また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2624228 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥武蔵

早朝に芦ヶ久保駅から焼山を往復。尾根上の栗の木は最盛期。小さい栗がたくさん落ちていた。怪しいキノコもたくさんあった。

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り。尾根上では一時雨。
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間8分
休憩
8分
合計
3時間16分
S芦ヶ久保駅06:4708:02二子山雌岳08:12二子山08:13二子山岩場展望台08:1808:53焼山08:5409:24二子山岩場展望台09:2609:28二子山09:32二子山雌岳10:03芦ヶ久保駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
兵の沢などで濡れた岩でのスリップ注意。二子山雌岳頂上直下の急坂も滑りやすいのでお助けロープを使うと安全です。焼山頂上直下の急坂、岩場もスリップ注意、お助けロープあります。その他の登山道は良く整備されています。

写真

いつもの芦ヶ久保駅。写真を撮る角度をほんの少し変えたら、違った雰囲気になった。
2020年10月04日 06:46撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの芦ヶ久保駅。写真を撮る角度をほんの少し変えたら、違った雰囲気になった。
1
天気は曇り。山中では一時的に雨が降った。
2020年10月04日 06:47撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は曇り。山中では一時的に雨が降った。
水場。たくさん流れています。
2020年10月04日 07:07撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場。たくさん流れています。
こちら側も良く整備されています。
2020年10月04日 07:08撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちら側も良く整備されています。
二子山雌岳頂上直下の急坂。
2020年10月04日 07:58撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山雌岳頂上直下の急坂。
急坂を登りあげるともうすぐ二子山雌岳。
2020年10月04日 08:02撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を登りあげるともうすぐ二子山雌岳。
二子山雌岳頂上。今日も、途中、登山道整備、栗探しなどして遊んだので、ここまで1時間15分。
2020年10月04日 08:02撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山雌岳頂上。今日も、途中、登山道整備、栗探しなどして遊んだので、ここまで1時間15分。
二子山雌岳の裏側にある岩。
2020年10月04日 08:07撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山雌岳の裏側にある岩。
初見の岩なので慎重に登りました。ほどほど大きく、もろくなくしっかりとしていて楽しめた。往路で2回登った。
2020年10月04日 08:07撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初見の岩なので慎重に登りました。ほどほど大きく、もろくなくしっかりとしていて楽しめた。往路で2回登った。
二子山雄岳に到着。
2020年10月04日 08:12撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山雄岳に到着。
二子山雄岳頂上横の展望個所からの武甲山。かすんでいますが見えました。
2020年10月04日 08:13撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山雄岳頂上横の展望個所からの武甲山。かすんでいますが見えました。
1
二子山雄岳岩場展望台からの武甲山。
2020年10月04日 08:15撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山雄岳岩場展望台からの武甲山。
これから登る焼山(真ん中の尖がり)。後ろは、大持山(左)、雨乞い岩、小持山(右側)の連なり。
2020年10月04日 08:15撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る焼山(真ん中の尖がり)。後ろは、大持山(左)、雨乞い岩、小持山(右側)の連なり。
1
真ん中は蔦岩山。焼山から急坂あり。左奥には武川岳。
2020年10月04日 08:15撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中は蔦岩山。焼山から急坂あり。左奥には武川岳。
伊豆が岳(左)と古御岳のコンビ。伊豆が岳頂上左に男坂の崖斜面が見えます。
2020年10月04日 08:15撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆が岳(左)と古御岳のコンビ。伊豆が岳頂上左に男坂の崖斜面が見えます。
正丸山と川越山(左)。
2020年10月04日 08:15撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正丸山と川越山(左)。
二子山雄岳から急坂を駆けおります。
2020年10月04日 08:20撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山雄岳から急坂を駆けおります。
尾根途中で振り返って二子山。ガスがかかっています。
2020年10月04日 08:30撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根途中で振り返って二子山。ガスがかかっています。
尾根上の栗が最盛期で、地面にたくさん。付近を歩いていると上から落ちてくる。
2020年10月04日 08:41撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上の栗が最盛期で、地面にたくさん。付近を歩いていると上から落ちてくる。
小さい栗なので、今日は拾わなかった。見ているだけでも楽しい。
2020年10月04日 08:40撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さい栗なので、今日は拾わなかった。見ているだけでも楽しい。
尾根を歩いているとキノコ発見。
2020年10月04日 08:45撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を歩いているとキノコ発見。
近づいて。丸くて柔らかそうなキノコ。
2020年10月04日 08:44撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近づいて。丸くて柔らかそうなキノコ。
茶色いキノコもありました。
2020年10月04日 08:48撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶色いキノコもありました。
開ききったキノコ。
2020年10月04日 08:46撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開ききったキノコ。
遠くからでも目立つものがいくつもありました。
2020年10月04日 08:33撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くからでも目立つものがいくつもありました。
焼山頂上直下の急坂下部。ガスがかかっています。
2020年10月04日 08:47撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山頂上直下の急坂下部。ガスがかかっています。
焼山頂上直下の急坂上部。土部分が滑るので左側樹木に掴まって登ります。お助けロープあり。
2020年10月04日 08:51撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山頂上直下の急坂上部。土部分が滑るので左側樹木に掴まって登ります。お助けロープあり。
1
坂の上に岩場があります。お助けロープがあります。(触らずに登ります) 濡れていると難しい岩場です。
2020年10月04日 08:52撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂の上に岩場があります。お助けロープがあります。(触らずに登ります) 濡れていると難しい岩場です。
1
焼山頂上に到着。ここまで2時間6分。
2020年10月04日 08:54撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山頂上に到着。ここまで2時間6分。
1
正面に武甲山が大きく見えるはずですが、残念。
2020年10月04日 08:53撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に武甲山が大きく見えるはずですが、残念。
二子山は見えました。
2020年10月04日 08:55撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山は見えました。
帰りにもキノコを発見。
2020年10月04日 09:10撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りにもキノコを発見。
近づいて。お菓子っぽい。チョコが乗ってる感じ。
2020年10月04日 09:11撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近づいて。お菓子っぽい。チョコが乗ってる感じ。
1
二子山雄岳への急坂。
2020年10月04日 09:21撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山雄岳への急坂。
復路でも岩場展望台に寄ってみました。尾根の半分にガス。風がないのでガスは動きません。
2020年10月04日 09:24撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復路でも岩場展望台に寄ってみました。尾根の半分にガス。風がないのでガスは動きません。
1
二子山雌岳を通過し、急坂をロープに掴まって駆け降ります。
2020年10月04日 09:33撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山雌岳を通過し、急坂をロープに掴まって駆け降ります。
水場に到着。手と顔を洗った。
2020年10月04日 09:48撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場に到着。手と顔を洗った。
冷たくて透明な水。
2020年10月04日 09:49撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷たくて透明な水。
ふもとの横瀬川。朝10時ですが、すでに何人か降りています。
2020年10月04日 10:01撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふもとの横瀬川。朝10時ですが、すでに何人か降りています。
芦ヶ久保駅まで駆け上がります。
2020年10月04日 10:01撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦ヶ久保駅まで駆け上がります。
自宅に帰ってから犬の散歩を4繊(走れずゆっくりと)
2020年10月04日 11:41撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自宅に帰ってから犬の散歩を4繊(走れずゆっくりと)
狭山茶の花が咲いていました。
2020年10月04日 11:40撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭山茶の花が咲いていました。
お茶の産地以外の人が見る機会は少ないと思います。
2020年10月04日 11:51撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お茶の産地以外の人が見る機会は少ないと思います。
1

感想/記録

午前、芦ヶ久保駅から焼山までを往復。647芦ヶ久保駅発、802二子山雌岳、812二子山雄岳、813二子山岩場展望台(5分休憩)、853焼山(1分休憩)、924二子山岩場展望台(2分休憩)、928二子山雄岳、932雌岳、948水場、1003芦ヶ久保駅着。天気は曇り時々雨。涼しく快適。焼山への尾根上では栗が最盛期。小さい栗がたくさん落ちていた。今回は拾わなかった。尾根の手前の栗はほぼ落ちきっていた。尾根上及び付近には怪しいキノコもたくさん生えていた。先週にあったキノコはなくなっていて、別の怪しいキノコがあった。キノコは1週間はもたずになくなってしまう。以前から気になっていた二子山雌岳の後ろの岩場を3回登ってみた。面白かった。行程3時間16分。7.8
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:120人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 水場 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ