また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2472006 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

雲取山(峰谷バス停〜三峰口駅)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年08月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇ときどき晴れ、この時期にしては涼しい
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:奥多摩駅7:45峰谷行きバスで峰谷へ
帰り:三峰口駅19:04発羽生行きで御花畑、西武線へ乗換
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間32分
休憩
1時間0分
合計
10時間32分
S峰谷バス停08:2409:07峰集落側林道終点09:48赤指山直登標識09:5010:04赤指山・峰谷バス停分岐10:11赤指山方面分岐10:1210:50峰谷分岐10:5111:14七ツ石山11:2511:32ブナ坂11:3311:55奥多摩小屋11:5612:18小雲取山12:31雲取山避難小屋12:3212:34雲取山12:4813:07雲取山荘13:0913:26大ダワ14:10白岩山14:1514:26白岩小屋14:2714:43前白岩山14:4414:53前白岩山の肩15:19お清平15:2416:12森林管理道大血川線休憩所16:1516:45太陽寺17:09太陽寺表参道17:1017:59太陽寺入口バス停18:13強石〜大輪ハイキングコース入口18:1418:19強石バス停18:2018:45三峰口駅18:5318:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な場所はなかったが、霧藻ヶ峰の巻道は一部不明瞭な箇所あり。
その他周辺情報雲取山荘は休業中で水も買えないので注意。
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 着替え ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) GPS 携帯 タオル ストック カメラ
共同装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 着替え ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) GPS 携帯 タオル ストック カメラ

写真

7:30ごろの奥多摩駅。雲多く涼しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:30ごろの奥多摩駅。雲多く涼しい
登山道入口は標高955m
2020年08月02日 09:12撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道入口は標高955m
なかなか良い句です
2020年08月02日 09:49撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか良い句です
泡状の粘菌類?
2020年08月02日 10:35撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泡状の粘菌類?
七ツ石山頂はガスって眺望なし
2020年08月02日 11:14撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山頂はガスって眺望なし
前回気付かずに通り過ぎた「踊る木」
2020年08月02日 11:40撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回気付かずに通り過ぎた「踊る木」
山梨県側のシンプルな標識
2020年08月02日 12:31撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨県側のシンプルな標識
山頂はランナーが多かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はランナーが多かった
雲取山荘は休業中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山荘は休業中
白石山。眺望は全くなし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石山。眺望は全くなし
なかなか着かなかった「お清平」。更にあと1000mも下るのか…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか着かなかった「お清平」。更にあと1000mも下るのか…
撮影機材:

感想/記録

雲取山の向こう側はどうなってるのか、秩父側に下り三峰口から電車で帰るプランで登ってきました。峰谷から雲取山へは一度登っていますが、やはり千本ツツジ手前の登りの連続が一番キツかった。七ツ石山から先は巻き道を多用して体力温存しました。未踏だった埼玉側では野生のシカに遭遇しながら黙々と進みますが結構な距離があり、歩いても歩いても「お清平」に着かない感じ。そこから太陽寺までのガレた下りで足が疲れ切ってふらふら、その太陽寺も人里離れた奥寺で、大日向からは車道を延々と数キロ…駆け足まじりで急ぎ、予定の電車の時間に何とか間に合いました。
太陽寺入口から駅までバスに乗れたらよかったのですが、最終が16時台で終わってしまうため今回登山には使えませんでした。
雲取山へのアクセスは奥多摩からの方が有利な気がしますが、埼玉側から登ってくる人も結構いました。三峰神社の方からはバスがあるのでしょうか…
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:220人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 巻き道 ガレ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ