また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2655291 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

六甲山(摩耶ケーブル下〜掬星台〜極楽茶屋跡〜紅葉谷〜魚屋道〜有馬温泉)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
バス
18系統 六甲道→摩耶ケーブル下
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
紅葉谷で倒木に山道が遮られていました。なんとか通り抜けることはできましたが幹だけでなく枝もあってなかなか抜け難かったです。
スズメバチには六甲山上と紅葉谷で2回遭遇。ビビりながら身をすくめて回避しました。

写真

ここ、鉄棒のところで左に行ってしまい微妙にロス。
2020年10月18日 09:59撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ、鉄棒のところで左に行ってしまい微妙にロス。
1
こっちが正解
2020年10月18日 09:59撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちが正解
1
石畳。住吉道みたい。
2020年10月18日 10:09撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石畳。住吉道みたい。
1
へしゃげた案内板もそのままで生々しい。
2020年10月18日 10:42撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
へしゃげた案内板もそのままで生々しい。
1
10年ほど前に青谷道で登ってきた時は、階段でヒーヒー言っていた記憶がありますが、今日はヒーぐらいで登りきりました。。
2020年10月18日 10:51撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10年ほど前に青谷道で登ってきた時は、階段でヒーヒー言っていた記憶がありますが、今日はヒーぐらいで登りきりました。。
1
ロープウェイ 六甲山頂駅
2020年10月18日 12:22撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ 六甲山頂駅
1
この裏抜けるとショートカット。
2020年10月18日 12:23撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この裏抜けるとショートカット。
1
極楽茶屋跡から紅葉谷に向かいます。
2020年10月18日 12:28撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
極楽茶屋跡から紅葉谷に向かいます。
1
岩が多くて歩きにくい道が続きます。
2020年10月18日 12:38撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が多くて歩きにくい道が続きます。
1
沢沿いの道、渡渉が何回かありました。水量が多くなかったので水没することはありませんでした。
2020年10月18日 12:45撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いの道、渡渉が何回かありました。水量が多くなかったので水没することはありませんでした。
1
倒木ポイント。なかなかの抜け辛さでした。
2020年10月18日 12:51撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木ポイント。なかなかの抜け辛さでした。
2
抜けた後振り返って。
2020年10月18日 12:52撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜けた後振り返って。
1
この堰堤で行き止まりになりちょっと悩みました。堰堤に向かって左にルートがありました。
2020年10月18日 13:06撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この堰堤で行き止まりになりちょっと悩みました。堰堤に向かって左にルートがありました。
3
ここの渡渉が一番難しかった。2本ストックに助けられてなんとか水没は回避。
2020年10月18日 13:18撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの渡渉が一番難しかった。2本ストックに助けられてなんとか水没は回避。
2
ここから登り。疲れた足にはなかなか辛い上りでした。
2020年10月18日 13:19撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登り。疲れた足にはなかなか辛い上りでした。
1
ゼイゼイいいながら魚屋道に合流。あとは有馬温泉までいつものルートで快調にゴール!
2020年10月18日 13:33撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゼイゼイいいながら魚屋道に合流。あとは有馬温泉までいつものルートで快調にゴール!
1

感想/記録

先週で縦走ルートはひとまず中断して、久しぶり(といっても一ヶ月ぶり)に有馬温泉まで山行です。
今回は行ったことがないルートを選択し、上りは上野道から摩耶山、下りは紅葉谷から魚屋道で。

上野道は事前情報では急登とのことで身構えていましたが、整備された道でそんなに急登ということもなくハイカーも多くてとても歩きやすい古道でした。山門後の階段も休憩することなく難なく(でもハーハー言いながら)登りきりました。

掬星台からのロードパートは軽くトレジョグ(決してトレランではない)で極楽茶屋跡まで。有馬温泉での着替えとかレインウエア上下とか荷物が重いと走れないですね。レインウエアの軽量化、共通化を考えないと。

紅葉谷は岩と沢が多くて降りにくかったです。そのせいかハイカー、トレランの人もほとんどおらず、すれ違ったのは4組だけでした。やっぱり有馬への下りは魚屋道が鉄板ですね。

有馬温泉ではいつもどおり金の湯で疲れを癒やし、ビールを一気飲みしてから帰途につきました。

あと、今回はカルドラド3にインソールを入れてみました。どうもシューズを変えてから山行の後半は毎回足裏が痛くて辛かったので、石井スポーツの店員さんオススメの『SIDAS ラン3D sense』を。
正直、あまり効果には期待していなかったんですが、両サイドへの足裏のねじれ?がなくなり安定感が増し、最後まで足裏に痛みは出ませんでした。特に前々回まともに走れなかった六甲山上のロードも、快調にトレジョグできました。膝痛は相変わらずだったので膝については別の対策考えないと。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:254人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ