また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2487096 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

黒戸〜甲斐駒ヶ岳〜尾根

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年08月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り〜ガス〜晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾白川渓谷の駐車場 前日夕方空いてきたところに駐車
翌日下山時 路駐まで溢れ混沌状態
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間0分
休憩
1時間7分
合計
13時間7分
S尾白川渓谷駐車場01:0001:05竹宇駒ヶ岳神社01:1002:42笹の平分岐03:53刃渡り03:5404:09刀利天狗04:1405:03五合目小屋跡05:06屏風小屋跡05:1105:55七丈小屋06:0806:55八合目御来迎場06:5908:00駒ヶ岳神社本宮08:0308:06甲斐駒ヶ岳08:0908:15駒ヶ岳神社本宮09:07八合目御来迎場09:0809:48七丈小屋09:5810:37屏風小屋跡10:4710:50五合目小屋跡10:5311:35刀利天狗11:51刃渡り12:47笹の平分岐12:4913:59竹宇駒ヶ岳神社14:05尾白川渓谷駐車場14:0714:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 チェストバッグ 長袖シャツ 長袖インナー レインウェア タイツ 帽子 ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ザック 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 サングラス ツェルト ストック ナイフ カメラ 非常食 行動食 ドンジョイ トランシーバー(VX-3)

写真

深夜1時スタート。
自己最早記録。
2時スタートの予定だったが、寝てれれなかった。
2020年08月09日 00:52撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深夜1時スタート。
自己最早記録。
2時スタートの予定だったが、寝てれれなかった。
1
登山届はコンパスで。
2020年08月09日 01:02撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届はコンパスで。
1
先の見えない吊橋は不気味。
2020年08月09日 01:12撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先の見えない吊橋は不気味。
2
わかりやすい案内で安心。
2020年08月09日 01:13撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わかりやすい案内で安心。
1
こちらもわかりやすい。
2020年08月09日 01:24撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらもわかりやすい。
1
刃渡り…なんですけどね。
暗闇で何がなんだかサッパリ。
2020年08月09日 03:59撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡り…なんですけどね。
暗闇で何がなんだかサッパリ。
1
直後、名物の梯子登場。
2020年08月09日 04:18撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直後、名物の梯子登場。
1
刃利到着。
ここでCT確認すると、まぁまぁのペース。
2020年08月09日 04:24撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃利到着。
ここでCT確認すると、まぁまぁのペース。
1
なぜか裏向き。
2020年08月09日 05:04撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜか裏向き。
1
ここで小休憩。
2020年08月09日 05:07撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで小休憩。
1
梯子連発区間の始まり。
2020年08月09日 05:07撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子連発区間の始まり。
1
午前6時やっと小屋到着。
往路で写真撮り忘れたので、この写真は復路の物。
2020年08月09日 09:49撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前6時やっと小屋到着。
往路で写真撮り忘れたので、この写真は復路の物。
1
すぐ上のテン場は展示場みたいになってた。
他所のテン場は混沌状態が多いので新鮮に見える。
右から3張目はNATUREHIKEのタガールですね。
私も愛用。
中華と舐めてはいけない完成度。
使い勝手は〇〇ライズ1や○テラ1を超えています。
2020年08月09日 06:15撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ上のテン場は展示場みたいになってた。
他所のテン場は混沌状態が多いので新鮮に見える。
右から3張目はNATUREHIKEのタガールですね。
私も愛用。
中華と舐めてはいけない完成度。
使い勝手は〇〇ライズ1や○テラ1を超えています。
2
ここでガス!
ご褒美は無しか…。
2020年08月09日 06:47撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでガス!
ご褒美は無しか…。
1
二本差しですね。
2020年08月09日 07:28撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本差しですね。
1
山頂直下まで来ました。
2020年08月09日 08:03撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下まで来ました。
1
到着。
2020年08月09日 08:07撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着。
2
長かった。
2020年08月09日 08:09撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長かった。
4
自分には珍しい三角点タッチ写真。
2020年08月09日 08:09撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分には珍しい三角点タッチ写真。
2
この先には行きませんって。
2020年08月09日 08:09撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先には行きませんって。
1
やっぱりガス。
ご褒美無し。
2020年08月09日 08:19撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱりガス。
ご褒美無し。
1
多少マシでこれ。
2020年08月09日 09:09撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多少マシでこれ。
1
やっぱりイマイチ…。
2020年08月09日 09:09撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱりイマイチ…。
1
往路で気づかなかったけど、桟橋は下に旧桟橋が隠れていました。
2020年08月09日 10:16撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路で気づかなかったけど、桟橋は下に旧桟橋が隠れていました。
1
往路では暗くてわからなかった刃渡り。
2020年08月09日 11:45撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路では暗くてわからなかった刃渡り。
1
下まで岩盤が続いてますね。
2020年08月09日 11:45撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下まで岩盤が続いてますね。
1
でも鎖が手摺状に設置されているから、どうということ無く。
2020年08月09日 11:46撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも鎖が手摺状に設置されているから、どうということ無く。
1
往路で撮れなかった笹の平分岐。
ここまで来ればあと90分。
2020年08月09日 12:47撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路で撮れなかった笹の平分岐。
ここまで来ればあと90分。
1
到着〜。
天皇陛下(皇太子当時)の甲斐駒登頂記念碑がありました。
2020年08月09日 14:05撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着〜。
天皇陛下(皇太子当時)の甲斐駒登頂記念碑がありました。
1
13時間掛かっちゃったけど、何事もなく無事下山。
2020年08月09日 14:07撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13時間掛かっちゃったけど、何事もなく無事下山。
2
最近導入の新アイテム。
キモチエー!
2020年08月09日 14:38撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近導入の新アイテム。
キモチエー!
4

感想/記録

盆休みが近づいて計画を立案しなければならなかったが、梅雨明け遅れて天候読めない(梅雨明け後しばらくは安定しないからねぇ)コロナの影響無視できない、で直近まで絞れなかった休みの予定。
薬師岳一泊が第一候補だったけど、何か乗り切れない思いだったので今まで暖めていた甲斐駒黒戸に決定。
真夏にやるかぁ?と躊躇いもあったが、ドピーカンでも無さそうな予報だったので決行。
前日土曜に余裕を持って移動、夕方5時過ぎに現地入り。
駐車場は3割程の空きがあり、更に帰宅する車が多数あり夜半は3割埋まり程度だった。
2時発の予定だったので1時に起きれば十分だったが、到着する車の光と音、更に暑さで寝苦しく0時に起きることにした。
事前シムでは12〜14時間の行程。
現状、自分の脚は13時間は問題なくイケるハズだが14時間は未知数。
何事も無ければ12時間で往復出来る行程だが、懸念が一つあった。

さて、この時刻に発つ登山者はさすがに少なく(数名)静かなスタートだ。
神社でお参りをした後、淡々と標高を稼ぐ。
事前シムでわかっていたが、見どころ、チェックポイントなどが乏しくモチを保つのに苦労した。
自分の状態を確認する術がGPSの時間辺りアッセントデータ位しか無く、ペースが遅いのか問題ないのかさっぱりわからない。
ここ最近、連続でヤマやってるので脚応えからして調子悪くない確証があったが、ポッと思いつきで取り組んではマズいヤマだと感じた。
危険箇所は無さそうに見えるが、小屋より上のエリアは数メートル滑落のリスクが付き纏う箇所が連発し、今回用意しなかったもののヘルメットはあるに越したことが無いコースと思う。
また、先にも書いたがチェックポイントが乏しいコースなので休憩タイミングを取りにくい。
つい、もう少しもう少しと休憩を伸ばしてバテに繋がったり、逆にどこでも休憩しすぎてしまってタイムアウトで下山遅れが生じたり、給水ポイントが小屋しかないので
水切れのリスクもある。
エスケープも難しく、逃げ場は小屋か中間部にある大岩下(行ったことある方ならわかるはず)位しか無い。
歩く(走る?)だけなら体力さえあれば、どうということの無いコースだが、見えにくいリスクが多く潜んでいる一味違うコースではないだろうか。
また、私感だがこのコースはトレランに全く向いていないと思う。
何かおかしな伝播があったのかもしれないが、噂に聞いていたがトレランスタイルの登山者が半数以上のコースだった。
先に述べた通り、リスクアセスメント、リスクマネジメントがある程度出来ていないとトレラン=リスク前提のスタイルで突っ込むのは練度が高い方でなければ一触即発と思う。
大きな事故の話は聞かないが、トレランは夏季限定だからだろうか。
さて、おせっかいはこれくらいにするかと思うが、如何せん書くことが無い。
とにかく変化の無いコース。
上部は岩場鎖場あるものの、小屋より下部は変化が無い。
ただひたすら歩くのみ。
そうなると気になりだすのが所要時間。
何事も無ければ…と書いたが、懸念していたことが現実に。
スライド待ちだ。
スタートが早いので後続とのスライドがこちらが上で相手が下の位置関係になりやすい。
となると、こちらが待つケースが大半になり、下山にやたらと時間が掛かった。
結局13時間掛けることになり、水の消費量がそれだけ増えた。
実は前夜ktn92さんとのラインのやり取りで「水は2.5リットル持っていきます」と送信する直前、思い直し「3リットル持っていきます」と送信し、実際に3リットル(別で0.5リットルの非常水あり)持っていき、2.7リットル消費した。
ktn92さんとの会話のきっかけが水切れ回避に繋がった。
やっぱり頼れるアニキだ。
これからも宜しくお願いします。

下山時刻が早かった事と休みが始まったばかりで日程に余裕がある事から、白州にステイして八ヶ岳南部縦走を視野に入れていたが、流石に黒戸は甘くなく身体にダメージが出たのでキャンセルして帰宅した。
翌日の今日、レコを書いているが体調は思ったほど悪くなく小康状態だったので無理も出来たかもしれないが、八ヶ岳はチャレンジングなヤマではなく、お楽しみの山なのでシンドイ思いで登っても本末転倒であるから帰宅して正解と思う。

休みの中間日程は琵琶湖での釣り&水遊びで過ごすとして、後半日程に何かヤマを入れようか思案中だ。
まだ、休みは始まったばかり、有意義な過ごし方にしたいと思う。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:255人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/2/2
投稿数: 530
2020/8/11 9:35
 憧れの黒戸尾根
凄いな〜・・日帰りなんて、僕には遠い憧れの地ですよ〜(笑)

まず、登山口が遠すぎる。そして行程が長すぎる。眠すぎる。
今日も朝から良い天気ですね。

次回も頑張って!!
登録日: 2013/11/23
投稿数: 214
2020/8/11 18:57
 完全復活ですね
ご無沙汰してます。
私もチャンスがあればと
黒戸尾根を狙っていたんですが…
さすがです。
お疲れさまでした。
これで完全復活ですね。
登録日: 2015/4/30
投稿数: 250
2020/8/11 22:00
 Re: 憧れの黒戸尾根
graveltrekさん毎度です。
いやホント眠かったです。
復路の休憩時に居眠りしましたもんね。
次回は…オネオネで試練と憧れですかぁ?
何にせよ、イカれた身体が治ってからです。
登録日: 2015/4/30
投稿数: 250
2020/8/11 22:10
 Re: 完全復活ですね
missy3さんコメントありがとうございます。
いつかトライしようと暖めていた計画でした。
前後に余裕日が欲しい計画だったので数日休みなのに泊まりで山に行きにくいタイミング=コロナの盆休みでした。
キツい山でしたが、missy3さん夫妻の脚力なら余裕を持ってクリア出来ると思いますよ。
話が逸れますが、missy家(?)の女性方の活躍を見ると令和は女性の時代なのだな、とつくづく思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ