また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2699013 全員に公開 ハイキング 霊仙・伊吹・藤原

鈴鹿徘徊:旭山・土倉岳・御池岳・藤原岳・銚子岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月31日(土) ~ 2020年11月01日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間16分
休憩
0分
合計
2時間16分
S太尾登山口17:2318:48旭山19:39宿泊地
2日目
山行
9時間15分
休憩
35分
合計
9時間50分
宿泊地07:1607:25ヒキノ07:2708:28ノタノ坂08:3109:24土倉岳09:52土倉岳・下降点09:5710:06東のボタンブチ10:30白瀬峠分岐(奥ヶ谷出合)10:3911:14木和田尾分岐11:1511:19頭陀ヶ平11:35天狗岩分岐12:16天狗岩12:19天狗岩分岐12:31藤原山荘12:42藤原岳12:4613:09藤原岳山腹道分岐13:1013:19蛇谷分岐13:28迷い尾根13:2913:49治田峠13:5614:36銚子岳入口14:3714:39銚子岳14:43銚子岳入口14:4417:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

満月なので鈴鹿でナイトハイクとお月見をする。焼野の駐車場から出発し、黄和田町から御池岳に延びる尾根を歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満月なので鈴鹿でナイトハイクとお月見をする。焼野の駐車場から出発し、黄和田町から御池岳に延びる尾根を歩く。
6
ここは旭山。鈴鹿300山だそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは旭山。鈴鹿300山だそうだ。
2
送電線の鉄塔の近くに広場があったので、お月見を始める。写真はウッドストーブでソーセージを焼いているところ。ウッドストーブは暖を取れ、この時期には良い。燃えかすはちゃんと持ち帰る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線の鉄塔の近くに広場があったので、お月見を始める。写真はウッドストーブでソーセージを焼いているところ。ウッドストーブは暖を取れ、この時期には良い。燃えかすはちゃんと持ち帰る。
5
月明かりの中のツエルト。夜は鹿と猿が騒がしかった。満月だから活発なのかもしれない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月明かりの中のツエルト。夜は鹿と猿が騒がしかった。満月だから活発なのかもしれない。
6
翌朝、コーヒーを飲みながら、竜ヶ岳から昇る朝日を眺める。ゆっくりスタートする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、コーヒーを飲みながら、竜ヶ岳から昇る朝日を眺める。ゆっくりスタートする。
6
天気が良く、紅葉が映える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気が良く、紅葉が映える。
1
明るく紅葉のすばらしい尾根道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るく紅葉のすばらしい尾根道。
2
紅葉に囲まれた尾根が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉に囲まれた尾根が続く。
4
御池岳のテーブルが近くなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池岳のテーブルが近くなってきた。
2
土倉岳に到着。はぜくらだけと読む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土倉岳に到着。はぜくらだけと読む。
3
御池岳が近く、ボタンブチの上の登山者が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池岳が近く、ボタンブチの上の登山者が見える。
1
土倉岳からテーブルランドに繋がる。東のボタンブチの南側に接続されている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土倉岳からテーブルランドに繋がる。東のボタンブチの南側に接続されている。
1
しばらく急登をこなし、頭上に青空が開けるとテーブルランドにのる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく急登をこなし、頭上に青空が開けるとテーブルランドにのる。
1
歩いてきた尾根。蛇行しながら延々と続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた尾根。蛇行しながら延々と続く。
3
開放感の素晴らしい秋の御池岳。東の淵から藤原岳に向かうのでピークはパス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開放感の素晴らしい秋の御池岳。東の淵から藤原岳に向かうのでピークはパス。
2
御池岳の代名詞、石灰石と苔。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池岳の代名詞、石灰石と苔。
2
テーブルの東の淵から沢におり、白瀬峠を目指す。冬によく使われるルート。沢で水の補給をしたかったが、最近は雨が降っていなかったので枯れていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テーブルの東の淵から沢におり、白瀬峠を目指す。冬によく使われるルート。沢で水の補給をしたかったが、最近は雨が降っていなかったので枯れていた。
1
なめこ。ちょっと干からびていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なめこ。ちょっと干からびていた。
2
尾根伝いに登る。急登が続くが、大変さを感じさせない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根伝いに登る。急登が続くが、大変さを感じさせない。
1
天狗岩に到着。奥のピークは藤原岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩に到着。奥のピークは藤原岳。
2
天狗岩から少し奥に入ると広場があり、御池岳を眺めながらお昼ご飯をとる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩から少し奥に入ると広場があり、御池岳を眺めながらお昼ご飯をとる。
1
コーヒーを入れてのんびり。今回は鍋用の固形燃料でごまかす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーヒーを入れてのんびり。今回は鍋用の固形燃料でごまかす。
2
藤原岳の紅葉と伊勢湾。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳の紅葉と伊勢湾。
3
すでにアセビの蕾が並んでいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すでにアセビの蕾が並んでいた。
藤原岳の上部も広い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳の上部も広い。
藤原岳に到着。人が密集しているのでさっさと降りる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳に到着。人が密集しているのでさっさと降りる。
2
藤原岳から茶屋川を見おろす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳から茶屋川を見おろす。
1
水を求めて沢に降りるも、微妙な水しか流れておらず、取水を諦める。このまま枯れ滝を登って登山道に復帰する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水を求めて沢に降りるも、微妙な水しか流れておらず、取水を諦める。このまま枯れ滝を登って登山道に復帰する。
竜ヶ岳は赤い羊が見頃らしい。今回は竜ヶ岳まで行くつもりだったが、時間的にも水の残りも厳しいので、ここで降りることにする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳は赤い羊が見頃らしい。今回は竜ヶ岳まで行くつもりだったが、時間的にも水の残りも厳しいので、ここで降りることにする。
5
大夫谷を降りてゆく。水の採取ができた。念のためフィルタを通して飲む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大夫谷を降りてゆく。水の採取ができた。念のためフィルタを通して飲む。
少し降ると大きな流れとなり、美しい小滝が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し降ると大きな流れとなり、美しい小滝が続く。
1
このような連瀑が続く美しい沢。沢に沿って獣道か、沢登りの巻道かわからないような、人畜両用の踏み跡があるので、それを辿って下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような連瀑が続く美しい沢。沢に沿って獣道か、沢登りの巻道かわからないような、人畜両用の踏み跡があるので、それを辿って下る。
3
沢沿いはやや厳しトラバースも多いので、地図にある林道に上がった。10年前の治水事業で作った林道のようだが、全体的に崩落していた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いはやや厳しトラバースも多いので、地図にある林道に上がった。10年前の治水事業で作った林道のようだが、全体的に崩落していた。
2
林道から尾根伝いにしばらく降ると茶屋川沿いの林道に出た。30分ほど歩いて焼野の駐車場に戻った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から尾根伝いにしばらく降ると茶屋川沿いの林道に出た。30分ほど歩いて焼野の駐車場に戻った。
2

感想/記録

溜まっていた仕事を片付け?、夕方から満月のもとナイトハイクに。旭山とヒキノの間の広場でツエルトを張った。夕食は下界で済ませていたが、お月見をしながら焼肉とビールで夜が更けてゆく。鹿と猿が夜中騒がしかった。翌日は秋晴れの中、紅葉の尾根歩きを堪能した。所々でまったりしながら進んだので、時間切れとなり竜ヶ岳はお預けとなった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:338人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ