また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2682263 全員に公開 ハイキング 中央アルプス

富士見台高原で紅葉散歩

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月28日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
神坂峠駐車場は数台(8台くらい?)が駐車可能。朝8時到着時点で3台のみ。
追分登山口からの登山を想定しての出発だったが、家のものには好評、殆ど登るらず。ただ、道は殆どクルマ一台分。工事車両も通る事を考えると、それなりに運転に自信がないと大変な事になると思われ。

萬岳荘にクルマを止めている方もおられましたが、これはよく分からず。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間10分
休憩
5分
合計
2時間15分
S神坂峠08:0708:15萬岳荘08:1608:32神坂小屋08:53富士見台高原08:5509:07神坂小屋09:24神坂山09:2609:37萬岳荘10:21神坂峠10:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険と思われる箇所はないものの、敢えて言えば・・・
萬岳荘分岐から、萬岳荘を通らず巻道で神坂峠へ行くルート。
笹が生い茂って、キレている崖側が分からりにくい処か。
ここに限ったことではないが、足を滑らせれば、笹の上を滑り落ちる事に。
その他周辺情報馬籠宿は、山道を降りきれば、道標に従いすぐ。
秋田犬・ビーグルと一緒でも、歩いて楽しい場所。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 行動食 地図(地形図) コンパス 予備電池 GPS 保険証 携帯 カメラ

写真

神坂峠の駐車場。止めやすく、泥濘もほぼなし。
2020年10月28日 08:07撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神坂峠の駐車場。止めやすく、泥濘もほぼなし。
萬岳荘分岐に向かう道からの萬岳荘。
2020年10月28日 08:21撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
萬岳荘分岐に向かう道からの萬岳荘。
萬岳荘分岐を過ぎ、神坂小屋へのなだらかな道。
2020年10月28日 08:29撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
萬岳荘分岐を過ぎ、神坂小屋へのなだらかな道。
神坂小屋から神坂山斜面の紅葉。奥の山を彩る紅葉も、とても綺麗。
2020年10月28日 08:32撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神坂小屋から神坂山斜面の紅葉。奥の山を彩る紅葉も、とても綺麗。
1
神坂小屋。トイレもここにある。
2020年10月28日 08:34撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神坂小屋。トイレもここにある。
神坂小屋から富士見台に向かう、やはりなだらかな道。
神坂山の紅葉。向こうに南アルプス。
2020年10月28日 08:43撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神坂小屋から富士見台に向かう、やはりなだらかな道。
神坂山の紅葉。向こうに南アルプス。
2
ときより、オヤツを目当てに「オスワリ」するBeagle。
2020年10月28日 08:44撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ときより、オヤツを目当てに「オスワリ」するBeagle。
1
横川山(ん?湯舟沢山)の紅葉。なかなか綺麗。
向こうに見える御嶽山と乗鞍岳。この二峰はいつもどこでも対。
2020年10月28日 08:56撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横川山(ん?湯舟沢山)の紅葉。なかなか綺麗。
向こうに見える御嶽山と乗鞍岳。この二峰はいつもどこでも対。
1
富士見台で佇む秋田犬。
2020年10月28日 08:56撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台で佇む秋田犬。
1
富士見台で佇むビーグル。
2020年10月28日 08:56撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台で佇むビーグル。
1
あらためて気付かされる、ここは中央アルプス。
2020年10月28日 08:57撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あらためて気付かされる、ここは中央アルプス。
1
再度、南アルプスを背景に、神坂山。
この段階で、神坂山に寄ろうとは思ってもみなかった。
2020年10月28日 09:01撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度、南アルプスを背景に、神坂山。
この段階で、神坂山に寄ろうとは思ってもみなかった。
1
本日一のお気に入り写真。神坂山からの稜線と南アルプスとお散歩。
2020年10月28日 09:13撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日一のお気に入り写真。神坂山からの稜線と南アルプスとお散歩。
4
富士見台から神坂小屋戻る少し手前、「神坂山に行けるんじゃ」と彼女から。じゃ。行ってみようかと。
途中、藪こぎに。秋田犬もビーグルも彼女も初めて。
秋田もBeagleも、藪こぎと云うよりは、藪の下を潜り抜けるって感じだったなぁ。You Tubeで記録OK。
2020年10月28日 09:26撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台から神坂小屋戻る少し手前、「神坂山に行けるんじゃ」と彼女から。じゃ。行ってみようかと。
途中、藪こぎに。秋田犬もビーグルも彼女も初めて。
秋田もBeagleも、藪こぎと云うよりは、藪の下を潜り抜けるって感じだったなぁ。You Tubeで記録OK。
いったん萬岳荘に戻り、僕の希望で、萬岳荘分岐に再登。神坂峠へ巻道を通りたくって。
その前に、水場をちょっと拝借。
2020年10月28日 09:42撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん萬岳荘に戻り、僕の希望で、萬岳荘分岐に再登。神坂峠へ巻道を通りたくって。
その前に、水場をちょっと拝借。
巻道からは、紅葉と中津川市街が。中央道も。
2020年10月28日 10:02撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道からは、紅葉と中津川市街が。中央道も。
1
この巻道も笹が中心。と云っても映える紅葉も。
先ずはBeagle、梅次郎。
2020年10月28日 10:15撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この巻道も笹が中心。と云っても映える紅葉も。
先ずはBeagle、梅次郎。
何ともな顔で振り返る秋田犬、福助。
2020年10月28日 10:15撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何ともな顔で振り返る秋田犬、福助。
神坂峠へ。行きは神坂峠駐車場から直接萬岳荘に向かったことから訪れたかった。が、碑があるだけだった。
2020年10月28日 10:21撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神坂峠へ。行きは神坂峠駐車場から直接萬岳荘に向かったことから訪れたかった。が、碑があるだけだった。
こんな案内も。
何でも、wikiをコピペすると・・・
神坂峠の頂上からは、古代に祭祀で使用された(滑石で作った鏡、刀子、剣、勾玉、臼玉、管玉、棗玉など)や須恵器、土師器、灰釉陶器、鏡、刀子などが発掘されており、神坂峠遺跡と言う。遺跡は1972年に全国初の峠祭祀遺跡として長野県史跡に指定され、1981年には国史跡に指定された。。これらは現在阿智村の中央公民館に保管・展示されている。
らしい。
2020年10月28日 10:21撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな案内も。
何でも、wikiをコピペすると・・・
神坂峠の頂上からは、古代に祭祀で使用された(滑石で作った鏡、刀子、剣、勾玉、臼玉、管玉、棗玉など)や須恵器、土師器、灰釉陶器、鏡、刀子などが発掘されており、神坂峠遺跡と言う。遺跡は1972年に全国初の峠祭祀遺跡として長野県史跡に指定され、1981年には国史跡に指定された。。これらは現在阿智村の中央公民館に保管・展示されている。
らしい。
2

感想/記録

せっかくの晴天。せっかくの休日
秋田岩手への二泊三日の旅行最中
ペットホテル滞在を我慢した二匹

クルマお出掛けがこよなく大好き
3時間くらいまでのドライブなら

神坂峠駐車場に、とりあえず行く
満車なら、追分登山口から登れば
4台の先客が、止まっいただけ。

萬岳荘までの道、まったりと登り。
萬岳荘分岐までは、やや急な登り。
と云っても、10分そこそこで終。

萬岳荘分岐から稜線歩きを楽しむ。
のんびりとした坂道で、20分程度。

南アルプス、中央アルプス、そして
御嶽に乗鞍、白山。富士山どこに?

神坂小屋手前を神坂山へルート変更
GPSでルート確認。歩く人は少し
笹は生い茂って、秋田犬、ビーグル
そして、彼女も初めての藪こぎ挑戦

萬岳荘から再度萬岳荘分岐に登返し
中津川方面の眺望となる巻道を散策

神坂峠駐車場に戻る、ほぼ2時間の
ショートトレイル。なかなかのもの

【photos】
https://youtu.be/Wp941YK5U30



お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:269人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

GPS 水場 紅葉 高原
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ