また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2468636 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 道北・利尻

利尻山 (鴛泊→沓形)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年08月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候・下界〜八合目は薄晴れ〜晴れ。
・八合目より上は、南西から吹き付ける雲に覆われて真っ白。
・南西からの風が強い。
アクセス
利用交通機関
バス、 船、 飛行機
■往路
8/1(土)
- ANA 羽田10:45→稚内12:45
- バス 稚内空港13:04→稚内フェリーターミナル13:34
- フェリー 稚内14:30→鴛泊16:08
8/2(日)
- 宿の送迎 ぐりーんひる4:46→登山口4:53
■復路
- 路線バス 沓形16:11→ぐりーんひる16:35
8/3(月)
- 宿の送迎 ぐりーんひる8:14→鴛泊港8:18
- フェリー 鴛泊8:55→稚内10:36
- バス 稚内駅前11:56→稚内空港12:23
- ANA 稚内13:20→羽田15:20
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間27分
休憩
2時間59分
合計
10時間26分
S利尻山北麓野営場(登山口)05:0105:08甘露泉05:1305:15利尻山−ポン山 分岐05:36四合目05:58五合目05:5906:23六合目06:38七合目07:19長官山07:2307:34利尻岳山小屋07:3507:59九合目08:16沓形分岐08:36利尻山北峰11:1611:32沓形分岐12:12三眺山12:1513:197合目避難小屋14:06沓形登山口14:1115:27沓形バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
沓形コース
・沓形分岐〜三眺山の間は、ロープのある急下降や、歩く度に足元が崩れていく非常に不安定な砂地急斜面のトラバースがあったり。そもそも下るだけでなく、アップダウン(”アップ”がある!)だったりする。
・下の方は、苔生した岩が多い道で、濡れていて歩きにくかった。
その他周辺情報◆利尻ぐりーんひる inn
 http://rishiri-greenhill.net/
・ゲストハウス(相部屋形式)。元々ユースホステルらしい。3800円/泊。
・2階の和室でした。コロナ対策で2人で一部屋。窓は3日間ずっと網戸で開けっ放し。気持ちよい風が朝も夜も入ってきて、快適に過ごせました。北の窓から海と夕陽ヶ丘、東の窓からは利尻岳、と眺望も最高。あえて言えば、夜中も横のポンモシリ島の海鳥が騒がしいのが難(笑)
・島の北岸の眺望点である夕日ヶ丘展望台、富士野園地&ポンモシリ島がすぐ隣なので、気が向いた時に散歩がてら通えます。
・レンタサイクルが便利。帰る日の早朝、姫沼の逆さ利尻を軽く見てこれました。(片道40分位。”逆さ利尻富士"は早朝がベストなのです)
・鴛泊港への往復、および朝、登山口(北麓野営場)までは車で送ってもらえます。(事前予約要)
・毎晩20時から、自然ガイドの方がお花や登山コースの見所をスライド使って説明してくれます。出発前夜はお花の予習、登った夜は「これ見た!」と復習できてよかったです。
・弱点は食事の確保? 徒歩数分の所にスーパー(ホムセン?)、10分の所にセイコーマートあります。また、1,300円の予約配達弁当があります。キッチン、食器、調味料使えるので自炊も可能です。ただ、外食しようとすると、元々鴛泊地区は居酒屋や食事処が少ないようで満員になりやすく、また現在コロナのため「道民以外入店お断り」という店も。私は結局、1日目は配達弁当、2日目はセイコーマートの惣菜と缶ビールで夕食を済ませました。

写真

夜明け直後の時点で既に山頂は見えない上、雲が右へ大きくたなびいており、爆風下での登頂を覚悟。
2020年08月02日 04:34撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け直後の時点で既に山頂は見えない上、雲が右へ大きくたなびいており、爆風下での登頂を覚悟。
宿の車で送迎してもらい、5時に登山口をスタート。
2020年08月02日 05:00撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿の車で送迎してもらい、5時に登山口をスタート。
日本名水百選・甘露泉水。たっぷり水を補給。
2020年08月02日 05:13撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本名水百選・甘露泉水。たっぷり水を補給。
1
ヨツバヒヨドリ (四葉鵯) やヤマハハコ(山母子)は、道脇に標高低い所からずっと咲いてる
2020年08月02日 06:17撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバヒヨドリ (四葉鵯) やヤマハハコ(山母子)は、道脇に標高低い所からずっと咲いてる
六合目・第一見晴台。この手前から樹林帯抜け眺望よくなってくる。鴛泊の港を見下ろせる。晴れ。
2020年08月02日 06:21撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目・第一見晴台。この手前から樹林帯抜け眺望よくなってくる。鴛泊の港を見下ろせる。晴れ。
ハイマツがじわじわ増えてくる
2020年08月02日 06:23撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツがじわじわ増えてくる
1
第二見晴台。ここから上はいよいよガスの影響下に。
2020年08月02日 07:05撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二見晴台。ここから上はいよいよガスの影響下に。
1
長官山。薄晴れ。
2020年08月02日 07:19撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長官山。薄晴れ。
先を見上げると、左右に吹き抜ける雲の奥に、動かない雲のドームが見え、あの中が山頂なのだろうと暗鬱な気分に。
2020年08月02日 07:20撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先を見上げると、左右に吹き抜ける雲の奥に、動かない雲のドームが見え、あの中が山頂なのだろうと暗鬱な気分に。
1
先がしっかり見えないまま、薄晴れの元、尾根を進む。雲が左から右に高速に吹き抜けていく。
2020年08月02日 07:29撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先がしっかり見えないまま、薄晴れの元、尾根を進む。雲が左から右に高速に吹き抜けていく。
避難小屋、中を覗いてみた。
2020年08月02日 07:34撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋、中を覗いてみた。
利尻のトリカブト・リシリブシ(利尻付子)が道の両側にたくさん。
2020年08月02日 07:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
利尻のトリカブト・リシリブシ(利尻付子)が道の両側にたくさん。
ノコギリソウ
2020年08月02日 07:47撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノコギリソウ
ガスの中突き進む。雨ではないが、水分含んだガスで、メガネが曇りまくって歩きにくい。
2020年08月02日 08:27撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中突き進む。雨ではないが、水分含んだガスで、メガネが曇りまくって歩きにくい。
ナデシコ。(多くはない)
2020年08月02日 08:30撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナデシコ。(多くはない)
1
利尻山登頂!
2020年08月02日 08:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
利尻山登頂!
2
周り全然見えず。ただ、空にはガスの奥にうっすら太陽の形が見えてるので、山頂だけガスに覆われている様子。
2020年08月02日 08:57撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周り全然見えず。ただ、空にはガスの奥にうっすら太陽の形が見えてるので、山頂だけガスに覆われている様子。
天気好転を期待して待ち続けたら、10時過ぎ一瞬南西から吹き上げる雲が途切れ、雲海が。
2020年08月02日 10:06撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気好転を期待して待ち続けたら、10時過ぎ一瞬南西から吹き上げる雲が途切れ、雲海が。
5
ローソク岩を一瞬だけ見られた。(数分後また見えなくなる)
2020年08月02日 10:08撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ローソク岩を一瞬だけ見られた。(数分後また見えなくなる)
6
8時半から11時過ぎまで山頂にいましたが、10時頃が一番にぎやかでした。
2020年08月02日 10:29撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時半から11時過ぎまで山頂にいましたが、10時頃が一番にぎやかでした。
3
10時過ぎから、北東の海岸線がじわじわ見えるように。(ただし11時頃にはまた見えなくなった。)
2020年08月02日 10:32撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時過ぎから、北東の海岸線がじわじわ見えるように。(ただし11時頃にはまた見えなくなった。)
1
北斜面、ガス取れたら、お花畑だった。
2020年08月02日 10:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北斜面、ガス取れたら、お花畑だった。
3
エゾタンポポ。
2020年08月02日 11:20撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾタンポポ。
1
オトギリソウ(弟切草)も多い
2020年08月02日 11:21撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オトギリソウ(弟切草)も多い
2
中央の大きな花を、同じ形した小さな花が取り囲むかわいい花。
2020年08月02日 11:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央の大きな花を、同じ形した小さな花が取り囲むかわいい花。
3
登りではガス濃くて気付かなかったが、登山道の横、花たくさんだった。
2020年08月02日 11:27撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りではガス濃くて気付かなかったが、登山道の横、花たくさんだった。
4
沓形分岐。北の方は雲が薄いのでそのまま北に下った方が賢明なような気がしたが、ピストンじゃ面白くないので、、、
2020年08月02日 11:32撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沓形分岐。北の方は雲が薄いのでそのまま北に下った方が賢明なような気がしたが、ピストンじゃ面白くないので、、、
2
雲で眺望悪そうだけど沓形コースへ。
険しいロープ場あり。おまけに岩面は濡れてるし
2020年08月02日 11:43撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲で眺望悪そうだけど沓形コースへ。
険しいロープ場あり。おまけに岩面は濡れてるし
少し下った後、南へトラバース中。天気良ければ、山頂部きれいに見えそうなのに
2020年08月02日 11:44撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下った後、南へトラバース中。天気良ければ、山頂部きれいに見えそうなのに
一面花畑
2020年08月02日 11:46撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一面花畑
3
踏み込むと、足元がずりずり崩れていく不安定な砂地斜面。慎重にトラバース。
2020年08月02日 11:52撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み込むと、足元がずりずり崩れていく不安定な砂地斜面。慎重にトラバース。
1
左は落ちたらヤバイ斜面なのに、細い砂地の尾根で右に掴む所もない、という所も。
2020年08月02日 11:58撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は落ちたらヤバイ斜面なのに、細い砂地の尾根で右に掴む所もない、という所も。
1
チシマフウロ?
2020年08月02日 12:08撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チシマフウロ?
三眺山。本来、利尻山頂が見えるビューポイントのような気がする。見えんけど。
2020年08月02日 12:12撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三眺山。本来、利尻山頂が見えるビューポイントのような気がする。見えんけど。
1
馬の背より北面。ガスがどんどん斜面に沿って下りてきてる
2020年08月02日 12:35撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背より北面。ガスがどんどん斜面に沿って下りてきてる
イワギキョウは山頂付近でもたくさん生えてました
2020年08月02日 13:01撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワギキョウは山頂付近でもたくさん生えてました
3
狛犬の坂 より。1000m切って、ようやく海岸線が
2020年08月02日 13:04撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狛犬の坂 より。1000m切って、ようやく海岸線が
1
下の方は、コケの岩が多く歩きにくい。風もなく暑い
2020年08月02日 13:45撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方は、コケの岩が多く歩きにくい。風もなく暑い
1
沓形登山口に下山。さらに車道を80分歩いて沓形へ下る
2020年08月02日 14:07撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沓形登山口に下山。さらに車道を80分歩いて沓形へ下る
1
沓形から見上げると、やっぱり山頂部はこの有様。
2020年08月02日 16:15撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沓形から見上げると、やっぱり山頂部はこの有様。
1
ところがバスで島の北側に戻ってくると、きれいに尖った山頂が。 昼過ぎから見えてたらしい (涙
[夕日ヶ丘展望台より]
2020年08月02日 17:11撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところがバスで島の北側に戻ってくると、きれいに尖った山頂が。 昼過ぎから見えてたらしい (涙
[夕日ヶ丘展望台より]
6
(おまけ) 翌朝早朝の、姫沼の”逆さ利尻富士”。こんな日に登れる人達がうらやましい。(と思ってたら、この後雲沸いてきて 9時前には山頂隠れました)
2020年08月03日 05:21撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(おまけ) 翌朝早朝の、姫沼の”逆さ利尻富士”。こんな日に登れる人達がうらやましい。(と思ってたら、この後雲沸いてきて 9時前には山頂隠れました)
4

感想/記録

・雨は降らなかったものの、上の方はガスに覆われ、眺望は残念な感じに終わりました。

・八合目より上はガスガスな環境でしたが、登頂自体は特に問題なく、3時間半ほどで山頂に。

・案の定、山頂は四方真っ白。雨は降ってないものの湿気をたっぷり含んだガスが吹き抜け、それほど長居したくなる雰囲気ではありませんでした。メガネにすぐ水滴付くので頻繁に拭わないといけないくらい。8時〜9時頃に登った人の多くは、写真撮って小休止したらさっさと下りてたと思います。私はどうしようか迷いましたが、天気は徐々によくなる予報だったので、防寒装備を固めて天候回復を待ってみることにしました。

・1時間くらいすると少しマシになり、真上に時々うっすら青空が見えるようになりました。10時過ぎには数分間南西から吹き上がる雲が途切れて、雲海と南峰とローソク岩が見えました。また、10時頃からは日差しが出てきて、北東方角(だけ)は海岸線も見えるようになりました。眼下の斜面にお花畑も。

・11時過ぎたら山頂の人は減り、また再び四方がガスで見えなくなったので、これが潮時と下山開始。結局山頂に2時間半ほど滞在。

・下山は、単純ピストンでは面白くないので沓形コースで下りましたが、雲が押し寄せる方向へ下りるので、これまた眺望が悲しいことに。

・そして、夕方下山して、バスで島の北側の鴛泊に戻ったら、雲が取れて見事に尖った利尻岳が見えていたのでした。(”利尻富士”っていうから山頂平らだと思っていたので少しびっくり) さらに2時間くらい山頂で粘ればよかったのかな、と複雑な気分。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:506人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2018/10/9
投稿数: 62
2020/8/4 20:50
 すばらしい!!
ikerinaさん、ご無沙汰してます。
利尻ですか、、、
素晴らしいです!
そう簡単にはチャレンジできない憧れの百名山ですね。
ikerinaさんの精力的な行動力に敬意を表します。
いつもレコ楽しみに拝見してます。
次回以降ももチャレンジングな山行レコを期待してます!!
登録日: 2017/3/21
投稿数: 43
2020/8/4 22:26
 Re: すばらしい!!
johroさん、ありがとうございます。
けど、johroさんの方がすごいと思いますよ。このところの谷川のハードな山行見て、驚いてました。
谷川連峰は、私も一時期ヤマケイのガイド本見ながら、いろいろ登りましたけど、一般登山道ばかり。谷川温泉からの中ゴー尾根とか、旧道から一ノ倉よじ登るとか、絶対無理です!
指導センターの情報もかなり前から"復旧の見通しなし" のまま変わらずで、もう登れないと思ってました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ