また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2604532 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

六甲山〜知らないルートに四苦八苦〜

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月27日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りときどき小雨、のち快晴
アクセス
利用交通機関
自転車
JR摂津本山駅に駐輪。
そのまま保久良神社参道を通って六甲山最高峰へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
1時間0分
合計
6時間20分
Sスタート地点09:3009:45阪急電車岡本駅10:05保久良神社10:1010:55風吹岩11:0011:10荒地山への分岐11:40雨ヶ峠11:4511:55本庄橋跡12:00本庄堰堤北側の分岐12:50一軒茶屋13:00六甲山13:3513:40一軒茶屋14:15極楽茶屋跡14:30六甲ガーデンテラス14:4014:50みよし観音15:10油コブシ下山口15:15六甲ケーブル山上駅15:50六甲ケーブル下駅15:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
休憩は雨ヶ峠、六甲山頂、六甲ガーデンテラス。
コース状況/
危険箇所等
七曲り付近が崩落のため、今回は黒岩谷沿いにある道を代わりに使用したのですが、
取りつきが非常にザレているので注意が必要です。
その他周辺情報一軒茶屋は営業中でした。

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ
備考 晴れ予報だったのですが、登りの道中は小雨が降り続きました。
降っていなくても簡易的な雨具は持参すべきだと痛感しました。
基本は半袖のシャツでしたが、標高が上がる度に体感温度も低下し寒く感じました。
長袖のシャツ、もしくはソフトシェルを持参すべきだと思います。

写真

阪急岡本駅。
ここから保久良神社の参道を通って六甲山最高峰を登ります。
2020年09月27日 09:46撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阪急岡本駅。
ここから保久良神社の参道を通って六甲山最高峰を登ります。
1
高級住宅街を通って保久良神社の参道に到着。
2020年09月27日 09:53撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高級住宅街を通って保久良神社の参道に到着。
2
これは…ナナフシでしょうか??
2020年09月27日 09:55撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは…ナナフシでしょうか??
2
保久良神社の参道沿いにイノシシ発見。すぐそばに2頭の子供もいました(子供はだいぶ大きくなっててあまり可愛くなかった)。
2020年09月27日 10:03撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保久良神社の参道沿いにイノシシ発見。すぐそばに2頭の子供もいました(子供はだいぶ大きくなっててあまり可愛くなかった)。
9
保久良神社に到着。
スタートから約20分。まずまずです。
2020年09月27日 10:05撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保久良神社に到着。
スタートから約20分。まずまずです。
3
いつの間にか干支のデフォルメされた石像が並んでました。
2020年09月27日 10:08撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にか干支のデフォルメされた石像が並んでました。
2
何の花でしょうか?
こっちの勉強もしないといけませんね。
2020年09月27日 10:17撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の花でしょうか?
こっちの勉強もしないといけませんね。
1
金鳥山への登りは相変わらず段差の高い階段道。
2020年09月27日 10:18撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金鳥山への登りは相変わらず段差の高い階段道。
2
これはツユクサですね。結構咲いてました。
2020年09月27日 10:32撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはツユクサですね。結構咲いてました。
1
これは何の木の実でしょう??
2020年09月27日 10:33撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何の木の実でしょう??
1
岩がゴロゴロしてきました。
風吹岩までもう少し。
2020年09月27日 10:51撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩がゴロゴロしてきました。
風吹岩までもう少し。
3
風吹岩に到着。
ここまで1時間ちょっとです。
2020年09月27日 10:54撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風吹岩に到着。
ここまで1時間ちょっとです。
3
風吹岩の一部が崩れてました。
そこを巻いて岩を登りパチリと一枚。
2020年09月27日 10:55撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風吹岩の一部が崩れてました。
そこを巻いて岩を登りパチリと一枚。
5
ゴルフ場のゲートゾーンに入りました。
ここからの登りがじんわり辛いんですよね…。
2020年09月27日 11:19撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルフ場のゲートゾーンに入りました。
ここからの登りがじんわり辛いんですよね…。
1
幹に巻き付くようにキノコが…。
もはやオブジェと化してます。
2020年09月27日 11:23撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幹に巻き付くようにキノコが…。
もはやオブジェと化してます。
2
雨ヶ峠に到着。
軽く息を整え、立ったままで休息を摂ります。
2020年09月27日 11:38撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨ヶ峠に到着。
軽く息を整え、立ったままで休息を摂ります。
1
雨ヶ峠のシンボル?
大きなアカマツですねー。
2020年09月27日 11:38撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨ヶ峠のシンボル?
大きなアカマツですねー。
3
本庄橋手前の渡渉地点。
2020年09月27日 11:53撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本庄橋手前の渡渉地点。
1
小さくて可憐な花が咲いてました。
2020年09月27日 11:54撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さくて可憐な花が咲いてました。
1
どっちにするか迷ったんですが、久々のこともあり本庄橋跡に行きたくなったので左の道を歩きます。
2020年09月27日 11:56撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どっちにするか迷ったんですが、久々のこともあり本庄橋跡に行きたくなったので左の道を歩きます。
2
本庄橋跡付近。
水の音を聞きながら休憩するのは気持ちいいです。
2020年09月27日 11:59撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本庄橋跡付近。
水の音を聞きながら休憩するのは気持ちいいです。
1
七曲りの手前にいっぱい咲いてました。
2020年09月27日 12:02撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曲りの手前にいっぱい咲いてました。
2
七曲りへ下る道が通行止め…。
土樋割峠方面に向かいます。
2020年09月27日 12:02撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曲りへ下る道が通行止め…。
土樋割峠方面に向かいます。
1
七曲りを巻くように土樋割峠を通って黒岩谷の渡渉地点を渡ると、いかにも急造な感じの道がありました。
砂利を敷いていただいているのはいいのですが、すごくザレてて歩きにくい…。
2020年09月27日 12:11撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曲りを巻くように土樋割峠を通って黒岩谷の渡渉地点を渡ると、いかにも急造な感じの道がありました。
砂利を敷いていただいているのはいいのですが、すごくザレてて歩きにくい…。
2
尾根道に到着。こんな道あったんですね!
でもこの道、尾根の幅が非常に狭くてしかも登りっぱなしです。
ロープが設置されている箇所も何ヶ所かありました。
2020年09月27日 12:21撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道に到着。こんな道あったんですね!
でもこの道、尾根の幅が非常に狭くてしかも登りっぱなしです。
ロープが設置されている箇所も何ヶ所かありました。
5
尾根道(後半はほとんど笹道)を登り、明るいところに出てみると…なんと一軒茶屋のすぐ横にヒョッコリ出てきました。
出てきた道を見てみるとまるで獣道の様相です。
2020年09月27日 12:51撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道(後半はほとんど笹道)を登り、明るいところに出てみると…なんと一軒茶屋のすぐ横にヒョッコリ出てきました。
出てきた道を見てみるとまるで獣道の様相です。
3
慣れない道に苦労しましたが登頂完了。
予定よりも30分ほど遅くなってしまいました。
2020年09月27日 13:02撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慣れない道に苦労しましたが登頂完了。
予定よりも30分ほど遅くなってしまいました。
10
三角点にタッチです。
2020年09月27日 13:02撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点にタッチです。
3
アザミと電波塔。
2020年09月27日 13:04撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミと電波塔。
1
ススキと電波塔。
もうすっかり秋ですねぇ。
2020年09月27日 13:35撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキと電波塔。
もうすっかり秋ですねぇ。
2
大阪湾方面。このころになると降っていた小雨も止みました。
2020年09月27日 13:37撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪湾方面。このころになると降っていた小雨も止みました。
3
「六甲最高峰トイレ」…一軒茶屋の向かいに建築中です。
有馬方面に下ろうかと思いましたが、ひねくれ者なので今回はガーデンテラス方面まで歩くことにしました。
2020年09月27日 13:40撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「六甲最高峰トイレ」…一軒茶屋の向かいに建築中です。
有馬方面に下ろうかと思いましたが、ひねくれ者なので今回はガーデンテラス方面まで歩くことにしました。
1
アップダウンを繰り返す全山縦走路を西行します。
疲れてきている身体にこの道は正直しんどい。
車道脇にハイカー用の通路を作ってもらえればこの階段道を避けられるんですが…難しいでしょうね。
2020年09月27日 13:50撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンを繰り返す全山縦走路を西行します。
疲れてきている身体にこの道は正直しんどい。
車道脇にハイカー用の通路を作ってもらえればこの階段道を避けられるんですが…難しいでしょうね。
2
お花を見ながら歩くことで気を紛らわせてます。
2020年09月27日 14:09撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花を見ながら歩くことで気を紛らわせてます。
1
バンズパンのようなキノコ。しかも大量です。
2020年09月27日 14:19撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バンズパンのようなキノコ。しかも大量です。
4
ガーデンテラスに着きました。
一気に俗っぽくなって雰囲気が緩みます。
2020年09月27日 14:33撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガーデンテラスに着きました。
一気に俗っぽくなって雰囲気が緩みます。
3
あの建物は「六甲枝垂れ」って言います。
2020年09月27日 14:37撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの建物は「六甲枝垂れ」って言います。
2
石切道との分岐点まで降りてきました。
継続して行っているプチ全山縦走はここからスタートになります。
2020年09月27日 14:48撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石切道との分岐点まで降りてきました。
継続して行っているプチ全山縦走はここからスタートになります。
1
神戸ゴルフ倶楽部のクラブハウスを下って六甲ケーブル駅に向かいます。
この辺りは別荘地だったみたいなんですが、閉鎖&誰も使っていないためか雰囲気がちょっと怖いです。
2020年09月27日 15:07撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神戸ゴルフ倶楽部のクラブハウスを下って六甲ケーブル駅に向かいます。
この辺りは別荘地だったみたいなんですが、閉鎖&誰も使っていないためか雰囲気がちょっと怖いです。
1
油コブシの登山口脇から。
2020年09月27日 15:12撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
油コブシの登山口脇から。
1
天覧台に到着です。ここもいい眺めですねー。
2020年09月27日 15:15撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天覧台に到着です。ここもいい眺めですねー。
3
別に日和ったわけじゃないんですが、六甲ケーブルのお世話になろうかと…。
2020年09月27日 15:17撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別に日和ったわけじゃないんですが、六甲ケーブルのお世話になろうかと…。
3
ケーブルカーからバスとJRを乗り継いで帰ります!
2020年09月27日 15:37撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブルカーからバスとJRを乗り継いで帰ります!
7
撮影機材:

感想/記録
by AC100V

六甲と言えば摩耶山ばかりで最高峰を登るのは久しぶり。
登山道を思い出しながら登っていきましたが…夏の長雨の影響でしょうか、数ヶ所崩落している箇所がありました。
特に七曲りの崩落は土樋割峠方面から黒岩谷方面への別ルートに回ることになり、歩いたことがないザレた道と急登に苦心しました(以前からあったようなのですが、全然知りませんでした…)。
山頂を踏んだ後、来た道を戻るか有馬方面へ下るか考えたのですが、ひねくれ者なので六甲ケーブルを使って下山。途中の全山縦走路のアップダウンは疲れた脚には非常に辛かったです。
でも久しぶりに最高峰まで登れたのは良かったです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:152人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2020/8/1
投稿数: 1
2020/9/28 23:54
 こんにちは!
当日、私もあの黒岩谷渡渉地点を登ってきた者です。あの急登はちょっとやばかったですねー!
登録日: 2017/11/26
投稿数: 5
2020/9/30 21:45
 Re: こんにちは!
ですよねー。初めての道だったこともあったかもしれませんが
渡渉した後の砂利の急登がズルズル滑って大変でした。
てっきり「石の宝殿」の脇にでも出るかと思っていたんですが、
意外と一軒茶屋の脇に合流する感じだったのでビックリしました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ