また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2420851 全員に公開 ハイキング 金剛山・岩湧山

葛城山〜金剛山 (2山を8の字に周回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年07月02日(木) [日帰り]
メンバー
天候曇り〜晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
さわんどのトンネル側駐車場(数台駐車可。無料)に駐車。平日なので空いていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間34分
休憩
1時間19分
合計
6時間53分
Sさわんど茶屋07:4908:43天狗谷道ベンチ08:5009:29葛城高原キャンプ場09:3009:38大和葛城山09:4209:46葛城高原ロッジ09:5310:00パラグライダー広場10:39水越峠11:07金剛の水11:1611:22もみじ谷入口12:01第6堰堤12:0412:09本流ルート分岐12:29転法輪寺12:30山頂広場13:1213:14転法輪寺13:1513:42セト13:46電波管理所(青崩道と桐山・二河原辺道分岐)13:4714:36さわんど茶屋14:4014:42さわんど駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1.葛城山
・天狗谷道
さわんどから登山口までが、標識少なく判り難い。
過去の台風の影響で前半の沢沿いはかなり荒れています。特に通行困難な場所はありません。倒木もありますが、通行できます。
階段道に入れば、通行に支障あるところはありません。

・ダイトレ道(水越峠〜山頂)
登山道は整備され、危険なところはありません。葛城山への最短ルートですが、丸太階段地獄です。

2.金剛山
・もみじ谷
もみじ谷は途中の分岐が多いので、初めての方は「もみじ谷本流」を歩かれるのが無難です。最近、サブルートのテープが増え、メインと区別がつけにくくなっています。事前にルートを良く調べておいて下さい。
第5堰堤上部で谷が大きく二つに分かれます。左が昭文社の登山地図に登山道として記載されているルート。右のV字谷が「もみじ谷本流」ルート。その後、第6堰堤上部で再び分岐が来ますが、右が本流ルートです。
道は沢を何度か渡渉しますが、いずれも水量わずかで石伝いに渡れます。ただ、滑り易いので注意は必要です。崖状の細い道もあり通行時は注意して下さい。

・青崩道
整備され、歩きやすい道です。一部階段の多い箇所があります。危険な所はありません。
その他周辺情報さわんどには公共トイレあり。(靴洗い場完備)
さわんど茶屋(食堂)は廃業。自動販売機は動いています。
登山ポストはありません。

写真

さわんどから出発。天狗谷道への入口標識。新しい治山ダム(堰堤)を作る工事中。車両通行に注意。
2020年07月02日 07:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわんどから出発。天狗谷道への入口標識。新しい治山ダム(堰堤)を作る工事中。車両通行に注意。
1
水田から向かいの金剛山。
2020年07月02日 07:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水田から向かいの金剛山。
5
天狗谷道の前半は、相変わらず荒れ模様。通行に支障なし。気温は低いが湿度高く、汗たっぷり。
2020年07月02日 08:05撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗谷道の前半は、相変わらず荒れ模様。通行に支障なし。気温は低いが湿度高く、汗たっぷり。
1
葛城山唯一の鎖場。この鎖を使った事はありません。
2020年07月02日 08:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛城山唯一の鎖場。この鎖を使った事はありません。
1
前半の沢が終わると、楽しい階段道の始まり。
2020年07月02日 08:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前半の沢が終わると、楽しい階段道の始まり。
1
途中の休憩ベンチ。助かります。
2020年07月02日 08:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の休憩ベンチ。助かります。
2
オカトラノオ。
2020年07月02日 09:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オカトラノオ。
3
アジサイが見えるU字路。落ち着く植林帯です。
2020年07月02日 09:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アジサイが見えるU字路。落ち着く植林帯です。
3
山頂まであと少し。
2020年07月02日 09:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し。
葛城山のキャンプ場。一度使ってみたい。夜景が綺麗だそうだ。
2020年07月02日 09:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛城山のキャンプ場。一度使ってみたい。夜景が綺麗だそうだ。
1
ロープウェイが定期点検中なので、白樺食堂は閉店。山頂は人も少ない。
2020年07月02日 09:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイが定期点検中なので、白樺食堂は閉店。山頂は人も少ない。
もうすぐ山頂。青空が少し見えた。
2020年07月02日 09:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ山頂。青空が少し見えた。
6
山頂三角点。
2020年07月02日 09:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂三角点。
4
セルフで写したが、背景は雲の中。
2020年07月02日 09:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セルフで写したが、背景は雲の中。
9
つつじ園。ついに今年はつつじを見れず(長期遠征のため)。向かいの金剛山も上部は雲。
2020年07月02日 09:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つつじ園。ついに今年はつつじを見れず(長期遠征のため)。向かいの金剛山も上部は雲。
2
パラグライダー離陸場から奈良盆地。大和三山も見えています。
2020年07月02日 10:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パラグライダー離陸場から奈良盆地。大和三山も見えています。
1
ダイトレ道の丸太階段地獄を楽しんで、水越峠に着地。
2020年07月02日 10:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイトレ道の丸太階段地獄を楽しんで、水越峠に着地。
水越峠の奈良側は未だに通行止め。もう2年になります。
2020年07月02日 10:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠の奈良側は未だに通行止め。もう2年になります。
水越峠の金剛山入口。2山目の金剛山に向かいます。
ここからは昨日も歩いた道。
2020年07月02日 10:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠の金剛山入口。2山目の金剛山に向かいます。
ここからは昨日も歩いた道。
1
大阪側。雲が多くどんより。
2020年07月02日 10:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪側。雲が多くどんより。
1
ムラサキシキブの花。開花盛ん。
2020年07月02日 10:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキシキブの花。開花盛ん。
3
もみじ谷入口。本日は2名と出会いました。
2020年07月02日 11:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もみじ谷入口。本日は2名と出会いました。
第6堰堤。もちろん、昨日と変わらず。
2020年07月02日 12:01撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第6堰堤。もちろん、昨日と変わらず。
1
分岐は本流の右へ。今日はどんぐり尾根に上がらず、沢を直進しました。
2020年07月02日 12:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐は本流の右へ。今日はどんぐり尾根に上がらず、沢を直進しました。
1
バイケイソウ(梅濮陝砲あちこちに。
2020年07月02日 12:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイケイソウ(梅濮陝砲あちこちに。
1
12:40のライブカメラ。時計のそばでストック降ってます。
2020年07月02日 12:40撮影 by ver.23F002066.2, HRE Inc.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:40のライブカメラ。時計のそばでストック降ってます。
8
天候回復して、山頂は17℃と快適。
2020年07月02日 13:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候回復して、山頂は17℃と快適。
5
転法輪寺にお参りして、青崩道から下山します。
2020年07月02日 13:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転法輪寺にお参りして、青崩道から下山します。
この標識を左に入ります。
2020年07月02日 13:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この標識を左に入ります。
町石。最近設置されたもの。青崩道から分かれて、赤坂へ向かう道に続いています。
2020年07月02日 13:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
町石。最近設置されたもの。青崩道から分かれて、赤坂へ向かう道に続いています。
1
セトで休憩。
2020年07月02日 13:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セトで休憩。
1
イナモリソウは既に終わっていました。もっと早く来なければ、ですね。
2020年07月02日 13:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イナモリソウは既に終わっていました。もっと早く来なければ、ですね。
1
キヨスミギボウシ(清澄擬宝珠)。咲き始め。
2020年07月02日 14:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キヨスミギボウシ(清澄擬宝珠)。咲き始め。
3
青崩道の入口まで降りて来ました。
2020年07月02日 14:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青崩道の入口まで降りて来ました。
さわんど到着。周回完了。
さわんど小屋は閉鎖のまま。再開は無理かな?
2020年07月02日 14:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわんど到着。周回完了。
さわんど小屋は閉鎖のまま。再開は無理かな?
1
撮影機材:

感想/記録
by abek3

 本日は葛城山、金剛山の2山を登って体力の確認。夏の遠征に備えてトレーニングです。
 さわんどを起点に、天狗谷道〜葛城山〜ダイトレ道〜水越峠〜もみじ谷道〜金剛山〜青崩道〜さわんどと周回しました。
 午前は気温は低いものの湿度が高く、汗だくでペース上がらず。水越へ降りて来たあたりから天候回復して歩きやすい環境になりました。
 遠征に備えて水2.5Lを加えた7.2Kgのザックで、久しぶりに金葛をしましたが、特に問題なく歩き通せました。この調子で夏に向かって体力を付けていきます。
 今年はコロナ禍で制限の多い登山になりそうですが、準備を充分に行って安全に登って来たいと思っています。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:224人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ