また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2569003 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

稲子岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年09月14日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間45分
休憩
30分
合計
9時間15分
S唐沢鉱泉08:1510:30中山峠・みどり池まで40分道標13:00稲子岳14:00ニュウ14:3016:00黒百合ヒュッテ17:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
稲子岳分岐から稲子への踏みあとは意外とはっきりしており、テープこそないものの分かりやすい。
展望があるのは稜線に出たところで、砂浜のような場所から硫黄と東天狗がよく見える。しかも周囲にはコマクサが群生し、今回は時期を外していたので葉っぱしかなかったが、シーズンに来れば展望の良い、コマクサのお花畑の穴場である。
ただ、こんな一般登山道もないところなのに、コマクサの群落は電気柵でしっかりとしきられている。きっと地元の山岳会や山小屋で保護しているのだろう。
ここを過ぎると樹間に入り、にゅうまで展望はほぼ無くなる。
稲子の山頂も森の中だ。
ただし、稲子に関してもしっかり北八ヶ岳の森である。
フカフカの苔に覆われた美しい森であることに間違いはない。
稲子からにゅうの間は、さっきまでとうってかわってピンクテープだらけとなる。
一般登山道の数倍の頻度でピンクテープが現れるので迷うことはなさそうだ。
ただし、踏みあとは登山道に比べたら薄く、コメツガの藪こぎが必要なところもあるので、少し体力がいる。
稲子山頂からは若干の下りで、稲子の稜線を下りきり、にゅうとのコルにつけば、そこからはほんの少し急登でにゅう〜中山峠の稜線に出る。
普段なら大したことないが、藪こぎのあとのこの急登は少しツラい
ちなみにこの急登部分だけはピンクテープがない。だから逆ルートで稲子を目指すとき、稲子の稜線に入る部分を見つけるにはよく見ないといけないだろう。
コース状況/
危険箇所等
踏みあとは意外としっかりある
その他周辺情報唐沢鉱泉の外来入浴受付は3時までだよん

写真

稲子岳の展望地から見た東天狗
2020年09月14日 12:34撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲子岳の展望地から見た東天狗
稲子岳山頂
ネットで他の人の記録を見て比べてみると、最近また整備されたのではないだろうか
2020年09月14日 14:24撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲子岳山頂
ネットで他の人の記録を見て比べてみると、最近また整備されたのではないだろうか
1
中山峠から稲子岳をのぞむ
木がない砂場の部分が展望地と思われる
2020年09月14日 15:48撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠から稲子岳をのぞむ
木がない砂場の部分が展望地と思われる

感想/記録

アルプスの山を全て踏破するのは難しいが、八ヶ岳のピークを全て踏破するのは現実的に可能なのではないかと思い、いつか達成したらいいなと軽い気持ちでピークハントを始めたのだが、それでも行きづらいピークがいくつかある。
一般登山道が無いピークは、冷山、美濃戸中山、立場岳、そして稲子岳である。
今回はその中でも主脈から離れてはいるが、アプローチはそこまで遠くない稲子を選んだ。
稲子までのアプローチは、唐沢鉱泉、白駒池、稲子湯とあるが、一番距離の短い唐沢鉱泉からのコースにした。
稲子岳は、およそ南北にゆるやかな稜線を伸ばし、山頂はその真ん中付近にある。
主脈から離れ、ほとんど展望のない山は、いつしか訪れる人も減り、今では地図から消えてしまったのではないだろうか。
しかし、いまだにそれを整備する人がいるし、コマクサの群落がある好展望の場所があることも考えれば、今後もひっそりと、しかし廃れることなくあり続けて欲しいものだ。

今回はそんな有名な八ヶ岳の中で知らない人も多いピークを無事に踏破することができた。
稲子の山頂にはまた行きたいとは思わなかったが、展望地の景色と、咲き誇るコマクサは見たいものである。

立場岳はすでに踏破しているので、今度は冷山と美濃戸中山に行くことにしよう。
でも冷山はともかく、行者小屋まで行って美濃戸中山に登るなんて勿体ないことできるんだろうか。目の前には八ヶ岳の主脈が聳え立っているのに、中山に登るのは勿体ない気がする。もし休みが腐るほどとれて、行者小屋を基点に南八ヶ岳の山々を巡る山行をしたときに、1日だけ雨とかだったらその日に行くことにしよう。

そういえば黒百合ヒュッテに立ち寄った際に、いつもこけももマフィンを食べるタイミングを逃しているのだが、今回こそはと帰りがけにヒュッテに立ち寄り、マフィンありますか?とウキウキしながら聞いたら、3時までです、とあっさり断られてしまった。
いつになったらこけももマフィン食べられるんだろうか。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:170人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ