また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2507170 全員に公開 ハイキング 白山

三方崩山(道の駅 飛騨白山から)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年08月15日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り・晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場は3か所。トイレは道の駅にて。
・道の駅 飛騨白山
・林道入口(登山届けポストあり)
・林道終点
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間44分
休憩
51分
合計
8時間35分
S道の駅飛騨白山06:1110:38三方崩山10:4811:321875m地点12:1314:45道の駅飛騨白山14:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
序盤の登山道は一部地形図と異なる箇所があるが、迷うルートではない。標高1800m以降の稜線は両脇が断崖、一部ガレのため歩行注意。
その他周辺情報道の駅に併設の白水の湯 大人600円
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 水2L(残500ml) ドリンクゼリー180ml ガス消費10g

写真

道の駅に車中泊して、6:10出発。
2020年08月15日 06:04撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅に車中泊して、6:10出発。
道の駅からは山頂は見えず。(雲の中?物理的に見えない?)そして、あの電線のかかっていない鉄塔は?
2020年08月15日 06:03撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅からは山頂は見えず。(雲の中?物理的に見えない?)そして、あの電線のかかっていない鉄塔は?
林道を少し進むと先ほどの鉄塔の隣に、電線が懸架された低い鉄塔が。仮設だろうか。
2020年08月15日 06:17撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を少し進むと先ほどの鉄塔の隣に、電線が懸架された低い鉄塔が。仮設だろうか。
標高800mぐらいで林道終わり、数台駐車できる広場。車はなし
2020年08月15日 06:34撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高800mぐらいで林道終わり、数台駐車できる広場。車はなし
暫く鬱蒼とした登山道をすすむ。顔にまとわりつく小バエと、蜘蛛の巣が鬱陶しい
2020年08月15日 06:39撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く鬱蒼とした登山道をすすむ。顔にまとわりつく小バエと、蜘蛛の巣が鬱陶しい
たまに咲いてるタマアジサイに癒される
2020年08月15日 07:13撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまに咲いてるタマアジサイに癒される
P1372の四等三角点
2020年08月15日 08:03撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1372の四等三角点
延々と続く直登でバテる。これは下りが心配
2020年08月15日 08:25撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と続く直登でバテる。これは下りが心配
P1624のあたりから展望が開けてくるが、山頂はガスってます
2020年08月15日 08:50撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1624のあたりから展望が開けてくるが、山頂はガスってます
下界の御母衣湖が見えた
2020年08月15日 09:16撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界の御母衣湖が見えた
雲の合間からいよいよ山頂が見えた
2020年08月15日 09:19撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の合間からいよいよ山頂が見えた
P1885の四等三角点は埋もれかけ(横向いてます)
2020年08月15日 09:44撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1885の四等三角点は埋もれかけ(横向いてます)
鳩谷ダム湖も見えた
2020年08月15日 09:53撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩谷ダム湖も見えた
1
山頂に向かうナイフリッジ、あそこに行くには手前のピークを...
2020年08月15日 10:01撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に向かうナイフリッジ、あそこに行くには手前のピークを...
巻くのではなく直登w
2020年08月15日 10:03撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻くのではなく直登w
おー崩れとる〜、そして稜線に忠実に登山道が延びる
2020年08月15日 10:12撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おー崩れとる〜、そして稜線に忠実に登山道が延びる
これは怖い。左に転がっても右に転がっても断崖絶壁!
2020年08月15日 10:24撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは怖い。左に転がっても右に転がっても断崖絶壁!
真っ逆さまに堕ちてdesireですわ
2020年08月15日 10:24撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ逆さまに堕ちてdesireですわ
いくつかの小ピークをやり過ごして山頂の二等三角点に到達
2020年08月15日 10:38撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかの小ピークをやり過ごして山頂の二等三角点に到達
山頂広場は三方がガレた断崖絶壁を想像していたが、意外に林の先に小ぢんまりとある
2020年08月15日 10:48撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂広場は三方がガレた断崖絶壁を想像していたが、意外に林の先に小ぢんまりとある
展望はイマイチ
2020年08月15日 10:39撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望はイマイチ
奥三方岳は木(と雲)で全く見えず
2020年08月15日 10:39撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥三方岳は木(と雲)で全く見えず
下界はちょっとだけ
2020年08月15日 10:45撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界はちょっとだけ
来るときは気づかなかった登山道横の崩落個所を帰り道で知る
2020年08月15日 10:54撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来るときは気づかなかった登山道横の崩落個所を帰り道で知る
1
ここは何度通っても怖い
2020年08月15日 11:01撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは何度通っても怖い
1
このガレた上り下りが一番危ない箇所ですかね
2020年08月15日 11:09撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このガレた上り下りが一番危ない箇所ですかね
1
特に下り(往路)は足滑らせると左斜面に真っ逆さまです
2020年08月15日 11:13撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特に下り(往路)は足滑らせると左斜面に真っ逆さまです
11:30、ナイフリッジが落ち着いたところで昼食&コーヒー
2020年08月15日 11:56撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:30、ナイフリッジが落ち着いたところで昼食&コーヒー
地図によると、この地面の下に大白川から関西電力 平瀬発電所に向かう地下水路(口径2.4m)があるらしい
2020年08月15日 14:09撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図によると、この地面の下に大白川から関西電力 平瀬発電所に向かう地下水路(口径2.4m)があるらしい
もう一か所の地下水路ポイント。御母衣ダムで発電を終えた水が下流の荘川まで通ってます。口径7.2mですって!
2020年08月15日 14:27撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一か所の地下水路ポイント。御母衣ダムで発電を終えた水が下流の荘川まで通ってます。口径7.2mですって!
足が悲鳴を上げていましたが何とか戻ってこれました
2020年08月15日 14:47撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足が悲鳴を上げていましたが何とか戻ってこれました
白水の湯で慰労
2020年08月15日 14:57撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白水の湯で慰労
帰り道、山に勝るとも劣らない迫力の御母衣ダムのロックフィル提体を拝む
2020年08月15日 15:53撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道、山に勝るとも劣らない迫力の御母衣ダムのロックフィル提体を拝む
7月の豪雨で左の洪水吐も開いたのかしらと想いを馳せて〆。
2020年08月15日 15:58撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7月の豪雨で左の洪水吐も開いたのかしらと想いを馳せて〆。

感想/記録

お盆の時期はいつもなら故郷近辺の山に登るところ帰省自粛、かつ「愛知・岐阜・三重三県から出ないで」という知事要請のため、岐阜から三方崩山をチョイス。

晴れたりガスったりと落ち着かない天気で、眺望もパッとせずでしたが、それでも樹林帯を抜けると山頂から崩落している東斜面を横目にしつつ、スリリングな稜線歩きを楽しめました。山肌が露出した断崖絶壁というわけではなく(一部を除く)、植生があるため滑落・転落の恐怖は和らぎますが、それでも足を踏み外すと落ちると思います。この植物の根によって崩落が絶妙にコントロールされているのかもしれません。植生がなければ、ナイフリッジの登山道など風雨でとっくに無くなっている筈です。

高低差1446m、沿面距離11.73kmと平均斜度が大きく、結構ハードでした。特に中盤の直登がこたえる。登っている最中から下りが心配になったので、昼食休憩で念のためバンテリン膝サポーターを久しぶりに装着。それでも腸脛靭帯が悲鳴を上げ、いつも以上にスローダウンしてしまいました。

途中すれ違ったのは3組ほどで、人の密は避けれて良かったのですが、その代わりに樹林帯では、ミツバチ、アブ?、ハエ?、コバエ?、ブヨ?等、あとは蜘蛛の巣まで顔面にまとわりついてウザったかったです。虫よけあった方がいいかもです。蜘蛛の巣は、朝一だったから?ストック振り回しながら進みました(汗
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:159人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ