また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2465351 全員に公開 ハイキング 関東

奥久慈ハイキング 西金−弘法堂ー滝倉ー大円地ー鷹取岩ー釜沢越ー不動滝ーつつじヶ丘−西金

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年08月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候腫れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
恒例により西金駐車場に車を置き、歩きました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間44分
休憩
34分
合計
7時間18分
S西金駅駐車場07:0207:21湯沢分岐07:51弘法堂方面分岐08:02弘法堂08:0708:12古分屋敷峠駐車場08:16大円地駐車場08:23滝倉トンネル取り付き08:48健脚コース合流09:13一般・健脚コース分岐09:2109:56大円地越10:1410:49小草越11:21四等三角点「曾根」11:25フジイ越11:27入道岩観望点11:36鷹取岩11:3712:17釜沢越12:1912:40林道合流12:55不動滝13:15つつじヶ丘駐車場13:31山田の林道へ合流14:20西金駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大円地山荘裏崩落箇所は応急処置が取られており、仮とはいえ通行可能です。大子町観光課および作業に当ってくださった方々に感謝いたします。

雨上がりであちこち危険箇所がありました。赤土(黄色?)が露出しているところは特に滑りやすいので要注意です。男体山健脚コース下部、男体山一般コース下部によく見られます。

健脚コース入り口の木道は崩落寸前です。踏み抜きは普通にやりそうなので気をつけます。草が伸びていて木道の劣化を捉えづらいので用心します。

大円地から歩く場合、入道岩(正確には入道岩近くの縦走路)直前の岩場が濡れていて危険です。ステップは切ってありますが滑る恐れがあります。

奥久慈岩稜縦走路は結構枝道があるように見えます。正規のルートは不自然に曲がっていたりするのでぼんやり歩くことは危険です。GPSを持ったり、大子町の発行する登山地図(道の駅、大円地駐車場脇トイレなどで入手可能。PDF版はWEBからも入手可能)を携行することをお勧めします。

釜沢越えからの下りがかなり悪いです。特に天気のいい時(湿っていると水と泥が接着剤になります)はザレの急斜面で滑落の恐れがあります。

アブ、ブユ、ヤブカが多く、虫除け準備は必須です。

木陰は案外涼しいので、暑さ対策と同時にちょっとした寒さ対策(雨具でも十分ですが)もあるとほっとします。
その他周辺情報大円地駐車場は使用できます。

装備

備考 スマホ(GPS)水、行動食(アミノサプリとカロリーメート、雨具、ファーストエイド、日焼け止め(最強の虫除けでもあります)

写真

西金駅から国道118号を渡れば、すぐに奥久慈岩稜がその馬の背のような姿を現す。今日は馬の背に乗る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西金駅から国道118号を渡れば、すぐに奥久慈岩稜がその馬の背のような姿を現す。今日は馬の背に乗る。
1
湯沢分岐手前から。櫛が峯か
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯沢分岐手前から。櫛が峯か
1
林道でみごとなクルミの木を発見した
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道でみごとなクルミの木を発見した
1
無名の小滝。熱かったので涼んでいった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無名の小滝。熱かったので涼んでいった。
1
朝もやで、光線が電線で切り取られている様子が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝もやで、光線が電線で切り取られている様子が見えた。
1
入道岩と鷹取岩を見て興奮した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入道岩と鷹取岩を見て興奮した。
2
そして盟主男体山。今日は写真の中央から左に折れる坂を登って先に弘法堂を目指した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして盟主男体山。今日は写真の中央から左に折れる坂を登って先に弘法堂を目指した。
1
弘法堂の裏は奥久慈岩稜の最高の見学スポット。山名盤付きだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弘法堂の裏は奥久慈岩稜の最高の見学スポット。山名盤付きだ。
1
左から奥久慈男体山、中央に大円地越えの見事なくびれ。そして右端には櫛が峯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から奥久慈男体山、中央に大円地越えの見事なくびれ。そして右端には櫛が峯
1
奥久慈岩稜の美しい馬の背
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥久慈岩稜の美しい馬の背
1
男体山をアップで。今日は何度も男体山を見て楽しむのだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山をアップで。今日は何度も男体山を見て楽しむのだ。
2
筆者が興奮する大円地越えのくびれ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筆者が興奮する大円地越えのくびれ
1
弘法堂の次は滝倉の取り付きを目指した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弘法堂の次は滝倉の取り付きを目指した。
1
大円地山荘入り口を通過して登り返しているところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大円地山荘入り口を通過して登り返しているところ。
1
この登り返しの男体山も良い。正面岩壁の詳細が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この登り返しの男体山も良い。正面岩壁の詳細が見える。
1
滝倉トンネルを通過すれば取り付きだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝倉トンネルを通過すれば取り付きだ。
1
トンネルを過ぎた所から左側の登山道に乗っかり、トンネルの上を越える古い舗装道路を歩けば、木の鳥居があって本格的な登山道となる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを過ぎた所から左側の登山道に乗っかり、トンネルの上を越える古い舗装道路を歩けば、木の鳥居があって本格的な登山道となる。
1
たまに樹木がまばらになって、男体山の輪郭を拝める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまに樹木がまばらになって、男体山の輪郭を拝める。
1
健脚コースとの合流点へ到着。あえて健脚コースは登らない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
健脚コースとの合流点へ到着。あえて健脚コースは登らない。
1
紛れの多い健脚コース下部を下る。雨上がりで滑りやすかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紛れの多い健脚コース下部を下る。雨上がりで滑りやすかった。
1
筆者が緑のトンネルと呼んでいる健脚コースの入り口を通過すると、茶畑を左に見て木道を下るのだが、、、。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筆者が緑のトンネルと呼んでいる健脚コースの入り口を通過すると、茶畑を左に見て木道を下るのだが、、、。
1
木道の傷みが激しく、通過には慎重さを求められる。草に覆われているので夏場は特に慎重に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道の傷みが激しく、通過には慎重さを求められる。草に覆われているので夏場は特に慎重に。
1
カワトンボ発見 このあと健脚ー一般分岐付近でオニヤンマも発見したが、ギンヤンマは見られなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カワトンボ発見 このあと健脚ー一般分岐付近でオニヤンマも発見したが、ギンヤンマは見られなかった。
1
健脚ー一般分岐点。一般コースを登り返す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
健脚ー一般分岐点。一般コースを登り返す。
1
崩落地の様子を見に行った所、仮設橋が架けられていた。感謝いたします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地の様子を見に行った所、仮設橋が架けられていた。感謝いたします。
1
暑いなあと思いながら男体山を見上げた。いいお天気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑いなあと思いながら男体山を見上げた。いいお天気。
1
一般コースを根気よく歩いていく。杉がまっすぐに伸びている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般コースを根気よく歩いていく。杉がまっすぐに伸びている。
1
見事なイロハモミジ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事なイロハモミジ。
1
キツネノカミソリの群落。今回の山行きは期待を超えて結構花を楽しませてもらえた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キツネノカミソリの群落。今回の山行きは期待を超えて結構花を楽しませてもらえた。
1
そしてさわやかな大円地越えに到着した。気温25度。男体山には向かわず、今日は奥久慈岩稜を歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてさわやかな大円地越えに到着した。気温25度。男体山には向かわず、今日は奥久慈岩稜を歩く。
1
急登に入ってすぐにイワタバコの群落を発見した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登に入ってすぐにイワタバコの群落を発見した。
1
山行記録や日記でしばしば取り上げられていた花に不意にお目にかかれて、奥久慈の懐の深さを再確認した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山行記録や日記でしばしば取り上げられていた花に不意にお目にかかれて、奥久慈の懐の深さを再確認した。
2
こういう小さな花(1cm足らず、何の花だろう?)も、落ち着いた気持ちにしてくれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう小さな花(1cm足らず、何の花だろう?)も、落ち着いた気持ちにしてくれる。
2
鬘岩あたり?空見る盟主男体山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬘岩あたり?空見る盟主男体山。
1
マムシグサの実(?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシグサの実(?)
1
左足薬指の爪を傷めたのと、急なアップダウンの連続でべそをかきながら小草越までやってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左足薬指の爪を傷めたのと、急なアップダウンの連続でべそをかきながら小草越までやってきた
1
南北に広がる男体山の裾を一望する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南北に広がる男体山の裾を一望する。
1
標識はありがたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識はありがたい。
1
枝道が張っていて、道迷いが怖い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝道が張っていて、道迷いが怖い。
1
アジサイみたいに見えるけれども違うだろうなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アジサイみたいに見えるけれども違うだろうなあ。
2
谷底に水が流れている。ここがいわゆる湯沢源流なのだろうか。暑いので水には心引かれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷底に水が流れている。ここがいわゆる湯沢源流なのだろうか。暑いので水には心引かれる。
1
460の三角点「曽根」を通過。ここからも延々としょっぱい道を歩かされた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
460の三角点「曽根」を通過。ここからも延々としょっぱい道を歩かされた。
1
入道岩が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入道岩が見える。
1
古分屋敷への分岐。このルートは一度通っているが岩稜以上にしょっぱくて危険。危機管理の訓練にはいいコースだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古分屋敷への分岐。このルートは一度通っているが岩稜以上にしょっぱくて危険。危機管理の訓練にはいいコースだ。
1
入道岩の見物スポット。実はてっぺんに猛禽が止まっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入道岩の見物スポット。実はてっぺんに猛禽が止まっている。
1
鷹取岩が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹取岩が見える。
1
登はん意欲をそそる谷。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登はん意欲をそそる谷。
1
鷹取岩から入道岩を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹取岩から入道岩を望む。
1
このあたりに枝道があったはずなのだが確認できなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりに枝道があったはずなのだが確認できなかった。
1
カエンタケ。毒キノコ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエンタケ。毒キノコ。
1
釜沢越が標識に出てきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜沢越が標識に出てきた。
1
色鮮やかなカエンタケ。実は実物を見るのは今回の登山が初めてだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色鮮やかなカエンタケ。実は実物を見るのは今回の登山が初めてだ。
2
これは何のきのこだろう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何のきのこだろう?
1
このトラ縞の標識を背負うようにして下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このトラ縞の標識を背負うようにして下る。
1
これはツチアケビ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはツチアケビ?
2
まっさかさまに下ること暫くして、釜沢越までやってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まっさかさまに下ること暫くして、釜沢越までやってきた。
1
さらにまっさかさまに下る。しかもざれていて滑落の危険が一杯だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにまっさかさまに下る。しかもざれていて滑落の危険が一杯だ。
1
今回2度目のイワタバコの群落。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回2度目のイワタバコの群落。
1
くたびれていたが、疲れが和らぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くたびれていたが、疲れが和らぐ。
1
右手に奥久慈岩稜が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に奥久慈岩稜が見えてきた。
1
そしてガードレールを発見。あと少しで林道だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてガードレールを発見。あと少しで林道だ。
1
緑のトンネルを抜けて。パノラマラインに飛び出した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑のトンネルを抜けて。パノラマラインに飛び出した。
2
佐中分岐をとおって、つつじヶ丘による前に不動滝を眺めてこよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐中分岐をとおって、つつじヶ丘による前に不動滝を眺めてこよう。
1
メインの滝のほかに細かい滝が岩壁をベールのように覆っていて涼しげだった。落水による「風」は今回は少なめだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メインの滝のほかに細かい滝が岩壁をベールのように覆っていて涼しげだった。落水による「風」は今回は少なめだった。
1
本日最後の展望地、つつじヶ丘を目指した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最後の展望地、つつじヶ丘を目指した。
1
左から長福山と男体山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から長福山と男体山
1
山ゆりが沢山咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ゆりが沢山咲いていた。
2
中央の峰の左側が今回歩いた所。峰を含めて右側が篭岩「山」
湯沢源流方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央の峰の左側が今回歩いた所。峰を含めて右側が篭岩「山」
湯沢源流方面。
1
いつか湯沢源流方面も歩きたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつか湯沢源流方面も歩きたい。
1
つつじヶ丘を後にして、前回ホタルを見に来た田んぼぞいの林道へ降りた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つつじヶ丘を後にして、前回ホタルを見に来た田んぼぞいの林道へ降りた。
1
終盤、国道をわたる前に振り返って無事の下山を感謝した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終盤、国道をわたる前に振り返って無事の下山を感謝した。
1

感想/記録

まず、コロナ騒動の最中に崩落した木道を応急処置してくださった関係者の方々に感謝いたします。

ハイキングの行程を顧みるように見たつつじヶ丘からの風景がすがすがしかった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:83人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ