また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2595197 全員に公開 ハイキング 道南

横津岳・袴腰岳 《北海道百名山》

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月19日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新函館北斗駅からレンタカーで旧横津岳国際スキー場への道を登る。(悪路)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間17分
休憩
25分
合計
3時間42分
S林道ゲート11:3812:03袴腰岳分岐12:12横津岳12:1612:22横津神社12:2512:36レーダー横登山口13:04烏帽子岳13:0613:34袴腰岳13:4514:37レーダー横登山口14:46袴腰岳分岐15:10ばんだい号遭難碑15:1515:20林道ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
横津岳までは舗装道路、袴腰岳へは最後の電波塔から登山道
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

写真

林道ゲートの駐車場
2020年09月19日 11:39撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道ゲートの駐車場
林道ゲート
2020年09月19日 11:40撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道ゲート
横津岳(1,167m)
山頂に国土交通省航空監視レーダー
2020年09月19日 12:03撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横津岳(1,167m)
山頂に国土交通省航空監視レーダー
横津岳(1,167m)山頂
国土交通省航空監視レーダー
山頂標識はない
2020年09月19日 12:14撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横津岳(1,167m)山頂
国土交通省航空監視レーダー
山頂標識はない
渡島駒ヶ岳(1,131m)
2020年09月19日 12:15撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡島駒ヶ岳(1,131m)
1
函館山(334m)
2020年09月19日 12:16撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
函館山(334m)
横津岳山頂付近に横津神社が鎮座
2020年09月19日 12:22撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横津岳山頂付近に横津神社が鎮座
神社の傍に沼がある
2020年09月19日 12:24撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の傍に沼がある
1
袴腰岳への分岐
2020年09月19日 12:27撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袴腰岳への分岐
最後の電波塔の傍らに”レーダー横登山口”がある
2020年09月19日 12:35撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の電波塔の傍らに”レーダー横登山口”がある
エゾオヤマリンドウ
2020年09月19日 12:36撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾオヤマリンドウ
1
袴腰岳(1,108m)、烏帽子岳(1,078m)
レーダー横登山口
2020年09月19日 12:38撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袴腰岳(1,108m)、烏帽子岳(1,078m)
レーダー横登山口
草原の登山道にスノーモービル乗入規制の看板
自動車バイクまで書かれている
2020年09月19日 12:56撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草原の登山道にスノーモービル乗入規制の看板
自動車バイクまで書かれている
烏帽子沼湿原
僅かに沼が残る
2020年09月19日 12:57撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子沼湿原
僅かに沼が残る
烏帽子岳(1,078m)山頂
2020年09月19日 13:04撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳(1,078m)山頂
袴腰岳(1,108m)
烏帽子岳山頂より
2020年09月19日 13:06撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袴腰岳(1,108m)
烏帽子岳山頂より
袴腰岳(1,108m)山頂
2020年09月19日 13:34撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袴腰岳(1,108m)山頂
1
袴腰岳山頂の1等三角点「袴腰山」
2020年09月19日 13:36撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袴腰岳山頂の1等三角点「袴腰山」
1
恵山(618m)
袴腰岳山頂より
2020年09月19日 13:36撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵山(618m)
袴腰岳山頂より
「憩野森」は金属板を切り抜いた標識
白樺林が広がる
2020年09月19日 14:03撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「憩野森」は金属板を切り抜いた標識
白樺林が広がる
前沼湿原(第1湿原)
2020年09月19日 14:27撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前沼湿原(第1湿原)
ばんだい号遭難碑
2020年09月19日 15:08撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ばんだい号遭難碑
烏帽子岳(1,078m)、袴腰岳(1,108m)
ばんだい号遭難碑より
2020年09月19日 15:15撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳(1,078m)、袴腰岳(1,108m)
ばんだい号遭難碑より

感想/記録

 七飯大川ICから嘗ての横津岳国際スキー場への道に入ると道の真ん中にコーンが置かれ進入を阻止されていた。何の表示もないので横にずらして入って行くと今度は災害復旧工事云々のゲートがあったがすり抜けて入っていった。一応舗装はされているが穴ぼこだらけの酷い路面で、雨裂で深い溝ができ填まったら身動きできなくなりそうだ。右に左に躱し標高960mのゲート前まで上がった。
 “ばんだい号”遭難碑の駐車場に車を止めゲートを越えると道は良くなり電波塔群の保守専用道路となった。2卍保守道路をなだらかに進むと草原状の稜線となり展望よく気持ちが良い。レーダードームが鎮座するピークが横津岳で山頂まで保守道路が続いている。山頂直下に至って少々傾斜が急になり、横津岳(1,167m)山頂に到った。レーダードームは国土交通省の航空監視レーダーで大阪と千歳の便はこの上を飛んでいる。遮るもののない山頂は風が強く肌寒い。北の方には渡島駒ヶ岳(1,131m)の特異な姿が望め、これから向かう袴腰岳の姿も確認できた。
 引き返すと袴腰岳への分岐の手前に白い鳥居があり、来る時気になっていたので入って行くと横津神社が鎮座していた。傍には沼があり地形図にも記載されていた。分岐を西に進むといろんなタイプの電波塔が3基あり、3基目の電波塔で車道が途切れ登山道となった。「レーダー横登山口」と表示があり袴腰岳まで続く。草原の登山道が大きく括れた所は前沼湿原で笹原の中に植生の違う部分があり、嘗て湿原だったことが分かるが池塘は干上がって草原化してしまっている。2つ目の烏帽子沼湿原はまだ沼が残り、湿原の変化を見ることができた。案内板によるとノハナショウブやタチギボウシ、ツルコケモモが咲くそうだ。
 登りに転じ辿り着いた所は烏帽子岳(1078m)で縦走路から見ると全く烏帽子を感じない。南東斜面が切り立っているので見る角度で烏帽子に見えるのかもしれない。東側の鞍部に下ると白樺の林で「憩野森」と金属板を切り抜いた標識があった。登り返しは100m余りあり急登となった。稜線に乗り上がっても山頂ではなく南東端まで行って袴腰岳(1108m)山頂に到った。1等三角点「袴腰山」があり、南の方の展望が素晴らしく函館山(334m)や恵山(618m)を望むことが出来た。
 登山口のゲート傍らにあった登山ポストには30分前に入山した人の記載があったが此処までここまで来ても会うことはなかった。結構見通しの利く稜線だったのに不思議だ。来た道を引き返し烏帽子岳には登らず北側の巻き道でショートカットしレーダー横登山口に帰着した。車道歩き1.8劼妊押璽箸北瓩辰拭E仍灰櫂好箸傍着時刻を記帳すると件の先客は12分前に下山した記録がありもう車はなかった。益々不思議が深まった。
 “ばんだい号”慰霊碑に足を伸ばしお参りした。ばんだい号は、昭和46年7月3日に丘珠空港を飛び立ち函館を目指していた当時の東亜国内航空の旅客機で濃霧のため横津岳の山腹に激突し68人が犠牲となった航空事故だった。慰霊碑の前には古くなっていたが花束が供えられていた。
 駐車場に戻り登山を終えると今夜の宿泊地真駒内川上流の熊戻夜営場にある狩場山山小屋へと向かった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:520人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雨裂
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ