また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2588835 全員に公開 ハイキング 剱・立山

日帰りアルプス・雲ノ平

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月21日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴天、快晴!(折立⇔太郎平は往復ともガズで涼し。)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
折立の駐車場は、満車。前日8時過ぎの到着。臨時駐車場に何とか停めれた。流石は人気ルート。
往路、国道41号線はそこかしこで工事の対面通路。富山市街地も意外に渋滞。かなりのタイムロス。
復路、昨年通行止めとなっていた岐阜側を選択。有峰湖周遊しての東谷線。東谷ゲートまで、それなりに時間はかかる。ただそれを抜ければ、飛騨市内まで農免道路など駆使しての信号も少ないストレスフリーな道のり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間32分
休憩
1時間47分
合計
14時間19分
Sスタート地点01:4701:52折立01:5301:56十三重之塔 慰霊碑02:30太郎坂02:3403:01青淵三角点03:0203:12積雪深計測ポール04:05五光岩ベンチ04:24太郎兵衛平04:46太郎平小屋04:4705:18第一徒渉点05:1905:25第二徒渉点05:50第三徒渉点06:16カベッケが原06:22薬師沢小屋06:4208:08アラスカ庭園08:2308:48奥日本庭園08:4909:02雲ノ平山荘09:20スイス庭園09:2809:48雲ノ平山荘09:5710:09祖母岳10:1410:24奥日本庭園10:2610:47アラスカ庭園10:4811:49薬師沢小屋12:0712:14カベッケが原12:54第三徒渉点13:09第二徒渉点13:1113:16第一徒渉点13:2414:08太郎平小屋14:1114:27太郎兵衛平14:39五光岩ベンチ15:11積雪深計測ポール15:19青淵三角点15:2515:42太郎坂16:05十三重之塔 慰霊碑16:0616:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
太郎坂は、ガンガン登れる急登で気持ちいい。ただ下りは滑る滑る!
薬師沢から雲ノ平への登りも同じで、下りは少し注意!
その他は、整備が行き届いた人気ルートで、危険と思われる箇所は感じられず。
その他周辺情報帰路は有峰湖を周遊して東谷線。キャンプ場や周遊散歩道もあり、のんびりできそう。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 カメラ ツェルト ストック

写真

亀谷ゲート。
いろいろあったけど、無事通過。
2020年09月20日 19:43撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀谷ゲート。
いろいろあったけど、無事通過。
仮眠を取って、さぁ出発。ここから始まる36Km。
2020年09月21日 01:53撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仮眠を取って、さぁ出発。ここから始まる36Km。
アラレちゃんの図。前回の山行きでは見過ごしてしまった。今回はしっかり確認!
2020年09月21日 02:34撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アラレちゃんの図。前回の山行きでは見過ごしてしまった。今回はしっかり確認!
三角点まで登ってきた。1時間ちょっとで。なかなかいいペース。
2020年09月21日 03:02撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点まで登ってきた。1時間ちょっとで。なかなかいいペース。
太郎平小屋まで来れた。途中からガズガスガス。太郎平小屋でもガス!3時間弱。いいペースは続く。
2020年09月21日 04:43撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平小屋まで来れた。途中からガズガスガス。太郎平小屋でもガス!3時間弱。いいペースは続く。
5時少し前から、太郎平小屋では朝食の準備が。
2020年09月21日 04:46撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時少し前から、太郎平小屋では朝食の準備が。
太郎平の標。ここから薬師沢へ。
2020年09月21日 04:47撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平の標。ここから薬師沢へ。
薬師沢と野口五郎岳への分岐点。
2020年09月21日 04:49撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師沢と野口五郎岳への分岐点。
薬師沢への道すがら。夜も明けて、少しばかり眺望が。
2020年09月21日 06:09撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師沢への道すがら。夜も明けて、少しばかり眺望が。
薬師沢まで来た。右手には黒部川。奥の廊下。川の流れはこの上なく綺麗で早い。
何組かのパーティーが、沢登りへ。やってみたい気も。
2020年09月21日 06:34撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師沢まで来た。右手には黒部川。奥の廊下。川の流れはこの上なく綺麗で早い。
何組かのパーティーが、沢登りへ。やってみたい気も。
薬師沢小屋。
2020年09月21日 06:35撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師沢小屋。
薬師沢小屋の水源だそうです。
2020年09月21日 06:42撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師沢小屋の水源だそうです。
頑張れと書いてあった薬師沢の登山口から、漸く雲ノ平の木道末端。
2020年09月21日 07:47撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑張れと書いてあった薬師沢の登山口から、漸く雲ノ平の木道末端。
最初に見た、アラスカ庭園。まだまだココは序の口だった、雲ノ平。
2020年09月21日 08:24撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に見た、アラスカ庭園。まだまだココは序の口だった、雲ノ平。
黒部五郎岳のカールは、ここから見ても美しい。
2020年09月21日 08:31撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳のカールは、ここから見ても美しい。
木道の向こうに小さく見える槍ヶ岳。この小ささが、こよなくいい。
2020年09月21日 08:34撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道の向こうに小さく見える槍ヶ岳。この小ささが、こよなくいい。
奥日本庭園、剣岳に立山連峰。
2020年09月21日 08:48撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥日本庭園、剣岳に立山連峰。
1
長く長く続く木道は光ってる。なだらかに、そしてのんびりと。
2020年09月21日 08:52撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長く長く続く木道は光ってる。なだらかに、そしてのんびりと。
スイス庭園から水晶岳が眼前に。本当に素敵、本当にカッコいい。
2020年09月21日 09:25撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スイス庭園から水晶岳が眼前に。本当に素敵、本当にカッコいい。
池塘に映える水晶岳。黒岳と呼ばれることに合点がいく。
2020年09月21日 09:28撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘に映える水晶岳。黒岳と呼ばれることに合点がいく。
2
雲ノ平山荘から見る水晶岳と草紅葉も少し。そして水晶に続く木道。
2020年09月21日 09:44撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平山荘から見る水晶岳と草紅葉も少し。そして水晶に続く木道。
1
雲ノ平山荘。遠く見ても近くで見てもカッコいい。
2020年09月21日 09:45撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平山荘。遠く見ても近くで見てもカッコいい。
1
雲ノ平山荘からの眺め。広いなぁ。
2020年09月21日 09:46撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平山荘からの眺め。広いなぁ。
1
雲ノ平山荘の図。眠い。ここまで、折立から早や8時間。何日も本と山で過ごした。
2020年09月21日 09:49撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平山荘の図。眠い。ここまで、折立から早や8時間。何日も本と山で過ごした。
1
この日、4つ目の彼女が握ってくれたおにぎり。
2020年09月21日 09:50撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日、4つ目の彼女が握ってくれたおにぎり。
1
さぁ、後は祖母岳に寄って帰路だ。10時前なのに残念だが。
2020年09月21日 09:56撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、後は祖母岳に寄って帰路だ。10時前なのに残念だが。
槍穂、水晶、剱、立山、薬師、黒部五郎
名峰に囲まれる、正にアルプス庭園。
2020年09月21日 10:11撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂、水晶、剱、立山、薬師、黒部五郎
名峰に囲まれる、正にアルプス庭園。
アルプス庭園からの槍穂は彼方に。遠いなぁ。
2020年09月21日 10:11撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルプス庭園からの槍穂は彼方に。遠いなぁ。
水晶は登っても、眺めても、いい。
2020年09月21日 10:14撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶は登っても、眺めても、いい。
2
木道はきれいに続き、雲ノ平山荘も。天国やなぁ。
2020年09月21日 10:16撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道はきれいに続き、雲ノ平山荘も。天国やなぁ。
1
帰ってきた。薬師沢。
やはり、清流には日光が必要。
水の美しさが際立つ。
2020年09月21日 11:55撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰ってきた。薬師沢。
やはり、清流には日光が必要。
水の美しさが際立つ。
1
左俣出合。
三本ある渡渉。薄明の往路では寄木かと。鉄製だと帰路で分かる。
2020年09月21日 12:54撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣出合。
三本ある渡渉。薄明の往路では寄木かと。鉄製だと帰路で分かる。
太郎平手前。ここで水晶とも薬師ともお別れ。
2020年09月21日 13:58撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平手前。ここで水晶とも薬師ともお別れ。
太郎小屋は、流石の賑わい。今年はこんな風景も少なかったのだろう。
2020年09月21日 14:12撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎小屋は、流石の賑わい。今年はこんな風景も少なかったのだろう。
五光岩ベンチ。朝は山の中。帰りは霧の中。
2020年09月21日 14:39撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五光岩ベンチ。朝は山の中。帰りは霧の中。
何だ、これは。
調べてみると、積雪深計測ポールと。
何ともはやな、豪雪。
2020年09月21日 15:11撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何だ、これは。
調べてみると、積雪深計測ポールと。
何ともはやな、豪雪。
有峰湖が輝く。
2020年09月21日 15:14撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有峰湖が輝く。
帰路は、岐阜側から。
有峰湖のダムを周遊して。
2020年09月21日 16:37撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路は、岐阜側から。
有峰湖のダムを周遊して。

感想/記録

山の先輩たちにも、彼女にも、日帰りで行くような処でないと、言われていたが。
本当に、その通り。

時間を全て忘れたい。
本を沢山持込みたい。
駆け抜ける歓びを感じる以上に。

水晶を目指して、折立からの雲ノ平。
だんだん期待と眺望が開けるドラマ。
水晶は登っても眺めてもカッコいい。
槍穂、黒部五郎、薬師、剱立山連峰。
山に囲まれている感、一緒にいる感。

テン泊でも山荘泊でも、
数日はゆっくりしたい。

が、あに図らずの日帰りアルプス。
16時に折立、そんな(意味の薄い)目標。
登りの速度を上げても、あちこちの庭園を楽しんでいては、やはり日本庭園までは到達出来そうにない。スイス庭園止まり。また来よう、とのモチベーションが上がると、妙な納得感に浸る。

それでも、太郎坂や薬師沢からの急登は、何とも楽し。ガンガン登れる坂バカに。と言っても、北斜面や沢へのルート。水っぽい岩は、下りに気を遣う。難易度の高くないこのルートであっても、なかなか厳しい。

クルマでのアプローチ
富山側からの方が一般的。名古屋方面からなれば、東海北陸道の利用だが富山市街は意外に混む。昨年は閉鎖されていた岐阜側は有峰湖の周遊でワインディングロードを楽しめる。時間もそれほど変わらず、オススメかも。

この夏、なかなか山行きのチャンスも少なく、ましての晴天。いい山旅ができた。



【photos】
https://photos.app.goo.gl/nCzX726hxuSzy9xD8







お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:281人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ