また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2565063 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

芦ヶ久保駅→大野峠→高篠峠→白石峠→川木沢ノ頭→剣ヶ峰→堂平山→笠山→高旗山→花水山→石舟山→臼入山→愛宕山→天ノ峰→虚風蔵山→不動沢ノ頭→雨乞山→官ノ倉山→石尊山→小川町駅

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年09月13日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間14分
休憩
1時間46分
合計
12時間0分
S芦ヶ久保駅02:2202:43赤谷バス停02:4403:54大野峠04:0604:23高篠峠04:2804:55白石峠04:5605:06川木沢ノ頭05:1005:18白石峠05:29剣ケ峰05:3705:54堂平山06:2406:39笠山峠06:58笠山07:1108:46タカハタ08:4810:38千部供養板碑群10:3910:43健治二年の板石塔婆10:54深宗水10:5911:03東秩父中学校前バス停11:48臼入山11:5012:18天ノ峰12:2012:23烏森山12:29不動沢ノ頭12:48官ノ倉峠12:5513:00官ノ倉山13:0713:15石尊山13:2113:38北向不動/不動の滝14:07八幡神社14:22小川町駅14:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ザック重量6.5kg
アクエリアス2.5リットル含む(残り750ml)
食事含まず

写真

登りはじめに熊の目撃情報。
かなり躊躇しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りはじめに熊の目撃情報。
かなり躊躇しました。
渡渉ですが渡るのがこの場所一ヵ所だけではなくて上流か下流にも渡りやすそうな場所がありそうでした。
ここを渡ってまたすぐ折り返して渡渉ですが靴が濡れる事はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉ですが渡るのがこの場所一ヵ所だけではなくて上流か下流にも渡りやすそうな場所がありそうでした。
ここを渡ってまたすぐ折り返して渡渉ですが靴が濡れる事はありません。
東屋でザックカバーとゲイターを外して少し休憩しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋でザックカバーとゲイターを外して少し休憩しました
鹿ネットなのか立入禁止なのか分からなかったのですが、先が草で濡れまくっていたので諦めて林道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿ネットなのか立入禁止なのか分からなかったのですが、先が草で濡れまくっていたので諦めて林道を進みます。
当初歩こうと思っていた尾根です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当初歩こうと思っていた尾根です
歩き始めの2:15頃にヘッドライト一番明るくして点灯させ始めて
この時点の4:40に3回点滅して一番暗くなってしまいました。
壊れたのかとかなり焦りました。
見えなくもないのですがスマホのライトを当てながらバッテリーを交換しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めの2:15頃にヘッドライト一番明るくして点灯させ始めて
この時点の4:40に3回点滅して一番暗くなってしまいました。
壊れたのかとかなり焦りました。
見えなくもないのですがスマホのライトを当てながらバッテリーを交換しました。
1
トトロがおった。
ここから迂回して来た川木沢ノ頭に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トトロがおった。
ここから迂回して来た川木沢ノ頭に向かいます
1
電波塔しかありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電波塔しかありません。
唯一見通しが良い場所がありますが、手を伸ばして撮影したので、目視で風景は見えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一見通しが良い場所がありますが、手を伸ばして撮影したので、目視で風景は見えません。
2
ヤマレコだとこの辺に頂上標があってもいいのですが、ありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマレコだとこの辺に頂上標があってもいいのですが、ありません。
登りでは撮影するのを忘れたので下りながら撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りでは撮影するのを忘れたので下りながら撮影。
剣ヶ峰の頂上標?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰の頂上標?
1
風景を見るベストポジションに停めてある車の前から。
左から日の出っぽい雰囲気が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風景を見るベストポジションに停めてある車の前から。
左から日の出っぽい雰囲気が。
1
登山道に看板があるのですが・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に看板があるのですが・・。
登山道を探しても藪しかありませんので林道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を探しても藪しかありませんので林道を進みます。
舗装路がUターンして登って来れたので登ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路がUターンして登って来れたので登ってきました。
頂上標と天文台。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上標と天文台。
1
頂上標とSAOの映画の構図
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上標とSAOの映画の構図
1
川越方面です
管理人さんが昨日の天気からすると今日のこの雲海の風景は珍しいとの事です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川越方面です
管理人さんが昨日の天気からすると今日のこの雲海の風景は珍しいとの事です。
5
秩父の方も綺麗に見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父の方も綺麗に見えました。
1
森林限界っぽい風景のパラグライダー場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界っぽい風景のパラグライダー場
笠山の頂上標ですがこの先の神社の方が見通しが良いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠山の頂上標ですがこの先の神社の方が見通しが良いです。
1
岩場で休んで秩父方面を一枚。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場で休んで秩父方面を一枚。
何かのピーク?
杭が3本打って有りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何かのピーク?
杭が3本打って有りました。
道が良い方に降りてきたらヤマレコアプリに警告を食らいました。
戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が良い方に降りてきたらヤマレコアプリに警告を食らいました。
戻ります。
ここから先はあまり踏まれていません。
お勧めできません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先はあまり踏まれていません。
お勧めできません。
晴れていれば見通しがよさそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていれば見通しがよさそうです
こんな感じの道ばかりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの道ばかりです。
右のピンクの紐の方(激下り)か左のストックが置いてある方か迷って
左のストックの方が下がりも楽そうでみんなの足跡が途中トラバースしているみたいなので進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右のピンクの紐の方(激下り)か左のストックが置いてある方か迷って
左のストックの方が下がりも楽そうでみんなの足跡が途中トラバースしているみたいなので進みます。
降りてきてトラバース路があると思ったら無かったので登り戻して、先程のピンクの紐を激下がりして行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきてトラバース路があると思ったら無かったので登り戻して、先程のピンクの紐を激下がりして行きます。
高旗山(タカハタ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高旗山(タカハタ)
殆どこんな感じの道ばかり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殆どこんな感じの道ばかり。
ヤマレコアプリではこの辺が石舟山のはずなので探しまくります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマレコアプリではこの辺が石舟山のはずなので探しまくります。
山と高原地図を見て戻って来てこのお社を発見しました。
石舟山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山と高原地図を見て戻って来てこのお社を発見しました。
石舟山
ここから出てきました。
左のジャリの坂では無くて中央の細い道から出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから出てきました。
左のジャリの坂では無くて中央の細い道から出てきました。
東屋とジュースと。
生き返る〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋とジュースと。
生き返る〜
1
公園に水道があったので温くても我慢して水分補給。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公園に水道があったので温くても我慢して水分補給。
少し進んだら冷たい水がありました・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進んだら冷たい水がありました・・・。
1
奥沢神社の階段を激上がりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥沢神社の階段を激上がりです。
ここに来る前にトラバース路があるので皆そちらに行くので、ここまで登るのに蜘蛛の巣だらけでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに来る前にトラバース路があるので皆そちらに行くので、ここまで登るのに蜘蛛の巣だらけでした。
愛宕山(頂上標と勝手に思い)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕山(頂上標と勝手に思い)
小川の本田工場が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川の本田工場が見えました
綺麗な道を渡って登ってから振り返って1枚
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な道を渡って登ってから振り返って1枚
虚風蔵山(鳥森山)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虚風蔵山(鳥森山)
不動沢ノ頭(天ノ峰)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動沢ノ頭(天ノ峰)
雨乞山
道標見つからないので杭とケルン?です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞山
道標見つからないので杭とケルン?です
官ノ倉山の古い頂上標
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
官ノ倉山の古い頂上標
2
看板の後ろに歩いて降りられる道がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板の後ろに歩いて降りられる道がありました
ヤマレコアプリだともっと上の方にあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマレコアプリだともっと上の方にあります
すぐ後ろに不動の滝があります
アプリ上はもっと下の方です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ後ろに不動の滝があります
アプリ上はもっと下の方です
登山届のポストがありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届のポストがありました
綺麗なトイレと駐車場と休憩所があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗なトイレと駐車場と休憩所があります
1
八高線の休憩所からです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八高線の休憩所からです
1
14:22に小川町駅に到着して次の列車が14:59。
今回は時間に追われないでゆっくり歩けました。

おつかれさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:22に小川町駅に到着して次の列車が14:59。
今回は時間に追われないでゆっくり歩けました。

おつかれさまでした。
2

感想/記録

本当は4時に登り始めようとルートを決めていたのですが、
意外と早く芦ヶ久保駅に到着してしまったので
余裕を持って出発します。

登りはじめ初っ端から
「クマ注意 令和2年5月21日」
もう少し日が昇ってから?とか思いましたがそのまま登りました。

他の方のレコードで登りはじめに渡渉があるとあったので、
昨日とか雨が降っていたので増水が気になったのですが、
沢を渡れない程増水しているとそこまでが登れないので
渡渉は気にせず登っても大丈夫だと思います。
2回立派な?木製の橋を渡った後に
2回?渡渉があります。
3回目は源流?なので渡渉と言っていいのか分からない場所です。

高篠峠から川木沢ノ頭に登山道を進もうと思ったらネットで入れず、林道を進みます。
4時40分にヘッドライトのバッテリー切れになった時は焦りました。
何があるか分からないのでスペアバッテリーとかスペアライトは必ず携帯しようと思いました。
夜の日和田山でライト系が不具合起したら?と考える経験が出来ていたのがよかったです。
バイクや車で良く来ていた白石峠の急な階段の坂にいつかは登ってみたいと思っていたので
登ったのですが今回の山行で一番直登で急登でした。
ここを次回に回しておけば堂平で日の出が見れたかもしれません。
登っても施設しか無く、頂上標も無く、見渡しも一部しか良くありませんでした。
残念。

パラグライダーの出発点に展望台が昔はあって撤去されたことは知っていたのですが、トイレまで無くなっているとは知りませんでした。
ここから日の出を待とうか見に行ったら車で待っている人がいたので写真だけ取って先に進みます。

堂平に着くと晴れて雲海が凄く綺麗でした。
SAOと同じ構図の写真を撮っていたら天文台の管理人さんが来て色々登山について教えてくれました。
凄く有意義な情報と時間をありがとうございました。
今度時間がある時にもっとお話を聞けたらいいなぁ・・・。

栗山峠から私が通ったルートはお勧めできません。
林道萩帯線までは・・少しは踏み後あるのですが、そこから先は踏み後も消えたり、藪漕ぎもする場所が結構ありました。
激下りもありましたし、途中尾根分岐を楽な方に向かうと大体違うルートです。
地図と等高線をよく見ながら進む方が良いです。

下山して当初の予定は県道11号から歩いて小川町駅まで向かう予定でした。
9時50分に県道11号まで降りて来られたので、縁石に座りながらまだまだ歩き足りなくて近くの山を歩こうと決め、ルートを作成しました。
小川町駅方面にデイリーヤマザキが見えるのですが立ち寄らず、
20分位休憩とルート作成をして安戸から官ノ倉山にすぐ登って小川町駅・・・
と作成して歩き始めますがもう少し歩きたくなって、もう少し先から登ってチョット縦走することにしました。
細窪山(臼入山)まで登ってしまえばドギツイ登り下りは無く、意外と踏まれた道でした。
多分ですが160cm位の方が先に通ってたらしく、蜘蛛の巣がありませんでした。
私が通るとオデコに蜘蛛の巣が引っ掛かりまくったのでそう思って歩いていました。

官ノ倉峠を過ぎて少し登り始めたら今日初めてのハイカー(夫婦)とすれ違いました。
どちらに向かわれますか?と聞くと官ノ倉峠からどっちに行こうかまだ決めかねているという事なので、もし真直ぐ行くのであれば私が通って来たので蜘蛛の巣は全て薙ぎ払って来たので安心してくださいと伝えると笑って答えてくれました。

官ノ倉山と石尊山は展望がそこそこ良かったです。

八高線で小川町駅から高麗駅乗り換えで東飯能駅へ。
そこで西武秩父線に乗り換えて芦ヶ久保駅に戻りました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:431人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ