また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2695025 全員に公開 ハイキング 中国山地東部

紅葉の後山!ダルガ峰も(駒の尾山ちくさ高原登山口~駒の尾山~鍋ヶ谷山~船木山~後山~ダルガ峰~)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り 少し晴れ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駒の尾ちくさ高原登山口 付近の駐車スペースに駐車。
(登山口には、船木山登山口と駒の尾山登山口の表示。ヤマレコ表記に従います。)
キャパはは9~10台(写真参照下さい。その他のPも)。
車は、9:10の時点で3台。
東屋あり。
トイレなし。
トイレは「道の駅 みなみ波賀」で済ませました。
(使用可能かどうか未確認ですが、道の駅からの道中に2か所みかけました)





経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間28分
休憩
26分
合計
4時間54分
S駒の尾山ちくさ高原登山口09:1809:51大海里峠09:5510:22駒の尾山10:2410:43鍋ヶ谷山11:10船木山11:31後山11:4612:05船木山12:26鍋ヶ谷山13:09大海里峠13:25ダルガ峰13:2813:42大海里峠13:4414:12駒の尾山ちくさ高原登山口14:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
駒の尾ちくさ高原登山口〜大海里峠分岐
 登山口入口付近を沢沿いに行かなければ、道は分かり易いです。
後山〜ダルガ峰
 分かり易く歩き易い道です。
その他周辺情報道の駅「みなみ波賀」・・・登山口まで30分程。
https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/673
(コンビニもここの近くにあります)
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

道の駅「みなみ波賀」
トイレを済ませ登山口へ。
道中、登山口から6分程の所にトイレ?を見かけましたが未確認。
2020年11月01日 08:38撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅「みなみ波賀」
トイレを済ませ登山口へ。
道中、登山口から6分程の所にトイレ?を見かけましたが未確認。
2
登山口付近の駐車スペース。
今日も遅いスタート。
ダルガ峰まで歩けるかな?
東屋で登山靴に履き替え出発。
2020年11月01日 09:17撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口付近の駐車スペース。
今日も遅いスタート。
ダルガ峰まで歩けるかな?
東屋で登山靴に履き替え出発。
6
駐車場を少し歩いて「駒の尾登山口」の表示。
看板手前から入ると間違います。
2020年11月01日 09:17撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場を少し歩いて「駒の尾登山口」の表示。
看板手前から入ると間違います。
2
看板正面。「船木山登山口」から入山。
2020年11月01日 09:18撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板正面。「船木山登山口」から入山。
登って行きます。
2020年11月01日 09:18撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って行きます。
2
大海里峠へ。
駒の尾ちくさ高原登山口〜大海里峠分岐はレコであまり見かけないので不安でしたが、しっかり踏み跡があり目印も多くて分かり易い道でした。
2020年11月01日 09:22撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大海里峠へ。
駒の尾ちくさ高原登山口〜大海里峠分岐はレコであまり見かけないので不安でしたが、しっかり踏み跡があり目印も多くて分かり易い道でした。
1
植林の間の紅葉を見ながら登って行きます。
2020年11月01日 09:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林の間の紅葉を見ながら登って行きます。
2
細い斜面を進みます。
ルートは緩やか。
上手く設計されていて、駐車場〜稜線まで高低差300mも疲労は予想より少なくて済みました。
2020年11月01日 09:38撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細い斜面を進みます。
ルートは緩やか。
上手く設計されていて、駐車場〜稜線まで高低差300mも疲労は予想より少なくて済みました。
2
分岐。
風が強くて冷えてきたので上着と手袋装着。
まずは駒の尾山へ。
2020年11月01日 09:54撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐。
風が強くて冷えてきたので上着と手袋装着。
まずは駒の尾山へ。
1
空は曇り。
紅葉は映えない。
2020年11月01日 09:59撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空は曇り。
紅葉は映えない。
1
落葉を踏みしめ登って行きます。
2020年11月01日 10:01撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落葉を踏みしめ登って行きます。
4
安定の登山道。
歩き易い。
中国自然歩道を進みます。
2020年11月01日 10:07撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安定の登山道。
歩き易い。
中国自然歩道を進みます。
6
どんより。
2020年11月01日 10:11撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんより。
2
笹の広い道になってきたら、避難小屋は近いです。
2020年11月01日 10:17撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の広い道になってきたら、避難小屋は近いです。
1
避難小屋。
煙突の下の内部は焚き木可能なスペース。
2020年11月01日 10:17撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋。
煙突の下の内部は焚き木可能なスペース。
2
山頂手前から後山方面。
気持ちの良さそうな稜線だ。
2020年11月01日 10:19撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前から後山方面。
気持ちの良さそうな稜線だ。
6
いい景色。
2020年11月01日 10:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい景色。
6
駒の尾山 山頂。
広くて眺望がいい。
この山行で一番の休憩ポイント。
2020年11月01日 10:20撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒の尾山 山頂。
広くて眺望がいい。
この山行で一番の休憩ポイント。
4
山頂の紅葉。
2020年11月01日 10:20撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の紅葉。
2
風が強い。
先が長いので次へ向かいます。
2020年11月01日 10:21撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強い。
先が長いので次へ向かいます。
3
後山へ。
2020年11月01日 10:24撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後山へ。
6
色々撮りながら進んで行きます。
2020年11月01日 10:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色々撮りながら進んで行きます。
6
歩き易い道です。
2020年11月01日 10:39撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き易い道です。
2
鍋ヶ谷山 通過。
2020年11月01日 10:43撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋ヶ谷山 通過。
1
レッド。
2020年11月01日 10:50撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レッド。
9
ガスが来そうな。
雨が降りそうな。
2020年11月01日 11:08撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが来そうな。
雨が降りそうな。
1
船木山 山頂。
2020年11月01日 11:10撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船木山 山頂。
2
いいね!
2020年11月01日 11:18撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいね!
6
曇り空でも来てよかった。
2020年11月01日 11:28撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇り空でも来てよかった。
5
山頂まであと少し。
今日は10〜15組の人とすれ違いました。
2020年11月01日 11:28撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し。
今日は10〜15組の人とすれ違いました。
2
後山 山頂。Yeah!
山頂はそんなに広くありませんでした。
人が来る前に、サクっと昼食をとりました。
2020年11月01日 11:30撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後山 山頂。Yeah!
山頂はそんなに広くありませんでした。
人が来る前に、サクっと昼食をとりました。
4
岡山県最高峰らしいです。
2020年11月01日 11:31撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岡山県最高峰らしいです。
3
後山は紅葉の素晴らしい山です。
2020年11月01日 11:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後山は紅葉の素晴らしい山です。
3
名残惜しいですが下山を開始します。
2020年11月01日 11:48撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが下山を開始します。
4
景色を眺めながら下って行きます。
2020年11月01日 11:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色を眺めながら下って行きます。
5
下ります。
2020年11月01日 11:53撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ります。
3
今日はzoomの画像を多く載せていますが曇り空でもこの紅葉。
2020年11月01日 11:56撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はzoomの画像を多く載せていますが曇り空でもこの紅葉。
3
いいね!
2020年11月01日 11:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいね!
6
素晴らしい。
2020年11月01日 12:08撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい。
6
うぉー!
空はハーフ&ハーフ
太陽頑張れ。
2020年11月01日 12:26撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うぉー!
空はハーフ&ハーフ
太陽頑張れ。
2
明るくなってきた。
分かっていれば、ゆっくり歩いて時間を調節したのに。
2020年11月01日 12:29撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなってきた。
分かっていれば、ゆっくり歩いて時間を調節したのに。
4
青空を背に。
2020年11月01日 12:34撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空を背に。
2
登り下りを繰り返し、来た道を引き返します。
2020年11月01日 12:37撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り下りを繰り返し、来た道を引き返します。
2
余力があるので分岐を直進し予定通りダルガ峰へ。

2020年11月01日 13:10撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余力があるので分岐を直進し予定通りダルガ峰へ。

1
なに?
登山道を阻む造形物!
道は分かり易いです。



2020年11月01日 13:11撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なに?
登山道を阻む造形物!
道は分かり易いです。



1
分岐を越えてから誰にも出会いませんでした。
熊に怯えながら進んで行きます。
2020年11月01日 13:17撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を越えてから誰にも出会いませんでした。
熊に怯えながら進んで行きます。
4
あと少し。
2020年11月01日 13:23撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少し。
2
ダルガ峰 山頂。
ここから、ちくさ高原スキー場方面に抜けようか悩みましたが、予習不足と若干の時間の追加があるので止めました。
2020年11月01日 13:25撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダルガ峰 山頂。
ここから、ちくさ高原スキー場方面に抜けようか悩みましたが、予習不足と若干の時間の追加があるので止めました。
5
眺望が無いので空を。
熊が怖いので早々に退散しました。
2020年11月01日 13:25撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望が無いので空を。
熊が怖いので早々に退散しました。
5
登山道は歩き易く、終始快調に歩けました。
2020年11月01日 14:08撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は歩き易く、終始快調に歩けました。
1
お疲れさまでした。
2020年11月01日 14:11撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れさまでした。
2
駐車場の木。
グラデーション
2020年11月01日 14:13撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の木。
グラデーション
5
グラデーション
2020年11月01日 14:13撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グラデーション
4
グラデーション
2020年11月01日 14:18撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グラデーション
3
※駐車場から100m程北に進むと広いスペースがありましたが、停めていいのかどうかは分かりません。
2020年11月01日 14:31撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
※駐車場から100m程北に進むと広いスペースがありましたが、停めていいのかどうかは分かりません。
1

感想/記録

後山に行ってきました。
紅葉の時期にと思い随分前から、多くのレコを参考に計画していました。
登山口は色々あり、何処から登ろうか悩みました。
地図をみているとせっかくなので、ダルガ峰も含めて登りたくなりました。
なので、「駒の尾山ちくさ高原登山口」からスタートするのが最適と判断しました。
ここから後山を目指し、状況によりダルガ峰は省く計画です。

登山は朝の出発が遅れ、深い曇り空。
ゴール予測は16:00を過ぎそうな状況でスタートしました。
駐車場~大海里峠の分岐までは登山地図にルートの表示は無く、コースタイムもわかりません。道迷いの心配もありました。
でも、しっかり歩かれているルートで分かり易く、なだらかに登れるよう上手くルートがとられていました。
なので、今日一番の長い登りでしたが疲労が少なくて済みました。
おかげで、その後の山行を楽に進める事が出来ました。
地図を拡大して復習してみると、尾根を歩きたい所を斜面を少しずつ高度を上げていく所をみると、ちゃんとした設計をもって引かれたルートに思えます。
稜線に出ると、道は更に歩き易くなって足が進みました。
曇り空にもかかわらず、気持ちのよい稜線でした。
岡山県最高峰。
レコの数が少なすぎると思える程、いい所でした。
紅葉も楽しめました。
もし、快晴だったら?
またいつか紅葉の時に来たいと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:369人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

no2
登録日: 2012/6/14
投稿数: 2170
2020/11/3 15:33
 なんなんですか〜この素敵な景色
 vega2000さん、こんにちは。
どこなんです?? って調べたらわかるんですけど。すごくいい感じですね。気持ちよさそうな稜線歩きが出来そう。早速メモしときました。

道の駅「みなみ波賀」の所から西へ入ったらいいんですね。残雪期に氷ノ山へ行く際の目的の一つが、この道の駅に寄ることなんです。
「はるか」という爽やかな甘みの柑橘があるのですが、ここの店員さんに「だまされたと思って」と言われ買ったのが始まり。それ以来ここだけでは飽き足らず、ネットで箱買いしたりとか。

岡山県最高峰なんですね。行ってみたいです。
登録日: 2014/8/12
投稿数: 75
2020/11/3 20:59
 no2さん。こんばんは。
コメントありがとうございます。
曇り空でしたが、歩き易くていい所でした。
勉強不足で、他のルートの景色が気になる所です。
車での道中、紅葉している山が他にも目についたので、周辺の山(宍粟50名山)で紅葉の良い所があるような気がして興味深々です。
来年の紅葉に向けてチャックしていこうと思っていました。
道の駅「みなみ波賀」は御用達でしたか。
「はるか」調べてみたら、すっぱそうで甘いとか?
見つけたら買ってみようと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ