また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2433001 全員に公開 ハイキング 志賀・草津・四阿山・浅間

野反湖・カモシカ平散策〜ニッコウキスゲ咲く湖畔

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年07月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り エビ山から西はガス小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
野反湖富士見峠第1駐車場。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間21分
休憩
53分
合計
6時間14分
S富士見峠05:5706:14弁天山06:1706:25弁天峠07:25エビ山08:01高沢山08:27カモシカ平08:5709:23高沢山09:56エビ山10:0111:55富士見峠12:1012:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ニッコウキスゲ観賞と撮影、一部降雨のため遅くなっています。
コース状況/
危険箇所等
・早朝や降雨後は笹漕ぎで濡れる、また泥濘で滑りやすい。レインパンツがあると良い。

・野反湖湖畔周辺、ニッコウキスゲ満開、ハクサンフウロ、ノハナショウブ、イブキトラノオ開花。

・エビ山高沢山周辺のクルマユリ、コオニユリはつぼみ。

・カモシカ平、一分咲き。19日〜24日辺りが満開と思われる。
その他周辺情報・草津町大津の「かない亭」へ行ったが、長蛇の列のため、中之条町原町の「あおぞら」でカルビラーメンと焼肉。

・小野上温泉「さちの湯」でさっぱりと。2時間410円。
過去天気図(気象庁) 2020年07月の天気図 [pdf]

写真

早朝4時の上信道。今日はshilokoさんのコペンで野反湖へ。
2020年07月12日 04:05撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝4時の上信道。今日はshilokoさんのコペンで野反湖へ。
4
日の出を過ぎたが薄暗い野反湖。湖畔は最後に寄ることにした。気温12℃、涼しい。
2020年07月12日 05:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出を過ぎたが薄暗い野反湖。湖畔は最後に寄ることにした。気温12℃、涼しい。
4
野反湖富士見峠第1駐車場に停める。弁天山経由でカモシカ平へ。
2020年07月12日 05:48撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野反湖富士見峠第1駐車場に停める。弁天山経由でカモシカ平へ。
11
ウスユキソウ。
2020年07月12日 05:57撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウスユキソウ。
13
ハクサンフウロ。
2020年07月12日 05:58撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ。
4
登山道南斜面にもニッコウキスゲ。
2020年07月12日 06:00撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道南斜面にもニッコウキスゲ。
17
赤城山、榛名山、中之条町の雲海。
2020年07月12日 06:01撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城山、榛名山、中之条町の雲海。
6
咲き始めのニッコウキスゲ。
2020年07月12日 06:02撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き始めのニッコウキスゲ。
13
オニアザミ。ハチがしがみつく。
2020年07月12日 06:04撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オニアザミ。ハチがしがみつく。
6
ノハナショウブ。
2020年07月12日 06:05撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノハナショウブ。
8
弁天山。琵琶は弾くより食べたいshilokoさん。
2020年07月12日 06:16撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弁天山。琵琶は弾くより食べたいshilokoさん。
9
朝日が差し込む野反湖。
2020年07月12日 06:17撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が差し込む野反湖。
4
ギンリョウソウ。
2020年07月12日 06:19撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ。
5
オオバギボウシ。
2020年07月12日 06:22撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオバギボウシ。
4
浅間草津はガスに覆われていた。草津温泉街が見える。
2020年07月12日 06:22撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間草津はガスに覆われていた。草津温泉街が見える。
3
浅間隠山、山頂部が見える富士山。
2020年07月12日 06:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間隠山、山頂部が見える富士山。
12
草津白根山、湯釜、芳ヶ平。
2020年07月12日 06:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草津白根山、湯釜、芳ヶ平。
8
伸び始めたオオバギボウシ。
2020年07月12日 06:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伸び始めたオオバギボウシ。
7
エビ山の滑りやすい急斜面を登るshilokoさん。
2020年07月12日 06:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビ山の滑りやすい急斜面を登るshilokoさん。
2
クルマユリはつぼみ。
2020年07月12日 07:14撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマユリはつぼみ。
1
エビ山。最近はガーリックシュリンプがお気に入りのshilokoさん。実はここからカモシカ平の南端を見たが、全く咲いていなかった。それでも確認のため向かうことにした。
2020年07月12日 07:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビ山。最近はガーリックシュリンプがお気に入りのshilokoさん。実はここからカモシカ平の南端を見たが、全く咲いていなかった。それでも確認のため向かうことにした。
11
一部透過したギンリョウソウ。
2020年07月12日 07:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部透過したギンリョウソウ。
12
高沢山。ぬかるみと樹林帯で蒸し暑い。
2020年07月12日 08:00撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高沢山。ぬかるみと樹林帯で蒸し暑い。
7
ツバメオモト。もう最後だろう。
2020年07月12日 08:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバメオモト。もう最後だろう。
5
シラネニンジン。
2020年07月12日 08:11撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネニンジン。
4
カモシカ平へ下る道にニッコウキスゲ。
2020年07月12日 08:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカ平へ下る道にニッコウキスゲ。
6
アオヤギソウ。
2020年07月12日 08:15撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオヤギソウ。
5
ノギランはまだ未開花。
2020年07月12日 08:19撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノギランはまだ未開花。
1
下る道には、まだこれしか咲いていない。
2020年07月12日 08:18撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下る道には、まだこれしか咲いていない。
5
大高山へと続く道。ぐんま県境稜線トレイルコース。
2020年07月12日 08:22撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大高山へと続く道。ぐんま県境稜線トレイルコース。
5
カモシカ平。一分咲き程度で咲き始め。
2020年07月12日 08:27撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカ平。一分咲き程度で咲き始め。
6
咲き始めのニッコウキスゲ。
2020年07月12日 08:29撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き始めのニッコウキスゲ。
9
オタカラコウ。
2020年07月12日 08:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オタカラコウ。
2
ウラジロヨウラク。
2020年07月12日 08:39撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラク。
8
カモシカ平にて。黄色いTシャツでキスゲをイメージしてきたshilokoさんと、灰色のTシャツで曇り空をイメージしてきた鬼軍曹。雨が降るぞ!
2020年07月12日 08:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカ平にて。黄色いTシャツでキスゲをイメージしてきたshilokoさんと、灰色のTシャツで曇り空をイメージしてきた鬼軍曹。雨が降るぞ!
12
その通り、予想より早く雨が降ってきて撤収。私は傘を差しながら撮影続行。
2020年07月12日 08:57撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その通り、予想より早く雨が降ってきて撤収。私は傘を差しながら撮影続行。
3
葉に雨粒が転がる。
2020年07月12日 08:58撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉に雨粒が転がる。
5
雨に濡れるニッコウキスゲ。
2020年07月12日 08:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨に濡れるニッコウキスゲ。
4
輪生するように咲いている。
2020年07月12日 08:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
輪生するように咲いている。
3
4輪咲きのニッコウキスゲ。
2020年07月12日 09:02撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4輪咲きのニッコウキスゲ。
12
エビ山を下ると晴れてきた。高沢尾根が雨雲を堰き止めているのだ。
2020年07月12日 10:16撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビ山を下ると晴れてきた。高沢尾根が雨雲を堰き止めているのだ。
2
三連のニッコウキスゲ。
2020年07月12日 10:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三連のニッコウキスゲ。
7
エビ平でバッタリ!。ゆうやけさんとは今年のGWの鳥居峠以来、clear-skyさん、E-gunmaさんとは初めてお会いしました。楽しいひとときが過ごせました。またお会いする日が来ることを願っております。ありがとうございました。
2020年07月12日 10:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビ平でバッタリ!。ゆうやけさんとは今年のGWの鳥居峠以来、clear-skyさん、E-gunmaさんとは初めてお会いしました。楽しいひとときが過ごせました。またお会いする日が来ることを願っております。ありがとうございました。
28
エビ平から湖畔への道はニッコウキスゲロード。
2020年07月12日 10:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビ平から湖畔への道はニッコウキスゲロード。
1
足元に注意しながら進んで行く。
2020年07月12日 10:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元に注意しながら進んで行く。
1
北からの強風で波が立っている。
2020年07月12日 10:55撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北からの強風で波が立っている。
2
アザミにとまるミドリヒョウモン。
2020年07月12日 11:01撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミにとまるミドリヒョウモン。
9
強風に揺れるソバナ。
2020年07月12日 11:11撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風に揺れるソバナ。
3
仏像が祀られていた。やはりお神酒は欠かせないshilokoさん。御神酒は梅酒でも良いのだろうか?
2020年07月12日 11:25撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏像が祀られていた。やはりお神酒は欠かせないshilokoさん。御神酒は梅酒でも良いのだろうか?
4
イブキトラノオ、ニッコウキスゲ。
2020年07月12日 11:28撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブキトラノオ、ニッコウキスゲ。
2
湖畔散策路を下りる。
2020年07月12日 11:29撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖畔散策路を下りる。
4
湖畔の斜面にはニッコウキスゲの大群生。
2020年07月12日 11:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖畔の斜面にはニッコウキスゲの大群生。
11
ニッコウキスゲと美しい野反湖。
2020年07月12日 11:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲと美しい野反湖。
27
凛として咲くニッコウキスゲ。
2020年07月12日 11:34撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凛として咲くニッコウキスゲ。
15
ニッコウキスゲの大群生の中を歩いてくるshilokoさん。
2020年07月12日 11:37撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲの大群生の中を歩いてくるshilokoさん。
6
カモシカ平まで行ったのだが、ここが一番咲いていた。しかもきれい。
2020年07月12日 11:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカ平まで行ったのだが、ここが一番咲いていた。しかもきれい。
8
八間山登山口にあるコマクサの植生地へ。
2020年07月12日 12:04撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八間山登山口にあるコマクサの植生地へ。
14
輪生するように咲くコマクサ。
2020年07月12日 12:05撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
輪生するように咲くコマクサ。
13
三つならぶコマクサ。
2020年07月12日 12:05撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つならぶコマクサ。
22
大津の「かない亭」は長蛇の列で、原町の「あおぞら」に来た。
2020年07月12日 15:08撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大津の「かない亭」は長蛇の列で、原町の「あおぞら」に来た。
4
早速グビグビ飲るshilokoさん。
2020年07月12日 14:17撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速グビグビ飲るshilokoさん。
11
定番のカルビラーメンと牛カルビ焼肉。shilokoさんは2本目。
2020年07月12日 14:24撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番のカルビラーメンと牛カルビ焼肉。shilokoさんは2本目。
15
小野上温泉センター「さちのゆ」でさっぱりと。
2020年07月12日 15:34撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小野上温泉センター「さちのゆ」でさっぱりと。
3

感想/記録

 梅雨末期となり、梅雨前線が本州付近に停滞し豪雨をもたらしている。山間部は軒並みガスに覆われ、悪天候となることが多い時期。

 関東の梅雨明けは、例年21日辺りで、昨年は24日だった。あと10日ほどだが、昨年のように、はっきりしないケースもある。コロナで悶々とした日々、せめて天気くらいはすっきりとして欲しいのだが・・・。

 隔週の日曜休み、篭の登山池の平か野反湖周辺を予定していた。早朝は晴れて11時まではもちそうなので野反湖へ。ニッコウキスゲの群生を見たい。

 3時30分に前橋を出発。今日はshilokoさんのコペンで移動する。上信道は信号がないので早い。霧の八ッ場ダムを過ぎて405号へ。5時20分に野反湖到着。朝焼けが東の地平に色を付ける。

 休憩舎前には5台以上車が停まっており、三脚を抱えたカメラマンが右往左往していた。写真は時間を切り取って写し残したもの。一瞬を大事にしたい気持ちは分かる。第一駐車場へ移動し停める。3台停まっていた。数時間後には半分以上埋まることとなる。

 薄暗く花に活気がなく、湖面に光が入っていないので、帰りに湖畔を散策することにして、弁天山へ向かう。ニッコウキスゲ、ハクサンフウロ、ノハナショウブ咲く道を西へ向かう。

 南側にはガスをのせた浅間山、行くはずだった篭の登山も覆われていた。降雨と朝露で足元がかなり濡れる。レインパンツを履いたほうが良い。

 エビ山と高沢山の東斜面は泥濘でかなり滑りやすい。クルマユリ、コオニユリは未だ蕾だった。エビ山山頂からカモシカ平南端を望遠で見たが、全く咲いていなかった。 とりあえず、来たからには確認しておきたいので向かうことにした。

 分岐を西へ行くとカモシカ平へ下りこむ。道端にもいくつか咲いていたが、まだ少ない。草原へ降り立つたが、咲き始めで一分咲き程度。カモシカ平南斜面のオタカラコウやシシウドを観賞した。

 記念撮影して、周辺のニッコウキスゲを見ていると、予想より1時間早く雨が降ってきた。shilokoさんはレインウェアを着て、私は折り畳み傘を差した。上空はあっという間に灰色の雲に覆われた。早々と撤収。

 来た道を戻る。本来はエビ山から尾根を下っていくつもりだったが、時間がかかるのでエビ平から湖畔に抜けて帰ることにした。この変更がバッタリへと導くのだった。

 エビ山を下りは始めると雨は止み、すこし晴れてきた。高沢尾根がガスを堰き止めているのだろう。雨後と泥濘の急下りは滑りやすく、アザミの葉で手荒い送り出しを食らう。

 エビ平を歩いていると、前方にソロの男性が日焼け止めを塗っていた。近づくとすぐに分かるその姿と若々しい顔、ゆうやけさん。GWの鳥居峠以来のバッタリ。その後方にはclear-skyさんとE-gunmaさん。初めてお会いしました。

 美人で屈託のない明るさで話すclear-skyさん。たくさんのユーザーに支持されているのが頷ける女性。E-gunmaさんはレコで見た通りご自身のスタイルを貫いている方。いろいろと経験を積まれている方とお見受けしました。

 記念撮影してしばらく5人で談笑。楽しいひと時でした。秋の高田山や主脈縦走などでお会いできるといいですね。三人とお別れして私たちは湖畔へ。強風で波が立ちしぶきが上がる湖面。湖面の景色を見ながら分岐を湖畔へ。

 イブキトラノオとニッコウキスゲが揺れる道を通りぬける。下りこむ湖畔の斜面には満開のニッコウキスゲの群生。エメラルドグリーンの湖畔と黄色に染まった湖畔が美しい。西の空に青空が見え、ニッコウキスゲロードを歩む。

 そのまま南端から上がろうとしたが、土砂崩れでロープで通行止めで戻った。休憩舎周辺は混雑し、マスク姿の観光客がぶらぶらしていた。素通りしてコマクサ植生地へ。まだたくさん咲いていた。

 昼食を採りに草津町へ。大津の「かない亭」は入口前に長蛇の列。13時を過ぎたのだが日曜だからだろう。ホルモン定食を諦めて、中之条町原町の「あおぞら」へ。shilokoさんは「なかんじょ」と親しみをこめて言う。

 定番のカルビラーメンに牛カルビ焼肉、塩キャベツを食べた。shilokoさんは疲れたと言いつつも、黒ラベルを手酌で飲っていた。気が付けば、サクラダファミリアのように茶色い瓶が2本そそり立っていた。

 そのまま東へ行き、小野上温泉センター「さちのゆ」へ。2時間410円。ぬめりのある湯は肌がすべすべになった。さっぱりして帰路へ。

 明日13日の天気予報が目まぐるしく変化していた。予定していた北アルプスは変更せざるを得ない。明日の準備は適当に、今日撮影した写真を整理した。五人で撮影した写真をみなさんに送る。わずか一枚の写真だが、そのひとときがとても印象深く、心に残った山行きだった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1253人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/18
投稿数: 2805
2020/7/14 21:42
 群馬県民憩いの場がエビ山?
おふたりさん こんばんは。
もし日曜日こちらへ出かけていたら(土曜日夕方までこの計画)
前橋出発時間も同じぐらいなのできっと出会えていたでしょうね(計画段階のニアミス)、他の県民さんたちとは会えなかったですね(周回予定でしたから)。
キスゲ平は期待外れだったようですね、天気次第ですけど18・19日予定しています、満開のキスゲに会いたいですよ、ここがだめならキャンプ場・湖畔とキスゲ鑑賞地は在りますよね。
登録日: 2014/10/13
投稿数: 1915
2020/7/14 21:43
 ありがとうございました(^ω^ )
growmonoさん、shilokoさん
こんばんは☆
おふたりには、いつの日か群馬のお山で
会えることを楽しみにしていました!
レコで何度かお見かけしていた
shilokoさんの車を駐車場で見つけたとき「今日、会えるかも!」とわくわくしました♪
でもきっと周回で歩かれるのだろうなぁなどと、ゆうやけさんとも話していたところ、おふたりとばったり(๑˃ᴗ˂)و♡
growmonoさんが、わたしたちに気づいてくれて「クリスカさんだ!」と、声をかけていただき、とっても嬉しくおもいました。
「鬼軍曹さん」の笑顔は、とっても優しかったですよっ!
shilokoさんとも、初めましてのご挨をし、主脈のお話などさせていただき、ありがとうございました!
ゆうやけさんともご一緒できて
みなさんと楽しいひとときを過ごし
とても素敵な1日の記憶となりました。
またどこかで再会できますよね。
楽しみにしています。
これからも、よろしくお願いします!
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1602
2020/7/15 7:19
 黄色い絨毯
 おはようございます、yasioさん。
日曜は県の西方面しかないなと、しかも午前中で下山出来るところ、篭の登山池ノ平か野反湖周辺に絞っていました。コマクサよりニッコウキスゲ見たさに野反湖になりました。

 一昨年も7月二週目に行って五分咲きでしたから、期待しておりましたが、エビ山から見るカモシカ平を見た時はガッカリしましたね。それでも現地へ行って目で見て確認しようと向かいました。

 予想より早い雨降りで、エビ山の尾根から下るのをやめて、エビ平から行くことへの変更が功を奏してバッタリできました。

 18、19日に予定されてらっしゃるとの事。日曜の方が天気は今のところ良さそうです。カモシカ平はちょうど良いと思います。一日花ですが、株が大きければ複数回咲き続けますから、湖畔やキャンプ場も多数残っているでしょう。アサギマダラが舞ってますよ。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1602
2020/7/15 7:42
 また再会の日が来ることを・・・
 おはようございます、clear-skyさん。
やっとお会いできました。月曜の男ですので、日曜は隔週程度しか行けません。そんななかでバッタリできたのは、予想より早い降雨と下るルートの変更でした。ある意味、私は雨に感謝しなければなりません。

 ゆうやけさんのレコを拝見して、お二人は湖畔を北上してキャンプ場方面へ行かれたようですね。E-gunmaさんがおっしゃっていた、釣りをされたのでしょうか?強風を気にされてたのでどうかな? またはキャンプ場の休憩場所でのんびりとされたのでしょうか? E-gunmaさんは時間を工夫して使うのが上手なので羨ましいです。

 レコでの文面や写真では決して分からない、お二人のことを少し知ることが出来てうれしく思いました。こんなむさっ苦しい野郎と握手もして頂き感謝です。

 たった一枚の記念写真と数分の談笑でしたが、数年抱いた期待感と、お会いした充実感で、心が清々しい気分に満たされました。またいつか再会する日が来ることを願っております。
登録日: 2016/1/28
投稿数: 161
2020/7/17 11:37
 ニッコウキスゲの時期ですね
 記念写真もくだけず、直立不動の軍曹さんですね。
 野反湖にもう丸4年行ってないことに気づきました。ニッコウキスゲもいいですが、足元にノギランが咲いていたかと思います。【12日・日曜】榛名沼ノ原のノギランは、まだ蕾だったから野反湖はダメかな?
 このレポをきっかけに、富士見峠からキャンプ場まで歩いて見ようと思いました。詳細なレポ、ありがとうございました。
 ※ 草が刈られてないようで、足元がかなり濡れそうですね。ロングスパッツで大丈夫かな?三壁山からの下りはかなり滑りそうなことが、画像で分かりました。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 743
2020/7/17 19:41
 Re: 群馬県民憩いの場がエビ山?
yasioさんこんばんは、コメントありがとうございます。

18〜19ですとこの土日ですね、
上毛新聞に掲載されていたので湖畔は賑やかでしょう、
カモシカ平のニッコウキスゲをゆっくり堪能したいですね♪
登録日: 2016/3/2
投稿数: 743
2020/7/17 19:51
 Re: ありがとうございました(^ω^ )
clear-skyさんこんばんは、コメントありがとうございます。

良い所をたくさんご存知で、何でも出来ちゃうお三方に遭遇して
緊張しましたが、気さくに話しかけていただきありがとうございました。
明るいお人柄と、あと脚がすらっとしてて長くてうらやましいです!

野反湖周辺をセレクトされたということは、
私どもの選択もあながち間違ってはいなかったのかな・・・?
なんて思うとうれしいです。

これから見頃なので、また行きたくなってしまいますよね、
行き合いましたら今後もよろしくお願いいたします^^。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 743
2020/7/17 19:57
 Re: ニッコウキスゲの時期ですね
suro-ninさんこんばんは、コメントありがとうございます〜

お花にとっても詳しいsuro-ninさんと伺ってます、
たしかにノギランあったかも・・・。
見落としていたかも?相すみませぬ。

下草が刈られていなかったところは、カモシカ平の標識から南斜面へ向かう所くらいだったように記憶しています。
朝露があるので足元は多少濡れるのは必須ですが、
みずみずしいハクサンフウロを見ることができると思います^^。

機会があれば再訪したいです、
菅笠を被った方に行き合ったらきっとsuro-ninさんですね♪
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1602
2020/7/17 23:00
 黄色と青緑色
 こんばんは、suro-ninさん。
低山の頂きでも、靴幅しかないヤセオネでも、断崖の雪庇上であろうと、変わらぬ姿勢です。ノギランですが、カモシカ平を下りるところで蕾を撮影しておりました。追加で載せておきます。 

 三壁山までの周回は一昨年のレコがありますので、参考にご覧になって下さい。https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1527168.html
登録日: 2014/5/18
投稿数: 2805
2020/7/18 17:45
 Re[2]: 群馬県民憩いの場がエビ山?
お二人さんへ・・・
予定変更して尾瀬の大江湿原に行って来ました、
コロナ年で前回は水芭蕉、今回はニッコウキスゲをゆっくり散策できました。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1602
2020/7/18 19:41
 キスゲ三昧
 こんばんは、yasioさん。
わざわざコメントお寄せ頂きありがとうございます。明日は私は仕事ですが、早朝は快晴なので、カモシカ平や野反湖周辺へ再訪するように勧めました。行くと言ってましたね。

 大江湿原は何度も満開時期を逃しているので、レコ楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ