また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2708653 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 剱・立山

大日岳 - 先週敗退のリベンジ -

情報量の目安: C
-拍手
日程 2020年10月31日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間26分
休憩
1時間32分
合計
8時間58分
S称名滝駐車場07:1307:21大日岳登山口07:2608:11牛ノ首08:1909:04大日平山荘09:0811:19大日小屋11:2111:42大日岳12:1712:27大日小屋13:57大日平山荘14:1414:52牛ノ首15:0315:35大日岳登山口15:3715:41八郎坂登り口15:45称名滝展望台15:5315:55路傍園地16:00大日岳登山口16:07称名滝駐車場16:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

称名滝下の大日岳登山口
2020年10月31日 07:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
称名滝下の大日岳登山口
1
紅葉は見頃
2020年10月31日 08:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉は見頃
2
牛首からちらほら雪
2020年10月31日 08:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首からちらほら雪
2
大日平にでて大日岳
2020年10月31日 08:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日平にでて大日岳
大辻山と富山平野
2020年10月31日 08:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大辻山と富山平野
大日平小屋
2020年10月31日 09:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日平小屋
1
雪を被った木道を辿って行く。
2020年10月31日 09:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪を被った木道を辿って行く。
1
大日小屋が見えた
2020年10月31日 11:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日小屋が見えた
1
小屋のコルまで上がれば剱岳
2020年10月31日 11:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋のコルまで上がれば剱岳
3
お姉さま2人は遊んでる
2020年10月31日 11:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お姉さま2人は遊んでる
1
大日岳の三角点
2020年10月31日 12:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳の三角点
2
最高点までラッセルした
2020年10月31日 12:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高点までラッセルした
1
称名道路に下りて滝を見に行く。
2020年10月31日 15:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
称名道路に下りて滝を見に行く。
2

感想/記録

先週10月25日にも同ルートで大日岳を目指したが、前日の雪で大日平山荘から上でカンジキラッセルとなり、標高2100m辺りで時間切れ敗退した。
その後比較的好天が続き、雪も減ってトレースもあるだろうと再来、概ね狙い通り、天気も良く順調にビークを踏めた。
大日小屋までは雪はあるがカンジキもアイゼンも要らない程度。小屋から上はトレースは痕跡でラッセル。カンジキ使ったら楽だったと思うが、短いのでツボで通してしまった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:153人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アイゼン 三角点 コル 紅葉 木道 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ