また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2713847 全員に公開 ハイキング 富士・御坂

三方分山-パノラマ台 〜濃密な色彩に包まれて〜

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
バスタ新宿〜河口湖駅(ハイウエイバス往復1850円×2)
河口湖・西湖・本栖湖周遊バス 二日間フリークーポン1500円(すごくお得)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間45分
休憩
35分
合計
4時間20分
S精進バス停09:4510:30阿難坂10:3611:07三方分山11:16精進山11:1711:40精進峠展望地11:44精進峠11:4512:23根子峠12:2412:37パノラマ台12:5713:17烏帽子岳13:2013:49パノラマ台登山口13:55北の山バス停13:59本栖湖観光案内所バス停14:0214:05本栖湖バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は、あえて言うなら国道の歩道が無い区間かな。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

ハイウェイバスは、定刻どおりに河口湖駅に到着した。富士山が出迎えてくれた。これから晴れてくれる、そう信じていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイウェイバスは、定刻どおりに河口湖駅に到着した。富士山が出迎えてくれた。これから晴れてくれる、そう信じていた。
7
青空も出てきたぞ。周遊バスのフリークーポンを購入し、新富士行きのバスを待つ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空も出てきたぞ。周遊バスのフリークーポンを購入し、新富士行きのバスを待つ。
河口湖駅9:05発。以前のような早朝バスが無くなったため、遅い開始時間。誓いの15時までに下山できるかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河口湖駅9:05発。以前のような早朝バスが無くなったため、遅い開始時間。誓いの15時までに下山できるかな。
富士山は、雲の中。とりあえず三方分山を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山は、雲の中。とりあえず三方分山を目指す。
1
このあたり、紅葉は見頃、楽しみだなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたり、紅葉は見頃、楽しみだなあ。
5
歩き始めて5分ちょっと。いきなり今日のハイライト。素敵な出会いだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めて5分ちょっと。いきなり今日のハイライト。素敵な出会いだった。
7
踏むのを躊躇うほどきれい。昨晩の1シーンがオーバーラップする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏むのを躊躇うほどきれい。昨晩の1シーンがオーバーラップする。
8
何度か渡渉を繰り返し、上昇してゆく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度か渡渉を繰り返し、上昇してゆく。
1
今日も静かな時間をありがとう。木の葉の落ちる音が、耳元で囁くように聞こえる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も静かな時間をありがとう。木の葉の落ちる音が、耳元で囁くように聞こえる。
9
3度目の女坂峠。晩秋の柔らかい日差しが落ち葉に注ぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3度目の女坂峠。晩秋の柔らかい日差しが落ち葉に注ぐ。
4
11時、尾根に乗った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時、尾根に乗った。
1
今日も気持の良い、麗しの稜線歩きが始まった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も気持の良い、麗しの稜線歩きが始まった。
7
青空よ、そのままそのまま。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空よ、そのままそのまま。
6
三方分山。富士山方向のみ開けているはずだが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方分山。富士山方向のみ開けているはずだが。
5
子抱き富士の子も見えない。仕方がない。次に期待しよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子抱き富士の子も見えない。仕方がない。次に期待しよう。
3
こんもりとした精進山が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんもりとした精進山が見えてきた。
4
標識無いけれど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識無いけれど。
3
精進峠にも標識無く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
精進峠にも標識無く。
3
やや下り基調の道が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや下り基調の道が続く。
2
根子峠。パノラマ台下のバス停から上がるとここに出る。予想どおり、急に人が増えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根子峠。パノラマ台下のバス停から上がるとここに出る。予想どおり、急に人が増えてきた。
1
このまま稜線を行き、中之倉峠を目指すのか、パノラマ台経由で下山するのか、予定どおり迷う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このまま稜線を行き、中之倉峠を目指すのか、パノラマ台経由で下山するのか、予定どおり迷う。
2
12:37、パノラマ台に到達。見えない!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:37、パノラマ台に到達。見えない!
4
仕方ない。ささやかな昼食の間に現れるのを待とう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕方ない。ささやかな昼食の間に現れるのを待とう。
3
会えましたね。ありがとうございます。一瞬でも満足です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会えましたね。ありがとうございます。一瞬でも満足です。
9
烏帽子岳がぼんやりと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳がぼんやりと。
2
ここからは、木々の間から本栖湖と精進湖の2湖が望める。こちらは精進湖。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは、木々の間から本栖湖と精進湖の2湖が望める。こちらは精進湖。
4
烏帽子岳に到着するやいなや、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳に到着するやいなや、
2
お姿を拝す。北から、南からに続き、今日は西から望む。やはり美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お姿を拝す。北から、南からに続き、今日は西から望む。やはり美しい。
12
日差しは時折降り注ぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しは時折降り注ぐ。
5
本栖湖が近づいてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本栖湖が近づいてきた。
2
国道300号、本栖みちに出る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道300号、本栖みちに出る。
2
歩道無しの危険区間を経て、バス停へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩道無しの危険区間を経て、バス停へ。
2
14時過ぎ、バス停に到着した。周遊バスでなく、16分発の始発バスに乗れそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14時過ぎ、バス停に到着した。周遊バスでなく、16分発の始発バスに乗れそうだ。
3
バス停目の前の土産物屋の店主は優しかった。濃厚なソフトクリームをいただく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停目の前の土産物屋の店主は優しかった。濃厚なソフトクリームをいただく。
10

感想/記録

 久しぶりにハイウェイバスで富士五湖方面に向かった。海外からの旅行客のいない今なら、それほど混まないだろう。楽観的に考えていたが、往路は富士急ハイランド行き、復路は紅葉狩りの乗客であふれていた。例年よりも人出の多い気がする。当初は、昨年同様、日光詣でを企んでいたのだから無謀と言うべきほかはない。
 定刻どおり着いた河口湖駅で、バスのフリークーポンを購入し、新富士行きのバスを待つ。富士山は駅舎の向こうに大きな姿を現し、見上げると青空が点在していた。この調子で晴れてほしい。
 精進のバス停から北に向かう。5分ほど歩くと、ため息が出るほど美しい絨毯が現れた。落ち葉の織りなす色彩を眺めていると、踏むのを躊躇い、引き返してしまいそうになる。
 
 女坂峠へは、沢を4回渉る。緩やかな坂道を登り詰め、50分ほどで到着した。3度めの通過だが、今日は何だか明るく感じる。心地よい。
 急登を経て尾根に乗る。笹原と青空の気持ち良さを感じながら少し速足で歩く。三方分山へは11時に到着した。南に子抱き富士が望める場所だが、未だ雲のベールを脱いでくれない。2枚の写真を撮り、あとにした。
 根子峠の分岐で悩むために、先を急ぐ。下り基調、富士が望めれば今日も麗しの稜線歩きになっただろう。時折青空が顔を覗かせ、陽の光が優しく降り注ぐ。予報どおり晴れてはいるけれど。対面を信じて歩み続けた。
 
 精進山、精進峠を過ぎると雲が広がり始めた。中之倉峠がどんどん遠のく。会えないならこのまま縦走を続けても仕方がない。根子峠からパノラマ台へ向かいながら、早い下山を考え始めていた。
 珈琲の準備をしてきても良かったかなあ。美味しそうにカップ麺を食べる方々の脇で、静かにパンをかじった。俄かにざわめきを感じると、目前に富士の姿が現れ始めた。もう少し、あともう少し、願いが通じたのか、一瞬山頂を望むことができた。
 不完全燃焼だが、できるだけ早いバスに乗るために本栖湖へ。左手に精進湖、右手に本栖湖を眺めながら緩やかに下降し、烏帽子岳の手前で登り返す。そしてようやく対面を果たした。
 たおやかなその曲線に目を奪われ、抗えず惹きつけられる。いつの間にか、昨晩の薄明かりの中にいた。再びベールに包まれるその姿を見届け、下山を開始した。
 
 つづら折りの道は、紅葉の下、確実に湖へと導く。落ち葉のクッションは優しく、熊鈴の音色にも清々しさを感じた。やがて車の音が大きくなると、国道のトンネル脇に出る。
 ほぼ直線上の本栖みちを行けば、自家用車のひしめき合う光景が目に映る。紅葉狩りを楽しむ人々の只中に吸い込まれてゆく。陽の光の中で、今日も濃密な色彩を感じていた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:205人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ