また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2606052 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

山寺尾根〜掬星台〜天狗道〜ハーブ園北道〜ハーブ園南門〜布引見晴らし台

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年09月27日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間4分
休憩
40分
合計
4時間44分
S阪急六甲駅09:0109:14ローソン篠原本町店09:2209:29灘丸山公園09:33杣谷(カスケードバレー・徳川道)登山口 / 永峰堰堤09:38杣谷堰堤09:43山寺尾根 分岐点10:45史跡公園方向(掬星台下 水平道)分岐点10:4810:59掬星台11:2011:24天狗道 下り口11:28天狗道マザーツリー11:3111:38アドベンチャールート分岐(全山縦走路側)11:42イノシシのある展望地11:4411:48行者尾根分岐点(天狗道側)11:4912:13学校林道分岐12:34布引ハーブ園方面 分岐12:37425m三角点12:3812:45ハーブ園東尾根・ハーブ園北道 分岐13:03桜茶屋(市が原)13:23布引ハーブ園南門13:30布引東尾根(ハーブ園東尾根)階段分岐13:34見晴らし台13:3513:43砂子(いさご)橋13:45新神戸駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく歩かれた山道をつなぐルートが中心で、特筆すべきような危険な個所などはなし。

装備

個人装備 通常のトレッキング靴のみ

写真

「山寺尾根」への分岐は「杣谷道」の序盤に位置しており、案内の道標も立っている
2020年09月27日 09:43撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「山寺尾根」への分岐は「杣谷道」の序盤に位置しており、案内の道標も立っている
尾根に乗るまではやや荒れ気味の斜面が続く
2020年09月27日 09:48撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗るまではやや荒れ気味の斜面が続く
1
最初の鉄塔を過ぎて振り返るとこの景色。深江〜芦屋浜方面、湾の向こうに大阪市街とアベノハルカスや京セラドームも
2020年09月27日 09:52撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の鉄塔を過ぎて振り返るとこの景色。深江〜芦屋浜方面、湾の向こうに大阪市街とアベノハルカスや京セラドームも
1
2本目の鉄塔を越えるとようやく尾根筋に乗る
2020年09月27日 09:55撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2本目の鉄塔を越えるとようやく尾根筋に乗る
「山寺尾根」に最も特長的な岩場が現れる
2020年09月27日 09:58撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「山寺尾根」に最も特長的な岩場が現れる
1
さらに岩尾根が続く
2020年09月27日 10:01撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに岩尾根が続く
1
途中の岩場から西に、摩耶ビューライン虹の駅と「旧摩耶観光ホテル跡」が見える
2020年09月27日 10:14撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の岩場から西に、摩耶ビューライン虹の駅と「旧摩耶観光ホテル跡」が見える
1
ずんずん進み、がしがし登る。このような落ちそうな危うい場所も通る
2020年09月27日 10:41撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずんずん進み、がしがし登る。このような落ちそうな危うい場所も通る
1
「旧天上寺史跡」へと通じる平行道の分岐点。案内道標があり「摩耶史跡公園」と書いてある
2020年09月27日 10:45撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「旧天上寺史跡」へと通じる平行道の分岐点。案内道標があり「摩耶史跡公園」と書いてある
そこからの上りが急でしんどい。バランス崩すと落っこちそうだし
2020年09月27日 10:57撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこからの上りが急でしんどい。バランス崩すと落っこちそうだし
1
「掬星台」の東展望台の真下に登り詰めてくる。そこからの景色もなかなかどうして素晴らしい
2020年09月27日 10:59撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「掬星台」の東展望台の真下に登り詰めてくる。そこからの景色もなかなかどうして素晴らしい
1
ここが尾根の終点で、東展望台のコンクリ支柱脇だ
2020年09月27日 11:00撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが尾根の終点で、東展望台のコンクリ支柱脇だ
「掬星台」からのハーバーランド方向の展望。この日は雨の後で遠くまでくっきりと見えた
2020年09月27日 11:01撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「掬星台」からのハーバーランド方向の展望。この日は雨の後で遠くまでくっきりと見えた
1
「天狗道」を下る。久しぶりなので「天狗道マザーツリー」にもご挨拶
2020年09月27日 11:27撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「天狗道」を下る。久しぶりなので「天狗道マザーツリー」にもご挨拶
1
マザーツリーは南に回り込むと圧巻の姿。太い幹に触れて大自然のパワーを頂く
2020年09月27日 11:29撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マザーツリーは南に回り込むと圧巻の姿。太い幹に触れて大自然のパワーを頂く
2
通称「イノシシのある展望地」にも立ち寄り。正面の木の枝葉が伸びてきて次第に視界が遮られつつあるようだ
2020年09月27日 11:42撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通称「イノシシのある展望地」にも立ち寄り。正面の木の枝葉が伸びてきて次第に視界が遮られつつあるようだ
2
「イノシシのある展望地」名物の丸太の方位柱は今も脇に転がったまま。何とか元に戻したいけど・・・重すぎて一人では無理
2020年09月27日 11:43撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「イノシシのある展望地」名物の丸太の方位柱は今も脇に転がったまま。何とか元に戻したいけど・・・重すぎて一人では無理
1
天狗道の下り途中に「学校林道」の4本鉄塔がはっきり見える場所がある
2020年09月27日 11:56撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗道の下り途中に「学校林道」の4本鉄塔がはっきり見える場所がある
1
「天狗道」はさすがのメインルート、しっかりした道が続くので迷いなし
2020年09月27日 12:08撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「天狗道」はさすがのメインルート、しっかりした道が続くので迷いなし
途中、木々の隙間から「布引ハーブ園」の建物が遠くに見える
2020年09月27日 12:15撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、木々の隙間から「布引ハーブ園」の建物が遠くに見える
さらに「菊水山〜須磨三山」や「明石海峡大橋」なども見下ろせる
2020年09月27日 12:26撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに「菊水山〜須磨三山」や「明石海峡大橋」なども見下ろせる
1
学校林道分岐を過ぎて「稲妻坂」を下り、中間地点あたりにある「布引ハーブ園」方面への分岐へ入ることにした
2020年09月27日 12:36撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
学校林道分岐を過ぎて「稲妻坂」を下り、中間地点あたりにある「布引ハーブ園」方面への分岐へ入ることにした
分岐を入ってすぐに「425m三角点」がある。知っている人は少なそうだが、国土地理院地図には明記されている
2020年09月27日 12:37撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を入ってすぐに「425m三角点」がある。知っている人は少なそうだが、国土地理院地図には明記されている
南方向へさらに尾根を進むと、雰囲気の良い、実に絵になる風景
2020年09月27日 12:39撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方向へさらに尾根を進むと、雰囲気の良い、実に絵になる風景
そこから西に「菊水山」の2本電波塔がくっきり
2020年09月27日 12:40撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこから西に「菊水山」の2本電波塔がくっきり
1
南西方向に、六甲山系の西側の山並みも見える
2020年09月27日 12:40撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西方向に、六甲山系の西側の山並みも見える
1
至近距離に「布引ハーブ園」の一番上にある建物が見える
2020年09月27日 12:40撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至近距離に「布引ハーブ園」の一番上にある建物が見える
さらに歩くと鉄塔が立っている
2020年09月27日 12:41撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに歩くと鉄塔が立っている
その鉄塔には、「学校林道」の4本鉄塔から張られている電線が繋がっているのが分かる。貴重な風景だ
2020年09月27日 12:41撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その鉄塔には、「学校林道」の4本鉄塔から張られている電線が繋がっているのが分かる。貴重な風景だ
1
急な階段道を九十九に下ると分岐点。直進はハーブ園の鉄門、右折は「ハーブ園北道」となる
2020年09月27日 12:45撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な階段道を九十九に下ると分岐点。直進はハーブ園の鉄門、右折は「ハーブ園北道」となる
「ハーブ園北道」を下っていく。踏み跡は明快、危険もない
2020年09月27日 12:47撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ハーブ園北道」を下っていく。踏み跡は明快、危険もない
「ハーブ園北道」の最後は金網に囲まれている。昔はこのあたりに立派な集落があったことを思い出させてくれる
2020年09月27日 12:59撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ハーブ園北道」の最後は金網に囲まれている。昔はこのあたりに立派な集落があったことを思い出させてくれる
1
「ハーブ園北道」の出口で振り返って撮影。誰もが見覚えのある場所のはず
2020年09月27日 13:00撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ハーブ園北道」の出口で振り返って撮影。誰もが見覚えのある場所のはず
1
「世継山」の山頂へ向かうための上り道は、今はここから行くのが最適だ。踏み跡がはっきりしてきている
2020年09月27日 13:01撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「世継山」の山頂へ向かうための上り道は、今はここから行くのが最適だ。踏み跡がはっきりしてきている
1
「櫻茶屋・あけぼの茶屋・紅葉の茶屋」を順に越えて、最初の分岐点で今回は左の舗装道路を行く
2020年09月27日 13:10撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「櫻茶屋・あけぼの茶屋・紅葉の茶屋」を順に越えて、最初の分岐点で今回は左の舗装道路を行く
1
当たり前だが広くて非常に歩きやすい。人も殆ど歩いていない
2020年09月27日 13:13撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当たり前だが広くて非常に歩きやすい。人も殆ど歩いていない
やがて右手にこの鉄門。ここから右に下るといつもの貯水池周遊路へ復帰できる
2020年09月27日 13:15撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて右手にこの鉄門。ここから右に下るといつもの貯水池周遊路へ復帰できる
ハーブ園の敷地の周囲を囲んでいる岩壁など斜面が崩落するのを防ぐため、大規模な工事が広範囲に行われていた
2020年09月27日 13:22撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハーブ園の敷地の周囲を囲んでいる岩壁など斜面が崩落するのを防ぐため、大規模な工事が広範囲に行われていた
「布引ハーブ園・南門」の前を通過し、舗装道をさらに東へ下っていく
2020年09月27日 13:23撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「布引ハーブ園・南門」の前を通過し、舗装道をさらに東へ下っていく
見上げると「布引ロープウェイ」の赤いゴンドラが動いている
2020年09月27日 13:24撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げると「布引ロープウェイ」の赤いゴンドラが動いている
海側の景色とロープウェイのゴンドラ
2020年09月27日 13:25撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海側の景色とロープウェイのゴンドラ
1
崩落の修復と防止の工事中。集中豪雨が続く昨今なので必要なのだろう。この地域一帯で起きた昔の大崩落の記憶が蘇る
2020年09月27日 13:27撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落の修復と防止の工事中。集中豪雨が続く昨今なので必要なのだろう。この地域一帯で起きた昔の大崩落の記憶が蘇る
「ハーブ園東尾根」に続いている「布引東尾根」の登り口まで来た
2020年09月27日 13:30撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ハーブ園東尾根」に続いている「布引東尾根」の登り口まで来た
スチール階段と案内道標がある。「急傾斜あり、注意!」は本当にそうなので伊達や脅しではない。でも「稲妻坂」へのショートカットルートとしてかなり役に立つ
2020年09月27日 13:30撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スチール階段と案内道標がある。「急傾斜あり、注意!」は本当にそうなので伊達や脅しではない。でも「稲妻坂」へのショートカットルートとしてかなり役に立つ
舗装道(車道)から海側(新神戸、遠くにハーバーランド)の景色
2020年09月27日 13:32撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装道(車道)から海側(新神戸、遠くにハーバーランド)の景色
1
「布引見晴らし台」越しに見える東方向の海側の景色。見晴らし台からよりもここからのほうが広く良く見渡せるのは皮肉なもの
2020年09月27日 13:32撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「布引見晴らし台」越しに見える東方向の海側の景色。見晴らし台からよりもここからのほうが広く良く見渡せるのは皮肉なもの
1
同じく、「布引見晴らし台」越しに見える南方向の景色。やっぱりここからのほうが眺めが良い(断言)
2020年09月27日 13:33撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく、「布引見晴らし台」越しに見える南方向の景色。やっぱりここからのほうが眺めが良い(断言)
1
少し先にガードレールの切れ目があり、ここから「布引見晴らし台」へ行ける
2020年09月27日 13:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し先にガードレールの切れ目があり、ここから「布引見晴らし台」へ行ける
この階段から見晴らし台の敷地内に直接降りられる。この後、新神戸駅へ出て市営地下鉄で新長田駅へ遠征
2020年09月27日 13:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この階段から見晴らし台の敷地内に直接降りられる。この後、新神戸駅へ出て市営地下鉄で新長田駅へ遠征
天然温泉「あぐろの湯」でリフレッシュ。明るく清潔でお湯の質も良くてお気に入り
2020年09月27日 14:26撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天然温泉「あぐろの湯」でリフレッシュ。明るく清潔でお湯の質も良くてお気に入り
1
地下鉄海岸線で三宮の「ミント神戸」まで戻り、グルメカレー「ピッコロ」で夕食
2020年09月27日 17:38撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地下鉄海岸線で三宮の「ミント神戸」まで戻り、グルメカレー「ピッコロ」で夕食
日本一美味しいスペシャルビーフカリーとBセット(サラダとフルーツヨーグルト)。これも大のお気に入り
2020年09月27日 17:42撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本一美味しいスペシャルビーフカリーとBセット(サラダとフルーツヨーグルト)。これも大のお気に入り
2

感想/記録

今回は同行者の希望で、阪急六甲駅から「山寺尾根」を登って「掬星台」から「天狗道」を下り新神戸駅へ出るコースを歩くこととなった。

「山寺尾根」を上りで使うのは相当久しぶりだ。もしかしたら3年ぶりぐらいかもしれない。下りだと比較的楽に下界へ降りられるので大変便利。なので、最近は下り利用ばかりだった。それゆえ結構新鮮な気分で登れた。
「掬星台」はわりと賑やか。観光客は時間的にまだ少なく、ハイカーやランナーが大半だったが、山の賑わいも随分元に戻ったなあという印象。
「天狗道」はまだまだ登ってくる人のほうが多い中での下りだったので、何度もすれ違いながらの歩き。集団もいた。なんだか少々申し訳ない気もした。

学校林道分岐から先は「稲妻坂」となるが、当初はここを最後まで下り切るつもりだったが、当日急遽ルート変更し、途中のハーブ園方面分岐から「425m三角点」&「鉄塔」を通って「ハーブ園北道」を下ることとした。このルートも随分と久しぶりだった。意外だったのはここを登ってくる人がかなり多かったことだ。以前の状況からは考えれられないような変化だ。
「櫻茶屋」を過ぎたその先は布引貯水池へは下らずに、ハーブ園南門へ続く舗装道(車道)を歩いて「布引見晴らし台」へ直行することにしてみた。ここも当日になって急遽ルート変更した次第。時間もあるし、たまにはいつもと違う道を下ってみるのも良いだろうという思いつき。意外と長く感じたが、舗装道なのでとにかく歩きやすくて、人も殆どいない(=人が皆無で貸し切り状態の区間もけっこう長かった)ので快適至極だった。地図で見ても距離的には布引貯水池沿いに歩くのとほぼ変わりないので、貯水池に用がなければ今後はこちらを利用することも多々あるかもしれないな。

最近のちょっとしたマイブームだが、新神戸駅からは神戸市営地下鉄で新長田駅へ向かい、そこから歩いて「天然温泉あぐろの湯」へ直行。「あぐろの湯」でゆったりくつろいでから三宮元町あたりで食事をして帰るのも定番。武漢風邪の流行以前は新神戸駅へ出ると「神戸クアハウス」へ寄ることが基本だったが、最近はサウナでの入室人数の制限がされていて、思うようにサウナに入れない状況なので足が遠のくようになってしまった。神戸ウォーター水風呂は素晴らしいのでちょいと残念。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:103人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ