また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2671136 全員に公開 ハイキング 東海

本宮山 Aコース表参道コースを楽しみました

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月24日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ、微風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
Aコース表参道の登山口に最も近い駐車場に車を停めることができた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間59分
休憩
1時間25分
合計
5時間24分
S本宮山登山口09:3610:26林道分岐10:59砥鹿神社鳥居11:0311:16砥鹿神社手水舎11:2011:41砥鹿神社奥宮11:4512:00本宮山12:5813:05砥鹿神社奥宮13:2013:36砥鹿神社手水舎13:52砥鹿神社鳥居14:23林道分岐14:58本宮山登山口15:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所特に無し。
登山ポストも無かったと思います。

コース全体がよく整備されており非常に歩きやすいルートで、前半はなだらかな尾根道歩き風でしたが展望台を越える辺りから急な登りとなります。一部ロープのあるところもありますが、特に必要なく登ることも出来るコースでした。
その他周辺情報ウォーキングセンターに駐車場とトイレが完備されています。
我々はここの駐車場がいっぱいで登山口近くの駐車場で辛くも空きスペースを見つけることが出来た。

写真

今日これから登る本宮山の写真。
たまたま4日前に登った湖西連峰の富士見岩から撮した本宮山の画像です。
2020年10月20日 12:33撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日これから登る本宮山の写真。
たまたま4日前に登った湖西連峰の富士見岩から撮した本宮山の画像です。
1
本宮山登山道上長山登山口です。
砥鹿神社石鳥居をくぐり山頂を目指します。
道標柱には馬背岩へ2.1km 現在地標高104mとあります。
2020年10月24日 09:37撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本宮山登山道上長山登山口です。
砥鹿神社石鳥居をくぐり山頂を目指します。
道標柱には馬背岩へ2.1km 現在地標高104mとあります。
子供達のパーティーです。
2020年10月24日 09:41撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子供達のパーティーです。
1
20分ほどで、登山口から1キロも歩いてきた。
緩やかな傾斜は有り難いが、このままですむはずは無い!
2020年10月24日 09:58撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほどで、登山口から1キロも歩いてきた。
緩やかな傾斜は有り難いが、このままですむはずは無い!
本当に気持ちよく歩ける。
2020年10月24日 09:59撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に気持ちよく歩ける。
新東名が真下に見える。
2020年10月24日 10:06撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新東名が真下に見える。
1
十六丁目。
全部で五十丁目まであることを、道中途中で知った。
2020年10月24日 10:08撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十六丁目。
全部で五十丁目まであることを、道中途中で知った。
本日から、全身おNewです。
2020年10月24日 10:25撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日から、全身おNewです。
1
25丁目を過ぎた辺りから傾斜がきつくなってきた感じ。
ここは馬の背。
2020年10月24日 10:35撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
25丁目を過ぎた辺りから傾斜がきつくなってきた感じ。
ここは馬の背。
1
馬の背を攻略中の奥様。
2020年10月24日 10:36撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背を攻略中の奥様。
1
展望台のようだ。
ロープがある。
2020年10月24日 10:40撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台のようだ。
ロープがある。
蛙岩の案内があったが、それがどれか解らなかった。
2020年10月24日 10:41撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛙岩の案内があったが、それがどれか解らなかった。
帰りに立ち寄ることにした。
2020年10月24日 10:42撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに立ち寄ることにした。
日月岩とある。」
2020年10月24日 10:43撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日月岩とある。」
砥鹿神社境内に入ります。
ここの標高は500メートル。
2020年10月24日 10:59撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砥鹿神社境内に入ります。
ここの標高は500メートル。
林道を100メートルほど進む。
2020年10月24日 11:08撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を100メートルほど進む。
再び登山道。
2020年10月24日 11:13撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び登山道。
お清水舎。
立派な屋根付きの水場です。
2020年10月24日 11:18撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お清水舎。
立派な屋根付きの水場です。
乙女前神社への分岐。
2020年10月24日 11:29撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乙女前神社への分岐。
鳥居が光って浮かんでいる!
銅製の鳥居だそうです。
2020年10月24日 11:38撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居が光って浮かんでいる!
銅製の鳥居だそうです。
2
砥鹿神社の神域に入ります。
2020年10月24日 11:38撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砥鹿神社の神域に入ります。
あらはばき神社を過ぎる。
2020年10月24日 11:40撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あらはばき神社を過ぎる。
砥鹿神社奥宮。
山頂はすぐそこと思ったら、この裏手をさらに進みます。
2020年10月24日 11:44撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砥鹿神社奥宮。
山頂はすぐそこと思ったら、この裏手をさらに進みます。
帰路ここで靴のひもを下山用に結び直した。
2020年10月24日 11:47撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路ここで靴のひもを下山用に結び直した。
とがほどうきょう。
2020年10月24日 11:54撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とがほどうきょう。
歩道橋の下は県道527号。
2020年10月24日 11:54撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩道橋の下は県道527号。
山頂到着です。
登りに2時間20分ほどでした。
2020年10月24日 11:59撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着です。
登りに2時間20分ほどでした。
3
お昼を終えて、改めて山頂付近を散策します。
2020年10月24日 12:53撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼を終えて、改めて山頂付近を散策します。
山頂広場はかなりの広さがあり、広場向こうの法面にはいくつかベンチがあります。
2020年10月24日 12:54撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂広場はかなりの広さがあり、広場向こうの法面にはいくつかベンチがあります。
3
前方には豊橋・豊川市街と三河湾。
渥美半島もほぼ全体を見渡せました。
2020年10月24日 12:54撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方には豊橋・豊川市街と三河湾。
渥美半島もほぼ全体を見渡せました。
2
折角ですので三角点にタッチしてから帰ります。
これは1等三角点だそうです。
2020年10月24日 12:55撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折角ですので三角点にタッチしてから帰ります。
これは1等三角点だそうです。
2
奥宮の前にある石段。
2020年10月24日 13:17撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥宮の前にある石段。
1
林道を魚小切り少し降りたところ。
この辺りからいくつかの高校生の山岳部と思われるパーティーとすれ違いました。
2020年10月24日 13:53撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を魚小切り少し降りたところ。
この辺りからいくつかの高校生の山岳部と思われるパーティーとすれ違いました。
2
風越峠。
2020年10月24日 13:57撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風越峠。
展望台に立ち寄りました。
2020年10月24日 14:10撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台に立ち寄りました。
豊橋の市街景観でしょうか?
2020年10月24日 14:10撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豊橋の市街景観でしょうか?
1
石巻山と後方に湖西連峰。
2020年10月24日 14:11撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石巻山と後方に湖西連峰。
1
すぐそこに登山口。
2020年10月24日 14:57撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐそこに登山口。
お疲れさまです。
2020年10月24日 14:58撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れさまです。
無事下山終了。
ゆっくり降りてきて、下りの所要時間はほぼ2時間でした。
2020年10月24日 14:58撮影 by Canon EOS 9000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山終了。
ゆっくり降りてきて、下りの所要時間はほぼ2時間でした。

感想/記録

本宮山登山、登山客が多いことにとにかくびっくりしました。
湖西連峰の縦走を考えていた今日でしたが、どこから登ろうかと考えているうちに本宮山が見えて、急遽ここにしようと予定を変更しての今日の山行でした。
初めての本宮山で、登山口は何処にあるのか、駐車場にしても何処にあるのだろうかと探しながらのアクセスとなった。
人気の山とあって、案内所もありコースマップも手にすることも出来ました。
急遽の予定変更でしたが、それほど迷うことも無く登山口に到達でき、安心して登れる山行となりました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:205人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ