また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2415825 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

キタダケソウ見に北岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年06月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り。南西からの強風が当たるトラバース〜山頂付近は寒かったですが、あとは暑いくらい。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奈良田駐車場まで自家用車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間58分
休憩
1時間8分
合計
8時間6分
Sアルキ沢橋BS05:5907:17池山07:24池山御池小屋07:2509:09ボーコン沢ノ頭09:59八本歯のコル10:0010:18吊尾根・北岳山荘トラバース道分岐10:4910:59吊尾根分岐11:12北岳11:3411:43両俣分岐11:4411:51北岳肩ノ小屋12:05小太郎尾根分岐12:1012:14草すべり分岐12:1612:53白根御池小屋12:5713:48白根御池分岐13:4914:00広河原山荘14:03広河原・吊り橋分岐14:05広河原アルペンプラザG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
池山吊り尾根ルートは踏み跡が薄く、入山後間もなくと城峰手前の2回ルートを外しています。ルートを参考にする場合は、異常なブレがあるところをカットするか、私のログでも別のものを使っていただけるとありがたいです。
コース状況/
危険箇所等
池山吊り尾根は踏み跡が薄いです。おかしいと思ったらすぐ自分のロケーションを確認し、ルートを戻しましょう。今日は晴天でしたが、霧や雨になると危ないです。
アイゼン・ピッケル不要です。完全夏装備/トレラン装備でいけます(通らなかった大樺沢左股を除く)。
エリアの山小屋は、大門沢小屋を除いて冬期小屋または休止中です。水も食料も調達できません。入山はビバークまで想定した装備が前提になります。
その他周辺情報外良寺前の駐車場は大分前から奈良田の里専用なので、ハイカーは駐めちゃいけなくなっているらしいです。
奈良田第2駐車場は治水工事のため全面閉鎖されており、利用できません。
奈良田湖横の駐車帯も工事用施設でキャパが2/3くらいになっています。
最近第一発電所の駐車場に駐めたレコを見掛け、今回も釣り人の自動車でいっぱいになっていましたが、一般車の駐車が解禁されたのかどうか知りません。
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 バックパック OMM CLASSIC25 アッパーシェル TNFアクティブシェルジャケット アッパー スキンズA200ロングスリーブ+TNFネックゲイター モンベル プラズマ1000ダウンジャケット(携行のみ) ロワーシェル パタゴニア フーディ二パンツ(携行のみ) ボトムス CW−Xエキスパート+TNFショーツ TNFバイザー+モンベルクールスクリーン オークリー Jawbreaker PrizmTrail グローブ TNFサマー+ISKAレイン(携行のみ) ソックス スマートウール(+1足携行) シューズ サロモン S-LAB X ALP アイゼン グリベル エアーテック ニュークラシック(携行のみ) ゲイター WALK ABOUT 防水ショート(携行のみ) ピッケル Blackdiamondレイブンプロ(携行のみ) ポール BDウルトラディスタンス ハイドレーション++水2L(約1.2L消費) 携行食(スポーツようかん×6(▲2)+ネイチャーバレー シリアルバー×6(▲1)) 塩熱サプリ 携行トイレ3(▲1) ファーストエイドキット ツエルト ファイントラックFAG0104(携行のみ) シュラフ モンベルダウンハガー#3(携行のみ) ヘッドランプ TIKKA RXP iPhoneX(Map+Compass+GPS) キヤノン SX740HS 日焼け止め 虫除け
備考 アイゼン、ピッケル、冬用シューズは余計でした。

写真

ここから入山するのは3回目かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから入山するのは3回目かな。
ギンリョウソウは標高1600m付近でちょっと見掛けただけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウは標高1600m付近でちょっと見掛けただけ。
倒木跨ぎは疲れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木跨ぎは疲れます。
池山御池が池になっている姿を見たことがありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池山御池が池になっている姿を見たことがありません。
ハクサンシャクナゲはまだこれからです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲはまだこれからです。
砂払いで視界が開け、間ノ岳と農鳥岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂払いで視界が開け、間ノ岳と農鳥岳。
4
目当ての北岳は、ボーコン沢の頭を上り詰めるまで見えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目当ての北岳は、ボーコン沢の頭を上り詰めるまで見えません。
1
シナノキンバイだと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノキンバイだと思います。
2
ああ、やっぱりいいな北岳は。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ああ、やっぱりいいな北岳は。
10
チングルマだと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマだと思います。
2
ハクサンイチゲ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ。
2
キバナシャクナゲは概ね3000mから上しか残っていません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲは概ね3000mから上しか残っていません。
トラバースルートに入って暫く進むと、キタダケソウの楽園。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースルートに入って暫く進むと、キタダケソウの楽園。
2
これがキタダケソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがキタダケソウ。
14
ハクサンイチゲです。ちょっとピンぼけました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲです。ちょっとピンぼけました。
見分けつきますか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見分けつきますか。
2
はあ、シアワセ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はあ、シアワセ。
3
足元も一面キタダケソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元も一面キタダケソウ。
4
目を横に転じるとハクサンイチゲ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目を横に転じるとハクサンイチゲ。
富士山はかなり霞んできて写真的には厳しくなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山はかなり霞んできて写真的には厳しくなりました。
2
山頂に向けて進むと、いろいろな花々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に向けて進むと、いろいろな花々。
2
8回目の北岳行。登頂10回目。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8回目の北岳行。登頂10回目。
5
間ノ岳と南アルプスの山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳と南アルプスの山々。
2
甲斐駒ヶ岳と八ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳と八ヶ岳。
1
池山吊り尾根と富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池山吊り尾根と富士山。
3
北側トレイル周辺も花が沢山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側トレイル周辺も花が沢山。
草スベリ入る前に見上げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草スベリ入る前に見上げる。
長い大樺沢雪渓。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い大樺沢雪渓。
白根御池から北岳を見上げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根御池から北岳を見上げる。
1
木の香りのする立派な階段が幾つか。今年新設じゃないかしら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の香りのする立派な階段が幾つか。今年新設じゃないかしら。
1
大樺沢方面は通行止めなので、1回御池小屋方面に上がりましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樺沢方面は通行止めなので、1回御池小屋方面に上がりましょう。
吊り橋から振り返る最後の北岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋から振り返る最後の北岳。
2
今日の登山はここまで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の登山はここまで。
3

感想/記録
by ABi-R

県境を跨ぐ移動が解禁されたので、キタダケソウが見られるうちにと北岳行ってきました。
今年は雪が少なく、概ねこの時期に登ると草スベリの雪渓をグリセードしたり、山頂部は積雪期ルートを回ったり、僅かな危険区間をアイゼンとピッケルの重装備で突破したりします。今年はさっぱり雪ありませんでした。
そのため花も若干早いようです。キバナシャクナゲはほぼ終わり、キタダケソウはもうピークを過ぎたところでしたが、それはそれは素晴らしい光景でした。

例年だと前週末かこの週末が山開きだと思います。今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で、まだ山が開いていません。バスも乗合タクシーも動いていません。(タクシーをチャーターできるのか不明。)今回の山行中会ったのは、北岳山荘スタッフ4人(2人トラバース分岐、2人山頂)、花の調査のため入山していた4人連れ(御池小屋)、途中まで行ってきたという一般ハイカー(だと思います)3人連れ(御池小屋からの効果中)という静かな山行でした。

このルートを使う時期がトレーニング不足の時期からなのか実際にキツいのかよく分からないのですけども、池山吊り尾根ルートは、白峰三山縦走よりキツく感じます。北岳への最後の登りはもうフラフラ、御池小屋からの下りは膝が痛くなりました。
奈良田からアルキ沢までの15km・標高差395m登り・2時間強、広河原から奈良田までは20km・標高差680m下り・3時間弱掛かります。フラットな舗装路の下りなので、疲労困憊・膝痛でも歩行速度は7km/h出ていましたが、ソールの固いシューズだったので足裏が痛くなりました。

で、今年の北岳。山梨交通のサイトでは「7月23日から運行予定(今後の状況や関係当局との協議により、変更となる場合があります)」とあるのであと1月?に見えます。が、さる筋の情報だと、バス・タクシーの運行どころか今年は山小屋が開かない可能性大だそうです。且つその場合入山禁止になる可能性もあるそうです。
もう今週末には入山できないかもしれません。

と報告しますが、野呂川発電所からアルキ沢の池山吊り尾根登山口までは冬期ルートだし、自分は広河原やアルキ沢から奈良田まで徒歩で降ったことが何度もあるのであまり気にしていなかったのですが、標識を見ると「通行止め(6月22日から10月末日までだかのバス・タクシーを除く)」です。因みに県(この辺の道は県道)のサイト見ると今年は冬期通行止め継続中です。「車両通行止め」でなく「通行止め」。夜叉神峠から広河原までの南アルプス林道ははっきり「歩行者も通行禁止」と書いてあります。
うーん歩行者も禁止だったか。スミマセヌ。。。

入山禁止になったら、オフシーズン富士山と同じ自己責任なのか、字句通りかよく分かりませんが、確実に禁に触れないようにするには笹山ルートと大門沢ルートしかないかもしれません。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1402人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ