また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2593191 全員に公開 トレイルラン 奥武蔵

FTR飯能25K試走

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年09月22日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴天
アクセス
利用交通機関
電車
飯能駅南口のコンビニで飲み物を用意

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4~0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間21分
休憩
49分
合計
6時間10分
Sスタート地点07:4007:51飯能中央公園08:10多峯主山08:1408:25飯能アルプス永田入口08:38久須美ケルン08:3908:46久須美坂08:57かまど山入口09:1358号鉄塔09:19東峠09:36天覚山09:4410:07東吾野駅10:2310:26吾那神社10:2710:48橋本山10:5411:09ユガテ11:32北向地蔵・ユガテ・土山集落分岐11:36愛宕山11:3711:43北向地蔵11:4411:53小瀬名富士12:09駒高集落12:1312:16高指山12:1912:28日和田山12:2912:33金刀比羅神社12:3512:36日和田山 男岩・女岩12:41日高市ふるさとの森12:46日和田山登山口13:06高麗峠13:10萩の峰13:1113:32天覧山中段13:49飯能駅13:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
昨年の台風による影響と思われる危険箇所などは殆どなし
トウノス山頂上からの下りはコースが幾つか分岐するので注意
トラッキングレコードは間違って住宅街に下りてからコース復帰
前日の雨で一部の粘土質のルートは良く滑る
その他周辺情報東吾野駅では自動販売機で飲み物補給可能、駅の外にトイレもあり。

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 着替え ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル

感想/記録

レースの時間制限8時間に間に合うことを目標にゆっくりラン。
コースは本来の設定ルートとは異なり、飯能駅南口をスタートとゴール。
最後はショートカットして多峯主山を通らずに天覧山から駅へ。

追記:北向地蔵から小瀬名富士までコース間違いしている。レースでは権現堂の南を通るので、下記の感想は一部間違い。ある意味楽しみを残している。笑

飯能中央公園から多峯主山
コースは狭くウォーミングアップがてらゆっくり行くのが良さそう。
この先飛ばしたければ前のほうのグループに入れるよう公園から急ぐ。

多峯主山からの下り
雨上がりだったので非常に滑りやすかった。抜きどころ抜かれどころはないが、下山してから少しのロードで調整が出来そう。その後の久須美への上りも基本狭い。

東峠まで
小さなアップダウンがいつまでも続くので微妙に体力を削られ続ける。後半に向けて体力温存しながら進む。展望無く足元だけ見てればよい。

東峠から天覚山への上り
前半戦の一番の急登。ここは本当にきついので後続の邪魔にならないように登りたい。頂上すぐ下の広場のような平らなところで多少休憩できそう。東吾野駅まで20分で行けるので、休憩は先延ばしでも可。

天覚山から東吾野駅
山の出口まで10分の急斜面。舗装路を横切ってさらに森のなかを進むが石が多いのでそれほど早くは走れない、気を抜くと足首やってしまう。それなりに角度がある斜面なので下りを走らされている感じで地味にきつい。

東吾野駅から吾那神社を通過して橋本山
橋本山を巻かずに登るのであれば頂上直前はきつい。
天覚山から駅に一度下りてからの登り返しなので後半戦の最初の難所。
ユガテ直前はコースが広く走りやすい。

ユガテから北向地蔵
右は崖のシングルトラックを行くので危ない
少し下りてから再び軽く登るので気持ちを切らさないようのんびりと。

北向地蔵から日和田山
道幅広く走りやすい非常に楽しめる場所。
舗装路に出たところの茶屋に自販機もあるので補給可能。
高指山脇からは舗装路からトレイルへ、滑りやすい岩と粘土質の地面でテクニカル。
日和田山頂上以降は基本的に下りなのでスピードが出すぎないよう注意。

高麗峠
しばらく一般道の舗装路が続くので基本はなるべく走る。
峠はゆるやかな上りの森林を行くので無理せず歩く。
登りきったあとはフラットな土の地面なので土の感触を楽しみ走る。
一般道への下りは雨上がりでかなり滑りやすかった。

多峯主山にはよらずに天覧山へ寄ってゴール
試走ではショートカットしたが、最後に多峯主山を登るのはしんどいだろう。

かなりのんびり歩きと走りを混ぜたが28km程の行程で6時間。
当日はランナー渋滞で関門を突破できないとまずいが、完走目指すだけであれば、それほど難しいレースではないようだ。



お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:177人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 地蔵
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ