また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2470822 全員に公開 沢登り 奥多摩・高尾

夏本番、梅雨明け直後で水量豊富な水根沢 今度こそ林道交差まで行くのだ!

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年08月02日(日) [日帰り]
メンバー
 Rock08(CL)
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間6分
休憩
15分
合計
8時間21分
S水根バス停09:3616:25ワサビ田16:3917:54水根バス停17:5517:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前回よりも水量多い!
午後になって若干減ったか?
気温が高くなかったので、水に入るとなかなか冷たかった。

写真

前回と同じ、水根の駐車場で入渓準備
2020年08月02日 09:35撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回と同じ、水根の駐車場で入渓準備
沢登り大好きなwata-waさん
2020年08月02日 09:35撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢登り大好きなwata-waさん
曇っているから先月より涼しい
2020年08月02日 09:38撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇っているから先月より涼しい
入渓地点に到着
2020年08月02日 09:50撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入渓地点に到着
ライフジャケットを試してみます
2020年08月01日 09:51撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライフジャケットを試してみます
1
先月よりも更に水量多めです(^^;
2020年08月02日 09:53撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先月よりも更に水量多めです(^^;
沢は涼しいです
2020年08月02日 09:53撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢は涼しいです
トップはRock08師匠
2020年08月02日 09:57撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トップはRock08師匠
1
へつりで進む
2020年08月01日 09:59撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
へつりで進む
ここからはRock08師匠もヘルメット着用
2020年08月02日 10:00撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはRock08師匠もヘルメット着用
日が差しているところは明るい
2020年08月02日 10:17撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が差しているところは明るい
ライフジャケット歩き辛い
2020年08月01日 10:19撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライフジャケット歩き辛い
残置使わずに進むRock08師匠
2020年08月02日 10:32撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残置使わずに進むRock08師匠
2
今日は大勢入渓しています
2020年08月02日 10:32撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は大勢入渓しています
1
wata-waさんも行きます
2020年08月02日 10:38撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
wata-waさんも行きます
1
淵をへつって回り込む
2020年08月02日 11:08撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
淵をへつって回り込む
1
右から登る
2020年08月02日 11:11撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から登る
1
落ちたら危ない高巻きトラバースはロープで確保
2020年08月02日 11:33撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちたら危ない高巻きトラバースはロープで確保
2
やや大きいカエル
2020年08月02日 12:31撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや大きいカエル
2
今日は先月よりもぬめる気がする
2020年08月01日 12:35撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は先月よりもぬめる気がする
1
ライフジャケットが邪魔で(^^;
2020年08月01日 12:36撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライフジャケットが邪魔で(^^;
1
日が差してきた
2020年08月02日 12:49撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が差してきた
1
高巻きしたら降りるルートが無い
2020年08月01日 13:04撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高巻きしたら降りるルートが無い
1
立木を支点に懸垂で降りる
2020年08月01日 13:05撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立木を支点に懸垂で降りる
2
ロープ回収
2020年08月01日 13:06撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ回収
2
半円ノ滝
2020年08月02日 13:12撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半円ノ滝
1
危なげなく突破
2020年08月02日 13:13撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危なげなく突破
1
さあここからは後半戦
2020年08月02日 13:27撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあここからは後半戦
右岸をへつり
2020年08月02日 13:28撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸をへつり
滝に取り付く
2020年08月02日 13:28撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝に取り付く
ロープで確保
2020年08月02日 13:37撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープで確保
wata-waさんガンバ
2020年08月02日 13:37撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
wata-waさんガンバ
1
流れ強い
2020年08月02日 13:37撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流れ強い
1
wata-waさん流石の突破力です
2020年08月02日 13:38撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
wata-waさん流石の突破力です
1
平和な河原歩き
2020年08月02日 14:21撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平和な河原歩き
今日も絶好調です
2020年08月02日 14:21撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も絶好調です
2
あえて難しい左岸を進む
2020年08月02日 14:54撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あえて難しい左岸を進む
1
奥が明るくて綺麗
2020年08月02日 14:57撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥が明るくて綺麗
1
ついていくのがやっとです
2020年08月01日 15:42撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついていくのがやっとです
2
綺麗な淵と明るい自然林とRock08師匠
2020年08月02日 15:45撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な淵と明るい自然林とRock08師匠
2
ラストスパートです
2020年08月02日 15:56撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラストスパートです
1
ここで脱渓
2020年08月02日 16:17撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで脱渓
なんとか林道交差まで来られました
2020年08月02日 16:39撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか林道交差まで来られました
1
駐車場に戻ったら他のクルマは全ていない
2020年08月02日 17:57撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ったら他のクルマは全ていない
がらーんとした駐車場
2020年08月02日 17:57撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
がらーんとした駐車場

感想/記録
by hanya

先月の沢登りデビューに続いて今月も同じメンバーで水根沢♪
前回は半円ノ滝で脱渓しているので今回は林道交差まで遡行するのが目標です。

梅雨も明けて夏本番ですが今日は雲が多く気温の割には暑さを感じません、
駐車場で身支度を整えて入渓地点まで歩きます。

前回、沢登りを体験してみてやはり淵など深いところではライフジャケットが有れば
安心なのではないかと思い調達してみました。

入渓してみるとどうも前回よりも更に水量が多いみたいです。
僕はRock08師匠やwata-waさんより登攀スキルが明らかに劣るので、
ライフジャケットの効果を試す意味でもどんどん水に入っていく作戦で挑みます。

しかしライフジャケットを着用していると足上げの邪魔になって歩き辛い・・・
前回は難なく歩けた河原でも足が上がらないと途端にペースが落ちます。
身軽ならスイスイ進めるのに、一歩一歩が「どっこいしょ」な感じですね、これは困った。

水に浸かりながらへつりで進む箇所もライフジャケットで浮いてしまうので進めない、
剥がされて流されてしまうので、前回は突破出来たところも突破できなかったり。

そして残置ロープがある滝、
前回はこの残置ロープで進もうとして結局突破できずにドボンして対岸から取り付き直したところ、
今日は最初から先行のRock08師匠にロープ出してもらい取り付きまで曳いてもらう。

しかしこの滝で足が滑ってフォール、
Rock08師匠に確保してもらっているのだが、足場が決まらず体勢が悪い。
最初はテンション掛けてもらっていたがRock08師匠からはこちらが見えないので、
流石に時間が掛かり過ぎてテンション緩めてロープが送られてくる。

こちらももう少しって所だったので送られるロープを手繰ってテンション維持しようと悪循環(笑)
しばらく格闘してやっとRock08師匠に引き上げてもらう。

滝に打たれた状態でしばらく格闘してたので、流石に冷えた。
滝の上で膝から震えが来てどうにも収まらない。
テルモスのホットコーヒーを飲んで落ち着く。
これが低体温症の第一段階なんだなと思い加温に努めて何とか震えは収まりました。

普通に水に浸かるだけならネオプレンのタイツは保温性良好なので、
寒さは感じないのですが滝に打たれると話は別です、芯まで冷えました。

ここでかなり消耗したので、この先はなるべく体力を温存できる行動に努めます。
巻けそうな滝は巻く、へつりがキツそうなところはロープを出してもらうなど。

前回、高巻きから懸垂で降りた滝はやはり巻いたんだけど、
あまり高巻きせずにそこそこの高度でトラバース、
足元が良くなさそうだったので残置支点でロープを出してトラバースで進みます。
この巻きからだと難なく降りられるルートが有ったのでこの方が早かったかな。

半円ノ滝の少し手前、僕だけ巻いた先で下降ルート無かったのでまたもや懸垂下降になりました。
立ち木を支点にして懸垂で降りる、今回の降下地点は穏やかな流れでしたので難なく降りられました。

そして半円ノ滝、ここも水量多めで疲労も多めだったので前回同様に左から巻きます。
半円ノ滝の先で脱渓するパーティーが多いようです、と言うか他のパーティーは皆さんここまでのようですね。

まだ時間は何とかなりそうなので先を目指します、
物凄くシビアなところは有りませんが、僕の登攀スキルだと厳しい滝が続きます。
巻ける処は巻き、水の中を進んだ方が早そうなところはどんどん水に入ります。

そしてとうとう林道交差まで辿り着きました、
地図を見てそろそろだと思ったところに橋の残骸っぽい木が並んでいたので
橋が流失したのかと思いましたが、少し先に橋は健在でした。

ここで脱渓して林道を戻ります、
しばらく歩いて半円ノ滝の少し上流辺りで複数の笛の音が聞こえます。
あれ?と思ったら前から沢装備の人が歩いてきました。

人数の多いパーティーで遡行していたので二手に分かれたら先行の班が半円ノ滝先で
脱渓せずに遡行を続けて行ってしまいはぐれたとの事でした。
お互いの笛の音が聞こえているようなので、
脱渓出来る場所まで進めば合流出来るでしょう。

駐車場まで戻ったら他のクルマはもういませんでした、
流石に夕方6時近い時間でしたから温泉は入らずに帰宅の途に就きました。

ここから備忘録

レイヤリング

上半身は
ファイントラックL1半袖
ファイントラックラピッドラッシュジップネック
防寒にレインウェア持ってきたけど出番なし
コールマンのウォータースポーツ クラシック フローティングベスト

下半身
モンベルジオラインのアンダーウェア
モンベルライトネオプレンのタイツ
モンベルライトネオプレンのソックス

足拵え
シューズはキャラバンKR_3XF
同じくキャラバンの沢用スパッツ

飲み物は500mlナルゲンにお茶、350mlテルモスにホットコーヒー
先月よりも寒いと感じたのでホットコーヒーばかり減った、500mlのテルモスでもよかったな

先月は残置ロープで耐えてパンプしてドボンとか有ったので、
上半身の筋肉痛が酷かったけど、今回は普通に下半身の筋肉痛、
筋肉痛はそんなに酷くは無かったけど全身の疲労感がしばらく残った

ライフジャケットは良し悪しですね。
浮力は安心だけどそれが妨げになる場面も有り、
足上げの邪魔になるので河原を普通に歩く時も歩き難い
浮力はそこそこでも足上げの邪魔にならないのがいいなぁ

感想/記録
by Rock08

リベンジの水根沢に前回と同じメンバーで行きました。
本当に個人的な意見ですが、半円の滝で脱渓って、
全く山も登らないキャニオニングツアーの人でも来られる場所ですので、
沢登りしています!というならせめて林道交差までという思いです。
贅沢を言えばP1070mの二又まで行きたいですが、本日の水量ですと
ちょっと難航しますね。

今回も仮のリーダー努めましたが実力不足を痛感しました。
まぁプロガイドではないので致し方ないですが、もう少し皆の安全遡行に役立てたら、もう少し余裕のある沢登りになったのでは?と思っています。

こんな自分に皆ついてきてくれるので、こちらとしてはありがたい限りです。
このメンバーで今年はもう数回沢に行きたいなぁと思っています。

追記
hanyaさんはかなり謙遜して話していますが、あの日の水根があれだけ遡行できるので、実力としては十分あると思いますよ。
後は無理なく回数をこなしていけば私ぐらいのレベルにはすぐになります。

Wata-waさんは登攀力は十分あるので行動に自信を持たれた方が良いと思います。
登攀するときにオブザべがしっかりできているときのあの動きには脱帽です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:99人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2019/11/5
投稿数: 2
2020/8/10 17:36
 ありがとうございました
今回も沢好きにお付き合い頂きありがとうございました!師匠無しには無理でしたので、感謝です!是非又宜しくお願い致します!
登録日: 2019/1/16
投稿数: 7
2020/8/11 13:26
 Re: ありがとうございました
こちらこそ楽しかったですよ。
そしてあなたならあの程度の沢でしたら十分やっていけると思います。
次は小川谷廊下を登りたいですね。
西沢渓谷もきれいですよ。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ