歩くことになるので
のんびりスタートにしました。
平標山山頂に8時頃到着しましたが、この時間で山頂には大勢の人。
強風だったこともあり、山頂に荷物をデポして
仙ノ倉山へと向かいます。
本日のメインは仙ノ倉山と平標山の間のお花畑です。
この区間は終始花が綺麗でした。
平標山を離れたころから少しづつ雲が移動し始め
青空の下を気持ちよく歩けました。
下山するまで登山道周りには沢山お花が咲いており
終始花に囲まれた山行となりました。

奥ちゃん、テント泊登山デビューは結構楽しんでもらえたようでした。
さて次の計画を準備しなければですね。(笑)


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:220人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ