また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2659974 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 剱・立山

【動画】初冬:雪の剱岳!早月尾根/テント泊

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月17日(土) ~ 2020年10月19日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目:雨(標高の高い所は雪)
2日目:晴
3日目:晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
馬場島に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間0分
休憩
0分
合計
7時間0分
S馬場島08:3008:30松尾平08:30早月尾根標高1600m標識08:301920.9m三角点15:30早月小屋
2日目
山行
8時間0分
休憩
0分
合計
8時間0分
早月小屋06:3006:30標高2600m標識06:30標高2800m標識06:30カニのハサミ11:00剱岳11:00カニのハサミ11:00標高2800m標識11:00標高2600m標識14:30早月小屋
3日目
山行
5時間0分
休憩
0分
合計
5時間0分
早月小屋07:0007:001920.9m三角点07:00早月尾根標高1600m標識07:00松尾平07:00馬場島12:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースタイムは計算中です
コース状況/
危険箇所等
【積雪状況】※10月18日時点
◼馬場島〜早月小屋
雪なし

◼早月小屋〜剱岳
2400mくらいから登山道上に雪が出始め、2600m以降は雪の上を歩くことになる。
岩の上に薄ら積もり、そこを登山者が歩いて踏み固められている状態。
ミックス帯のアイゼン歩行に慣れている場合は、特に問題ないかと思いますが、秋山の延長としてでは無く、冬山としての入山が望ましいと感じました。

◼装備
アイゼン:必要だと思います。
ピッケル:持参が必要だと思います。(今回は使いませんでした。)
※週明け以降、気温も上がるようなので、今回の雪も一旦溶けるかと思いますが、いつ再度振るか分からないので、冬山装備を持参し、適宜使用する事が望ましいと思います。

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル グローブ アイゼン ピッケル ガスカートリッジ コンロ コッヘル テント シェラフ ヘルメット

写真

"試練と憧れ"の看板からスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
"試練と憧れ"の看板からスタート。
松尾平に到着。ここまでで真剣に帰ろうかと思った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松尾平に到着。ここまでで真剣に帰ろうかと思った。
23kgの荷物を背負ってのこの急登は辛い。
試練と憧れは、伊達じゃ無い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
23kgの荷物を背負ってのこの急登は辛い。
試練と憧れは、伊達じゃ無い。
この看板と実際の標高に一喜一憂。しかし、実際に登る標高はどちらも一緒。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板と実際の標高に一喜一憂。しかし、実際に登る標高はどちらも一緒。
この鎖が出ると小屋はもうすぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鎖が出ると小屋はもうすぐ。
しかし、トイレは使えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、トイレは使えます。
夕食。この時間がアプローチ日の一番の幸せ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食。この時間がアプローチ日の一番の幸せ。
夜、トイレに目が覚めるとテントがバリバリになっていた。
空気がピンと冷たい、星も見えている。明日は晴れそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜、トイレに目が覚めるとテントがバリバリになっていた。
空気がピンと冷たい、星も見えている。明日は晴れそうだ。
2日目、さぁ、剱岳へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目、さぁ、剱岳へ
1
2400以降で雪が出始める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2400以降で雪が出始める
雪を纏った姿にテンションが上がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪を纏った姿にテンションが上がる。
標高が上がると雪も増え始める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がると雪も増え始める。
この辺りから、岩場が本格化する
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから、岩場が本格化する
1
カニのハサミの行き。雪が付いているが、落ちついて行けば問題ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カニのハサミの行き。雪が付いているが、落ちついて行けば問題ない。
アイゼンは履いた方が良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンは履いた方が良い。
別山尾根との分岐が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山尾根との分岐が見えた
雪の剱岳。
到着出来て嬉しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の剱岳。
到着出来て嬉しい。
5
下りはアイゼンがないと危ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはアイゼンがないと危ない
2
慎重に下れば問題ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に下れば問題ない。
1
カニのハサミの帰り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カニのハサミの帰り
2
あの山かっこいいな。何の山か知らないけど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの山かっこいいな。何の山か知らないけど。
3
雲海が広がっている
2020年10月18日 13:55撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海が広がっている
2
大分標高も下がった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分標高も下がった
1
テントに戻り夕食。
今回は2泊3日なので、ゆっくり過ごす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントに戻り夕食。
今回は2泊3日なので、ゆっくり過ごす。
1
夕陽の鑑賞タイム。
日が沈む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕陽の鑑賞タイム。
日が沈む
2
綺麗だが、寒い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗だが、寒い!
4
1時間程、日の沈む様を眺める。2泊3日して良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間程、日の沈む様を眺める。2泊3日して良かった。
2
iPhoneにしては綺麗に撮れた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
iPhoneにしては綺麗に撮れた
2
夜景も綺麗だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜景も綺麗だった。
1
馬場島は遥か下。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬場島は遥か下。
標高の低い所は紅葉が見頃を迎えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高の低い所は紅葉が見頃を迎えている。
立山杉なウロの中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山杉なウロの中
こう見ると凄い急登だな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こう見ると凄い急登だな
"試練と憧れ"は文字通りだった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
"試練と憧れ"は文字通りだった
1
富山の海の幸を堪能して帰る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山の海の幸を堪能して帰る
3
富山湾から剱岳方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山湾から剱岳方面。
1

感想/記録
by kuiten







◼感想
本格的な雪山シーズンの前に剱岳に登っておきたかった。
今回予定した早月尾根は、標高差2200mの急登で、軽量速攻型の日帰りの記録をよく見かけるが、私には難しいのと、丁度仕事の休みが3日取れたので、2泊3日でゆっくりと行くことにした。

最後の気掛かりは、やはり天気だった。
土曜に標高の高い所では降雪が予想されていたので、装備の選定に悩まされた。
結果的に2600m以降では本格的な雪道となり、アイゼンを持って来たことは正解だった。

早月小屋は営業していないので、2泊3日分の水を全て担ぎ上げることなったので、かなりの重量になった。
試練と憧れの石碑を過ぎて、初っ端から急登。松尾平の時点で真剣に帰りたい気持ちになった。
とは言え、進むしかないので、ひたすら登り続ける。

このルート、200m毎に看板があるのは良いが、どうも実際の標高は正しくないようで、一部明らかなおかしい所がある。(1600m地点)

すれ違った登山者は1組のみで、早月小屋に着いても他の登山者の姿もテントも無かった。


2日目、朝6時過ぎにテントを出発する。
2400mくらいから雪が出始め、2600mくらいから雪の上を歩く様になり、岩場が本格化する前にアイゼンを履いた。
心配していたカニのハサミも、雪は付いているが問題なく通過出来た。
剱岳の山頂には同ルートから登って来た方が数名いるくらいで、静かだった。

下りも長いので、写真を撮り少し休憩を取った後、早々に下山するが、
今日も早月小屋で1泊の予定なので焦らずにゆっくりと下る。
途中、雲海が広がっておりついつい見惚れてしまった。

テントに戻り、夕食。
この日の夕日も綺麗だったので、日暮れの1時間程、小屋の側で夕日を眺める。

3日目、少しゆっくり目に起床し、馬場島に向けて下山とした。


"試練と憧れ"は伊達じゃ無かった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:380人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ