また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 255692 全員に公開 アルパインクライミング 阿蘇・九重

【動画】阿蘇高岳北面(仙酔侠、ダイレクト尾根縦走)講座

情報量の目安: S
-拍手
日程 2012年12月29日(土) [日帰り]
メンバー
 chusakai(記録)
, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅から集合場所まで60km弱
行き1時間20分(7:16出発〜8:30青少年の家着、仙酔峡は+5分かな)
帰り1時間25分(18:09帰宅開始〜19:35帰宅)
帰宅時阿蘇赤橋までは通常スピードかな、それ以降熊本市内は最近全く混んでないのでびっくりなぜ?
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

12月29日(土) (赤谷〜ダイレクト尾根)
9:00仙酔峡駐車場→関門→赤谷〜大滝(アイスクライミングは中止)→ ダイレクト尾根ノーマルルート→16:15山頂稜線→16:40仙酔尾根下降→17:50仙酔峡駐車場解散
コース状況/
危険箇所等
バリエーションルートアイスクライミングの予定でしたが前日の雨天、高気温のためにアイスがほとんどなかったためにアルパインクライミングとなった
ただし、クライミング装備が必要、登攀では「アイゼン/バイルも二本」が必要
スキルを超えないようしてください

今後の参考にしたい方。
アプローチ核心
http://approachkakushin.yamagomori.com/
http://approachkakushin.yamagomori.com/chronicle/100116aso-akagare.htm
http://approachkakushin.yamagomori.com/chronicle/110229aso.html
http://imiclimber.exblog.jp/14508041
過去天気図(気象庁) 2012年12月の天気図 [pdf]

写真

ルート;予想と実際
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート;予想と実際
1
風速と風向き
ウェザーニュースより
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風速と風向き
ウェザーニュースより
青少年の家から
2012年12月29日 08:40撮影 by SZ-30MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青少年の家から
朝日が差し込む駐車場
2012年12月29日 08:49撮影 by SZ-30MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が差し込む駐車場
パノラマ撮影
2012年12月29日 08:49撮影 by SZ-30MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ撮影
鷲ヶ峰だっけ?虎ヶ峰?それとも
2012年12月29日 08:50撮影 by SZ-30MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲ヶ峰だっけ?虎ヶ峰?それとも
良く見るとピッケルを岩盤に掛けながら登ってます拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す良く見るとピッケルを岩盤に掛けながら登ってます
3
2次元の限界、スケール感が出ない、携帯電話で撮影、EXLIMだが拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す2次元の限界、スケール感が出ない、携帯電話で撮影、EXLIMだが
先生の知り合いが残置してくれてます。
がボルトはOKですが、気を付けて登りましょう拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先生の知り合いが残置してくれてます。
がボルトはOKですが、気を付けて登りましょう
拍手いただいた方へ
今回はこのルートは通ってないんですよ〜拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拍手いただいた方へ
今回はこのルートは通ってないんですよ〜
1
右が鷲ヶ峰
左が虎ヶ峰
だな拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右が鷲ヶ峰
左が虎ヶ峰
だな
1
あのピナクル行って見たいっす拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すあのピナクル行って見たいっす
2
携帯で自分撮りなんで乱発撮り。。。
数打ちゃ当たるかな!拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
携帯で自分撮りなんで乱発撮り。。。
数打ちゃ当たるかな!
3
急斜面のこんなブッシュが続く拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す急斜面のこんなブッシュが続く
分かり難いが中央左側には地面がない拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す分かり難いが中央左側には地面がない
奥の斜面見ればなんとなく斜度が分かるかなって。
こんな草付きにピッケル&バイル、アイゼンを使って登る拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の斜面見ればなんとなく斜度が分かるかなって。
こんな草付きにピッケル&バイル、アイゼンを使って登る
1
パノラマ撮影
実際は左から右へ高度が上がってます
2012年12月29日 15:25撮影 by SZ-30MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ撮影
実際は左から右へ高度が上がってます
ここが最後の難関で拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すここが最後の難関で
腰掛け程度の岩が2箇所出っ張ってます。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す腰掛け程度の岩が2箇所出っ張ってます。
短いのですが絶壁です拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す短いのですが絶壁です
1
よ!
と、長さ分かりにくいですが4mかな?
続く拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よ!
と、長さ分かりにくいですが4mかな?
続く
中央やや下の岩が既に目線の高さです
取り付きはかなり困難
背が低いと大変です拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央やや下の岩が既に目線の高さです
取り付きはかなり困難
背が低いと大変です
1
稜線から下を見下ろしてます拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す稜線から下を見下ろしてます
1
右が鷲ヶ峰
2012年12月29日 16:30撮影 by SZ-30MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右が鷲ヶ峰
ほらね暗くないでしょ、かな〜り暗いんですよ、本当に。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すほらね暗くないでしょ、かな〜り暗いんですよ、本当に。
1

感想/記録

朝5時丁度、、、携帯アラームだ。。。
ん、違う音!?、塾の先生から開始9時にしますとのこと。
んじゃもうちょっと寝ようと二度寝に・・・
道中の道路標示外気温は4度くらいだったか?記憶が飛んでる。
またもやカーナビ通りに行ったら目的地手前の青少年の家に案内された、頼むよカーナビ。
仙酔峡は2キロほど上、駐車場に到着するとK氏が到着していた、朝の連絡の時には既に出発していたとのことで早朝から待機とのこと。

先生も到着して準備し開始
現場に着いて暑かったのでモンベルジオラインインナーMWはやめて、上下SKINS(ノーマル)に変更
グローブも「アルパイングローブ」、「スキーグローブ」、「クライミンググローブ」の3つを持って行ってたが選択は「スキー」と「クライミング用」
着用したのは「クライミング用」、サブの「スキー」はザックへ
また防寒の「ライトダウン」、カッパ兼用に「ハードシェル」もザックへ
結局ザックに片付けた二つとも不要でした。
ロープは先生が持ってあがるとのことで私のは不要
ピッケル&バイルをザックにくくりつけ、2本ストックも持って行って下山に備えた。
ハーネスは最初から装着して登ります。

午前9:30出発
最初はアスファルトを数分進む、その後林道横切って?かな、山登り開始
登り始めは若干凍っているところがあったがほとんど凍ってないみたいです。
最初の道中に崩落して地形が変わっているところ、黒土だったが滑っちゃいました、幸い手袋が汚れただけで
ズボンはセーフだった模様(帰宅後に確認)

鷲ヶ峰、虎ヶ峰を見上げるところに来ると、いつかは行きたいと思う。
見聞きしているがすごいところ、何もアルプス山系が全てではないとつくづく思う。




最初は斜度もなく進みますおよそ1.2kmで楽な山登り。
その後、数少ない氷がある面、2、3mほどだったかな?
アイゼン、ピッケル2本を蹴り込み、打ち込みながら少し上がります。
想像以上に足元はしっかりしています、う〜んびっくり。
氷の頑丈さに驚きます、氷と岩なら氷の方が登りやすいみたいです。
※氷があったのも非常に小さくて1、2箇所、なので最初予定したタイトルのアイスクライミングのアイスは取りました。

傾斜が厳しいところではスタカットビレイしながら、そうでないところはコンティニュアスで進みます。
スタカット - YAMAWIKI - livedoor Wiki(ウィキ)
http://wiki.livedoor.jp/ina_yamanakama/d/%A5%B9%A5%BF%A5%AB%A5%C3%A5%C8




アイスっぽいところが終わると赤沢、赤枯れ沢の分岐ですが、一旦は赤沢へ進むも7・12豪雨で地形が変わっていて
赤沢は撤退・回避し、赤枯れ沢を進むことになり、戻りながらトラバースしました。

低木がパラパラとあるところのコンテは大変です、またK氏は背も高いので大変ですね。
お互い、ロープはつながってるしピッケル&バイルは2本もあるし、傾斜はあるが木々があったり滑っても滑落しない程度に
木々があるとことはピッケル&バイルを斜面に打ち込み&アイゼン蹴りこみながら進むので。。。
小柄で良かった。
しか、しアイゼンとピッケル&バイルの組み合わせはかなり斜度がある悪路でも土ならばかなり有効です。
ソロでも使える技術だと感じました、heychanこれはいつぞやの質問の1つの回答になってるかも知れません。
「ロープ確保」で登る技術ともう1つの無積雪期での「アイゼン、ピッケル&バイル」ですね。
「あり」だと思います。
通常雪面での使い方とは違うのですが、ピッケル&バイルを両手に持ち、シャフトの根元(T字の根元)を持ってピックを
地面に差し込んで登ります、グサッ、グサッと差し込みながら厳しい斜面を確保しながら登るのは爽快です。
どこで萌えてるんでしょうね。(笑)
ピッケル&バイルでグサッ、グサッ
アイゼンでザッ、ザッ
擬音はどっちがどっち、違う効果音でもOKです。
いや〜いい感じ、刺さり具合が分かってくると足場の具合も分かり、進みにも自信が出ます(落ちないよ!って自信)

そんなことを数10回ほど繰り返したでしょうか?
距離にして3.0km、後少しで稜線です。
最後の垂直に近い短めのクライミング要素の高い壁、岩が出っ張ってるので腕を伸ばして取り付き、
腰掛け、体をねじりながら越えます。。。

すると稜線が「えっ」ちゅう感じで現れて「しまいました」
拍子抜けしたので稜線に出る動画シーン(初めて太陽が見えるシーン)は「戻って」演出で「ハアハア」言いながらの
撮影です(笑)、稜線では看板の真横に出ました。

ちょっと日没が気になる時刻、16:15、下山に不要なギア類をザックにしまいます。
稜線に出たら風が出たのでハードシェルを着ます。
で、16:35バカ尾根でしたっけ?下山開始です。
しかし、この尾根ですが靴底の硬い固い靴では大変です、クライミング中もアイゼンを使いながらでかかとが擦れて痛かったのに
それでこの岩がたくさんある下山道、、、あ”〜って感じ。
ストック出しといてよかった、2本をハードに使いながら下山しますが、下山になった途端に風がなくなって、
全く寒くなくなりましたので、脱ぎます脱ぎます言われなくても。

下山では小休止もなしで日没前に間に合うように急ぎます。
この下山道は雪などで目印が無くても左側(下山時)は地形的に道が無くなってるので、
そこまで行ったら行き過ぎと言うことです。

かなり暗くなって来ましたが写真を撮ってもちっとも暗く写りません、もう老眼でしょうか?
光量感度が低いのかな〜、でもK氏も同じようでしたのでカメラ感度がいいと言うことにしておく。
参考写真あり、いやいややっぱり写真は明るすぎです、本当に暗くなってましたが。

がんばれもう少し、、、
間に合った!!日没日暮れと同時に駐車場に到着、ほぼ真っ暗でぼんやりです。
汗もかいたので真っ裸でSKINSを脱ぎ、着替えます。

無事今回の山岳塾も終わり一息。
さて帰りますかね。

※ピッケル&バイルは腕にぶら下げたまま登ったりするので新品も1度の実戦で、キズだらけでした。(笑・泣)


GPSデータですがカシミールにてデータをグラフで見ると、あ〜ここから牛歩なんだなとかここから大変なんだななどが
良く分かります。
計画で予想したルートと実際のルートを見てみるのも一興ですね。画像アップしました。
もしヤマレコお友達の方でカシミールを導入・勉強してみたいという方がいらっしゃれば、
パソコンでのONLINE講習も考えますよ。
今まで山1名、釣り1名の方で講習経験済みです。
必要なのはマイク&スピーカーくらいでしょう、後は無料ソフトで出来ます。

【携帯電波】au:斜面でもOKだったようです。

【食料】:バター(マーガリンかな?)入りの小さな6個入りのパンを3つ食べました。それ以外は無し

【飲料】:0.45L消費、カルピスマンゴー(期間限定)

【ウェア】
上半身:skins、ユニクロ;マイクロフリース
下半身:skins、モンベル;アルパインパンツ、この日5〜8度もありましたのでアルパインパンツはやりすぎですね。
外気温の添付画像を参考にしてください
モンベルジオラインは止めてSKINSにしたのは大正解、ただでさえ暑くて大変だった。
靴下:極太の・・・メーカー調査中、ネスターでした。厚さは不明ですが極太のエクスペディションかな。。

【装備重量】:9.5kg

【歩数】:13000

【体重】:1kg減

【筋肉痛】:ふくらはぎ、首筋
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:3169人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/9/24
投稿数: 391
2012/12/31 21:14
 ちゅさん
スゲー

ちょっと その内 かてて下さい



良いお年を

来年もよろしくお願いします
登録日: 2010/7/27
投稿数: 1763
2013/1/1 21:56
 MACV-SOGさん
かたります?(かたる=参加する、輪に混ざる、九州弁?)
しかしアルパイン、クライミング自体1年目なので今回の場に連れて行っても指導できるってわけでもないしな〜
そんなのでよければ!
登録日: 2010/5/3
投稿数: 5603
2013/1/3 0:26
 明けましておめでとうございます。
お疲れさんでした〜

いゃ〜、アルパインクライミングですね。氷が無くて残念・・。とは言えクライミングの経験を積まれて行きますね〜。

ところで氷のない岩場での「アイゼン、ピッケル&バイル」どちらも歯が痛まないんですか?

今年はクライミング、よろしくお願いしま〜す
登録日: 2010/7/27
投稿数: 1763
2013/1/3 12:55
 ちゃんさん
おめでとうございます。
今年もお世話になります

アイゼンは意外に減ってません。
使う前の拡大写真を残してませんでした、しまった。
ピッケルは草付き地面に打ち込む程度、岩には打ち込まず引っ掛ける使い方なので!
ただしぶら下げて岩場移動したりするのでガンガンあたりほんとキズだらけですわ
すごい傾斜をガツガツ打ち込んで登る様は、楽しかった
登録日: 2011/9/23
投稿数: 504
2013/1/3 19:49
 おめでとうございます。
お正月の自堕落な生活から抜け出し
ようやくしっかり拝見することができますた

いや〜、ゾクゾクしますね〜
早くそちら側へ行きたい

今回はあまり寒くなかったようですが、アイスクライミング中、グローブの中はどんな状態なんでしょうか
グローブの性能にもよるのでしょうが、かじかんだ指先で器具を操りながら登攀・・・沢木耕太郎の「凍」を思い出してしまいました
sol
登録日: 2011/5/20
投稿数: 2968
2013/1/3 21:37
 おめでとうございま〜す(^-^)/
アイス無くて残念でしたねー

でも、すご過ぎる
クライミングにも、すこーし興味あったけど、
やっぱ私は無理かなーー

今年もまたヤマレコ会でのたい焼きを楽しみにしてますよ
登録日: 2012/5/6
投稿数: 1379
2013/1/3 22:22
 おめでおうさんでございます〜
>どこで萌えてるんでしょうね。(笑)

そうそう、萌えっ 擬音付き

そうなんです、ザブバイルを忍者の背中の刀のようにスパっとだして、ぐっっと打ち込んであらゆるところを直進直登縦走したいな〜 なんて妄想しています

縦走用クリップロッド?のような物体をもった人と英彦山ですれ違いました。 私も自作使用と思っています。

なんだか鎖鎌みたいになったりして・・・(笑)
登録日: 2010/7/27
投稿数: 1763
2013/1/5 9:52
 e-hayashiさん
確かにゾクゾクしますよ

> 早くそちら側へ行きたい
来たほうがいいのかどうか

確かにグローブの中って気になりますね。
その視点は私に抜けてました。
グローブ着けてのロープワークはやっておきます、かじかなまいですけど。。。
ちゅうかそこまでやるのかな、俺

今年もよろしく御願いします!
登録日: 2010/7/27
投稿数: 1763
2013/1/5 9:59
 solさん
おめでとうございます

ホント暖かすぎで残念
アイスにアイゼンは2回くらいしか刺してない。。。

このクライミングはアルパインクライミング
なので壁系のザックを背負わないのは八女でやったりしてますので是非どうぞ
そこはいろんなゲレンデ(コース)がありますけど・・・
あれ、ここはより斜度はありました

solさんが「たい焼き 」って言ってくれないとね
登録日: 2010/7/27
投稿数: 1763
2013/1/5 10:08
 heychan
おめでとうございます

萌えですよ〜萌え
鎖鎌スタイルもいいですね

クリップロッドを傾斜のある悪路に使うとすると、ロープを掛けるところは「カラビナ」ではなくて「J」の字になった「ボートを引き寄せる金具」みたいなの大きなものだと細い木の根っこには掛けれそうですね。
またアイディアが出て来ました。

今年もよろしく御願いします
登録日: 2012/7/19
投稿数: 4598
2013/1/7 9:39
 明けまして
おめでとうございます
今年もよろしくお願いいたしまーす

鷲ヶ峰に行かれたのかと思ってました。
やはり難しい所なんでしょうね
高岳は遭難者が出たと聞いて心配してましたよ
登録日: 2010/7/27
投稿数: 1763
2013/1/7 15:07
 yukaly
おめでとう=
もともとアイスクライミングだったので、沢筋の予定!
なので鷲ヶ峰を左手に見て、違うルートを行ってました。

「鷲ヶ峰」は一人じゃ行けないところです。

※今年「鷲」「虎」「龍」とか行きたいけど誰かいない?

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ