また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2423868 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

伊豆ヶ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年07月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り、伊豆ヶ岳山頂付近はガスってて見通しはほぼなかった
アクセス
利用交通機関
往復とも西吾野駅を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間31分
休憩
8分
合計
5時間39分
S西吾野駅07:0207:35諏訪神社08:14大岩分岐08:1508:56五輪山09:0112:02天久保峠12:12天久保山(向本陣山)12:1312:37西吾野駅12:3812:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
花桐川自体は前日の降雨でかなり増水していたと思われるが、水はもう結構澄んでいたので、さほど危険な状態ではなかったと思う。ただし、沢が枯れてから伊豆ヶ岳に突き上げる最後のルートに到達するまでのがれ場は足元が安定せず、けっこう大変だった。帰路の尾根筋も大部分は歩きやすい道だったが、一部痩せ尾根になっているところがあり、初心者には向かないと思った。
その他周辺情報特にどこにも立ち寄らずに帰ったので、不明

装備

個人装備 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 時計 タオル ツェルト Tシャツ

写真

西吾野駅から一般道を通って、沢すぎに入っていく分岐
2020年07月05日 07:27撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吾野駅から一般道を通って、沢すぎに入っていく分岐
1
諏訪神社?の鳥居が合ったけど、かなり寂れた感じがした
2020年07月05日 07:34撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪神社?の鳥居が合ったけど、かなり寂れた感じがした
車止めがおいてあり、たしかにこの先で回転するのは難しそうだった
2020年07月05日 07:43撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車止めがおいてあり、たしかにこの先で回転するのは難しそうだった
登山道の入口
2020年07月05日 07:45撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の入口
最初の渡渉はパネルでできた橋があったけど。
2020年07月05日 07:46撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の渡渉はパネルでできた橋があったけど。
ピンクの赤布があったので、沢筋は迷うことはなかった
2020年07月05日 07:50撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクの赤布があったので、沢筋は迷うことはなかった
何度も渡渉を繰り返した
2020年07月05日 07:53撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も渡渉を繰り返した
流木が堆積していたが、それほど困難でもなかった
2020年07月05日 07:57撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流木が堆積していたが、それほど困難でもなかった
1
滝のそばの踏み跡をたどる
2020年07月05日 08:03撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝のそばの踏み跡をたどる
これが炭焼きの窯跡かなあ?
2020年07月05日 08:11撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが炭焼きの窯跡かなあ?
ここだけ沢の中の石をたどって登らざるを得なかった
2020年07月05日 08:12撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここだけ沢の中の石をたどって登らざるを得なかった
二股を通り過ぎ
2020年07月05日 08:13撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股を通り過ぎ
これが大岩分岐点?
2020年07月05日 08:17撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが大岩分岐点?
だんだん沢が細くなっていき
2020年07月05日 08:23撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん沢が細くなっていき
山頂に近づいてきてはきたけど、ガスってきた。
2020年07月05日 08:27撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に近づいてきてはきたけど、ガスってきた。
やっと多分男坂の下部に到達して
2020年07月05日 08:47撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと多分男坂の下部に到達して
女坂との合流点に出てくる
2020年07月05日 08:49撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女坂との合流点に出てくる
五輪山からの下山路でもガスってて眺望はなにもない
2020年07月05日 09:23撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五輪山からの下山路でもガスってて眺望はなにもない
降りてくる直前で開ける
2020年07月05日 10:04撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてくる直前で開ける
1
一般道が見えてくる
2020年07月05日 10:09撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般道が見えてくる
1
林道は崩壊しかかっていた
2020年07月05日 10:16撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道は崩壊しかかっていた
1
一般道に降りて正丸まで歩いて、そこから対岸の里山もついでに登ることにするが、
2020年07月05日 10:48撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般道に降りて正丸まで歩いて、そこから対岸の里山もついでに登ることにするが、
もともとの登山道を新たに造成した林道が削ってしまっていて林道から戻るのが偉く大変になっていた
2020年07月05日 11:00撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もともとの登山道を新たに造成した林道が削ってしまっていて林道から戻るのが偉く大変になっていた
1
やっと最後の帰路の尾根筋に到達
2020年07月05日 11:06撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと最後の帰路の尾根筋に到達
1
一応513mのピークまで行ってみるが、標識のようなものは何も見当たらなかった
2020年07月05日 11:12撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応513mのピークまで行ってみるが、標識のようなものは何も見当たらなかった
1
なんとかたどり着いた
2020年07月05日 12:12撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとかたどり着いた
2

感想/記録
by osan12

気温も高く、湿度が高かったせいか、汗だくで結構疲れた。後半は結構バテ気味になり、正直辛かった。目的は訓練のためと知らないルートを歩くためだったので、仕方がないといえば仕方がないが。
通るのが微妙な状況のルートもあるので、あまりおすすめできるところではない。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:178人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 林道 渡渉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ