また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 252106 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 六甲・摩耶・有馬

六甲全山縦走大会 本番!

情報量の目安: B
-拍手
日程 2012年11月23日(金) [日帰り]
メンバー
天候朝は雨。あとは曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
シーパルさんの送迎バス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
過去天気図(気象庁) 2012年11月の天気図 [pdf]

感想/記録
by sshiba

待ちに待った全山縦走。
第1回も第2回も雨の様相。
もともと予定していた個人的な第3回の練習も雨で断念していたのでやっぱりかという感じ。

さて、前日から須磨入りして、送迎バスで4時半に須磨浦公園へ。
想像以上の混み具合でスタートしたのは6時前。
さらに想像以上の渋滞は延々続き、ストップアンドゴーを繰り返す山登りが続く。
悪天のせいもあるのだろうけど行列登山は初めての経験だ。
ともあれ、無事に夜の9時に宝塚に到着し、約15時間の山行は終了した。
iphoneのGPSログをずっと確認していなかったけど、スタート直後から安定してなくて少し残念。

この大会はたくさんのボランティアの方々に支えられて、本当にいい機会と思うけどきっと二度と参加することはない。
なぜかというと。
,△泙蠅砲眇佑多すぎて進んで立ち止まっての山登りは気持ち的にかなり疲れる。
△といって、急ぎたいわけでもなくても前のスペースが空いて後ろが詰まれば早足にならざるを得ない。
9堽鵑任麓りの景色を一息ついて眺めたり、写真を撮ることも記録を取ることもままならない。
す堽鵑諒薫狼い砲里泙譴燭らだが、先を急ぐことに気を取られて休憩を取る気になれない。
ゥ肇譽薀麌の人がやっぱり無理な追い越しをするのが面倒。
Δ海譴スタートからゴールまで続く…

とにかくひたすら歩くことに集中するのみで、歩き切った達成感はあるものの山登りの本来の楽しさはかなり半減している感でいっぱい。
特に年配の方とかでゆっくり自分のペースで進みたい方は、続々来る後ろからのプレッシャーでそれどころではなかったんじゃないだろうか。
二日間開催するならいっそのこと、どちらかは40歳くらい以下の結構速いペースで参加したい人、もう一方は中高年とか女性のゆっくりペースでいきたい人って分けたほうがいいんじゃないかな。

まぁ、今度はやっぱり一人でいきます。
その方が六甲の魅力をゆっくり味わえます。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:619人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

GPS 山行 縦走

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ