また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2625884 全員に公開 ハイキング 赤城・榛名・荒船

赤城山・覚満淵〜秋の訪れと紅葉探し散策

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年10月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
黒檜山登山口前路駐。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間55分
休憩
27分
合計
3時間22分
S黒檜山登山口06:4106:48猫岩06:5307:41黒檜山大神07:4207:43赤城山07:49黒檜山絶景スポット07:5208:04赤城山08:0708:09黒檜山大神08:1508:34大タルミ08:43駒ヶ岳09:16篭山09:2509:29鳥居峠09:41覚満淵09:49駒ヶ岳大洞登山口09:56赤城神社駐車場10:00黒檜山登山口駐車場10:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 秋の気配と紅葉探しでゆったりと歩きました。途中で藪漕ぎを数回しています。早朝の覚満淵のログは記録していません。
コース状況/
危険箇所等
なし
その他周辺情報下山後、shilokoさんと合流しGGC高崎本店でがっつり昼食。
https://happyisland.jp/

写真

5時から待機していた鳥居峠の朝焼けは望めず、見切りをつけて6時に覚満淵にやってきた。
2020年10月04日 05:52撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時から待機していた鳥居峠の朝焼けは望めず、見切りをつけて6時に覚満淵にやってきた。
5
水中の藻が、リフレクトする景色と融合している。
2020年10月04日 05:52撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水中の藻が、リフレクトする景色と融合している。
10
水面にリフレクトする景色。今朝の鳥居峠の待機も、ある意味リフレクトすべきだった。
2020年10月04日 05:54撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水面にリフレクトする景色。今朝の鳥居峠の待機も、ある意味リフレクトすべきだった。
8
老朽化した木道を直すため、迂回する新たな木道を整備中。アケボノソウが・・・。
2020年10月04日 05:55撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
老朽化した木道を直すため、迂回する新たな木道を整備中。アケボノソウが・・・。
4
そして、歩んだ先には静寂のひと時。
2020年10月04日 06:00撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、歩んだ先には静寂のひと時。
12
さらに木道を進み東側から眺める。
2020年10月04日 06:02撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに木道を進み東側から眺める。
9
小地蔵岳、木道。散策路を一周して黒檜山へ向かう。
2020年10月04日 06:22撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小地蔵岳、木道。散策路を一周して黒檜山へ向かう。
6
毎度おなじみの、いつもの路駐場所。湖畔周辺でも紅葉が始まっていた。
2020年10月04日 06:37撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎度おなじみの、いつもの路駐場所。湖畔周辺でも紅葉が始まっていた。
4
猫岩展望ポイントから俯瞰する地蔵岳、大沼、大洞赤城神社。
2020年10月04日 06:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫岩展望ポイントから俯瞰する地蔵岳、大沼、大洞赤城神社。
8
標高を上げると色付き始めた紅葉が点在する。藪漕ぎして紅葉探し。
2020年10月04日 07:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げると色付き始めた紅葉が点在する。藪漕ぎして紅葉探し。
7
黄色に色付き始めたカエデ。
2020年10月04日 07:11撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色に色付き始めたカエデ。
2
見上げるとグラデーションのような紅葉。
2020年10月04日 07:15撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げるとグラデーションのような紅葉。
6
ツツジ系の紅葉も始まった。
2020年10月04日 07:17撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ系の紅葉も始まった。
3
登山道に彩を添える紅葉。あと2か月もすれば霧氷が彩ることとなる。季節の廻り。
2020年10月04日 07:19撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に彩を添える紅葉。あと2か月もすれば霧氷が彩ることとなる。季節の廻り。
3
ドウダンツツジの紅葉。美しい。
2020年10月04日 07:22撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドウダンツツジの紅葉。美しい。
11
黄色の紅葉が頭上に。
2020年10月04日 07:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色の紅葉が頭上に。
2
ハウチワカエデの黄金色の紅葉。
2020年10月04日 07:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハウチワカエデの黄金色の紅葉。
3
ビクトリーロードも紅葉が彩る。山頂はスルーして絶景スポットへ。
2020年10月04日 07:40撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビクトリーロードも紅葉が彩る。山頂はスルーして絶景スポットへ。
3
見上げる色付いた葉。
2020年10月04日 07:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げる色付いた葉。
3
紅く色付くカエデ。
2020年10月04日 07:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅く色付くカエデ。
5
絶景スポットは期待していなかったが、行くはずだった谷川主脈の頭だけ見える。
2020年10月04日 07:46撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景スポットは期待していなかったが、行くはずだった谷川主脈の頭だけ見える。
4
平標山、仙ノ倉山。
2020年10月04日 07:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山、仙ノ倉山。
6
エビス大黒ノ頭、万太郎山。
2020年10月04日 07:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビス大黒ノ頭、万太郎山。
4
谷川岳、オジカ沢ノ頭。
2020年10月04日 07:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳、オジカ沢ノ頭。
5
絶景スポットを岩の方へ移動して北東方面。
2020年10月04日 07:48撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景スポットを岩の方へ移動して北東方面。
3
上州武尊山。
2020年10月04日 07:48撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上州武尊山。
5
日光白根山、錫ヶ岳。
2020年10月04日 07:49撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根山、錫ヶ岳。
8
紅葉を見ながら山頂へ戻る。
2020年10月04日 07:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉を見ながら山頂へ戻る。
7
黒檜山山頂。大岳山で作ったカレーに反響があったが、shilokoさんに話したら「そんなのいつも山で作ってもらって、食べてるから普通だよね」と言い放っていた。
2020年10月04日 07:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜山山頂。大岳山で作ったカレーに反響があったが、shilokoさんに話したら「そんなのいつも山で作ってもらって、食べてるから普通だよね」と言い放っていた。
17
山頂でこんな石を見つけた。自宅から持ってきたなら、不法投棄したので処罰に問われる。ここにある石を色付けた場合は、黒檜山駒ヶ岳だけは、県立公園内ではないのだが、環境省のガイドライン、県条例違反となる可能性がある。これは落書きと同様な行為で断固慎むべき。非常に残念だ。
2020年10月04日 07:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でこんな石を見つけた。自宅から持ってきたなら、不法投棄したので処罰に問われる。ここにある石を色付けた場合は、黒檜山駒ヶ岳だけは、県立公園内ではないのだが、環境省のガイドライン、県条例違反となる可能性がある。これは落書きと同様な行為で断固慎むべき。非常に残念だ。
5
黒檜大神前に美しい紅葉。神前で懺悔を。
2020年10月04日 08:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜大神前に美しい紅葉。神前で懺悔を。
7
花見ヶ原方面の絶景スポットへ。景色は見られなかったが、北東斜面の紅葉が素晴らしかった。
2020年10月04日 08:11撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花見ヶ原方面の絶景スポットへ。景色は見られなかったが、北東斜面の紅葉が素晴らしかった。
7
藪漕ぎして見上げる紅葉。
2020年10月04日 08:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪漕ぎして見上げる紅葉。
5
ドウダンツツジの五葉紅葉。
2020年10月04日 08:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドウダンツツジの五葉紅葉。
9
ハウチワカエデが色付き始めグラデーション。
2020年10月04日 08:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハウチワカエデが色付き始めグラデーション。
4
駒ヶ岳山頂から大沼、なんと谷川主脈がまだ見えていた、行けば良かったか!後悔先に立たず。私は金策役に立たず。
2020年10月04日 08:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂から大沼、なんと谷川主脈がまだ見えていた、行けば良かったか!後悔先に立たず。私は金策役に立たず。
4
ハウチワカエデ。鉄階段へは行かず竈山方面へ。
2020年10月04日 08:46撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハウチワカエデ。鉄階段へは行かず竈山方面へ。
3
舞い落ちた紅葉。
2020年10月04日 09:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舞い落ちた紅葉。
2
竃山山頂付近から俯瞰する覚満淵。
2020年10月04日 09:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竃山山頂付近から俯瞰する覚満淵。
10
鳥居峠に下り立つ。ススキと覚満淵。
2020年10月04日 09:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居峠に下り立つ。ススキと覚満淵。
4
本日二度目の覚満淵に下り立つ。
2020年10月04日 09:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日二度目の覚満淵に下り立つ。
3
リンドウ。
2020年10月04日 09:35撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウ。
6
トリカブト。
2020年10月04日 09:41撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト。
3
風の庵の甲斐犬。相変わらず私に懐いて可愛い奴だ。
2020年10月04日 09:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風の庵の甲斐犬。相変わらず私に懐いて可愛い奴だ。
9
マムシグサ。トロピカルな雰囲気。
2020年10月04日 09:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシグサ。トロピカルな雰囲気。
5
裏庭紅葉散策完了。shilokoさん宅へ向かう。
2020年10月04日 10:02撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏庭紅葉散策完了。shilokoさん宅へ向かう。
3
寄り道して、赤城用水路沿いのヒガンバナ。
2020年10月04日 10:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄り道して、赤城用水路沿いのヒガンバナ。
4
ヒガンバナ。
2020年10月04日 10:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒガンバナ。
9
群生するヒガンバナ。
2020年10月04日 10:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群生するヒガンバナ。
10
ほっとする秋の景色。
2020年10月04日 10:34撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほっとする秋の景色。
5
稲田と秋桜。
2020年10月04日 10:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲田と秋桜。
3
ソバの白い花。
2020年10月04日 10:48撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソバの白い花。
5
shilokoさん宅の花壇にあるシロキキョウ。
2020年10月04日 11:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
shilokoさん宅の花壇にあるシロキキョウ。
5
ご両親の介護で、身体と精神が疲労しているshilokoさんを、GGC高崎本店にお連れした。なにせ店のスローガンが「来た時よりも幸せに」なのだ。なんと!danby63さんと店内でうれしいバッタリ。また山でお会いしたいですね。ここも良く来るので、ここでもいいですよ!
2020年10月04日 12:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご両親の介護で、身体と精神が疲労しているshilokoさんを、GGC高崎本店にお連れした。なにせ店のスローガンが「来た時よりも幸せに」なのだ。なんと!danby63さんと店内でうれしいバッタリ。また山でお会いしたいですね。ここも良く来るので、ここでもいいですよ!
11
shilokoさんはビーフシチューハンバーグ300gセット、私はGGCハンバーグとハラミステーキ200gセット。すべてで税込み5346円。たまには豪華なランチを二人で。皆さん気になったと思います。右手にあるはずの大ジョッキ。今日はビールは飲まず、ガッツリ白米を食べたいんだそうです。
2020年10月04日 13:01撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
shilokoさんはビーフシチューハンバーグ300gセット、私はGGCハンバーグとハラミステーキ200gセット。すべてで税込み5346円。たまには豪華なランチを二人で。皆さん気になったと思います。右手にあるはずの大ジョッキ。今日はビールは飲まず、ガッツリ白米を食べたいんだそうです。
9
GGCハンバーグとハラミステーキ200g。ハラミは柔らかく、刻みワサビだけで食べると肉本来のうま味が口に広がる。GGCハンバーグは生ハムと目玉焼きが乗せられたチーズインハンバーグ。人間の味覚を崩壊させる美味さ。
2020年10月04日 13:02撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GGCハンバーグとハラミステーキ200g。ハラミは柔らかく、刻みワサビだけで食べると肉本来のうま味が口に広がる。GGCハンバーグは生ハムと目玉焼きが乗せられたチーズインハンバーグ。人間の味覚を崩壊させる美味さ。
9
ビーフシチューハンバーグ300gセットは、煮込んだビーフがうますぎて人をダメにさせる。ハンバーグも和牛でうま味の相乗効果抜群。
2020年10月04日 13:02撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビーフシチューハンバーグ300gセットは、煮込んだビーフがうますぎて人をダメにさせる。ハンバーグも和牛でうま味の相乗効果抜群。
13
やはり、大盛りライスをおかわりしたshilokoさん。この店は何杯でもライスおかわり自由なのだ。すでにライスにワサビを添え、肉弾戦臨戦態勢のshilokoさん。山に行けなくても元気にやってますので、みなさんご安心を。
2020年10月04日 13:16撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり、大盛りライスをおかわりしたshilokoさん。この店は何杯でもライスおかわり自由なのだ。すでにライスにワサビを添え、肉弾戦臨戦態勢のshilokoさん。山に行けなくても元気にやってますので、みなさんご安心を。
14

感想/記録

 10月に入っても、秋雨前線の影響で、山間部は不安定な天候。今年の特徴は、台風の発生数が例年の半分で13個、上陸もゼロだ。10月も発生するが上陸はまずないだろう。原因としてインド洋の海水温上昇とラニーニャ現象と言われている。

 インドと言えばカレー。ココイチが本場に出店して話題になった。中国でも最近大人気でハウスは売り上げを伸ばしている。

 先週大岳山で作ったカレーが、みなさんの話題になっていて驚き。自分としては、山で簡単にできる豪快なカレーを作っているだけ。今度は月曜の男たちの分も作ろう。ラニーニャはスペイン語で「女の子」の意味。月曜の男たちに女子が入りたいと言ったら、まさしく戦隊ヒーロー物のように活躍できるか?

 谷川主脈縦走の準備までしておいたが、正午頃から15時まで雨予報。気圧配置を考慮して延期。フォロワーさんのmakimaki08さんの赤城レコ見て、裏庭へ行くことにした。ただ行ってもつまらないので、夜空と朝焼けから入り浸ることにした。

 4時に自宅を出る。平地でも薄っすら星空で、半分諦めた。ゆっくり行っても40分あれば八丁峠駐車場に着いてしまうローカルさ。ガスガスで全くダメなので鳥居峠へ。桐生太田の夜景が見えているので、こちらで日の出5時40分まで待機。

 仮眠して5時30分に展望場所へ行くが、雲海が発生するとは思えない条件。切り上げて覚満淵へ。木道の迂回路を須田工業さんが作っている。アケボノソウの一部の株はすでに土砂の下。もうダメだろう。種子が流れて根付いてくれることを祈る。

 静寂の覚満淵。ほぼ無風。リフレクトする景色などを撮影。軽く一周して車に戻り、黒檜山登山口へ。いつもの場所に路駐し出発。紅葉探しの山行。

 雨後で滑りやすい猫岩ルート。いつもの俯瞰場所から大沼と地蔵岳を眺める。makimaki08さん情報で、登山道沿いに紅葉があることは分かっていたので、そこだけでなく斜面や沢などへ藪漕ぎして紅葉探し。美しいカエデなどがあった。来週あたりがベストだろう。

 ビクトリーロードも紅葉が彩られていた。山頂を一度スルーして絶景スポットへ。行くはずだった谷川主脈の頭だけ見えていたので少し後悔。ただ天候はこれから下り坂なので何とも煮え切らないが、決断したので翌週12日に。

 山頂で記念撮影していると、色を施された石を発見。こういった物は慎むべき。女子だろうな。自然形態を人が何かしら加えれば落書なのだ。意識を持って山へ来て欲しい。記念ではなく恥ずかしい行為だ。

 淡々と駒ヶ岳から竈山方面へ下り、本日二度目の覚満淵へ降り立つ。今朝と違いデカい三脚を木道に並べて座り込むカメラマンが居ないので歩きやすい。奴ら今度会ったら、目を見つめて鼻で笑ってやる。

 奴らがいないので、景色を軽く眺めて風の庵へ。黒い甲斐犬を構う。混み合うおのこ駐車場を過ぎ、満車の黒檜山駐車場を見て驚愕。さすが秋の赤城山。地元民はなかなか来られなくなる。路駐場所に停めたポンコツへ。shilokoさん宅へ。

 道草食って色々景色を撮影して、shilokoさんを拾いGGC高崎本店へ。ご両親の介護で、身体と精神が疲労しているので、ガッツリ食って欲しい。なにせ店のスローガンが「来た時よりも幸せに」なのだ。

 サラダを食べて一段落していると、なんと!danby63さんと店内でうれしいバッタリ。また山でお会いしたいですね。ここも良く来るので、ここでもいいですよ!

 danbyさんと別れてすぐに、shilokoさんが「ヤマレコ長くやっていると、良いことがあるよね」と言っていた。まさしく月曜の男たちがいい例。

 思い返すと、iiyuさんyamayuriさん、ゆうやけさん、tomoさん、jimny-Hikerさん、yasioさんご夫妻、kotavさんchoco-tさんご夫妻、E-gunmaさんとclear-skyさんもだねと二人で言い合って、ランチが来る前の話の肴にしていた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:594人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/30
投稿数: 4309
2020/10/5 20:33
 赤城の秋を上手く写しましたね!
growmonoさん
こんばんは
さすがgrowmonoさん
赤城の秋を上手く写しましたね!
赤城の山の宣伝にいいですね。
有難う御座います。
登録日: 2014/5/18
投稿数: 2922
2020/10/5 22:06
 赤城がより赤く&しろこさん便り
growmonoさん 今晩は。
しろこさんが山へ行けなくなった理由がちょろっと・・・俺が感じた事があっているかな?
元気なしろこさん写真も拝見で来たし、赤城山の紅葉いいですね、ここ間で染まっているとは驚きです。
八つの赤岳を見て山が赤く見えるから赤岳と自分なりに納得していますが、赤城山も紅葉で赤くなるからでしょうね、春先はヤマツツジで赤く染まる地蔵岳、これも有りですね。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1637
2020/10/6 9:35
 裏山の秋
 おはようございます、iiyuさん。
休みと天候が合わず、なかなか北へは行けません。こういうときは、赤城山ならすぐに行けます。大沼湖畔も色付き始め、黒檜駒ケ岳斜面もウルシ、カエデなど目立っていました。

 10時に下りてきましたが、到着したバスがほぼ満員、おのこや黒檜駐車場もほぼ満車でした。秋の赤城山らしく湖畔もにぎやかでした。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1637
2020/10/6 10:09
 赤い
 おはようございます、yasioさん。
shilokoさんはご両親の介護で、土日や有休休暇を使い充てています。病院などもはしごして精神的にも強いられています。いろいろと大変でしょうが、私には直接関与することは出来ませんし、するべきではないと思っています。ただ周りのことや精神的なフォローなら当然するべきと思っています。

 赤岳は岩稜帯が酸化して赤褐色に見えるというのが通説です。赤城山ですが、人生の大先輩yasioさんご名答ですね。レンゲツツジやアカヤシオで赤く染まるから赤城山だという説が本命です。その他は、男体山との戦で血を流して染まったからという古典説。詳細は赤城山検定の資料をご覧ください。

https://www.akagi-trip.com/wp-content/uploads/2019/03/66a646defb773580a15ee2ec43ab1449-1.pdf
登録日: 2014/5/18
投稿数: 2922
2020/10/6 21:34
 Re: 赤い
詳しく調べているのですね、
赤城山の検定試験落ちてしまいますよ、まったく知らない事ばかり添付資料には載っていましたからね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ