また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2426235 全員に公開 ハイキング 丹沢

丹沢 大山 蓑毛ルート

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年07月05日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇のち雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
小田急線秦野駅北口より神奈中バス蓑毛行きに乗り、終点下車
バスの本数は多いので、座れることが多い。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間46分
休憩
1時間53分
合計
5時間39分
S蓑毛07:5308:18春岳沢 水場08:2509:16ヤビツ峠09:3910:4725丁目10:57大山12:1012:1925丁目12:2012:3220丁目12:4016丁目13:23阿夫利神社下社13:3213:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
概ねルート上に危険箇所はない。
蓑毛からヤビツ峠まではヒルの巣窟になっており、5分に一度は足元を見たほうが良い。ヤビツ峠までで数十匹を払い除け、1匹に吸血された。
その他周辺情報秦野駅北口にセブンイレブンがあり、食糧、水分を補充できる。

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ

写真

神奈中バス蓑毛行きの終点、蓑毛で下車。
少年の像がスタート地点の目印。
2020年07月05日 07:53撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神奈中バス蓑毛行きの終点、蓑毛で下車。
少年の像がスタート地点の目印。
しばらくは舗装路
2020年07月05日 08:00撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは舗装路
舗装路が終わると、沢を渡る。
2020年07月05日 08:21撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路が終わると、沢を渡る。
木橋の向かって左手に湧き水。クリアボトルに補充する。
2020年07月05日 08:23撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木橋の向かって左手に湧き水。クリアボトルに補充する。
木橋を渡ると登山道に入る。ここからヒルがどこからともなく足に吸い付いてくる。同行者と情けない声を上げながらヤビツ峠へ向かう。忌避剤があると良い。
2020年07月05日 08:28撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木橋を渡ると登山道に入る。ここからヒルがどこからともなく足に吸い付いてくる。同行者と情けない声を上げながらヤビツ峠へ向かう。忌避剤があると良い。
1
ヤビツ峠手前。
2020年07月05日 09:14撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠手前。
ヤビツ峠バス停前の階段を上がったところに出る。ヒルの襲撃も落ち着くので、ここで小休止すると良い。ヤビツ峠にはトイレや自販機がある。
2020年07月05日 09:41撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠バス停前の階段を上がったところに出る。ヒルの襲撃も落ち着くので、ここで小休止すると良い。ヤビツ峠にはトイレや自販機がある。
イタツミ尾根を登り、大山山頂へ向かう。
2020年07月05日 09:41撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イタツミ尾根を登り、大山山頂へ向かう。
イタツミ尾根はあまり眺望が無いが、適度な勾配と距離感で、山頂まで気持ち良く登れる。
2020年07月05日 09:49撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イタツミ尾根はあまり眺望が無いが、適度な勾配と距離感で、山頂まで気持ち良く登れる。
1
一時の眺望。
2020年07月05日 09:53撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一時の眺望。
次第に雨が降るが、問題ない。
2020年07月05日 10:47撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次第に雨が降るが、問題ない。
山頂手前の鳥居。この鳥居を通り、間もなくもうひとつの鳥居を通過すると、山頂までは目前。
2020年07月05日 10:54撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前の鳥居。この鳥居を通り、間もなくもうひとつの鳥居を通過すると、山頂までは目前。
山頂。この日は風が強く雨足も強くなってきたので、建物の下に逃れて昼食。
2020年07月05日 10:57撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂。この日は風が強く雨足も強くなってきたので、建物の下に逃れて昼食。
2
下山開始。下社へ向かう。ルート上はガレや滑りやすい赤土などが多く、雨の日の下山は要注意。
2020年07月05日 12:28撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始。下社へ向かう。ルート上はガレや滑りやすい赤土などが多く、雨の日の下山は要注意。
途中で鹿を見かける。数年前はよく見かけたが、最近は頭数調整であまり見なくなった。近づいても全く逃げない。
2020年07月05日 13:04撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で鹿を見かける。数年前はよく見かけたが、最近は頭数調整であまり見なくなった。近づいても全く逃げない。
名物の夫婦杉。ここを過ぎると下社まで間もなく。
2020年07月05日 13:10撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物の夫婦杉。ここを過ぎると下社まで間もなく。
下社着。
2020年07月05日 13:25撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下社着。

感想/記録

前職の同僚と西丹沢方面の登山を予定していたが、沢の渡渉があるルートだったため、アクセスと安全が良好な大山へ変更。当日はウェアラブルカメラの試験運用も兼ねており、豊富な記録が録れた。

最近は人の通りが少ないのか、ヒルの猛襲は予想外に多かった。ヤビツ峠以降は殆ど出会わず、足元を見ることなくガスの中で、幻想的な山を堪能した。

心地の良い疲労感で下社へ下山。自然と信仰、歴史を肌で感じられるのは大山の魅力であると改めて感じた登山だった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:276人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 渡渉 ガレ クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ