また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2408188 全員に公開 ハイキング 霊仙・伊吹・藤原

伊吹山北尾根

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年06月22日(月) [日帰り]
メンバー
天候くもり 復路で小雨が降り出した。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
笹又のさざれ石公園に停めた
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間56分
休憩
30分
合計
9時間26分
Sさざれ石公園05:2707:31静馬ヶ原07:3507:44P114908:21P98308:48御座峰09:16大禿山09:43国見岳10:24国見峠10:5011:31国見岳11:56大禿山12:17御座峰12:42P98313:20P114913:28静馬ヶ原14:53さざれ石公園G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
さざれ石公園からしばらくは農地を突っ切るように登りが続く。
ルートの表示が不明確なところがある。
今回遭遇はしていないが、地元の方の話では、春からこの時期にかけてクマが頻繁に現れるらしい。(イチゴや桃などの果実を目当てに)
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ソフトシェル 雨具 日よけ帽子 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ

写真

さざれ石公園に駐車。
2020年06月22日 05:26撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さざれ石公園に駐車。
4
トイレの裏から登山道が伸びる。
2020年06月22日 05:27撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレの裏から登山道が伸びる。
2
谷あいの農地を突っ切りながら登っていく。
2020年06月22日 05:58撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷あいの農地を突っ切りながら登っていく。
2
ササユリ
保護のフェンスに囲まれていた。
2020年06月22日 05:59撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ササユリ
保護のフェンスに囲まれていた。
3
アジサイ
2020年06月22日 06:17撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アジサイ
2
信長が宣教師に命じて作らせたという薬草園がここにあったらしい。
そのおかげで伊吹にはヨーロッパ原産の植物も多いとか。
2020年06月22日 06:18撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信長が宣教師に命じて作らせたという薬草園がここにあったらしい。
そのおかげで伊吹にはヨーロッパ原産の植物も多いとか。
2
登山道を歩いていたはずが、いつの間にか沢を直登するはめに。
2020年06月22日 06:30撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を歩いていたはずが、いつの間にか沢を直登するはめに。
1
このまま登るとルートに復帰できるので、無理やり登る。
2020年06月22日 06:43撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このまま登るとルートに復帰できるので、無理やり登る。
1
ほぼ真っすぐ登ってきた。
2020年06月22日 07:03撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ真っすぐ登ってきた。
1
伊吹ドライブウェイ手前でトラバース道に進むはずだが、なぜロープが?
2020年06月22日 07:10撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹ドライブウェイ手前でトラバース道に進むはずだが、なぜロープが?
2
ドライブウェイまで上がってみる。
一か所崩落跡が見えるが、歩けると判断してさっきのロープのところに戻った。
2020年06月22日 07:13撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドライブウェイまで上がってみる。
一か所崩落跡が見えるが、歩けると判断してさっきのロープのところに戻った。
3
北尾根へのトラバース道。
2020年06月22日 07:21撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根へのトラバース道。
1
静馬ヶ原の分岐
2020年06月22日 07:31撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静馬ヶ原の分岐
1
伊吹山頂方面
2020年06月22日 07:31撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山頂方面
2
コバイケイソウ
2020年06月22日 07:52撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケイソウ
1
かなり歩くのがつらい石の道。
2020年06月22日 08:12撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり歩くのがつらい石の道。
1
御座峰(1170m)
2020年06月22日 08:48撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御座峰(1170m)
3
下に見える春日の集落。
旧春日村がこの北尾根縦走路を通し、管理されていたらしい。
ありがとうございます。
2020年06月22日 08:57撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に見える春日の集落。
旧春日村がこの北尾根縦走路を通し、管理されていたらしい。
ありがとうございます。
2
ずっと尾根道だが、表情がころころ変わって飽きない。
2020年06月22日 09:10撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと尾根道だが、表情がころころ変わって飽きない。
2
大禿山(1086m)
2020年06月22日 09:14撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大禿山(1086m)
3
国見岳(1126m)
2020年06月22日 09:41撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳(1126m)
3
コアジサイ
2020年06月22日 10:21撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コアジサイ
1
国見峠
2020年06月22日 10:21撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見峠
3
ギンリョウソウ
2020年06月22日 11:00撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ
復路の登り返しはさすがにきつい。
2020年06月22日 11:20撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復路の登り返しはさすがにきつい。
2
この季節の植物たちのパワーに毎回目を奪われる。
2020年06月22日 11:41撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この季節の植物たちのパワーに毎回目を奪われる。
2
季節外れだけどきれいな一枚を見つけた。
2020年06月22日 13:45撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
季節外れだけどきれいな一枚を見つけた。
4
「君が代」に出てくる「さざれ石」。
代々の天皇にも献上されているらしい。
2020年06月22日 14:49撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「君が代」に出てくる「さざれ石」。
代々の天皇にも献上されているらしい。
3
歩きごたえあり過ぎのピストンルート。
なんとかゴール。
2020年06月22日 14:54撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きごたえあり過ぎのピストンルート。
なんとかゴール。
3

感想/記録

以前(9年前)に一度歩いた伊吹の北尾根。
ちょうどいいトレーニングのつもりで歩いた。
前回は大禿山までのピストンにヘロヘロになった記憶が残り、多少経験を積んだ今回、どれだけ余裕を持って歩けるのかを楽しみに。

揖斐川町の笹又にある「さざれ石公園」に車をデポし、トイレの裏の登山道を登りだす。
ドライブウェイ終点近くから見下ろすと、すぐ足元に見えるような谷底から一気に登るきついルート。
獣除けのフェンスの扉を開けては農地を通らせてもらう登山道。
織田信長が作らせた薬草園があったというなんとも由緒正しい谷だそうな。

見上げればはるか頭上にドライブウェイが見えている。
だから迷う心配はあまりしていないが、見通しの悪い茂みもあり、登山道はちょくちょく見失う。
気が付けば道のない沢筋を直登していたりもする。

北尾根に入ると1000〜1100mのピークを辿りながら国見峠に向かう。
曇り空だが視界は広く、そうそう崩れる心配はなさそう。
ある程度のペースを保ちながら、急ぎ過ぎずに歩を進める。
基本ずっと尾根道が続くが、岩場や草地、苔に覆われた湿地などくるくる表情を変えて迎えてくれる縦走路に癒されながら歩いていた。

国見峠で食事休憩の後、300m弱を登り返して復路へ。
少し足元の草たちに目をやる余裕も出てきながら歩く。
花の色も目を引かれるのだけれど、成長途上の若草の緑がそれ以上に鮮やかに見える。
真上から見たときのシンメトリーな形状も美しいし、若い葉っぱの緑の艶はそれだけで素晴らしい。

花や草の名前をほとんど知らないのは損をしているのかとも思う。
でも花や葉っぱたちに心を寄せるのはもう少し直観的なことのようで、知っているから、いないからというのは少し違うような気もする。
(レコを作るときには、やはり知ってたらいいなとは思う。)

縦走路の終わり近くなって、雨がぱらついてきた。
レインウェアを着るまではいかず、ザックカバーと上着のフードでしのげたのはラッキーだった。

農地まで下りたところで作業中の地元の方にクマが出なかったかと声をかけられ、しばらく立ち話をした。
春からこの時期にかけて、自生するイチゴや果実を狙ってほぼ毎日のようにクマが下りてきているとのこと。
今日も子供2頭を連れたクマがいたそうだ。
この山域に何頭くらい生息しているのか伺うと、
「一昔前に調べた時には50〜60頭いたよ」
「それが現在では減っているんですか?」
「いや、増えてるね。 クマを撃つ漁師もいないし」

正直驚いた。
自分がクマに出逢ったことがないので余計にイメージしにくいのだが、せいぜい数家族くらいの生息数だと思い込んでいた。
発信器を付けたクマの追跡調査の話など、とても興味深く聞かせてもらった。
ありがとうございました。

上野からの登山道にはさすがにクマは出ないだろうが、こちら側ではいつか遭遇できそうだ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:422人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/10/3
投稿数: 123
2020/6/23 12:08
 美しくて
はじめまして。

52枚目、美しくて、目を奪われました😍

北尾根、厳しいですよね。
昨年、ドライブウェイの開通直前に、逆コースで伊吹山まで行きましたが、北アルプスでも筋肉痛にならなかったのに、かなり筋肉痛になりました😖
登録日: 2011/5/7
投稿数: 2032
2020/6/23 13:34
 Re: 美しくて
michele alexさん、はじめまして。 コメ、ありがとうございます!
緑の中に赤い葉っぱが一枚、この季節ならではの目立ち方でした

いつもは下山の時間に追われることが多いのですが、今回は余裕があり、全行程を楽しむことができました。
(おっしゃる通り、鍛えられるコースですよね

葉っぱ、いいんです!
パワーもらえますよ
登録日: 2015/10/3
投稿数: 123
2020/6/23 20:26
 Re[2]: 美しくて
レインボーカラーで、とても綺麗です😄

ホント、この時季の緑は、パワーありますよね!🍀

3年前の5月にドライブウェイまで歩きました。尾根からの景色は、4月の開通直前より、断然良かったです。緑が綺麗で😊🏞️

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ