また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2553070 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 磐梯・吾妻・安達太良

仙水沼→桶沼→高山(1805m)→麦平(男沼から周回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月06日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り一時晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
土湯温泉から舗装路を走り日向の男沼入口(仁田沼駐車場)に駐車。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間34分
休憩
1時間7分
合計
8時間41分
S仁田沼駐車場05:0306:16塩ノ川06:3007:42仙水沼07:5809:10桶沼09:55鳥子平10:28高山10:4911:27麦平11:3712:57林道高山登山口13:0313:44仁田沼駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
05:03【標高580m 日向の男沼入口(仁田沼駐車場)駐車】
05:19【標高650m 男沼三叉路】
06:16〜06:30【標高820m 塩ノ川】
07:42〜07:58【標高1330m 仙水沼】
08:57【標高1580m 塩ノ川】
09:10【標高1600m 桶沼】
09:55【標高1605m 鳥子平】
10:28〜10:49【標高1805m 高山】
11:27〜11:37【標高1500m 麦平】
12:49【標高900m 塩ノ川への三叉路】
12:57〜13:03【標高840m 林道高山登山口】
13:36【標高650m 男沼三叉路】
13:44【標高580m 日向の男沼入口駐車】
コース状況/
危険箇所等
塩ノ川の渡渉に注意。仙水沼→上部塩ノ川は一部笹が濃い。
ルート図はGPSも参照にしての手書きです。

写真

標高685mの沼です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高685mの沼です。
標識の裏から入って30分くらいの道の様子です。この直前にアルミボックスのような人工物がありました(この後も人工物が出てきます)。この5分くらい前に道標の残骸がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識の裏から入って30分くらいの道の様子です。この直前にアルミボックスのような人工物がありました(この後も人工物が出てきます)。この5分くらい前に道標の残骸がありました。
塩ノ川の渡渉箇所です。写真の左端付近を靴を脱いで渡りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩ノ川の渡渉箇所です。写真の左端付近を靴を脱いで渡りました。
2
樹間から仙水沼の東の沼を垣間見ます。道から少し藪に入ってみました。上からのアプローチになってしまい、沼のほとりまで下るのはやめました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間から仙水沼の東の沼を垣間見ます。道から少し藪に入ってみました。上からのアプローチになってしまい、沼のほとりまで下るのはやめました。
1
仙水沼(到着時)です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水沼(到着時)です。
2
仙水沼のほとりにモウセンゴケがありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水沼のほとりにモウセンゴケがありました。
1
仙水沼で休憩中にガスが切れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水沼で休憩中にガスが切れました。
2
ザレ場から吾妻小富士を見上げます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレ場から吾妻小富士を見上げます。
1
ザレ場から塩ノ川の滝を見下ろします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレ場から塩ノ川の滝を見下ろします。
1
塩ノ川へ下って渡渉します(こちらは石伝いに渡れました)。右に一切経山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩ノ川へ下って渡渉します(こちらは石伝いに渡れました)。右に一切経山です。
2
鳥子平分岐手前の湿地でのリンドウ(と黄色い花)です。背景は一切経山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥子平分岐手前の湿地でのリンドウ(と黄色い花)です。背景は一切経山です。
1
鳥子平への道で倒木にオレンジのキノコです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥子平への道で倒木にオレンジのキノコです。
リンドウと鳥子平の湿原です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウと鳥子平の湿原です。
リンドウと麦平の沼です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウと麦平の沼です。
1
麦平から下り出すところの登山道です。笹はしっかり刈り払われています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麦平から下り出すところの登山道です。笹はしっかり刈り払われています。
2
登山道そばには立派なぶながあります。黄色い標識はここでは103です(麦平から出てすぐに64をみました。林道高山登山口は131です。)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道そばには立派なぶながあります。黄色い標識はここでは103です(麦平から出てすぐに64をみました。林道高山登山口は131です。)。
1

感想/記録
by komaQ

kkeisuke5さんの2020年5月30日のレコと5月24日のYAMAPを参考にしました。情報ありがとうございます。
●男沼から塩ノ川への道は地形図の破線が起点ではなく、仁田沼へ少し進むと「←男沼 →仁田沼0.7km」の標識があり、この裏から(表示はありませんが)道が始まっています。木に赤丸が書かれています。kkeisuke5さんの情報がなければわからなかったと思います。
●男沼→塩ノ川 道は明瞭です。ありがとうございます。藪をかき分けることはありません。いくつか小沢を渡りますが問題ありませんでした。塩ノ川手前の小沢を渡る前で林道高山登山口からの道が合流します。塩ノ川は飛び石で渡れませんでしたので、靴を脱いで渡りました。ふくらはぎ程度が1mくらい、あとは石に乗って行けました。下流すぐに大きな滝があるらしいので(地形図にもマークあり)無理は禁物と思われます。
●塩ノ川→仙水沼 道は明瞭です。ありがとうございます。所々笹が張り出していますが、手でかき分けるほどではありません。
●仙水沼→鳥子平分岐 道は明瞭ですが、徐々に道にかぶる草が目立ってきます。標高1500m前後は笹をかき分けるもしくはしゃがんで空間を進む箇所がしばらくあります。足元の空間(道)を意識すれば進めます。ザレ場を過ぎた笹は刈り払われおり、かき分ける箇所はありません。ありがとうございます。
●鳥子平分岐→高山 鳥子平までは水たまり状の箇所が何個所もありました。鳥子平から高山までは笹は刈られており、かき分ける箇所はほとんどありません。ありがとうございます。
●高山→麦平 笹は刈られており、かき分ける箇所はありません。ありがとうございます。
●麦平→林道高山登山口 道は明瞭です。ありがとうございます。上部の笹は刈られており、かき分ける箇所はありません。中盤は立派なぶなが単調な下りの癒しになります。黄色の「高湯 土湯」の標識はkkeisuke5さんの情報で林道高山登山口が131番であることを知っていたので助けになりました。
●林道高山登山口→男沼 未舗装林道です。ヘアピンはショートカットしました。1つ目は下に道が見えますが、2つ目は見えないので要注意です。男沼への北に向かう林道は道は明瞭ですが、東に曲がり地形図破線となると道はありません。藪はうすく男沼まで東進します。
●鳥子平で高山に向かう2人組にお会いしたほかはどなたにも会いませんでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:115人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ