また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2424847 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

貴船口からユリ、芹生峠そして分水嶺

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年07月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候午後からは雨の予報も全然降らずよかったが、霧で展望は悪かった。湿度が高く玉の汗が。ハイドレにスポドりを2l持参し、歩きながら吸飲、熱中症対策は万全。
アクセス
利用交通機関
電車
往復とも叡電貴船口駅前
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち35%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間18分
休憩
14分
合計
8時間32分
Sスタート地点09:1810:00大岩夜泣峠分岐10:0010:53貴船山716ピーク10:5811:27滝谷峠11:3312:43芹生峠12:4317:12奥貴船橋17:1517:31貴船神社17:3117:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
叡電貴船口駅➡︎駅前登山口赤点線道➡︎二ノ瀬ユリ➡︎大岩分岐➡︎貴船山➡︎滝谷峠➡︎標高760m(お昼)➡︎芹生峠➡︎分水嶺766m➡︎アソガ谷に向かう点線道から尾根降り➡︎404mアソガ谷滝➡︎奥社➡︎貴船口駅

[貴船口二ノ瀬ユリ間]
急登、倒木多し

[芹生峠からの登り]
急登、倒木はないが足場悪く難儀しました。

[分水嶺点線道から尾根降り]
最初は気持ち良い森が見れてよかったですが、途中から倒木銀座かつ急斜面で2、3回ルート変更がありました。単独行は回避した方がいいのではないがと思います。一時、ロープを張って降ることも協議していました。
過去天気図(気象庁) 2020年07月の天気図 [pdf]

写真

貴船口から二ノ瀬ユリまでの間に小休止。此処までもしんどかった。今日も嫌な感じ
2020年07月05日 09:30撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貴船口から二ノ瀬ユリまでの間に小休止。此処までもしんどかった。今日も嫌な感じ
1
大岩分岐
2020年07月05日 10:00撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩分岐
小休止。持主さんには、この後、おヒルさんの沢山のご訪問がございました。この旅で何人かの方が献血されておりました。ひる下がりのジョニー様のお陰を持ちまして献血はせずに済みました。やれやれでした。
2020年07月05日 10:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小休止。持主さんには、この後、おヒルさんの沢山のご訪問がございました。この旅で何人かの方が献血されておりました。ひる下がりのジョニー様のお陰を持ちまして献血はせずに済みました。やれやれでした。
2
此処いらへんはまだルンルン気分でしたね。
2020年07月05日 10:44撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処いらへんはまだルンルン気分でしたね。
貴船山。結構時間が掛かっています。今日のコースではphさんプレートを探す心の余裕はありませんでした。

2020年07月05日 10:53撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貴船山。結構時間が掛かっています。今日のコースではphさんプレートを探す心の余裕はありませんでした。

2
滝谷峠とはロープを持って怖がって渡る所かと勘違いしていました。リーダーによるとそこは全然心配いらない所で、約1ヶ月後の予定とのこと。
2020年07月05日 11:28撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷峠とはロープを持って怖がって渡る所かと勘違いしていました。リーダーによるとそこは全然心配いらない所で、約1ヶ月後の予定とのこと。
1
お昼を摂った場所(760m)。前に見える尾根を左に行くと魚谷山に行けるようです。イオタニと読むそうです。なるほど。
2020年07月05日 12:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼を摂った場所(760m)。前に見える尾根を左に行くと魚谷山に行けるようです。イオタニと読むそうです。なるほど。
2
芹生峠に降りてきて、直ぐにここから上がります。上がるのに苦労しました。
2020年07月05日 12:41撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芹生峠に降りてきて、直ぐにここから上がります。上がるのに苦労しました。
2
今日は展望はありません。場所は?
2020年07月05日 13:55撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は展望はありません。場所は?
確か2週間前に出掛けた鞍馬尾根
2020年07月05日 15:47撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確か2週間前に出掛けた鞍馬尾根
2
山から必死の思いで降りてきました。そこにあったのはアソガ谷川の滝。
2020年07月05日 16:48撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山から必死の思いで降りてきました。そこにあったのはアソガ谷川の滝。
1
ここを降りてきました。倒木銀座でした。怪我もなく降りてこれて思わず拍手👏しました。

近くの河原で身繕いをして体操。一応ここで解散でした。
2020年07月05日 16:49撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを降りてきました。倒木銀座でした。怪我もなく降りてこれて思わず拍手👏しました。

近くの河原で身繕いをして体操。一応ここで解散でした。
2
ロードを貴船口駅に向かって歩きました。
2020年07月05日 17:14撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロードを貴船口駅に向かって歩きました。
貴船奥社参道。もう灯りが入っています。
2020年07月05日 17:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貴船奥社参道。もう灯りが入っています。
1
貴船神社まで来ました。あと少し。
2020年07月05日 17:31撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貴船神社まで来ました。あと少し。
2
ズボンもバックバックもドロドロ。コンビニ袋を椅子に敷いて座って帰りました。まだ、始発(鞍馬)からでなくても座れました。
2020年07月05日 17:52撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズボンもバックバックもドロドロ。コンビニ袋を椅子に敷いて座って帰りました。まだ、始発(鞍馬)からでなくても座れました。
1

感想/記録

北山分水類クラブの芹生峠からの分水嶺トレッキングに参加しました。雨予報ではあったものの降らずによかったです。

登り降りの急斜面はいずれも苦労しました(恐怖症なもんで?)。少しづつではありますが慣れてきたかなぁと思います。

今日はリーダーが蛭のチェックタイムをたくさん作ってくれてよかったです。小豆にチェックしたことが献血防止に繋がりました。

また、事前にヤマレコなどで情報を収集し、スパッツとジョニーの準備ができたのもよかったと思います。

ツアーだからと、お任せ定食を頂だくだけではダメなんですね。少しだけですが賢くなりました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:284人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/8/24
投稿数: 274
2020/7/6 14:11
 あそこを降りましたか?凄いですね
Serisanさんこんにちは

私は5月の17日に皆さんが降りて来た尾根を登って見ようとアソガ谷分岐辺りに車を駐車しました。しかし下から眺めると沢山の倒木があるし雨の後で藪は濡れているし直ぐに諦めて地蔵堂まで道路を歩いて分水嶺に登りました。道路の途中から見る尾根にも沢山の倒木があり止めて正解だと思っていました。上から下っても大変だった様ですね。登らなくて良かったと今更ながら胸を撫で下ろしています。

矢張り今の時期、山蛭は避けて通れませんが被害がなくて良かったですね。
登録日: 2018/7/26
投稿数: 1
2020/7/6 17:18
 Re: あそこを降りましたか?凄いですね
yjin さん こんにちわ コメントありがとうございます。

ほんとに大変な思いをしました。途中からリーダーから全員に危ないのでストックをしまうように指示がありました。また、足の置き場所、掴む場所、態勢の入替え場所など教えてもらいましたので全員怪我もせず降りてこれました。やっぱり指導者はすごいですね。ただ、「今日は反省します。」とおっしゃてましたが。

 山行の数はまだ少ないですが、北山が好きになりそうです。5/17レコ読ませていただきます。有難うございました。
 

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 スパッツ 倒木 分水嶺
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ