また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2521740 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

特急あずさ1号で行く金峰山縦走(瑞牆山荘〜大弛小屋)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年08月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候くもりのち雷
アクセス
利用交通機関
電車バス
入:韮崎駅8:37着特急あずさ1号、出:塩山駅19:17発特急かいじ52号
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間28分
休憩
12分
合計
4時間40分
S瑞牆山荘10:1010:34富士見平林道交差10:3510:40富士見平林道終点10:4110:48富士見平小屋11:22鷹見岩分岐11:2311:28大日小屋11:2911:49大日岩11:5412:38砂払いノ頭12:3912:48千代の吹上12:54金峰山小屋分岐12:5513:14五丈石13:17金峰山13:1814:07朝日岳14:13朝日岳前の展望岩場14:28朝日峠14:50大弛峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
通過時点では大日岩付近の岩場・鎖場は乾燥しており安定。午後は雷鳴り止まず
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

写真

マグローディングとサーモローディング
2020年08月22日 07:41撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マグローディングとサーモローディング
4
瑞牆山荘、トイレ100円だけお世話になりました
2020年08月22日 10:10撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山荘、トイレ100円だけお世話になりました
1
スタート
2020年08月22日 10:10撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート
瑞牆山はよく見えるけど今回も縁がない
2020年08月22日 10:34撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山はよく見えるけど今回も縁がない
富士見平小屋のテント場、気持ちよさそう
2020年08月22日 10:47撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋のテント場、気持ちよさそう
去年いただいたフルーツケーキおいしかったなと思い出しつつ今回はスルーして先を急ぐ
2020年08月22日 10:48撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年いただいたフルーツケーキおいしかったなと思い出しつつ今回はスルーして先を急ぐ
1
とても主張してくるタイプの目印テープ
2020年08月22日 11:17撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても主張してくるタイプの目印テープ
大日小屋、今年も見落としかけた
2020年08月22日 11:29撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日小屋、今年も見落としかけた
鎖場、割と乾いていて安定
2020年08月22日 11:34撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場、割と乾いていて安定
去年ヤマネが居たあたり、無人でした
2020年08月22日 11:47撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年ヤマネが居たあたり、無人でした
大日岩分岐、先を急ぎます
2020年08月22日 11:55撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岩分岐、先を急ぎます
ガスってきたのとほぼ同時に遠くでゴロゴロいいはじめる
2020年08月22日 12:16撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスってきたのとほぼ同時に遠くでゴロゴロいいはじめる
先みえぬ。雷こわいので先を急ぐ
2020年08月22日 12:42撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先みえぬ。雷こわいので先を急ぐ
1
五丈石がきれいに見えただけで満足感すごい
2020年08月22日 13:13撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五丈石がきれいに見えただけで満足感すごい
2
鳥居もくぐらず失礼します
2020年08月22日 13:15撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居もくぐらず失礼します
1
サンチョー、滞在5秒で先を急ぐ
2020年08月22日 13:17撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンチョー、滞在5秒で先を急ぐ
2
森林帯へ逃げ込むまでまだしばらくある
2020年08月22日 13:19撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林帯へ逃げ込むまでまだしばらくある
15:40時点の雷マーカー。赤く塗った線が歩いたルート
2020年08月22日 16:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:40時点の雷マーカー。赤く塗った線が歩いたルート
鉄山、今回ももう一方の登り口は見つからなかった
2020年08月22日 13:40撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄山、今回ももう一方の登り口は見つからなかった
朝日岳の山頂で振り返って1枚。好みの景色だけど秒で下山継続
2020年08月22日 14:04撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳の山頂で振り返って1枚。好みの景色だけど秒で下山継続
お疲れさまでした
2020年08月22日 14:50撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れさまでした
1
トイレを改修するそうで、右側に仮設トイレが生えていました
2020年08月22日 14:51撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレを改修するそうで、右側に仮設トイレが生えていました
大弛小屋のやっていき
2020年08月22日 14:52撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛小屋のやっていき
1
コロナ対応山小屋
2020年08月22日 14:54撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コロナ対応山小屋
自動消毒液は山では初めて見た
2020年08月22日 14:54撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自動消毒液は山では初めて見た
1
中にも消毒液
2020年08月22日 14:55撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中にも消毒液
1
コーヒーいただきました400円
2020年08月22日 15:00撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーヒーいただきました400円
3
本日の作業環境 HHKB-BT
2020年08月22日 15:24撮影 by C330, TINNO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の作業環境 HHKB-BT
1
ついさっきまでここのベンチが満員だった
2020年08月22日 15:46撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついさっきまでここのベンチが満員だった
暫定のたたずまい
2020年08月22日 15:56撮影 by SM-F700N, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫定のたたずまい
1

感想/記録
by muo_jp

計画失敗したなぁというのが総括。雨の具合をもう少し甘く想像していた。

もともと午後は雨予報だったので早めに森林限界超えエリアを抜ける方針。荷物は水食料込みで8.5kgほど、これぐらいだと経験上くだりはCTからあまり縮められないので、登りをサクサクやっていきくだりはストックで足をカバーして逃げ切りを目指す。

12:15頃にガスってきて、遠くでゴロゴロと鳴り始めた。雷は金峰山ピーク越えて森林帯に入った後だと想定してたので焦る。
12:40頃、千代ノ吹上あたりですれ違った方に「今から行くの?雷やばいよ」と怪訝そうな声を掛けられる。忠告ありがとう、自分でもそう思うし、瑞牆山荘スタートの金峰山ピストンだったら山頂到達は諦めて引き返してたと思うし、とにかく金峰山頂を経由して東へ抜けるという行程が悪い。

逆ルートなら余裕だったかと考えてみる。12時頃に金峰山の樹林帯まで逃げられたか?が焦点。塩山駅7:30発大弛峠8:30スタートなら1.5h余裕を持てるので無理なくいけた感があるけれどアクセスが難しい。塩山駅8:30発でも多分カツカツながら山頂でご飯を食べるぐらいの余裕はあったはず。逆ルートは獲得標高が1/2.5ぐらいで今回のルートとは大きな差があるため、ほぼ危険なしに行程完了できたと考えられる。

反省しながら歩き続け、朝日岳のピークを抜けたちょっと先で9人パーティーが雨具を装着しているのを抜かせてもらった2-3分後に雨が降り始めた。すぐ大粒にそしてあられが混ざってきた。アーこれ雷雲ですねと緊張感高まってくるしついでに寒い。
仮に雨具無しならすぐに体温奪われるし、雨具あってもストック持ってる手からガンガン冷えるし30分も続けば手元くるって怪我するな、やばいな、ゴムのグローブはやめに着けようかな、と考えつつ森林深いエリアを目指すことを優先。
幸い、強い雨は10分そこらで収まってじわじわ降りに移行。
代わりに雷の頻度が上がっていった。当初雷光は見えなかったけど朝日峠あたりの下りに至って5分間で4回見えていずれも雷鳴到着まで4-5秒程度、距離では1.5km無いぐらいのエリア。
立ち止まって雷待ちの動画撮ってる人が居たけど、そういうのは安全なタワマンでやるからええんやでという気持ちで先を急ぐ。

14:55頃に大弛小屋着、予約タクシーのひとつ前の便に間に合ったかな?と駐車場も見たけれど既に車の姿は無し。70分電波無しのまま待ち決定です。
コーヒー400円をお願いし、小屋番さんと少し話す。
このへんが今日の雷雲の北限で奥多摩のほうはもっと酷くなっているとか、昨日も南側はひどい雨だったとのこと。しかし瑞牆の方は全然降った感じしませんでしたよ、岩もほとんど濡れてなかったし、という話をした。
山小屋自体の営業はやはりコロナの影響が大きく、トイレの維持管理など大変な中でバンバン雷雨だとテント場も閑散としてしんどそうという感触。
しばらく経って山頂下で追い抜いた9人グループが山小屋に着。

自分の乗ったタクシーは最終的に6人乗車。
最後の2人が到着遅れていて、運転手さん判断で少し待つ。
先にひとり降りてきた人が「あと10分、いいですか」と断っていたのでもう一人の人もなかなか大変だったろうと思う(駐車場の手前まで気を抜くと転びがち)。
タクシーは16:05くらいに発。

大弛峠といえば峠手前の道路に大穴(直径30cmオーバー)が開いていたイメージが鮮烈で気になっていたので運転手さんに聞くと、先週はまだ穴空いてたけれど今朝は塞いであったとのこと。
確かにセメントで埋めてあった。わざわざスピード落として見せてくれた運転手さんありがとう。

Rakuten Miniが電波を掴んだのは1500mを割った金峰山キャンプ場あたりだった。

帰りの特急は18:01塩山駅発と考えていたけれど指定席券(ガラガラである)をまだ取っていなかったので、1本遅らせてtomoさんに教えてもらった宏池荘という日帰り温泉もやっている温泉宿♨へ。
浴場に入ると1歩目から「岩場の鎖無し雨降り苔アリ地帯始まったな」という感じのヌルッヌルの楽しい温泉だった。きをつけよう。
受付をしてくれたお姉さんの人柄も良くて大変充実してた。

戻りは特急かいじ、今回のタイミングだと通常の列車と到着15分差で1,280円の特急券だけど、Wi-Fiばっちりあって電源まで取れるしこのへんは好みで。グリーン車は無人だった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:438人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ