また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2655270 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

北高尾山稜

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ〜薄曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間41分
休憩
9分
合計
4時間50分
S陣馬高原下バス停10:1411:02底沢峠11:0311:05赤岩山11:18堂所山11:1911:50関場峠11:5011:55三本松山11:5512:0574番鉄塔12:0512:12大嵐山12:1212:24湯ノ花山12:2412:29黒ドッケ12:3612:42杉ノ丸12:4212:59狐塚峠12:5913:05板当峠13:0513:11板当山13:1113:22高ドッケ13:2313:36杉沢ノ頭13:3613:43富士見台13:4513:56熊笹山13:5614:17太鼓曲輪尾根分岐14:1714:26唐沢山14:2614:30地蔵峰14:3114:47中央自動車道脇・地蔵峰登山口14:4814:57高尾駒木野庭園14:5815:11高尾駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
富士見台から高尾駅に降りる途中急な下りで湿って滑る箇所があった。危ないと思ったのはここくらい(ロープありなので使いました)。

写真

撮影機材:

感想/記録

会社の有志でハイキング予定だったが天気予報イマイチで一週延期。しかし起きてみたら全然いい天気で、それならと急遽準備して、いつもよりずっと遅くなったが家を出た。

とりあえず高尾方面に行けばいいかと電車に乗り、コースは着いた時間次第で決めようということにした。高尾駅に着くまでいろいろ調べたら、陣馬高原下行きのバスに接続できそう。混んでて乗れなかったら諦めて他へ、と考えてたら時間も遅めのせいか楽勝で座れた。ということで、陣馬高原下まで行くことに。

新ハイキングコースは通行止めが解けてないそうなので、底沢峠に登り堂所山から北高尾山稜を経て高尾に降りるコースとした。

バス停からしばらくは舗装路の林道歩き。20分弱で登山口に着いた。ここからは峠まで淡々と登る。心拍上げないで楽目に歩くことにしたが、そんなにキツくもないので見込みどおり楽に登れ、峠に着く。

堂所山までは奥高尾縦走路。昨日の雨で泥濘多数で辟易。仕方ないのでこの区間も何も考えず淡々と進む。堂所山に着いておにぎりを1個食べ、いよいよ北高尾山稜。

事前に調べていたとおりここからはひたすらアップダウンが続く。難度は別に大したことはないが、奥高尾縦走路のような平穏な道は少なくて登ってるか下ってるかのどっちかと言って差し支えない感じ。眺望も全然無いのでただ登って降りての繰り返しで、途中、黒ドッケと富士見台でおにぎりタイムを取ったくらいしか書くことが無いw 富士見台でようやく唯一の展望があり、名前の通り富士山がちゃんと見えたのは収穫。

この後は高尾駅まで降りるだけなんだけど、途中湿った急坂を下る箇所があり、滑って怖い。躊躇なく据え付けてあるロープを使ったが、濡れててグローブは泥だらけになりましたw

その後は、中央道そばのプチ岩場は安全策を取り三点支持で降りたところあったが面倒なのはそこくらいで、基本的には淡々と降りて行き(もちろんこのコースなので偶に登り返すが)、中央道を潜って下界に降りるという感じだった。そこからは舗装路歩きで高尾駅まで。特に何も飲み食いすることもなくおみやげを買うこともなく早々に電車に乗りました。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:204人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ