また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 251655 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥多摩・高尾

倉沢集落跡〜見通尾根〜滝入ノ峰〜一杯水

情報量の目安: A
-拍手
日程 2012年12月08日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 新宿〜奥多摩 ¥1050  バス 奥多摩〜倉沢 350
復路 バス 東日原〜奥多摩 ¥450 奥多摩〜新宿 ¥1050

経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:28
距離
9.5 km
登り
999 m
下り
887 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

9:57倉沢バス停〜10:15大檜10:20〜10:24廃村10:54〜11:00大檜〜11:05見通取付(左右道検索)11:20〜11:40 855m峰〜12:15トボウ尾根合せ〜12:32滝入ノ峰〜12:52幕岩尾根取付〜13:24一杯水13:46〜14:15幕岩尾根分岐〜14:27滝入ノ峰〜15:25東日原バス停
コース状況/
危険箇所等
大ヒノキまでは道標もあり15分で付きます。
倉沢廃村へはヒノキの右手の道を少し下ると集落の下部に到着します。

見通尾根は取付けば道迷いはないです。
ただひたすら急登ですが小一時間で傾斜は緩みます。
冬枯れで展望が素晴らしいので眺めながらゆっくり登るのも良いと思います。

危険ヶ所は倉沢集落の方々が歩いた通勤路(左右の出会い)の左手の道で崩壊した鉄橋までは進めます。
そこまでも道はザレ落ちてますので距離は短いですが注意です。
過去天気図(気象庁) 2012年12月の天気図 [pdf]

写真

倉沢バス停から1分で大ヒノキへの取付きがある
2012年12月08日 09:58撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉沢バス停から1分で大ヒノキへの取付きがある
2
倉沢集落の方々が手がけた石灰石採掘工場。
2012年12月08日 09:58撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉沢集落の方々が手がけた石灰石採掘工場。
1
10分ほどで大ヒノキに到着。
樹齢1000歳  樹高34m 幹回6.3m 
2012年12月08日 10:15撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ほどで大ヒノキに到着。
樹齢1000歳  樹高34m 幹回6.3m 
1
大ヒノキから右手の道を進むと倉沢廃村だ
2012年12月08日 10:22撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ヒノキから右手の道を進むと倉沢廃村だ
1
97歳2005年までこの村を守られた坂和連さんのお住まいが見えてきたが解体されていました。
2012年12月08日 10:24撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
97歳2005年までこの村を守られた坂和連さんのお住まいが見えてきたが解体されていました。
5
ボウソウオイル。
昭和40年ごろ発売されていたデザインです。
2012年12月08日 10:25撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボウソウオイル。
昭和40年ごろ発売されていたデザインです。
3
ヘルメット
2012年12月08日 10:25撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘルメット
3
集落中央にある石段。
2005年まではこの両側に廃屋が建ち並んでいた。
2012年12月08日 10:28撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集落中央にある石段。
2005年まではこの両側に廃屋が建ち並んでいた。
3
洗濯機。脱水はローラータイプだ
2012年12月08日 10:29撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洗濯機。脱水はローラータイプだ
3
理髪店の椅子。集落には理髪店もあった。
2012年12月08日 10:31撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
理髪店の椅子。集落には理髪店もあった。
3
2軒長屋造りになっていたような・・
2012年12月08日 10:35撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2軒長屋造りになっていたような・・
3
共同炊事場
2012年12月08日 10:35撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
共同炊事場
3
当時に近い形状を残していた。
2012年12月08日 10:35撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当時に近い形状を残していた。
3
湯たんぽ
2012年12月08日 10:55撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯たんぽ
3
広い敷地で全て回るのに30分かかった
2012年12月08日 10:39撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い敷地で全て回るのに30分かかった
4
上段から見ると共同浴場と分かる。
男湯女湯に別れ湯船が背中合わせになっている。
2012年12月08日 10:44撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上段から見ると共同浴場と分かる。
男湯女湯に別れ湯船が背中合わせになっている。
3
お湯の蛇口
2012年12月08日 10:45撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お湯の蛇口
4
昭和34年発足のロケットボイラー工業蠕宗文什澆麓厂省儿垢鍬螢◆璽襯咫次砲海譴廼ζ瑛畩譴里湯を沸かしていた。
2012年12月08日 10:45撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭和34年発足のロケットボイラー工業蠕宗文什澆麓厂省儿垢鍬螢◆璽襯咫次砲海譴廼ζ瑛畩譴里湯を沸かしていた。
3
朝日が差し込む良い場所に集落はあり
栄えていた賑やかだった様子が目に浮かぶ。
2012年12月08日 10:52撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が差し込む良い場所に集落はあり
栄えていた賑やかだった様子が目に浮かぶ。
2
大ヒノキまで戻り後ろに付いた尾根を登る
2012年12月08日 10:20撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ヒノキまで戻り後ろに付いた尾根を登る
1
少し登ると左右から道が合わさっている。これは右に進んでみた写真。集落の上部に繋がっていた。
2012年12月08日 11:06撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登ると左右から道が合わさっている。これは右に進んでみた写真。集落の上部に繋がっていた。
3
そして左に行って見ると朽ちた橋まで行けた。
この先が現場で集落から仕事場への通勤路だったのです
2012年12月08日 11:11撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして左に行って見ると朽ちた橋まで行けた。
この先が現場で集落から仕事場への通勤路だったのです
3
先ほどの左右合わさる地点に戻り、この真ん中が見通尾根の取付です。赤テープしました。
2012年12月08日 11:19撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの左右合わさる地点に戻り、この真ん中が見通尾根の取付です。赤テープしました。
3
枯葉で滑りやすい急登を登ります
2012年12月08日 11:27撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯葉で滑りやすい急登を登ります
2
855m峰 
眺望の良いところです
中央の粒が御嶽山、デンと本仁田山
2012年12月08日 11:45撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
855m峰 
眺望の良いところです
中央の粒が御嶽山、デンと本仁田山
2
鹿網のある伐採地を登る。
背中に本仁田、真横に笙ノ岩。
2012年12月08日 11:46撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿網のある伐採地を登る。
背中に本仁田、真横に笙ノ岩。
1
急登は続く
2012年12月08日 11:53撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登は続く
1
更に急斜面になり足場が落ち葉で滑ります
2012年12月08日 12:02撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に急斜面になり足場が落ち葉で滑ります
1
暫くすると左手に南からのトボウ尾根が近づいてくる。
2012年12月08日 12:07撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫くすると左手に南からのトボウ尾根が近づいてくる。
1
植林に入る
2012年12月08日 12:26撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林に入る
1
NHKのアンテナに出ると1310m地点、ヨコスズ尾根に合流する。
2012年12月08日 12:30撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NHKのアンテナに出ると1310m地点、ヨコスズ尾根に合流する。
2
棒杭の奥から蕎麦粒が顔を出す
2012年12月08日 12:37撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒杭の奥から蕎麦粒が顔を出す
1
後は実線
2012年12月08日 12:44撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後は実線
1
VRの幕岩尾根の取付を越え
2012年12月08日 12:52撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
VRの幕岩尾根の取付を越え
1
一杯水へ
2012年12月08日 12:56撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水へ
1
一杯水避難小屋到着
2012年12月08日 13:23撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水避難小屋到着
1
ホットワインとおにぎりで下山
2012年12月08日 13:30撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホットワインとおにぎりで下山
4
のんびり冬枯れの展望を味わいながら東日原へ
2012年12月08日 13:53撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびり冬枯れの展望を味わいながら東日原へ
1
この道標の正面が幕岩尾根の取付です。
利用しようかと思いましたが見通尾根で北西の風が強く急登にも疲れたので、素直に実線で下りました
2012年12月08日 14:15撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道標の正面が幕岩尾根の取付です。
利用しようかと思いましたが見通尾根で北西の風が強く急登にも疲れたので、素直に実線で下りました
2
右に大岳山
2012年12月08日 14:26撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に大岳山
1
東日原バス停のすぐ裏から飛び出ます。
2012年12月08日 15:23撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東日原バス停のすぐ裏から飛び出ます。
3

感想/記録

倉沢の廃村に訪れることが目的で出かけた。
残念ながら2005年に人の手で取り壊されてしまっていましたが
いくつかの生活の面影に触れる事が出来ました。

綺麗にガラスケースに入った昭和初期の展示物を開館で見るより
ずっとリアルなタイムスリップが出来るというのに
解体してしまった事が残念です。

賑わっていた当時は理髪店、共同浴場に集会場もあり
今の日本には見かけませんが子供も集落で教育していた頃ではないでしょうか

30分以上この集落跡を散策し見通尾根を登りました。
途中にあった左右の道も両方行ける所まで歩いてきました。
集落上部から右手の道に入り左に抜ける、仕事場への通勤路のようです。
左へ伸びる道は鉄橋まで歩けます。橋自体は写真にあるように骨格だけが残ってました。

見通尾根は落葉ラッセルで急登です。 名の如く見通しは素晴らしいので
ゆっくり眺望を眺めながら登ればトボウ尾根が合わさり傾斜は緩み
ヨコスズ尾根に出ます。  後は実線ですので省きます。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:4747人

コメント

廃村マニア
おばんです

大昔の日原の石灰採掘の為に大勢の人がそこに住んでいたということでしょうか

往年の賑わいのを思い出させるいろいろなものを見ると、なんだか悲しくなっちゃうのですよ

土曜日は風の強い日でしたね。
私は尾名手尾根行こうと思ったのですが、1/25000の地図忘れたので中止して長尾根下山となりました
2012/12/10 20:27
こんばんわ
コメント有難うございます

廃村が残されている頃に足を踏み入れたかったのですが
先延ばししていたら解体されてしまいました。

しかしながら充分昭和中期にタイムスリップ出来る材料は存在してました^^

見通尾根での強風で疲れたので小屋で酒飲んで下山しちゃいましたわ(笑
2012/12/10 21:22
こんにちは(^^)
お気に入りに登録させてもらいました

ここの廃屋に興味が湧きましたので、
来年行ってきますhouse
2012/12/11 10:50
こんにちわ〜
コメントどうも〜

冬枯れの南面、陽射しが入り込み
食事場にもいいです^^

建物がなくなっていたのが残念でした。
下の坂和さんの自宅まで解体が進んでましたわ。
2012/12/11 12:59
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ