また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2598690 全員に公開 ハイキング 槍・穂高・乗鞍

表銀座・中房温泉〜一ノ沢。

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年09月20日(日) ~ 2020年09月23日(水)
メンバー
天候4日間ほぼ晴れ。
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間20分
休憩
0分
合計
6時間20分
Sスタート地点07:4007:40中房温泉登山口07:40第1ベンチ07:40第2ベンチ07:40第3ベンチ07:40富士見ベンチ07:40合戦小屋07:40合戦山14:00ベンチ14:00燕山荘
2日目
山行
5時間20分
休憩
0分
合計
5時間20分
燕山荘06:4006:40蛙岩06:40大下りの頭06:40小林喜作レリーフ06:40槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐11:00大天荘12:00大天井岳12:00大天荘12:00宿泊地
3日目
山行
5時間30分
休憩
0分
合計
5時間30分
宿泊地08:0011:00常念小屋11:00三股への分岐点13:30常念岳13:30三股への分岐点13:30常念小屋
4日目
山行
3時間10分
休憩
0分
合計
3時間10分
常念小屋07:2008:30最終水場10:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手書き、コースタイムはだいたいです。
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

写真

中房温泉で登山届を提出。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中房温泉で登山届を提出。
例によって急登。二回目になるとたいがい前回より余裕がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
例によって急登。二回目になるとたいがい前回より余裕がある。
多分第一ベンチ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分第一ベンチ。
燕岳が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳が見えてきた。
テント場は30張り予約制。ゆっくり来たのでトイレ側、ちょっと匂う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場は30張り予約制。ゆっくり来たのでトイレ側、ちょっと匂う。
こちら側は夕陽がみられる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちら側は夕陽がみられる。
1
小屋の周辺は皆マスク姿。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の周辺は皆マスク姿。
1
大天井へ向けて出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井へ向けて出発。
大天井へと続く尾根の登山道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井へと続く尾根の登山道。
爽快な景色です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爽快な景色です。
大天井がでかくなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井がでかくなってきた。
歩いてきた尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた尾根。
大天井前、最後の登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井前、最後の登り。
振り返った景色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返った景色。
テント場から見た槍方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場から見た槍方面。
テント場と星空。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場と星空。
大天荘と天の川。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天荘と天の川。
テント場と天の川。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場と天の川。
大天井岳と天の川。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳と天の川。
小屋の前で御来光を待ちます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の前で御来光を待ちます。
朝焼けが始まる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けが始まる。
朝陽を狙うカメラマン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽を狙うカメラマン。
雲海から登る太陽。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海から登る太陽。
早立ちの登山者。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早立ちの登山者。
朝日を受けたテントと登山者。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を受けたテントと登山者。
あれだけあったテントが8時にはすっかりこの通りに、我々はほぼビリのスタートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれだけあったテントが8時にはすっかりこの通りに、我々はほぼビリのスタートです。
明るくなって槍方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなって槍方面。
常念へ向けて出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念へ向けて出発。
常念方面。
雲海の奥に小さく富士山も、南アルプス、八ヶ岳もあるはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念方面。
雲海の奥に小さく富士山も、南アルプス、八ヶ岳もあるはず。
常念へ続く登山道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念へ続く登山道。
サルの群れが登山道にボス猿だろうか一匹威嚇してくる奴がいて少々足止めを食らう、しばらく様子を見てから目を合わせずに通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルの群れが登山道にボス猿だろうか一匹威嚇してくる奴がいて少々足止めを食らう、しばらく様子を見てから目を合わせずに通過。
昨日から続く爽快な尾根歩き流石の人気ルートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日から続く爽快な尾根歩き流石の人気ルートです。
常念小屋へ最後の降り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念小屋へ最後の降り。
テント設営後、常念へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント設営後、常念へ。
あいにくガスが湧いてきてしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あいにくガスが湧いてきてしまった。
山頂付近に雷鳥。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近に雷鳥。
1
最終日、一ノ沢へ下山開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終日、一ノ沢へ下山開始。
尾根と別れ谷へ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根と別れ谷へ、
沢沿いの登山道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いの登山道。

感想/記録




大天荘のテント場から槍ヶ岳方面。




大天荘前から見たご来光。




常念小屋テント場から槍ヶ岳方面、そんなに焼けなかった朝焼け。

夜勤明けで寝て起きるとカミさんから燕山荘のテント場に空きが出たんだけどすぐに埋まっちゃったと聞かされた。今シーズンは例のあれによって山小屋もテント場も予約制のところが多い。この連休は自粛かwithか様子を見ていたが、お盆中に出たような県外への移動は控えるようになるものは見かけない。裏磐梯辺りのキャンプ場に泊まって磐梯山でも登ろうかと考えていたが、燕山荘のHPを見てみると再びテント場に空きが出ていたので速攻で予約した。登山装備にマスクと消毒液を持って自宅を出発、急いで用意したせいかステーキを買ったのにフライパンを忘れた。燕山荘の売店で「フライパンとかって売ってたりしますか?」と聞いたらさすがに苦笑い。ここと涸沢ヒュッテならもしかしたらと思ってしまう(笑)ちなみにステーキは鍋で焼いた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:143人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ