また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2596108 全員に公開 沢登り 白山

奥美濃 ブナゴヤ谷から別山谷往復(荘川水系尾上郷川)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月21日(月) ~ 2020年09月22日(火)
メンバー
 mishiha(CL)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間34分
休憩
27分
合計
9時間1分
S石徹白登山口07:3707:46石徹白の大杉09:13神鳩ノ宮避難小屋09:4016:38宿泊地
2日目
山行
7時間5分
休憩
26分
合計
7時間31分
宿泊地07:0012:55神鳩ノ宮避難小屋13:2014:22石徹白の大杉14:2314:28石徹白登山口14:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
9/21 石徹白登山口7:37〜神鳩避難小屋9:13-40〜20m大滝上11:23〜ブナゴヤ谷1260m12:40〜ブナゴヤ東の谷1240m13:05-21〜別山谷14:08〜幕営地15:43
9/22 幕営地7:06〜ブナゴヤ東の谷出合7:40〜ブナゴヤ東の谷1240m8:22〜ブナゴヤ谷1260m8:45〜20m大滝下高巻き開始10:46〜神鳩避難小屋12:55-13:20〜石徹白登山口14:28

装備

個人装備 タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 調理用食材 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 保険証 携帯 時計 カメラ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ スリング ロープスリング キャメロット 渓流シューズ 食器 テントマット ストック サングラス
共同装備 ロープ ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター タープ 調理用食材 調味料

写真

白山石徹白登山口より。駐車場は満車に近い状態で、下段に駐めることができた。
2020年09月21日 07:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山石徹白登山口より。駐車場は満車に近い状態で、下段に駐めることができた。
石徹白大杉
2020年09月21日 07:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石徹白大杉
神鳩避難小屋。ここで沢装備をつける。
2020年09月21日 09:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神鳩避難小屋。ここで沢装備をつける。
神鳩避難小屋上の小ピークを越えたコルより下降開始。最初は藪漕ぎだが、すぐに沢地形になる。
2020年09月21日 09:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神鳩避難小屋上の小ピークを越えたコルより下降開始。最初は藪漕ぎだが、すぐに沢地形になる。
水が出てきた。
2020年09月21日 10:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水が出てきた。
滝が出てきた。5m滝は左岸から巻き下る。
2020年09月21日 11:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝が出てきた。5m滝は左岸から巻き下る。
1
大きな滝が進路を遮る。2段20m滝の落口。
2020年09月21日 11:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな滝が進路を遮る。2段20m滝の落口。
懸垂下降にて。
2020年09月21日 11:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂下降にて。
また滝。左岸から巻く。
2020年09月21日 11:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また滝。左岸から巻く。
これも左岸から巻いた。
2020年09月21日 12:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも左岸から巻いた。
1260ぐらいになると右岸側の尾根が低くなるので、下部のゴルジュを避けるために尾根を乗っ越して1つ東の沢に移る。
2020年09月21日 13:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1260ぐらいになると右岸側の尾根が低くなるので、下部のゴルジュを避けるために尾根を乗っ越して1つ東の沢に移る。
滝はあるが左岸から巻ける。
2020年09月21日 13:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝はあるが左岸から巻ける。
5m滝は懸垂下降したが、右岸からいけそう。
2020年09月21日 13:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5m滝は懸垂下降したが、右岸からいけそう。
別山谷に出た。
2020年09月21日 14:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山谷に出た。
右岸に草地の台地があったので、幕営地とする。
2020年09月21日 18:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸に草地の台地があったので、幕営地とする。
2
翌日は往路を戻る。
2020年09月22日 07:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日は往路を戻る。
ブナゴヤ谷出合。出合から行こうとも思ったが、往路に使った1つ東の谷からにする。
2020年09月22日 07:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナゴヤ谷出合。出合から行こうとも思ったが、往路に使った1つ東の谷からにする。
1つ東の谷の出合。
2020年09月22日 07:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1つ東の谷の出合。
5m滝は左を登れた。
2020年09月22日 07:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5m滝は左を登れた。
次の4m滝は左岸から巻く。
2020年09月22日 07:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の4m滝は左岸から巻く。
尾根越えへ。
2020年09月22日 08:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根越えへ。
10m滝は左岸から巻く。
2020年09月22日 10:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m滝は左岸から巻く。
藪漕ぎ登りに苦労するHくん。
2020年09月22日 10:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪漕ぎ登りに苦労するHくん。
2段20m滝は手前から大きく左岸を高巻く。
2020年09月22日 10:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段20m滝は手前から大きく左岸を高巻く。
高巻きは藪漕ぎ。
2020年09月22日 10:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高巻きは藪漕ぎ。
いい感じで沢に戻れ、5m滝は右を直登。
2020年09月22日 11:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じで沢に戻れ、5m滝は右を直登。
シャワーを浴びながら。
2020年09月22日 11:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャワーを浴びながら。
その上は源頭の雰囲気となり。
2020年09月22日 11:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上は源頭の雰囲気となり。
ナメもあり。
2020年09月22日 12:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメもあり。
水流がなくなり、最後の詰めへ。
2020年09月22日 12:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水流がなくなり、最後の詰めへ。
最後は藪漕ぎにて稜線に出る。
2020年09月22日 12:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は藪漕ぎにて稜線に出る。
神鳩避難小屋で沢装備を解除。
2020年09月22日 12:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神鳩避難小屋で沢装備を解除。
アサギマダラ
2020年09月22日 14:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサギマダラ
満天の湯で汗を流し、腹を満たす。
2020年09月22日 16:01撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満天の湯で汗を流し、腹を満たす。
1

感想/記録

シルバーウィーク後半は、石徹白から山越えにて、1泊2日で荘川水系尾上郷川上流部の別山谷を往復してきた。
白山石徹白登山口の駐車場は上段は満車であったが、下段になんとか駐めることができた。白山の登山口の中では本峰から遠いためマイナーなのだが、それでもたくさんの登山者がいることに驚いた。まずは神鳩避難小屋まで登り、避難小屋にて沢支度をする。避難小屋上の小ピークを越えたコルからブナゴヤ谷へ下降する。最初は少し藪漕ぎになるが、すぐに沢地形となる。下降して行くにつれて水量も多くなり、イワナが走るようになる。やがて滝も出てきて、2段20mの大滝が我々を遮る。この大滝は30mロープを2本結んで懸垂下降した。次の10m滝は左岸から巻き下りた。1260ぐらいになると右岸側の尾根が低くなるので、下部のゴルジュを避けるために尾根を乗っ越して1つ東の沢に移る。この沢も滝が3つぐらいあったが、巻いて下りることはできる。別山谷に下りたら、しばらく進み、右岸に見つけた高台の草地にて幕営(ターブ泊)した。
薪にはすぐに火がつき、快適な夜となった。2人でもってきた酒類はすべて飲み干した。夜は星空を観ながらすぐに眠りについた。ターブ泊だが、朝は寒さは感じなかった。
翌日は往路を戻る。前日に懸垂下降した問題の20m大滝は左岸から大きく巻いた。我ながらなかなかよいル−ファイで谷に戻ることができた。あとは往路をそのまま詰めて無事稜線に出て、神鳩避難小屋で沢装備を解除して下山した。4日間の疲れが出た最終日だったが、沢では人と会うこともなく、釣果もありで、満足な4日間であった。

記録はブログにもアップしてます。
http://mamezou.cocolog-nifty.com/mamezoudiary/2020/09/post-52450a.html
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:111人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/2/2
投稿数: 549
2020/9/25 13:03
 近くで寝てました
mishiha様、山スキーで白馬乗鞍の成城大学小屋でお会いして以来です、graveltrekです。

私も同日、mishiha様より少し上流のカラスノウシロ谷の出合で幕営していました、どうやら500mほど上流に居た様です。
下山後にktn92さんより、mishiha様も同じ所へ入山されて居た事を聞きました。

どうやら、本流に降り立ったのは私の方が時間が早かった様ですが、本流の河原に足跡が有りましたので、このレコを拝見するまでmishiha様が先行されて居たものと思って居ました。
お会い出来ればよかったのに、残念でした。
登録日: 2008/3/19
投稿数: 24
2020/9/25 13:56
 Re: 近くで寝てました
graveltrekさん、ご無沙汰しております。
コメント有り難うございます。
ヤマレコの「最近の登山で会ったかも?」情報で、9/21は我々以外に2組が別山谷を歩いていることは確認していました。
1度お会いしたことのあるgraveltrekとは思いませんでした。
我々も当初の予定ではカラスノウシロ谷の遡行を考えていましたが、ブナゴヤ谷で結構イワナの魚影を見たので、翌日は釣りをしながら往路を戻ろうと計画を変更してしまいました。
私の気が変わったことで、お会いできずに残念です。
またどこかでお会いしましょう。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ