また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2657962 全員に公開 ハイキング 槍・穂高・乗鞍

高瀬渓谷〜湯俣温泉 [裏銀座の底を行く]

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月18日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー
葛温泉高瀬館からタクシー
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間25分
休憩
8分
合計
6時間33分
Sスタート地点08:4309:33東京電力高瀬川第五発電所09:54林道終点10:24名無避難小屋11:35湯俣山荘12:18湯俣12:2412:42湯俣温泉晴嵐荘12:47湯俣山荘13:39名無避難小屋13:4014:03林道終点14:25東京電力高瀬川第五発電所14:2615:15高瀬ダム湯俣登山口15:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

高瀬ダムから長いトンネルに入る
2020年10月18日 08:43撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高瀬ダムから長いトンネルに入る
トンネル出た
2020年10月18日 08:56撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネル出た
次のトンネル
2020年10月18日 09:01撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のトンネル
トンネル出た
2020年10月18日 09:05撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネル出た
1
スイスのLago Biancoを思い出す
2020年10月18日 09:06撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スイスのLago Biancoを思い出す
3
行ってみたいな槍ヶ岳
2020年10月18日 09:25撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行ってみたいな槍ヶ岳
岩山が見えるが
2020年10月18日 09:31撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩山が見えるが
川沿いの桟道
2020年10月18日 09:59撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川沿いの桟道
名無避難小屋
2020年10月18日 10:23撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名無避難小屋
カラマツの黄葉
2020年10月18日 10:43撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツの黄葉
河原に降りる
2020年10月18日 11:36撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原に降りる
伊藤新道へ続く。見えるのは双六だろうか。
2020年10月18日 11:40撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊藤新道へ続く。見えるのは双六だろうか。
危険な吊り橋
2020年10月18日 11:45撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険な吊り橋
見るからにやばそう
2020年10月18日 11:45撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見るからにやばそう
2
渡った先の祠
2020年10月18日 11:48撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡った先の祠
河原まで降りると
2020年10月18日 11:51撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原まで降りると
川から湯が沸いています
2020年10月18日 12:12撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川から湯が沸いています
向こうでは温泉として浸かれるようだ
2020年10月18日 12:21撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうでは温泉として浸かれるようだ
1
さらば槍ヶ岳
2020年10月18日 13:00撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば槍ヶ岳
川の先に針木岳
2020年10月18日 13:19撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川の先に針木岳
高瀬湖と針木岳
2020年10月18日 14:14撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高瀬湖と針木岳
2
ハート型の紅葉落ち葉
2020年10月18日 14:23撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハート型の紅葉落ち葉
針木のポーズ
2020年10月18日 14:36撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針木のポーズ
1
最後のトンネル
2020年10月18日 14:59撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のトンネル
高瀬ダムに戻りました
2020年10月18日 15:12撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高瀬ダムに戻りました
1
岩積みのダム
2020年10月18日 15:18撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩積みのダム

感想/記録

葛温泉に宿泊して高瀬ダムから湯俣温泉まで歩いてみました。

夫婦で泊まりがけで山旅に向かうのは3月以来、7ヶ月ぶりとなります。

宿泊の高瀬館からタクシーに乗り、高瀬ダムへ。紅葉もちょうどうまい具合に見ごろになっているようでした。

1kmもある長いトンネルを抜けると裏銀座の山々と餓鬼岳〜燕岳の稜線に挟まれた高瀬ダムが蒼白い水を湛えています。その色はちょうど10年前スイスで見たLago Biancoを思い出させるものでした。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2058834.html

前日は麓は冷たい雨でしたが、高い山は雪だったのでしょう、時折垣間見える裏銀座の稜線は白く色づいてとても美しく見えます。湖畔の紅葉と相まってとてもいい景色です。

しばらくは舗装された道を歩きますが、やがて林道の終点となり、山道にはなりますが、川沿いの道はとても整備された道でした。

赤や黄色の紅葉を楽しみながら歩いていくと、眼前に大きなピラミダルな山容が現れてきました。槍ヶ岳でした。タクシーの運転手さんから「槍ヶ岳が見えます」とは聞いていたものの、これまで見てきた槍ヶ岳は何か穂先だけが尖っている感覚でしたので、かようにどっしりとした姿が見えるのは意外であり、むしろこの北側から見た姿が本当の槍ヶ岳なのではないのか、と認識を新たにしました。

晴嵐荘が見えてくるとその先の道は河原に降りるように導かれ、発電施設の先にある壊れかけたような吊り橋を恐る恐る渡って川の対岸に行き着きます。この湯俣川を遡っていく道が、一昨年泊まった三俣山荘に通ずる伊藤新道なのだろうと思います。

湯俣川の河原をしばらく歩くと、川底からふつふつと温泉が湧き上がっているのがわかります。場所によっては手を入れることさえできないほどの熱い湯が沸いていました。

噴湯丘を眺めて、来た道を引き返します。帰りは高瀬湖の向こうに針木岳を見ながらの散策となりました。

今回は山にこそ登りませんでしたが、北アルプスの山々の懐に抱かれた感じで気持ちの良いものでした。紅葉と軽く雪化粧したアルプスを同時に見ることができるという絶妙のタイミングでしたし、人の多い黒部湖とは違って静かなハイキングを楽しめたのがよかったです。外出を控えていたが故の何か鬱々とした気分が一気に解消されたような、爽快な気分になりました。

葛温泉のお湯も素晴らしかったですが、今度来る時には底ではなく裏銀座の稜線を歩いてみたいと思いました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:326人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/12
投稿数: 28
2020/10/25 22:55
 竹村新道
以前知り合った健脚のお姉さんが、竹村新道から降りた話をきいていて、「ふむふむここが出口なのね・・・」「野口五郎にはいつか泊まりたいから、その帰りを苦しもうかな」とか浪漫あふれる思いで拝見しました。
登録日: 2009/8/16
投稿数: 131
2020/10/26 23:23
 Re: 竹村新道
korisu06さん、

こんにちは。
この辺りはこれまで不案内だったのですが、今回行ってみて
七倉尾根から船窪小屋とか
ブナ立て尾根から烏帽子小屋とか
竹村新道から野口五郎小屋とか
浪漫街道がたくさんあることに気づいて、妄想しています。
疫病に負けずにこれからも浪漫を追求したいものです。

コメントありがとうございました。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ